もうすこしで今週が終わりますね。


ブログの最終更新見ると、1週間前の9月29日金曜で、まだなんとか頑張っている様子が伺えますね


その後は、

土曜午前勤務~夕方まで残務処理、

日曜日直で病棟対応とデスクワークずっと、

月曜日から新しいメンバー来てオリエンテーションしたり病棟や外来やったりでこの頃から心が死にはじめ、

火曜日は胃腸炎症状がぶり返して夜の会議までは持たず早退、

水曜には何かピークを乗り越えたらしく割と心が生きてきたけどそのまま当直

木曜は寝不足の中なんだかんだと仕事して夕方くらいから片頭痛がでて、

金曜は片頭痛で一日が終わって記憶がなく、

今日は頭痛が消えていてようやく通常通りの体調に戻った感じです。



前半は、土日も仕事して休めなかった疲労のせいだとおもってましたけど、その後働き続けていても心身の調子は良くなったり悪くなったりしていたので、休むの有無だけでなくそれ以外もいろいろあって体調が変動するんだろうなぁと思いました。

この2週間位の、スキャナで取り込んだ会議資料たちをざっと眺め返してみたところ、ずいぶん重たい会議がたくさん濃密にあったなぁと思ったので、管理系の負荷や重圧がかなり大きいのかなとも思います。

ちなみに自分は、参加した会議では思ったことや決まったことやあとで解決したい疑問は全部配布資料の表紙に書いて、あとで(極力その日の帰宅前)に全部スキャナ取り込みしているのです。
あとで振り返るのに便利だし、参加した事務が議事録に記録しそびれて事実関係不明になるとかしょっちゅうあるので、自分のメモだけが頼りです(ああ不健全・・・)


だからといってどうすればいいのか答えはありませんけど、とりあえずは

・今日の午後に残ったデスクワークを片付けて、爽快な気分で夜の飲み会に向かいたい

・明日の午前に、全日本民医連事務職員のあつまるイベントでなんかの講演をするので(まだ資料が3割くらいしかできてない)、そこを気持ちよく乗り越えたい(乗り越えられるよう今日の午後に資料を練る)

・明日の午後から明後日にかけては、当番も日当直もなく完全なDuty freeなのと、たぶん身体的な体調は良さそうなのでダラダラするよりはどこか出かけて気分転換をする

あたりを目指したいと思います。




来週は火曜夜にガッツリ会議、水曜に当直、金土日月は常にオンコールで、

再来週土日は「認知症サポート医養成研修会」(幸い札幌市内開催ε-(´∀`*)ホッ)、

その次の週は医長夏休み不在かつ週末に「プログラム責任者養成講習会」で千葉へいって、帰ってきたらそのまま内科オンコール当番

その次の週末は「全日本民医連病院長・事務長・総師長会議」なる恐ろしげなイベントのため東京へ

翌週末は土曜当番病院+家庭のイベント、日曜は全日本の「総合診療研究会立ち上げ」の会議

その次は旭川医大学生のための「症候論学習会」と、翌日は旭川市内開催の「内科地方会」参加

その次の11月最終土曜日は午前「二木会」(法人内総合診療グループの学習イベント)からの、午後は北海道プライマリ・ケアフォーラムで「SEAを教えたり開催する側の人のためのワークショップ」

……と、容赦ないかんじで責め立てられる10~11月ですが、なんとか切り抜けたいと思います。



昨日の片頭痛ピークの真っ最中には、「だめだ、このままだと死ぬ。逃亡しなきゃ!!」と真剣に考えてましたが、頭痛が過ぎ去ってみればなんとかなる気もしてきたから不思議です。

途中で気力がぷつんと切れるのは確実だとおもうので、どっかで年休とります。ごめんね


でわ!



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録