ようやく一息つけるくらいの余裕ができたので、さっさと振り返っておきます。


活動目標の項目別にやるのはめんどいからやめよう。
過去記事さかのぼってきたけど、項目別の振り返りはかなり長いことしてないですね。まあいいか。

ToDoListはっつけるタイプのも、この2週間はイベント特になかったので意味ないかな。

んー、とりあえず毎日やったことを思い出せる限りで書き出してみましょう。


=================================
1日月曜日
台風で日曜日のうちに帰ってこれず東京は御茶ノ水で前泊し、月曜朝イチの飛行機で帰ってきました。

自宅に荷物をおいてから(レンタルのスーツケースの返却期限がこの日だったし)、昼に病院にむかい、そのまま総合外来(1枠10分、複雑度の高い患者の長期継続的な診療用)の診療を頑張ってやってきました。

そのあと、病棟患者の状況ぜんっぜんわからんかったので一通りカルテを眺め、その後医局研修医室に戻って久しぶりに合う研修医たちの相談や雑談に付き合っていたら割と遅い時間になったので、デスクワークとかは全部うっちゃって帰りました。


2日火曜日
久しぶりの朝回診。やっぱり1日は朝回診から始まらないと頭がしっかり回らないです。時差ボケによる眠気ピークでしたね。
いつもはカンファルームの後ろの方でじっと聞くだけなんですが、病棟患者全部把握したいし、後期研修医が入れ替わっていて(4年目1名と5年目1名がローテ終了、3年目2人は継続、診療所歴長い8年目が久しぶりに病棟復帰)指導のスキもできやすいしなので、自分で患者の経過版まわしてカルテやデータも出しながらプレゼンしてもらって現状把握とツッコミに努めました。

午前は久しぶりの一般外来(1枠6分、複雑度の低い患者や、主治医固定していない患者の慢性疾患管理や急性疾患の臨時受診、健診後精査、ワクチンなどの多彩な対応)。忙しかったです。記憶ないっす。

昼休みはほぼ圧殺されたのでお弁当をつるつると秒殺でのみこみ、午後は往診へ。
今週から医師配置の影響で曜日が変わったので、初めておあいする人も多かったです。中には6年前に数回みていた方もいて、あれだけ疾患重たいのに全く変わらず夫婦で元気にしていて驚いたりで楽しかったですが、時差ボケ・寝不足と疲労状態での車移動はきつかったです。

夕方は、総合診療グループのコアメンバー会議にweb参加。すっかり忘れていたし、できれば忘れたフリで帰りたかったですが、気づいてしまったので参加。眠かったのと、議題とかもなんだかん-と思ってしまい発言あまりできず終了


3日水曜日
午前は週2回ある研修指導単位ですが、指導対象の専攻医数が半減したので水曜の方は少し余裕あり。病棟患者の対応(専攻医が異動したときにお残ししていった患者と新規入院患者と)をようやくじっくりでき、結構穴があった(臨床的には致命的なものではないにしても、退院後の長期管理・予後や患者QOLの最適化を考えると手を出したほうが良い部分がいくつか)ので立て直したり、その患者担当している研修医とディスカッションして勘違いや抜けを補正したりをたっぷりやりました。
病棟患者の直接担当は楽しいね。

午後は会議ラッシュで、ほぼ記憶がないですが、たしか内科医師体制調整ミーティング→外来師長といくつかの細かい相談→新規CT導入後の活用プロジェクト会議でいない間に起きたトラブルの事後報告聞きつつ最後の詰め→あとなんか小さい打ち合わせ→管理部会議(とても不満な決定が下って、披露と合わせて超ネガティブな気持ちに)→北海道民医連(所属している法人の内一番大きいやつ、道内地方の院所も含む)の内科運営会議と、13時半から20時半くらいまでひたすら会議ばっかりでした。
時差ボケは治っていたので、会議の内容はスムーズに頭に入り割と落ち着いて発言もできたし、会議で発生した疑問やタスクをメモってすぐに解決したりできたので割と快調。


4日木曜日
時差ボケはなおったけど、肉体的疲労が蓄積してきた頃(カナダ7泊→最終日も自宅帰れず東京一泊→その後ひたすら仕事だったので)で、朝起きるのは辛く「仕事行きたくなーい」と口から漏れていたそうです。

午前はまた一般外来で、こっちは予約患者数が火曜の1.5倍くらいありめっちゃ大変でしたが、並列で行う研修外来の負荷が確かなかったはず(研修医休みだったかな)で、ひたすら集中して頑張って回してなんとか午後のカンファにはギリギリ間に合わせました。

午後は内科医師だけでの病態相談や方針決定のためのじっくりカンファ→その後病棟の他職種カンファ→その後外来の複雑事例カンファ(このあたりで意識障害ぽくなって医局で糖質とって休んでしまいおさぼりに)→夜間診療担当医用の弁当が今日から変更で近くのラーメン屋のカツ丼がきていて、重たかったけど全量摂取して勢いをつけて夜間診療へ。

その後はいくつか仕事して夜中に帰宅しました。夜の記憶が最近雑です。


5日金曜日
今月から、金曜も午前外来担当になりました。連日外来きっついですね。診療所で働いてる人すごいなぁ。
幸い、新規で開いた分予約はきっちりではなく、水木で入院した患者たちのサマリーかいたり(入院3日目には退院時サマリーの結論まで書いておくとあとが楽ですよね。先が見通せるシンプルな=主病名が1-2個の症例なら)、業務連絡の電子カルテメールの処理したりいろいろも進められました。

午後は研修指導単位で、初期研修医の新患プレゼンの相手とか、専攻医の外来振り返りとか(こっちは専攻医の都合がつけられず流れましたが)と、合間で溜まっていたデスクワークをひたすら片付けまくって、割と早めに帰った気がします。この日も夕方以降の記憶が無いですね。



6日土曜日
もともとは勤務日でしたが、息子の授業参観があることを直近で知ったので諸々調整してもらってお休みにして、授業参観へ。
疲れた状態で不機嫌にならず、教室の後ろでひたすら立ち尽くすのはなかなかの試練でしたが、学校の教員の授業スキルが面白すぎて頭は活性化されて楽しかったです。プロはすごいなとおもうし、(授業参観用に特別気合い入れたのかもしれんけど)このクオリティーを毎日毎日、1日4つも6つもある授業に向けて準備し続けるってやばいですね。

午後は家でダラダラしてたはずですが、せっかくの昼寝チャンスを逃して本を読んでしまったり、筋トレやエアロバイク漕いでしまった気がします。もったいない。。。


7日日曜日
たしか台風が接近してて天気が悪かったことを口実に家にこもっていたと思います。
朝起きてとりあえずご飯食べて着替えたりはしたけど、そのあと午前中は寝倒した気がします。
午後は、ポケモンウルトラサンムーンのレベル上げとかバトルツリー挑戦とかした気がします、バトルツリーのタッグは、戦略性の勉強になって面白いですね。


8日祝日
この日はこどものスイミングスクールの大会があって、朝6時位に起きる羽目になったり頑張って応援に行ったりしたとおもいます。大会全部終わってからようやく「10月第2月曜日は体育の日だよ」としりました。そういえば・・・
お昼は適当にファーストフードですませて、午後は家でダラダラとパソコンいじったりマンガ読んだりしてたと思います。


9日火曜日
朝起きたときから倦怠感がめっちゃあって起きるの辛かったです。
おそらく、三連休意外と休めなかったのと、台風の往来で気圧変化ひどかったのと、カナダからひたすら緊張と気合続いていたのが途切れて片頭痛発作がきていたのでしょう。今振り返ればそう思います。

午前の一般外来はこの日もものすごい混雑でひたすら全力ターボブーストモード+横でやってる研修外来の指導(1年目なので割とじっくりなので自分の外来と頭の回転数をその都度切り替えるのがなかなかの難易度)+管理当番で他院や往診や病棟からの問い合わせや専攻医の外来相談など

午後の訪問診療は、・・・、記憶がないなぁ。この間溜め込んできた複雑度や重症度や予後が厳しい人たちはたいてい山を超えていて、軽い人は他の専攻医の枠に回ったりしていたので、ずいぶんと快適にサラサラ回れたという印象です。
総合診療ど真ん中の複雑度・困難度の症例や、在宅緩和ケアとかでなく、認知症だけとか運動器だけとかの症例のケアはやり甲斐と楽しさが多く、困難感が少ないので「こんなに楽しくていいのか?」と変な罪悪感すら感じますね。こういう往診なら学生や研修医に見せてもポイント絞って指導しやすいなぁ。

夕方は予定を詰め込みすぎて4つぐらい直列に。17時台になんかの打ち合わせして、18時から久しぶりのEBM学習会して(臓器別専門医が示す臓器予後や生命予後最適化するときのJカーブと、老年医学や緩和医療で示すQOLや合併症予防のJカーブを重ねると、みんなが思っているよりも最適な目標値はもっと高いのよという気付きが最大の盛り上がりでした)、19時から原稿執筆の指導・相談して、20時から漢方WSの初回web打ち合わせして、その後もう少しデスクワークして夜中に帰宅しました。
臨床ウェートが増えた分、サマリー、手紙、その他諸々の臨床系書類業務が増えてきたのがこのあたりからずっしりとボディーブローです。重たい。。。


10日水曜日
この日も起きたくない、仕事行きたくないモードですが、いろいろと裏技を使って無理やり元気に。

午前の研修指導単位は、研修医の当直明けやプレゼン担当者が業務テンパって無理だったりで予定イベントは全部キャンセルに。フリーになった分病棟でブラブラして呼吸不全や急変患者対応を手伝って、鮮やかな肺エコーやマニアックグラム染色解釈で診断のお手伝いしてなかなかやり甲斐ありました。臨床楽しい、病棟大好き。病棟の詰め所に自分専用の机置いてずっとそこに居たいです。無理か-。

午後はまたもや会議ラッシュで、医師体制ミーティング→外来看護師と打ち合わせ→新規CT導入プロジェクト会議最終回(きれいにまとまったと思います、久しぶりに理想に近い形で結果出せた気がする)→あとなんかの打ち合わせを立ち話や電話で引き止められながら10歩くらいずつ進んでようやく管理部会議へ到達(先週よりは頭が回っていたので、感情を切り離して理性的に議論できたと思われる)→医局会議で重大な話題の提起→北海道民医連の地方院所配置についての緊急世代会議参加(中央にいるとそれ以外にいる人と感覚がずいぶんずれるもんだなぁという感想、なんだか悲しい)→その後いくつか仕事片付けて(メール処理量が半端なかったです)深夜帰宅


11日木曜日
午前一般外来。記憶ないっす。昨日のことだね。
午後のカンファいろいろは、割と主体的にポジティブに関われたと思いますが、実際はどうだったのやら。
夕方は定時で即帰りたい気持ちをぐっとこらえて、夜間診療の相談役として院内待機しつつ、まだ少し残っていたメールと大量に積んでいた書類対応をグイグイして、途中で総師長&副総師長に別室呼び出しを食らわせていただいて重たいお話を聞きながら意見をいくつか述べさせていただくというドッキリ緊張イベントもはさまりつつ、あまり遅くなりすぎないうちに帰宅。


12日金曜日
覚醒した瞬間に「よし、今日は絶対さぼるぞ!」と思うくらいの倦怠感と久しぶりの腰痛でしたが、「あ、当直かぁ、今日」と気付きアセトアミノフェンでごまかして出勤。
午前外来は、今週もまだ予約埋まってなかったけど、カルテ回ってこない暇時間がきたら緊張の糸が切れて立ち上がれなくなりそうだったので、他の診察室の溜まってるカルテや臨時受診で少し待たされている患者のカルテを回してもらって主体的に余計な仕事をしました。こういうのは割といい気分(その分他の医者も早く上がれてゆっくり昼ごはん食べれるからね。縁の下を支える感じは割と自分のツボです)。

午後は研修医の新患カンファが深いい感じになり、その後1時間で驚くほどの量のメール処理と書類作成とをこなし、専攻医の外来振り返りも2~3週ぶりででき、在宅診療部の細かい会議やシステムやその他の相談をして、そのまま当直に突入して今ここです。

当直は今の所2件呼ばれた程度で、どちらも一瞬ヒヤッとしたレベルですが冷静に対応したらちゃんとなんとかなったのでよかったです。
これ以上デスクワークする気力がわかないので、さっきキーボードもようやくぶっ壊れたし、寝れるだけ寝ておこうと思います。


明日土曜日はお休みの日ですが、午前中に原稿執筆の打ち合わせ溶かしてから昼頃帰宅してダラダラ。子供に遊べと脅迫されてるのでがんばりますけど。

明後日の日曜日は内科の午前回診+オンコール当番なので、この日までに気力が満ち満ちるほどに回復していたら一気にあの原稿を書こうと思います。

================================



あれ? 

2週間分だけなのでサラッと書き出して終わろうとしたのに、意外と文量増えましたね。



自分にしてはめずらしく、外部イベントの準備とかはほとんどなく、外来外来また外来と、合間に病棟結構病棟、その隙間で屋根瓦薄くなった分直接研修指導もちょいと増えつつ、兎にも角にも会議会議会議会議会議で、その後に意識が持つ限りひたすらデスクワーク。という週だったようですね。

だから疲れたのか。気力の欠片ものこっていません。


それでもとりあえずは、記憶に残らないのになんだか消耗した2週間が客観視できたので、なんとなく落ち着きました。

気がついたら10月も半分終わりそうな勢いなので、明日・明後日は超頑張って休みまくって、10月後半はもう少し目的意識を持ち、自分をきちんとコントロールして、メリハリつけてちゃんと生活します。

11月に入ったら、自分ではコントロールできない大きな津波に押しつぶされて2ヶ月程度人ではないなにかになって過ごすことになりそうですので、おそらく頭の中がネガティブすぎてブログかけなくなるかもしれませんが、そーっとしておいてあげてもらって大丈夫です。たぶん。




でわ!





健康と医療ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録