今週末に迫ってきたので、3月にも紹介しましたが再度宣伝しておきます。


4月21日土曜の午後に、東京大学で診断学とか総合診療とかのイベントの講師をしてきます!!

28576908_1284312668379267_8079370678948823549_n


過去の紹介記事はこちら。

【学習会案内】第1回若手病院総合医カンファレンス「病院総合医の高みと広がり」


プライマリ・ケア連合学会の公式ホームページに載っているのはこれ
https://www.primary-care.or.jp/imp_news/20180305.html


徳田先生の「燃えるフィジカルアセスメント」にも掲載されています!
https://blog.goo.ne.jp/yasuharutokuda/e/1599755136334f3bdc48bb8c5e923678

青木先生の「感染症診療の原則」にも掲載されています!!
https://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/4eb7e5ccd81c4332200d5e7ad28a0660


さすが学会公式、かつJ-HOSPITALIS関係者もいるなど、大手が関わると宣伝の範囲が半端ないですね・・・



内容的には

最初に上田先生が、内科診断学の真髄で唸らせて

次に自分が、内科以外の総合診療関連領域(Special interest)の視点で更に症例を深めて

最後に新進気鋭の若手が、生物医学的なところ以外(Bio-Psycho-SocialやComplexity・Clinical ethics)で更に広げて

「いやー、総合診療すげーな。めっちゃ面白い。3年の後期研修だけじゃ全然足りないくらい極めがいあるわーヽ(=´▽`=)ノ」という感じになる予定です。



自分の担当部分の準備が遅れていますが(他の先生方は、だいぶ前にスライドできていて焦っています・・・(-_-;))、昨日の昼頃にプールで平泳ぎしてるときに神が降りてきたのでなんとかなるでしょう。

できるだけ、ダラダラ平坦な一方通行レクチャーにならないように、頭を使い、学びや気付きが深まるような仕組みづくりまで工夫できればと思います。
(でも、多くのマニアックな知識が欲しくて来る人も一定数いるかもしれないので、普段よりは情報量多めにしようかな)

あとは根性と気力と体力と、そして作業時間を生み出す驚異的なタイムマネジメント能力とでなんとかなるのでしょう。



もう申込みフォームの入力は締め切られたみたいですが、「あ、参加申し込みわすれてました!めっちゃ参加したいです!!」という人はご相談いただければ枠開いてるか聞いてみますね。

あと、懇親会まで参加する予定ですので、初めてお会いする方もいろいろ話しかけてくれたら嬉しいです。







    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録