一昨日まではややハイテンション気味に忙しさを楽しめていましたが、そろそろ疲労も溜まってきました。


水曜は外来→外来・会議→当直で一番ハイになっていて、23時には一旦眠れたけど3時にコールあってからはそのまま仕事始めて、

木曜は午前病棟+臨時レクチャー(抗血栓薬たちの使い分け、キードラッグとその派生の整理、Multimorbidityになったときの考え方)をして、午後は会議3連発あり最後が外部参加もある重たいのの司会運営して燃え尽きてほぼ定時帰宅(いつもより早いとも、当直明け帰れなかったとも取れる)で、早め就寝。

金曜の今日は、午前外来→昼休み5分で午後外来で複雑度高め事例を何例かみて時間外まで押して、夕方病棟上がって病棟対応を2時間位してようやく終わりました。


病棟単位としてじっくり動ける時間がないと、どうしてもデータチェックやカルテ記載や指示出しがワンテンポ遅れるので、患者の病態に影響ない範囲では調整できても看護師残業につながるのがなんとも悔しいところではあります。

また、「当直明けよりも、その翌日の明け明けの方がけだるい」というパターンがもろに来ているところに午前午後外来だったので、無理やり集中力は高めましたけど愛想がよくなかったなぁという反省もしています。


それでも、担当初日に重症だった患者が予言通りのペースで改善してルートオフにできたり、畳み掛けるように怪しいデータ以上がでてきたけど丁寧にプロブレムリストせいりしたら3日目でほぼ全てが一つのスジで繋がってシンプルな病態にまとまったりというのは、やりがいとか達成感を強く感じられて心地よいですねぇ・・・

こんな検査結果が! →ああ、知ってる。
こんな経過に!!  →うん、予想の範囲内だわ。
こんな症状が!!!→だろうなぁ。じゃあプランBで。
みたいな感じが気持ちいいです。


総合内科、楽しい(・∀・)

集中治療やりたいなぁ・・・



このタイミングで初期研修医一緒に担当できると、教えられること(背中を見せて伝えられることや、カルテ記載を見せて説明できることも含めて)がたくさんあって濃厚なんですが、ちょうどローテの境目で新患担当できる研修医がいないというのが痛恨の残念感ですが、まあ仕方ないですね。



明日の土曜も通常勤務で、日曜も日中内科当番(午前回診、午後オンコール)からの夜当直というひどいシフトですので、今日の夜は根詰めずに早く帰って英気を養いたいと思います。

でわ!!





    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録