2016年10月14日

今日の胡豆昆のまかない  2016.10.14(金)

気が付けば、もう今日は金曜日。


ライブまで、あと1週間なのに、


私のギターはまだ中途半端な仕上がり。


必死でついていける程度のレベルなので、


下手すると、


「あわわ〜・・・」


となって、ほとんど弾けずに終わってしまうおそれあり。


でもまぁ、お客さまには、


私の完璧な演奏よりも、


ちょっと失敗くらいを期待されてる気がする。


こうなったら、


笑いを取る方に専念した方がいいのだろうか・・・?


てなわけで、今日のまかないは、

     ※チキンソテー卸しマヨネーズ

      ※豆腐とチンゲンサイのあったか煮

      ※白菜とリンゴのサラダ

      ※ごぼうのお味噌汁



鶏肉は塩、こしょうして、


皮目から焼きます。(油は不要)


鶏肉の縁が白くなって、


油がフライパンに出てきたら、


ひっくり返します。


で、蓋をして弱火で5〜6分。


肉の分厚い部分に箸を刺して、


スッと入れば大丈夫。


そしたら蓋をとって、


もう一度皮目をカリっとするまで焼きます。


まな板に皮を上にして置き、


食べやすく切ります。


ソースは、大根卸しとマヨネーズ、


そこにゆず胡椒もプラス。


ピリッとあっさりソースです。


塩もみした白菜とリンゴは、


しょうゆとオリーブオイルで味付け。


14690836_1446318575383192_6323973153892413338_n[1]











豆腐とチンゲンサイは、


干しエビで旨味をプラス。


中華スープに、オイスターソースで味付け。


とろみをつけて、


最後にすだちを絞って、


爽やかな仕上がり。


14671190_1446318625383187_1563580006193619551_n[2]












なかなかバランスのいいまかないでした。


14695516_1446318702049846_6092008543997893169_n[1]


gozukon1234 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月11日

今日の胡豆昆のまかない 2016.10.11(水)

社員旅行で見つけたお気に入り


第6弾 (まだ続いとったんか〜い!)


すっかり忘れ去られておりました、


輪島の朝一で買った、


「つるも」

14591825_1442649429083440_5175014026570531712_n[1]










一見植物のつるのように見えるのですが、


奥能登近海で、


海女さんが素潜りでとるという


「海藻」


水洗いしたら、


どんどん茶色い水が出てきて、

14657324_1442649465750103_8998326966088211088_n[1]










透明なストロー状に。

14523276_1442649512416765_7001157521891439868_n[1]





















お味噌汁のや鍋の具に使われるんだとか。


てなわけで、今日のまかないは、


※つるもの酢炒め

※スープワンタン

※ピーマンのきんぴら

※オニオンスライス ツナドレッシング


つるもは、胡麻油でさっと炒めて、


さとう、しょうゆ、酢で味付け。


淡白だけど、磯の香りは半端ない。


14581568_1442649585750091_6081288526842860345_n[1]












いかにも能登らしい食材です。

14702507_1442649655750084_1022590976530471705_n[1]


gozukon1234 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月06日

今日の胡豆昆のまかない  2016.10.6(木)


実は10月から、


胡豆昆は心機一転、メンバー交替。


オープニングスタッフだった、


「大野」が、返り咲き。


胡豆昆を卒業してから、早7年、


3件の店で勉強して、再び胡豆昆へ。


当時は中華が特にお得意で、


彼の炒飯は絶品でした。


今日はまかないを彼にまかせて、


私はギターのレッスンに。


帰ったらいただきま〜す。



てなわけで、今日のまかないは、


     ※高菜とベーコンの炒飯

     ※小アジの南蛮漬け

     ※冬瓜の味噌汁


作るところを見てませんが、


おそらく得意気に、


中華鍋を煽っていたに違いありません。


さすがにパラッと仕上がっています。


かといって、油がしつこいわけでもない。


塩加減も丁度いい。


さすがですなぁ〜。


なんだか懐かしい気がします。


ボスがいたら、


「旨いなぁ」


と言いながら、ほうばったでしょうね。


「炒飯の大野」は健在でした。


ごちそうさまでした。

t



gozukon1234 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!