病院家庭医を目指して ~野望達成への道~

地域密着型病院で活躍する家庭医を目指し、札幌市内で働いてるDr_kentaです。 病院外来でのプライマリケア、内科急性期病棟の老年・緩和ケア、リハビリテーション栄養を中心に、医学教育や院内システム改善などにも関心を持ちながらいろいろやっている日常を記録していきます。ちなみに「病院家庭医」という正式な呼称はありません(造語です)。 また医師による記載ですが、医学的な内容を自分や身の回りの方に適用していいかどうかは直接診察のうえでの判断が必要です。記載内容を試して発生したいかなる不利益も責任は負い兼ねますのでご了承ください。

カナダの家庭医療・社会医学視察旅行の報告ー2日目:リサーチ+地域見学編

はい! カナダ視察ツアーの2日目の報告ですよ!!



今日のツイッターは、中身うっすいです。3つだけ。
bbbb
https://togetter.com/li/1270678



レポートは、相変わらず長々と書きました。

2018年9月25日カナダSDH視察旅行レポート2日目 by けんた on Scribd




市内見学中に取りまくった写真は、ブログに貼ろうかなとも思いましたが、レポートと関連付けて見ないと意味がない(学習資料でなく観光写真集で終わってしまう)のでレポートの方に貼っています。

スマホでなくカメラで取った方の写真は、出先でノートパソコンにいれて大きなデータサイズを調整してという手間がめんどいので今日は省略しました。

あと、昨日の分の写真貼り忘れたのも、今日のレポートに貼っています。





夕方ころには完全に力尽きてしまい、仮眠取ったら起き上がれんくなって夜のディナー参加を逃してしまいましたが、5時間ほど寝たら元気になりました(ブログ書き始めは夜中の1時です→13時間補正すると日本は昼の14時かな。レポート作成に2時間かかって現在3時半→日本だと16時半?)。

飛行機11時間やホテルのやたら高級なベッドで熟睡しきれてないためか「毎日、寝当直明け」みたいな感じで、寝てはいるけど疲労が溜まっているのでしょう。
あと、時差ボケの影響もあるそうです。東に移動すると辛いと、旅慣れている感じの人が言っていました。
それに加えて、昨日は初日の緊張で消耗してたのかもしれんし、今日の午後はひたすらてくてく徒歩の町中見学だったので肉体的にも消費したのかもしれません。


まあそれでも、満足度はとても高く、昨日と比べるとうなぎのぼりです。

初日のレクチャーラッシュで学習効果が低いとぼやいていましたが、今日はそこで頭に仕入れた予備知識も活かされたようです。

午前中のリサーチのプレゼン&交流会の話にはついていけて、理解が深まり意欲も高まりました。

また、午後に実際に現場をみて、熱意ある在野のすごい人達の話を聞くことで、ようやく「わざわざ遠路はるばるカナダまで来た意味があった。こりゃ来てみないと伝わらんわ」と思えました。

詳しくは、レポートの方をご覧ください。




そして、ようやく、今回のツアーのテーマが見えてきましたよ。

招待してくれた医師は家庭医だし、実際に家庭医療学の立場で活動しているので、家庭医療学の知見を広めるのが目的だと勘違いしていました。

しかし、今回の視察ツアー全体のテーマは「健康の社会的決定要因:Social detarminants of health(SDH)」であり、その中でも健康格差・貧困者を含めた社会的脆弱者のための社会医療でした。

なので、ブログ記事のカテゴリを「医学教育・生涯学習」と「家庭医療」から、後者を「地域医療・社会医学」に変更しました(昨日の記事も)。


そして、この数年の自分が関心を持っているのも、実は家庭医療学そのものというよりは、地域医療や社会医療よりだったのかなという気がしてきました。

たしかに、家庭医療のテキストや論文を読みたい熱はかなり冷めていて、SDHのテキストや地域別の疾患疫学の論文のほうが興味を持って読んでいました。

それに、最近学会や法人内で講演するネタも(人から依頼されたテーマなので主体的に決めたわけではないにしても)地域分析や地域ケアのネタがほとんどだったことも今気が付きました。

そうか、そうなんですね。

なんか一つ開眼した気がします( ̄ー ̄)ニヤリ



明日は中休み的に、丸一日かけてナイアガラの滝観光なので、高まった熱意をぶつける先がなくて肩透かし感ですが、これ以上集中的に頭と心を使ったら死んでしまうかもしれないのでちょうどよいです。

残念ながら明日は雨らしいので素敵な景色にはならんかもしれませんが、もともとナイアガラの滝周辺はびしょ濡れになるらしいのでどっちでもいいっすね。着替えも持ってったほうがいいのかな。

あと、ナイアガラ オン ザ レイクでワイナリー見学もセットになっているらしいので、現地でしか入手しにくいらしい、ロゼのアイスワインをゲットしたいと思います! ワイン好きになっといてよかった♪


でわ、またあした~ヽ(=´▽`=)ノ




 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

カナダの家庭医療・社会医学視察旅行の報告ー前日移動と初日ガッツリレクチャー編

さてさて、カナダにきました。勉強してますよ!

今は、初日月曜日の予定が16時に終わり、簡単な夕食と仮眠取ったあと19時から23時までひたすら復習しまくって、レポートまとめ直したあとです。
カナダ時間で月曜23時42分なので、日本では火曜12時42分のお昼なのかな?たぶん。


移動中に取った写真やどうでもよいつぶやきは、ツイッターにまとめました。

フェイスブックでいちいち更新でると、仕事中の関係者に迷惑かなとおもったり、コメントきても対応できないかもと思って、誰が読んでるか知らないオープンエアーな感じのツイッターにしてました。

つぶやきっぱなしではさすがにあれで、あとで振り返りたいので、トゥゲッターで昨日今日分はまとめておきましたよ。
aaa

https://togetter.com/li/1270331 

ほんとはもう少し丁寧にふりかえって、写真も加工してキラキラにしようと思いましたが、力尽きました。無理です。



あとは、今日一日のレクチャーを簡単にまとめたレポートです。

2018年9月24日カナダSDH視察旅行レポート1日目 by けんた on Scribd




レクチャー中もひたすらメモ取りまくって、バッテリーにはけっこう自信あったノートパソコンが力尽きるレベルまで酷使しました。

それでも、英語スライド+日本語訳ハンドアウト、英語プレゼン+日本語同時通訳、予備知識の説明なく怒涛のスピードで繰り広げられる内容などで、メモの精度は低くて説明不足やあとから読んで意味不明な内容がおおくてダメダメでした。

帰ってきてから、わからなかった用語調べたり、面白そうな概念の関連ページ探して登録やダウンロードしながらメモをレポートにまとめ直していたら3時間以上かかってしまいました。。。


ので、レポート内容をさらに要約したり感想かいたりも省略します。ぐったり。

日本の医療や、民医連のやり方では駄目よね。というもともと知っていたことが更に良くわかったというのが一番の収穫なので、帰国したら今までの延長ではなく大きくなにか変えてみないとですね。
ん~、ネゴシエーション







    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

大丈夫になりました!

昨日は完全にやられてましたが、180度回って復活しましたよ。


今朝起きたときには倦怠感や頭痛がひどくて「よし、今日は定時で帰ってめっちゃ寝よう」とおもってたけど、朝会で今日の当直が自分だと宣言されたことで退路を防がれ、それで返って腹が座った気がします。

なんかもう、「あがいてもしょうがないならすべてをあるがままに受け入れよう。この後のこととか次の患者のことや午後の心配は脇において、目の前の患者だけみてよう」という、投げやりに見せかけて診療の真髄に触れるような心境に入り、すっとゾーンに入れた感じでした。



午前の新患外来はバラエティーに飛んだ受診があり、なかなかにたのしかったです。

(個人情報に配慮して若干デフォルメしますが)奥さんの妊娠に合わせて風疹のワクチンを打ちに来た医療機関初心者な感じの良さげな青年や、「最近世間で風疹が流行っているから抗体価測定しにいきなよと」と施設で言われ風邪引いてる真っ最中なのに受診させられた人の良さそうな女性、

健診で異常が指摘されて精査受けに来た人たちも、そこは対応しつつもついでにEDの相談や夫婦関係の相談やら、仕事のストレスやVDT症候群の相談に発展したり、一発必中で節酒や禁煙や食餌療法に持っていけたり

「数日前からの嘔気・腹痛」の予診票できて楽勝コースかと思いきや、聞けば聞くほど病歴がさかのぼって思春期のライフサイクルの発達課題ど真ん中の深い問題まで達してしまった仲の良さそうな母子、

心窩部や胸痛や喉の締めつけ感と嘔気で受診した前庭神経炎、狭心症、GERDや食道裂孔ヘルニア、花粉症・喘息や打撲や帯状疱疹

また、病院の他職種実習生の急性疾患での受診や、病院のいつもお世話になりっぱなしな他職種課長の娘さんとかも来て、緊張してしまったり。

全体的に若い人が多く、様々な人生の課題や日々のあれこれと戦いながら、症状が悪化したりこじれたりして、不慣れな医療現場で普段お目にかからない医者とのコミュニケーションに四苦八苦しながらも前を向き自分なりに考えてマシと思える選択肢を一緒に模索してという建設的な感じがとても新鮮でした。
亜急性期病棟で帰れなくなった人生の終着点みたいな患者さんの診療や、他科や他院で対応できずあまされたり出入り禁止になった末にたどり着いた人も多い予約外来での診療とは一味もふた味も違う患者層と相談内容と診療スタイルがとても新鮮でした。とっても家庭医っぽかったと我ながら思ってしまいました。



午後の往診も、他院に受診できないくらいにメンタルも体力も落ちて往診紹介になった人が、元気になりすぎて庭仕事に精を出しすぎて疲れてたり、

進行癌があって予後数ヶ月と言われながら1年経っても元気に世間話と玄関までお見送りしてくれてたり、
同じく進行癌で以下同文なんだけど、転びまくって細かい骨折も繰り返すけど、めげずに笑顔で自分の部屋での生活をつづけていて、顔をしかめる家族としょうがないねーと言いながらもギリギリまで見守れそうな雰囲気を育んでみたり、

肺機能が廃絶し今後も進行していくので絶望と言われて在宅酸素療法導入して往診にはいった人も震災を乗り越えたくましく栄養をとって体重と生活範囲が改善してきてたり、

糖尿病で足が壊疽して確実に死ぬと言われながらも年単位の闘病を乗り越えて自宅に帰り、たくましく細やかな奥さんに支えながらも自主的な疾病コントロールと自主リハを続けまくって、単坐位のまま自力で足保護の靴下履けるまでにADL上がりまくった切断術後の人のたくましさを感じたりで、

まあ、みなさん元気というか「しぶとい」という表現が最も適切なんじゃないかというくらいの生命力を見せつけられて、元気をいただきましたm(_ _)m


ゾーンに入るというか、神が降りてくることはたまにあって、そういうときの診療はいろいろと楽しいんですが、これを自力で作れないのが辛いところなんですよね。
極限まで追い込まれないと発動できないけど、極限まで追い込まれたいとも思わないので、たまにしかお目にかかれません。




あと、「この体調の悪さはなんか水毒っぽいな」と、靴下の跡がついてむくんだ下腿を見ながら気づき、五苓散セミパルスを使ってみたらすごく体調が戻ってきていて、いろいろネガティブで体調も悪かったのは単に片頭痛だったのかもと敵の正体がみえたら気持ちも楽になってきました。

今は完全にノーダメージの元気状態です。


夕方に、初期研修医からのおねだり臨時レクチャーもやりましたが、行動変容について1時間半くらい盛り上がり続けてとても楽しかったです。

無関心期から依存症までを視野にいれつつ、医者や研修医の心理傾向と、我々だって「わかっちゃいるけどやめられない」ことを認識しながら、「なぜ、ちゃんと真面目に勉強する研修医ほど、患者の行動変容がうまくいかないか」を深く体感してもらえたかなと思います。
個人的には、最近の研修医向けレクチャーでは「言われたとおりにリピートしたら明日から役立つ!」系の知識・技術伝授よりは、「なんか、面白い世界が、あるらしい、けど、なんかもやっとする。それってもっと勉強したほうがいいっぽいぞ!勉強したいけど、どうしたらいいの」くらいのところで寸止めするのがスキなので、今日はちょうどそれくらいに持って行けてなかなか絶妙だったと思います。
そこまで行ったら、あとは個々の興味や関心や今後の進路に合わせて好きなところを勝手に深めたらいいのです。



当直の準備もしてなかったですが、家族に泣きついたらお泊りセットと手作り弁当・夜食を持ってきてくれて、子どもたちが愛想振りまいてくれたりいなくて悲しいと泣いてくれたりしたので元気出ました。


なんとか持ち直して来週を迎えられそうです。


でわ!

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録
プロフィール

けんた

家庭医療をベースに病院で働く「病院家庭医」なるものを目指して爆進中です。
病名や年齢にかかわらずどんな人の悩みにも対応できる診療能力を身につけることを目指して、北海道各地の病院で初期・後期研修を受けました。

総合内科を中心に研修を開始し、途中から家庭医療学や医学教育学、臨床研究などに興味を持ちながら学習し、2011年に家庭医療専門医を取得しました。
現在は札幌市内の小規模病院で、家庭医療学をベースにした病院総合診療を行ったり研修医・学生・多職種の教育に関わったりしながら、プライマリケア医のためのリハビリテーションフェローシップに参加し学び続けています。

将来は病院をベースにしながらも病院内だけにとどまらず、各医療機関の連携、さらには教育、政治・行政、娯楽などを含めた広い意味での地域共同体を作っていく橋渡しをして、健康に楽しく暮らせる街づくりに貢献できたら面白いなと思っています。

日々の研修での気付きをつづりながら、何か大きな発見が得られないか、blogを通して模索中。

少しでも面白いなと思えた記事があったら、拍手アイコンを押してもらえると、モチベーションがアップしたりします。

記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    楽天市場
    Amazonライブリンク
    病院家庭医本、出ました!
    総合×リハ本、作りました!
    Facebookページです
    Web公開資料
    最近購入した本です
    書籍管理サイト「Media maker」
    カルテの型,連載してました!
    カルテの型書籍版出ました
    急変前評価本、書きました
    病棟CommonDiseaseとは?
    病院家庭医として紹介されました
    RSS活用で論文読む方法まとめました
    内科×リハ本、でました!
    • ライブドアブログ