2010年12月31日

最後に

 年始に建てた目標を振り返ってみる。
 1番目はまずまず(それなりの間違い?)達成できたというべきでしょう。こちらの目標に関しては終わりのないのが終わりそれがゴールドエクスペリエンスレクイエムとも言えますが。
 2番目。アウト過ぎる。ダメ過ぎる。
 3番目。正直微妙。
 4番目。お疲れ様でした。来年は親父が引退した歳になるから最後にもう一花咲かせればいいなぁ。宝塚を取れなかったのがこちらの馬券的にも痛過ぎた。
 さて来年の目標はというと、今年とほとんど変わらないw
「ドリームジャーニー」がステイゴールド産駒」に変わるくらいですかね。
 まぁずっとほったらかしにしておいて今更ですが、当ブログはこれをもって更新されなくなると思います。
 理由は色々ありますが、とりあえず、中の人が面倒臭くなったということにしておいてください。
 自分をミクシィに引きずり込んだ?友人からツィッターの誘いを受けましたので(数週間前の話だけど)、気が向いたらなんか呟いているかもしれません。まだアカウント?は取ってませんが。
 では皆様良いお年を。  
Posted by gp1978 at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2010年10月03日

次の更新はいつのことになるか(日本一の時?)

 いろいろ思うことがあってなし崩しに休止にしようかと考えていたのだけど、せっかく中日が優勝したのだからほぼ試合がなかったここ一週間を振り返ってみようかと。

25日、王将リーグ入りの一番を取材。まだ終わりそうもない局面で急に手が動き出したので慌てて対局室に。2時間ほど行われた感想戦の大半が最後で覆ったような形だった。

26日、オールカマーを単勝買いして沈没。

27日、手帳が空白なので多分何もしてない。

28日、王将リーグ入りの一番と竜王戦昇級者決定戦を取材。竜王戦はカメラで見られない位置の対局だったので夕食休憩後は頃合を見計らって確認……のつもりが確認直後に中投げ終了で30分後に見に行くとちょうど感想戦が終わっていたという何ともトホホな展開。勝った人を捕まえて話を聞く。朝の写真を押さえておいて本当に良かった。

29日、午後から広瀬王位を取材した後、眼科へ。眼底検査や視野検査など実に面倒くさい。まぁ異常無しだから良しとしますか。陣屋には行かずに下北沢で小暮記者、橋本七段とホルモン沖縄料理カレーうどんの3連コンボ。どうも御馳走様でした。

30日、女流王将挑決の写真を撮った後、読売新聞の中村九段、木村八段による竜王戦展望座談会を聞く。私が手伝った新刊棋書を木村八段に褒められたのが嬉しかった。その後は朝日杯の兄弟弟子対決を見て弟弟子とともになぜか高田馬場で一杯。なお兄弟子は午前中の将棋を加藤九段の大ポカで勝ったのですが、▲8八金と▲4四飛に匹敵する大ポカだったようです。

1日、原稿を作成しながらネットで広島阪神戦の進行を確認。まだ先はあるとはいえとりあえず一区切りですか。

2日、大学の先輩と久しぶりに会い、麻雀&飲み会。将棋番組で偶に映っているのを見ると言われる。油断も隙もあったもんじゃない。なおその先輩の奥さんは康光九段のファンで、そこから二冠と竜王は敵対視しているらしい。でも一番の天敵?はそのように見ないらしい。不思議と言えば不思議だしそうでないと言えばそうなのかもしれない。康光九段のファンならばちょうどいいと思ったので前日に送られてきた将棋世界最新号をプレゼントしてきた。

SSは昨年同様にゲレイロの単複勝負で行ってみようかと。

なんというかナゴドであれだけ巨人に連勝しておきながら、今年唯一ナゴドで生観戦したときはド大敗だった。実にレアなものを見ることができて運が良かったのだと思うようにしておこう。
MVPは本命和田さん対抗浅尾単穴荒木(個人的に森野よりはという気がする)というところでしょうかね。投手で浅尾以外がもらったら流石にどうなんだろう。チェンならあり……なのかな? やはり06年と違って上が勝手に落っこちて来たという感が否めないのはどうなんだろう。9月頭のチャージは確かに凄く、ファンとしてニヤニヤしていたんだけどさ。  
Posted by gp1978 at 03:58Comments(1)TrackBack(0)

2010年09月12日

新四段の人徳

 船江新四段誕生の報が大阪に飛ぶと、新幹線でお祝いに駆け付けた関係者が数名。新四段の人徳を示す一事例でした。

DSC_0042
 
 
 
 
 
 
 左から指導棋士兼観戦記者の池田さん、稲葉四段、船江四段です。池田さんは大阪から駆け付け組、稲葉四段は前日の対局後在京まま。写真には写っていませんがJTは九州帰りの鈴木八段も駆け付けました。
  
Posted by gp1978 at 22:15Comments(3)TrackBack(0)

2010年09月08日

新刊紹介

 私も手伝った村山慈明五段の最新定跡書が出来上がりました。
ライバルに勝つ最新定跡」です。店頭に並ぶのは来週の14日頃からとのことです。
 順位戦でお疲れのところCM用に撮影いたしました。
DSC_0031  
Posted by gp1978 at 23:55Comments(5)TrackBack(0)

2010年09月05日

コメント欄でばらされたので(違

 8日に将棋世界11月号に掲載予定の竜王戦予想座談会を行います。
 メンバーは鬼将会と激闘中のお方。
 振り穴王位。
 他称猪突猛進流自称緻密流の新達人。
 さてどんな話が出てくるでしょうか。  
Posted by gp1978 at 23:49Comments(3)TrackBack(0)

どこがデッドライン?

 このニュースのようにデジタル万引きは実にろくでもないと思いますが、記者室にある棋書の詰将棋を写メで撮って「これは万引きじゃないですよね」という某先生は実に可愛いと思います。
 ……万引きじゃないですよね?
 ちなみに私は20年近く前、当時のゲーム雑誌に載っていた光栄三国志の裏技をやりたかったがために自宅から徒歩2分のコンビニまで数往復したことがあります。行って覚えて帰宅して覚えた個所をメモしてまた行くの繰り返し。これは店でメモ取ってないからセーフのはず……くそ迷惑であることには変わりないな。


 まぁ何が言いたいかといいますと、山本昌は実にすごい。  
Posted by gp1978 at 02:01Comments(7)TrackBack(0)

2010年09月03日

パニック

 朝、会館の3Fでエレベーターを降りると目前の席にYoshiharu Habuが座っている。
「おはようございます」
 と、先に声をかけられパニック状態に陥る。
「いやなにやってるんだここはこっちがさきにあいさつしなきゃいけないだろうetcetc」(この間1秒弱)
 反射的に間違いなく頭は下げているが「おはようございます」と言ったつもりで実は口がごにょごにょ動いただけなんじゃないかと意味のない深読みをし数秒後に再び1秒弱のパニックに陥る。
 とりあえず荷物を置いて気を落ち着かせて「あ、そうだ。ちゃんと話すべきことがあったぞ」と理由をつければ改めて滞りなく挨拶をできるのである。たまたま理由があって良かったなどと言ってはいけない。
 沢山とは言わないが数回は取材しているのに、こちらが予期せぬ遭遇に動揺するのはどうしたものか。
 あまり関係ないけど、相手に限らずこっちがこのタイミングで挨拶しようと考えているタイミングを外されるとつい動揺……しませんかそうですか。  
Posted by gp1978 at 03:22Comments(1)TrackBack(0)

2010年08月31日

登板機会

 挑決3局があれば登板できる状況だったのだが、コールドゲーム。
 1局目の何が凄いかというと普段将棋をさほど扱わないようなサイトでも取り上げられていることだと思った。
 まぁ私は登板機会を失ったわけだが、何が残念かというと登板に備えて用意しておいた両者に対する質問などの準備が全てお釈迦になったことである。
 何かに託けて聞けばいいのかもしれないが、正直そういうことはしたくない。
 とりあえず次の登板機会に備えて投げ込んでおきます。  
Posted by gp1978 at 16:50Comments(2)TrackBack(0)

2010年08月18日

今日一番びっくりしたこと

 なんでノーノー未遂の3−1の試合より11−2の試合のほうが先に終わったのかということ。  
Posted by gp1978 at 21:23Comments(1)TrackBack(0)

2010年08月09日

まだメンテナンス中

 事前に聞いていた話では棋泉を7で使うのは不可能ということだったが、試してみると普通に使えそうである。どういうこっちゃ。
 記者室で見せていただいた貴重な封じ手の写真を載せておきます。
DSC_0010-s  
Posted by gp1978 at 18:50Comments(0)TrackBack(0)

アップデートはかったるいなぁもぉ

 20年物というより25年物といったほうがよいクーラー。
 液晶の真ん中に線が入ったノートパソコン。
 回線の接触不良で役に立たないノートクーラーパッド。
 買い換えるなら一気にやってしまおうということでまとめ買いに。
 うっかりノートパソを修理に出すことを先にしてしまったので買って即カスタマイズしないと明日頼まれている仕事の役に立たない。
 なんだかんだで3時間ほどかけて仕事の役に立つようにはしました。
 だがE棋譜が動かん。OSを7にしたからなのかな。
 そーいえば棋泉も7では不能だとか。原稿と一緒に送る図面どーしよ。  
Posted by gp1978 at 00:53Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月07日

最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!

 ……いや、昨日あんなこと書いていきなり今日この結果ならということで。
 それでも日本シリーズで活躍しない限りは背番号34番は永久欠番にならないんだろうなぁ……中日球団的に考えて。
   
Posted by gp1978 at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

躁鬱を繰り返す

 一つの仕事をやり遂げた時に次の仕事の予定がないと鬱になり、
 何であれ仕事の依頼があった時は躁になる、
 という心理状態を繰り返している自分は精神分裂病を疑うべきですか。
 ついでに言いますとD球団の勝ち負けもそこに影響してきます。
 よーやく、よーやく、久しぶりに躁状態になりました。
 などというと「大野村を首にしない限りはファンに戻らない」という某球団ファンの方に怒られてしまうかもしれません。
 でもマエケン勝ちましたよね。
 そのマエケンをカモにしていた強力助っ人が今年は……ねぇ。
 よく「ゼイタク言うな」と怒られるんですが、D球団のファンって基本ネガティブだと思うんですがそこんところどうなんでしょうか。  
Posted by gp1978 at 02:17Comments(2)TrackBack(0)

2010年07月31日

名人就位式の後

 何故か広瀬六段を激励する会(仮)について行って、
 司会者が「広瀬君と言えば鰻でしょう」(何でやねんと言いたいが理由はあるらしい)ということになって、
 主賓が「特上で」と言ったので場の全員が特上を頼んで激励会改めここで書くことを憚られる雑談の場となって、
 帰宅後に王座挑戦者を知って、
「あーそう言えばさっきの会は鰻屋本舗の先生応援団ばっかだったなぁ」
 と言うことに気がついた。  
Posted by gp1978 at 02:34Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月29日

TV中継が打ち切りになって

 ネット上でサヨナラホームランを打たれたことを知ることの虚しさったらありゃしない。
 しばらくかかりきりになっていた(他に仕事がなかっただけともいうw)単行本の手伝いの目処がようやくついたのでホッとしている。印税が振り込まれるまでのワクワク感と実際に振り込まれての虚脱?感(元々額はわかっていてそれより少なかったわけではない)の乖離というのはどういうところにあるんですかね。
 29日はA級と藤花の取材。会館に行くのが物凄く久しぶりな気がする。新記録達成なるか。  
Posted by gp1978 at 00:27Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月15日

お中元の季節ですが

 私は某コンビニ勤めの友人のスコア稼ぎのために発注を一括している。これは以前も当ブログで触れた。
 スコア稼ぎついでにお互いに何かを送る事も常態と化しているのだが、今年はその友人から要冷蔵(冷凍でないだけマシか)のものがよりによってこのタイミングにゆうパックで送られてきた。
 おいおいこの時期にこれかよと電話をすると「ゆうパックだけでなく他いろいろだ。たまたまだ」とのこと。
 まぁ中身が無事だからいいんですが、いちおー確認したくなるのは人情というものか。というか私に送ってくるものなら構わんが、私が送ったものがゆうパックでアチャーな状態になるのは御免蒙る。
 とは言えどもなんだか色々大変のようで。私からお中元を送られるアテがある方は多分間もなく何か届くでしょう。それがゆうパックかどうかは私の関知するところではありませんのでと予防線を張っておきます。さすがに峠は越えたんだろうなぁ。  
Posted by gp1978 at 23:36Comments(2)TrackBack(0)

なんとなく更新

DSC_0123
 
 
 
 
 
 この写真は7月11日にマイコミ関係者が集まって行われたライブの1シーンです。奥でドラムをたたいているのが将○○界のT編集長。
 来ないと仕事を干すと脅迫されたので是非とも見に来てくれと頼まれましたので行ってきました。編集長コラムに使えそうな写真も撮ったつもりですが、ズームが今一つでどうにも芳しくありません。ちなみに前列でサングラスをかけている方は詰将棋界で有名なS氏です。MCで「ボーカルでもっとも年齢差がある」とかなんとかと。

 さて本日、なんだか母親と妹がカリカリしています。どうしたのかと思うとNHKから亡父の名義宛で通知が来ました。通知内容は大したことじゃないんですが、話を聞くとそりゃ怒りますね。
 亡父は目を悪くしていて障害者手帳を持っていました。視覚障害があるとNHKの受信料が半減されるらしいです。それがいつ始まったことなのかは知りませんが、両親がそれを知ったのは父が亡くなる1年ほど前のことだとか。まぁとりあえず申請して半減は認められたそうです(そりゃそうだ)。
 で、父が亡くなると当然役所に死亡届を出したわけですが、NHKに伝える間もなくあっという間に全額に戻ったと。
「減らすときは申請しないと減らさないくせに戻すときはあっという間。実に腹ただしい」
 まぁこれだけでも怒るかもしれませんが、それ以上に腹を立てているのは
「お父さんが死んだことを知ったから全額に戻した(他に戻す理由がないですよね?)くせに、その後来る書類の宛名がお父さんの名前になっているなんて!!」
 もう怒り心頭です。さすがにことの顛末を聞くと私も腹が立ちました。頼みますよNHK。
 まぁ同じくらい(かどうかはわからないが)、法務大臣改め無法大臣の厚顔無恥っぷりにむかついている自分が居るのも事実ですが。神奈川県民として今回の選挙の結果にホッと一安心したのにこれだもんなぁ。  
Posted by gp1978 at 20:37Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月15日

昨日の話

 記者室で検討していると、別室で検討していた佐藤九段が登場。
「もう検討打ち切られましたよ」と。
 こっちではまだ難しいんじゃないかということを伝えると「そうなんですか」と身を乗り出す。
 何故打ち切られたのかと言う話になって「サッカーを見たいからじゃないですか」「それだ!」と一同納得。
 やはり羽生勝勢ということで記者室が落ち着くと、盤上ではこれで簡明とされていた順とは違う手が指される。
「まずいなぁ、帰れないよ」と佐藤九段。
 結局勝ちだと言うことがわかって佐藤九段はようやく帰途に着く。
「サッカー間に合いますか?」「間に合いませんね」
 本田のゴールシーンを見逃したなら、佐藤九段は羽生名人に一言ぼやく権利があると思います(笑)。
  
Posted by gp1978 at 11:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月01日

本来はこういうことを書くためにツィッターがあるのだろうが

 ツィッターはやらんので。

 つい数日前に「超急戦はやらない」「やれないのはただのチキン」という議論があったという情報を入手したばかりなんですけど。

 締め切りが迫る原稿を書きながらネットで観戦します。  
Posted by gp1978 at 11:35Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月29日

ネタ到来

 帰宅してポストを見ると自分宛に一冊の本が投函されていた。
 送り主を見ると私の高校同期を名乗る数字が。中身は大川隆法の本。
 うさんくさー。
 久しぶりに卒業アルバムを取り出して確認するも、送り主の名前はない。だが送られてきたものに書かれている卒業年度は私と同じ年度である。改名でもしたか。卒業アルバムには住所も記されているので郵便物を送るのは簡単だ。個人情報保護法などカケラもない時代の話だ。
 送り主の名前をググると幸福実現党の候補者(笑)。布教活動か選挙活動か知らぬが大変ですねぇ。プロフィールを見ると確かに私の高校を卒業している。だがプロフィールの年齢は私より1歳上だぞ。(高校浪人の可能性はあるが)
 カルトが大嫌いというかある意味でカルトそのものというかな自分にこんな本を送ってくる辺り国会議員になろうとする割には下調べが足りぬw
 私の本棚にこういうのがあったら非常に怪しく見られるだろうが(個人的には仏書院が100冊置いてあるほうがマシだ)、我が家に来る人はそういないので問題ない。どう始末しようかな。
 ちなみに送られてきたものはこれなので私が捨てるか売るかしてなければ欲しい人には先着一名であげます。数少ないここの常連読者で欲しがる人はいないでしょうが。
  
Posted by gp1978 at 20:04Comments(1)TrackBack(0)