しばらくブログ放置しっぱなしになってましたが、気づいたら連日800-900のアクセスと1000-1100くらいのページビューになってるのに気づきました。


以前はそれくらいあったんですが、昨年のある日突然ガクッと下がって300アクセスくらいになってたんですよね。

当初はなにかの陰謀か!?と疑ったこともありましたが、そんなことはあるはずもなく、単純にブログ記事更新頻度がおちたりグーグルの検索アルゴリズムが変更になったりで検索にひっかからなくなっていたのでしょう。

先月末のカナダ医療視察の連日アップで更新頻度がたかくなったのと、それを見に来る人が増えたおかげで一気にグーグル検索に引っかかりやすくなったのでしょう。


その証拠に、閲覧数が落ち込んでいた時期も個人的な知り合いの閲覧数は一定だったようです。
トップページを直接閲覧した人は人気記事ランキングにカウントされないんですが、全体のアクセス数が減っていた期間は長年の人気記事のアクセス数がガクッと減っていました。
なので、トップページを直接ブックマークしてたりRSS登録してたりフェイスブックページを登録しているコアなファンが300弱いたってことでしょう。それはそれですごいっすね。


そして、今急に増えたアクセスも、カナダの記事がめちゃくちゃ読まれているわけではないようです。
アクセスログをみると、カナダ記事はあんまりでてこないのです。
そして、やはり人気記事ランキング上位は「ささくれ」「麦門冬湯」などの昔からの検索に引っかかる記事で、異常な閲覧数になっています(1週間で1500人が「自分のささくれを適当にいじってたら化膿しちゃった」というどーでもいい記事を読んでいます。恥ずかしや・・・)



というわけで、昔はアクセス数を「お、俺って結構注目されてるんじゃん?」と自分に自身を取り戻すエネルギーの一つにしていたこともありましたが、実際のところは記事の質ではなく「マメに更新していること」と「グーグルの気分次第」で適当に決まるということがわかったので冷静に見つめようと思います。

いちおう、アクセス数が一定レベルをこえると、ブログの端っこにでてくる広告からの収入がちょっと増えて嬉しいという報酬はあるので、可能な範囲で毎日更新できればいいなぁと思います。

1回の記事の分量がおおいので、もっともっと短くあっさりにしたらいいのよね。

でも、書き始めると止まらないんです。しかたないっす。



健康と医療ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録