だいぶ前から電子書籍は活用していましたが、一部の雑誌が紙版しなかく困っていました。


週刊誌だと地味に家に積まさってきて邪魔だし、古紙回収でだすのもタイミング逃しやすくて困るんですよね。

あと、部屋暗くすると読みにくいし(寝る前は間接照明にするし、地方の電車や飛行機で夜に暗くなったときも困るし)、出張中に読みたくても2-3冊になるとそれだけで重いしスペースとるしで邪魔なんですよね。


なんですが、ようやく完全電子化に移行できそうです。


医学書・教科書関係は、昔買って、読み終えて、本棚に収まってしまったものはとりあえずそのまま医局の本棚の中にあり、これはさすがに今から自炊する気にはなれません。
そこそこ愛着もあるし、一応本棚には収まったので邪魔にはなってないし。

でも、最近新たにでたものについては、読み終え次第裁断してスキャナ取り込みするようにしています。
精読を終えてなくても、サラッと眺めただけで一度頭を通るから、後日関連の問題・疑問にあたったときに「あ、どこかで読んだ気がするな。たぶん去年。だったらスキャナ取り込みしてあるわ」と思い出せるので、あとは検索すれば充分。

最初は学会誌を順番に処理していましたが、徐々に商業誌(編集委員しているものは毎号、それ以外も原稿書いたりしたものは届き次第)も取り込むようになり、最近はそれ以外の医学書も「眺める→捨てるorスキャン」でこの世から消すようにしました。


あと、もともと電子書籍があるものはそっちを買うようにもしています。

ここ数年で最も良かったのは、ハリソン英語版の電子書籍版購入でした。
電子版の英語内科学教科書「Harrison's Principles of Internal Medicine 19th edition」買ってみました。デバイスやアプリによって違いが大きいですが、うまく選べばかなーり快適ですよ!!

常に医局PCのデスクトップに、専用のリーダーアプリで開いている状態で、検索も便利なので、Dynamedよりも気軽に開ける状態です(実際に読むのは、疾患概念とか基本的なことを知りたいときなので月に1回くらいですけど)

他の教科書も、分厚いものや、辞書的に使いたいものは、紙版が販売されてもお気に入り登録しつつ「電子化希望」ボタンを押したりしてしばらく待つようにしています。



あとは、仕事以外の雑誌が電子化されたのは大きいですね。

お酒飲む時は、ご飯やお酒関係や旅行の雑誌や小説とかを読みながらダラダラしたいんですが、2年前にワインの勉強始めたらあっという間に腰の高さくらいまで積まさるくらいの本の量になって困っていました。

ただ、医学書とかと違って、「一回読んだあとにもう一度読み直すことは思ったより無い」し、「数カ月後に思い出して読む」こともないなというのが徐々にわかってきました。まあそうですよね。
気に入った・気になった記事があればその場で検索して、欲しいものだったらお気に入り登録や購入手続きしちゃうし、後で読みたいものは記事を写真撮って自分のGmailにメールで送っちゃうので(忘れっぽいので、必要な情報は全部Gmailに送るようにしているのです)、必要無いんですよね。


ということで、去年から読み放題系の電子書籍サービスをはじめました。

自分が使っているのは、楽天マガジンです。


色々なサービスを比較してみましたが、値段が安く楽天ポイントも貯まる、複数デバイスで使える、自分が読みたい雑誌が全部カバーされている当たりで決めました。

【2018年最新】雑誌読み放題のおすすめは?各社サービスを徹底比較!

電子書籍の漫画や雑誌読み放題サービス比較、定額で安いおすすめは?(2018年度版)


雑誌読み放題サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介

おすすめの最強雑誌読み放題サービス6選【2018年最新版】

けっこう値段の高いワイン王国も毎回読めるし、dancyuとかもあっていい感じです。



そして、最後の課題が漫画雑誌なんですよね。

自分はわりとジャンプが好きなんですが、集英社は電子化消極的ですよね・・・

週刊少年ジャンプは、ジャンプ+ができてからはずっとアナログでホント便利です。
少年ジャンプ+(プラス)とは?おすすめマンガ・特徴・料金・口コミ・評判などを徹底解説!


一番、自分の部屋のスペースを圧迫する物体だったし、読み終わると指が黒くなるし、なんとなく出張中に読むのはいい大人が恥ずかしい気もするしですが、電子のほうが雑誌特有の色のついた神でなく背景が真っ白なのできれいで良いんですよね。
定期購読の割に値引きが少ないのがかなり残念ですが。

あと、ジャンプSQとかヤングジャンプも割と読むんですが、先にSQが楽天Koboで買えるようになりました。


そして、最後にヤングジャンプが、ようやく最近になって楽天Koboで買えるようになりました!

これで「家に紙媒体の雑誌が新しく持ち込まれること」が完全にゼロになりましたよ~♪ヽ(`▽´)/


Koboは、しょっちゅう値引きキャンペーンあるし、ポイント還元率高いタイミング(スーパーセールや5の倍数の日など)で買うのもよいし、木曜はメンズデーで割引クーポンが多く5000円まとめ買いすると20%(1000円)も安くなるのでかなりのお買い得です。

漫画単行本は、買いたいものあったらカートにいれといて、合計額が5000円越えたら、5の倍数日に割引クーポンもかませて買うようにすると、その場で衝動買いして公開する確率も減るのでいい感じです。



あとは、これら電子書籍を読むタブレットですね。


仕事ではiPad mini3をつかっていて快適ですが、いかんせん画面は小さくて漫画や雑誌は厳しい。

自宅では、古いiPad2を使ってますが、さすがに動作は遅くて、画質も荒くて、エアロバイク中の論文流し読みや、ジャンプ読むくらいならいいですけど、情報料が多い雑誌読むにはいろいろ厳しいんですよね。


お金が許すならiPad Proが気になりますけど、一番用量小さいやつでもそれなりの値段ですよね・・・


電子書籍よむだけなら安いのでもいいんだよなぁ。

実際のを見にいって、触って考えてみます。


でわ!


    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録