病院家庭医を目指して ~野望達成への道~

地域密着型病院で活躍する家庭医を目指し、札幌市内で働いてるDr_kentaです。 病院外来でのプライマリケア、内科急性期病棟の老年・緩和ケア、リハビリテーション栄養を中心に、医学教育や院内システム改善などにも関心を持ちながらいろいろやっている日常を記録していきます。ちなみに「病院家庭医」という正式な呼称はありません(造語です)。 また医師による記載ですが、医学的な内容を自分や身の回りの方に適用していいかどうかは直接診察のうえでの判断が必要です。記載内容を試して発生したいかなる不利益も責任は負い兼ねますのでご了承ください。

体調・時間管理

とりあえず、一週間乗り切りましたよ。やったことリスト書き出し

ヘロヘロですが、なんとか途中で休んだりせずに1週間乗り切りました。


何が起きていたのかぜんっぜん記憶にないので、メール・院内カタリスト・SNS・カレンダーなどみてやったことを書き出して今の立ってている場所を見つめ直したいと思います。
もう、どこに立っているのか、どこを向いているのかわかりません。。。



今週やったことリスト



月曜
午前…外来ヘルプ出ずっぱり(外来再編初日+インフルエンザワクチン希望者殺到+急に冷えてきて感染症患者増大)

昼 …プライマリ・ケアカンファの資料づくりを30分で(-_-;)

午後…予約外来がっつり

夕方…プライマリ・ケアカンファリハーサルと緊急法人内科責任者会議で人事の重たいやつの相談。

デスクワーク:細かい医師体制の調整、経営分析と資料作り、翌日のWS打ち合わせの資料探しと共有と



火曜
一日…学生見学受け入れ

午前…病棟対応・退院調整カンファ・初期研修医新患カンファと、隙間でいろいろ

昼 …デスクワークをなんかいろいろとメール対応

午後…臨時患者面談や初期研修プログラム・地域特化コース説明面談と、在宅診療部管理患者の時間外対応についての会議と、後何か1個会議

夕方…専攻医向け総合診療学習会とSEA-ワークショップ打ち合わせ



水曜
朝…プライマリ・ケアカンファ発表

午前…ひたすら外来

午後…科長・医長ミーティング、在宅新患導入カンファ・他院所共有カンファ、管理部会議みっちり2時間(-_-;)

夕方…医局会議・専攻医相談・その他もろもろ

デスクワーク…在宅診療部管理患者の時間外臨時往診や臨時入院のマニュアル整備、関係各位に連絡して意見収集など。



木曜
午前…専攻医定例症例相談+月一定期振り返り+初期研修医新患カンファ

午後…内科医全体のカンファ・病棟多職種カンファ・外来困難事例カンファ

夕方…ICT委員会(急用でいけず)、そのあと初期研修医向け老年医学レクチャー

デスクワーク…内科外来全医師(パート医や外部からの専門医含めて、看護師や技術職や他部門も含む)への回覧文書の別紙(呼吸器患者の中病連携改善について)の作成と配布指示。そこに至るまでの根回し・裏取りなどが大変でした。

デスクワーク…地域リハに関する原稿の、専攻医作成した分の校正作業のチェック、初期研修医の研修オプション調整

お勉強…レアな糖尿病病型の勉強(初期研修医が新患プレゼンでドヤ!と調べてきたので裏取りと自分の生涯学習のため、勉強になりました!)。そういえば、他にも今週は英語論文少しずつ目を通すキャンペーンしていました(未読200→100まで削った!)



金曜
一日…午前・午後通しで外来(昼休みなし(TдT))
    並行して入院1名担当+病棟急変対応+外来の臨時入院・紹介・施設系との交渉など多数
夕方…病棟対応、BLSコースは医長・専攻医で回してくれたのでパス。

デスクワーク…年度末の全国研修医向け講演依頼の受諾、
外部からの見学者の受け入れ調整、
来週の旭川学生向けの症候論学習会の参加者確認とネタ調整、
健診や外来体制の穴埋め調整、
週末の全日本民医連総合診療若手の座談会の事前資料読み込み、意見の事前提出、
当院医長達の定期振り返り結果のまとめ・分析と医長同士での共有、
自分のマイルストーン定期評価、ブログアップ、Facebookシェアしたのについたコメントから考察深めたり貰った参考文献読み込んで唸ったり



以上。


ルーチンワークが多いけど、ふだんと比べると会議や書類作成が多く、見学受け入れや会議・打ち合わせ・講演なども多く、かつ外来再編と患者数増大や病棟患者不安定での臨床負荷も多かったので、「院内にいて出かけたり出張したりはないから楽だと思っていたけど、意外とスキマ時間がみっちり埋まっていて勤務時間中常に頭をフル回転していて、しかも早寝できないスケジュールだった」ということだったようです。

今週はずっと頭も体も重く、右目がずっと三重まぶたになっていて(疲れると片目だけ三重になります)、なんだろうなーと思っていましたが、謎が解明されました。

納得。したので、スッキリ。


明日は日中はおやすみなので、なんとか気力体力を回復させて、午後に大事な用事をすませ、夜からは当直して、明日午前は重要なweb会議になります。

来週の症候論学習会資料と、月末のSEA-WSのグループワークスライド・ツールづくりが手付かずなのが、当直中に暇すぎてはかどりすぎてウハウハになるということを期待しているので、とりあえずは帰って泥のように眠りたいと思います。


では、また来週!



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

体調不良のピークを越えたようです

もうすこしで今週が終わりますね。


ブログの最終更新見ると、1週間前の9月29日金曜で、まだなんとか頑張っている様子が伺えますね


その後は、

土曜午前勤務~夕方まで残務処理、

日曜日直で病棟対応とデスクワークずっと、

月曜日から新しいメンバー来てオリエンテーションしたり病棟や外来やったりでこの頃から心が死にはじめ、

火曜日は胃腸炎症状がぶり返して夜の会議までは持たず早退、

水曜には何かピークを乗り越えたらしく割と心が生きてきたけどそのまま当直

木曜は寝不足の中なんだかんだと仕事して夕方くらいから片頭痛がでて、

金曜は片頭痛で一日が終わって記憶がなく、

今日は頭痛が消えていてようやく通常通りの体調に戻った感じです。



前半は、土日も仕事して休めなかった疲労のせいだとおもってましたけど、その後働き続けていても心身の調子は良くなったり悪くなったりしていたので、休むの有無だけでなくそれ以外もいろいろあって体調が変動するんだろうなぁと思いました。

この2週間位の、スキャナで取り込んだ会議資料たちをざっと眺め返してみたところ、ずいぶん重たい会議がたくさん濃密にあったなぁと思ったので、管理系の負荷や重圧がかなり大きいのかなとも思います。

ちなみに自分は、参加した会議では思ったことや決まったことやあとで解決したい疑問は全部配布資料の表紙に書いて、あとで(極力その日の帰宅前)に全部スキャナ取り込みしているのです。
あとで振り返るのに便利だし、参加した事務が議事録に記録しそびれて事実関係不明になるとかしょっちゅうあるので、自分のメモだけが頼りです(ああ不健全・・・)


だからといってどうすればいいのか答えはありませんけど、とりあえずは

・今日の午後に残ったデスクワークを片付けて、爽快な気分で夜の飲み会に向かいたい

・明日の午前に、全日本民医連事務職員のあつまるイベントでなんかの講演をするので(まだ資料が3割くらいしかできてない)、そこを気持ちよく乗り越えたい(乗り越えられるよう今日の午後に資料を練る)

・明日の午後から明後日にかけては、当番も日当直もなく完全なDuty freeなのと、たぶん身体的な体調は良さそうなのでダラダラするよりはどこか出かけて気分転換をする

あたりを目指したいと思います。




来週は火曜夜にガッツリ会議、水曜に当直、金土日月は常にオンコールで、

再来週土日は「認知症サポート医養成研修会」(幸い札幌市内開催ε-(´∀`*)ホッ)、

その次の週は医長夏休み不在かつ週末に「プログラム責任者養成講習会」で千葉へいって、帰ってきたらそのまま内科オンコール当番

その次の週末は「全日本民医連病院長・事務長・総師長会議」なる恐ろしげなイベントのため東京へ

翌週末は土曜当番病院+家庭のイベント、日曜は全日本の「総合診療研究会立ち上げ」の会議

その次は旭川医大学生のための「症候論学習会」と、翌日は旭川市内開催の「内科地方会」参加

その次の11月最終土曜日は午前「二木会」(法人内総合診療グループの学習イベント)からの、午後は北海道プライマリ・ケアフォーラムで「SEAを教えたり開催する側の人のためのワークショップ」

……と、容赦ないかんじで責め立てられる10~11月ですが、なんとか切り抜けたいと思います。



昨日の片頭痛ピークの真っ最中には、「だめだ、このままだと死ぬ。逃亡しなきゃ!!」と真剣に考えてましたが、頭痛が過ぎ去ってみればなんとかなる気もしてきたから不思議です。

途中で気力がぷつんと切れるのは確実だとおもうので、どっかで年休とります。ごめんね


でわ!



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

少し息切れしてきたけど、やはり臨床は楽しいなぁとも思いながらやっています

一昨日まではややハイテンション気味に忙しさを楽しめていましたが、そろそろ疲労も溜まってきました。


水曜は外来→外来・会議→当直で一番ハイになっていて、23時には一旦眠れたけど3時にコールあってからはそのまま仕事始めて、

木曜は午前病棟+臨時レクチャー(抗血栓薬たちの使い分け、キードラッグとその派生の整理、Multimorbidityになったときの考え方)をして、午後は会議3連発あり最後が外部参加もある重たいのの司会運営して燃え尽きてほぼ定時帰宅(いつもより早いとも、当直明け帰れなかったとも取れる)で、早め就寝。

金曜の今日は、午前外来→昼休み5分で午後外来で複雑度高め事例を何例かみて時間外まで押して、夕方病棟上がって病棟対応を2時間位してようやく終わりました。


病棟単位としてじっくり動ける時間がないと、どうしてもデータチェックやカルテ記載や指示出しがワンテンポ遅れるので、患者の病態に影響ない範囲では調整できても看護師残業につながるのがなんとも悔しいところではあります。

また、「当直明けよりも、その翌日の明け明けの方がけだるい」というパターンがもろに来ているところに午前午後外来だったので、無理やり集中力は高めましたけど愛想がよくなかったなぁという反省もしています。


それでも、担当初日に重症だった患者が予言通りのペースで改善してルートオフにできたり、畳み掛けるように怪しいデータ以上がでてきたけど丁寧にプロブレムリストせいりしたら3日目でほぼ全てが一つのスジで繋がってシンプルな病態にまとまったりというのは、やりがいとか達成感を強く感じられて心地よいですねぇ・・・

こんな検査結果が! →ああ、知ってる。
こんな経過に!!  →うん、予想の範囲内だわ。
こんな症状が!!!→だろうなぁ。じゃあプランBで。
みたいな感じが気持ちいいです。


総合内科、楽しい(・∀・)

集中治療やりたいなぁ・・・



このタイミングで初期研修医一緒に担当できると、教えられること(背中を見せて伝えられることや、カルテ記載を見せて説明できることも含めて)がたくさんあって濃厚なんですが、ちょうどローテの境目で新患担当できる研修医がいないというのが痛恨の残念感ですが、まあ仕方ないですね。



明日の土曜も通常勤務で、日曜も日中内科当番(午前回診、午後オンコール)からの夜当直というひどいシフトですので、今日の夜は根詰めずに早く帰って英気を養いたいと思います。

でわ!!





    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

各方面忙しくなってきて、楽しくハイテンションに過ごしています。

上半期の終わりが近づいていて、臨床も経営もどちらもバタバタしてきています。



臨床の方は、専攻医2名がローテ終了して来週から新しく2名が来るので、今週の入院で長引きそうなものは自分や医長や後半期もいる人で対応していました。

連携先からの転院依頼が滞っていたこともあり(向こうの連携室担当者がかわって、当院紹介ルールが誤って申し送られたようで紹介が減っていたようで残念…)、空床ができてしまったぶん直接臨時入院(外来や救急や在宅や近隣医療機関から)が入る隙間ができたことと、その連携の問題について申し入れして解決してもらったら急に転院依頼が増えたことで、入院件数自体がふだんの倍くらいのペースになっていました。
 
年休消化の人の代診などもあって、自分は月曜救急→外来、火曜外来→往診、水曜外来→外来・会議→当直とほとんど病棟に入れない日々が続いていますが、外来診療は目一杯頑張りつつ、新規入院の単独担当が3日で6人目と割とハイペースできていて、とっても充実していて楽しく過ごしております。


一緒に担当する若手の理解速度を気にせず、自分の好きなペースで好きなだけ診療出来るのは、縮こまって固まっていた羽をグーッと伸ばせるよでとても心地よいですね♪
カルテ入力しながら独り言いっているときは、たいてい楽しくなっているときです。

神は細部に宿るので、主病名以外をどれだけ緻密に分析して掌の上で転がしきれるかにこだわりながら、自分の疲労度や忙しさと、患者の重症度・緊急度、外来・病棟全体の荒れ具合を把握しながら重み付けしてリアルタイムで微調整していくこの感覚はとても好きです。

集中力があがっていくと、院内の関係部門全てに神経線維が張り巡らされていくような、ゾーンに入った感覚が出てくるのも面白いなぁと思っています。
外来にいなくても外来の急変や臨時入院発生がなんとなくわかって外来の様子見に行っちゃったり、入院処理終えてカンペキに指示出ししたとおもってもなんとなく気になって外来や会議の隙間に見に行ったらやっぱり予想から少しだけずれた経過になっていて治療内容を少し修正して制御したり、そろそろ研修医が相談したがる頃とか看護師が確認したそうなタイミングとかがピンときてフラッと医局や詰め所に行くと待ってました!と言われたりがなかなか楽しいです。

だからといってなんでも自分でやっちゃうと若手が育たないし、仲間も増えないしで、けっきょく自分のクビが数年かけてしまっていくので教育も大事なんですが、たまにはリハビリ兼ねたリフレッシュも良いもんです。



経営の方は、上記のような経緯があって病棟収益が絶望的になりそうな流れがあったため、多少基準を緩めて入院・転院を受けて、それで現場に負担が増えそうだったら自分でカバーしてみたいなことをしてみたりして、なんとか月末までにはノルマに戻していけそうな感じにしてみたり。

外来の方も収益改善に向けて、複数プロジェクトを動かしていたのが実ったり暗礁に乗り上げたりPDSAが何回転もしたりといろいろありつつ、とりあえず手っ取り早く実患者数を増やすために自分の外来単位を増やしたりしています(短期ローテでなく固定配置、若造でなく中堅、診療スキルと接遇とそこそこできる、総合診療、近隣診療所や介護関係や住民組織の学習会やホームページなどで顔と名前があるていど売れているなどの条件があり、外来枠増やしたら増やしたぶんの増収が見込めるはず)。
これに伴う、研修医指導時間や院内マネジメントの時間などは、医長たちと協力・分担したり、システムをより効率的なものに組み替えることで、実質的には教育・管理の質を落とさずに維持できそうです。

 
その他、健診増のために内科外来側で出来る仕組みを急ピッチで作り、それに伴う現場レベルの諸問題改善のための場を作って動いてもらったり、

在宅増のために連携先からの要望ベースに診療システム改善(特に時間外臨時往診や電話相談システム)の建設的な会議を管理部等と相談して計画・実施したり、

外来の診療効率や患者利便性やらを良くするための大改造の日程締め切りが提示されて関係各位と超急ぎでの準備のため頻繁な会議・打ち合わせをしたりとハイペースで動いております。



幸い今週は大きな外部イベントがなく、自分の体調もまずまずなので、なんとかなるかなぁと思っています。

来週は、新しいローテーターが2名きてオリエンテーションしたりなんだりしつつ、時間外重たい会議3つ、週末は法人の全国事務職員向け講演があってその準備もとかで消耗しそうですけど、忙しければランナーズ・ハイで3週くらいは生き延びられると思うので大丈夫でしょう(-_-;)


さて、いつまで持つことやら・・・(ΦωΦ)フフフ…



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

夏休み、今年はしっかり休めましたヽ(=´▽`=)ノ 

あ、ブログ更新、12日ぶりですね。

忙しくしていたとか、体調を崩していたとかいうわけではなく、夏休み取っていたので仕事のことやブログのことは極力忘れるようにしてました。



今年はありがたいことに、わりとしっかりとまとまった期間、お盆の真っ最中に夏休みを取ることができました。

医長たちに任せといても大丈夫かーと思えるようになったことと(さすがに1年半いて様々な管理業務をしてくれていると安定感が出てきますね)、専攻医達も4ヶ月以上たって、完璧とは言わないまでも何をやらかすかとか、指導医が超感覚で監視してなくても的確なタイミングと方法でホウレンソウできるかとか、体調の波がいつごろどの程度おちるかなどが見通せる様になってきたので「この時期なら行けるだろう」というのもつかめてきたのが大きいかなと思います。


あと、パート医の夏休み希望が出揃い、スタッフの夏休み希望も一通り出きったので、それらとかぶらず、かつ学生実習や外部研修医の見学希望とか、重要な会議やイベントなどが重なっていない隙間を探しまくったら、結果的にお盆シーズンに休みが取れました。

お盆は予約大変だし交通・宿泊費も割高なのでみんな避けたってことですかね。ありがたや。

夏真っ最中!という雰囲気が流れる時期に休むと、「夏休みとったぜ!」という感じがしてすごくいいですね。

外来や病棟もお盆は流石に少し枯れるので、そういう意味でもいい時期でした。



しかも今回は、図らずも海の日じゃなくて山の日?で直前に3連休もあったので、期せずになんだか長い休みになりました。


10日木曜業務終了後に、いつものメンバーで飲み会(クラフトビールや油そばやら)

11日金曜山の日は午前いっぱいダラダラすごして、午後から大通りのビアガーデンで久しぶりに会う後輩と仕事の愚痴や相談やらを聞きながら3種類のサッポロビールをジョッキで楽しんで、帰宅後も美味しいワインをちびちびと

12日土曜日は、日中は日直でちゃんと仕事してガッツリ病棟回診したり、書類整理したりして、合間で後輩の原稿執筆(慢性臓器障害やMultimorbidityを見据えた病棟診療の、けっこう新しい内容のいいやつ)の打ち合わせをみっちりしたり、自分の内科学会誌の依頼原稿の下書き初めたりしつつ、夜はあんまり大勢で話す内容ではないこと含めたぶっちゃけの後輩飲み会で日本ワインをいろいろ堪能。

13日の日曜はさすがに原稿締切が迫ってきて、カフェやミスドやらを転々としながら原稿書きや、脱線して本読んだり。

14日月曜は、予約外来止めると前後週の予約が悲惨なことになるので出勤することにして、午前外来代診、午後予約外来、夕方諸々の研修医相談や急ぎの書類やメール片付けて。

15日火曜は日中休みを使って原稿一気に仕上げつつ、急ぎのを色々処理して、夕方から本格的に夏休みに。

16日・17日は少し足を伸ばして温泉や鹿や月浦ワインやプールを楽しみにいき、初期研修医時代の外科指導医と遭遇してびっくりしたり

18日金曜は予め予定いれず家でダラダラする予備日に当てておいて、好きなことして過ごして

19日土曜は午前出勤して研修医・専攻医の相談うけたり、病床管理のチェックしておいて、あとは赤ふん坊やが病院での地域ケアの取材に来てくれたのでその対応して、午後からは長沼方面へのドライブで野菜たべたり羊みたりジェラート食べたりして

20日日曜は天気よかったので灯台みたり、ハマナスみたり、海で泳いだり砂浜アートに没頭したりしてといろいろできて良かったです。



中3回出勤挟んだけど、合計10連休的な感じですかね。医者になって始めてかも。

そのおかげかわからんけど、片頭痛や心窩部痛は全くなく、喘息のPEFもICS吸入サボっていても700から全く下がらず、ネガティブ思考や仕事への囚われ、べき論的志向パターンも取れました。



ニュートラルな自分はこうだったのか!と久しぶりの再発見です。

自分の思考はこんなにも伸びやかに広く深く楽しく明るく前向きでワクワクする発想に満ちていたのかと驚くほどです。

思いつくごとにスマホに書き留めて自分メアドに送ってますけど、膨大な量になっていて全部実現するのはいつのことやら・・・

まあ、それでもいいと思うのです。



とりあえずは、この3ヶ月くらいで、渡航前外来やブライダルチェックやED相談などの、今健康な若い世代がより健やかに安心して生活していけるための外来の仕組みが作りたいなぁと思います。

どうしてもうちの外来・病棟は、心理社会的ハイリスク状態患者や手遅れ例が多くて、「マイナスをニュートラルに戻す」後手に回ったパターンが多くてスタッフも消耗してしまうので、「プラスをもっとプラスにする」と言う楽しい仕事もしたいのです。

まあ、若い世代が増える土地で新規外来受診者を掘り起こすという経営対策的な側面も在るんですが、近隣の診療所や病院でやっていない医療サービスで地域住民の健康ニーズに沿うものをやるのは地域医療の視点でもいいかなぁとおもうのです。

この間、地域分析で見えたハイリスク患者の種類や居住地分布などを考慮すると、高齢・障害者や慢性疾患保有者だけではなく、今はなんとか働けているけどけっこうギリギリの人や、これからライフ・ステージが動くのにともなって様々なライフストレスが加わるハイリスク時期にリーチできる仕組みをちゃんとやりたいなァと思っていた結果、上記のような比較的突飛に見えるサービスがとりあえず候補に上がったところです。

これと、健診課での事後保健指導の充実や、地域の企業や家族のパターンから同定した健康増進・疾病予防サービスへの連結やらもやりつつ、労働衛生課での労働災害対応のところとも有機的に連携して、「働く人々への医療機関として、これから働く人や、働きながらダメージを蓄積しつつある人、そして働く中で障害をおってしまったり障害を負いながらも頑張って働く人たち」に質の高いよい診療を届けていければと思います。


という以前からあった、組織のポリシーや地域分析から見えてきた知識としての重点領域に対して、今回「仕事を長めに休んでみて感じた、労働によって知らず知らずの間に蓄積していた自分へのダメージ」を自覚したことで実感を伴って取り組めそうになったのは大きかったです。

よい仕事をするために休むわけではないのですが、休んでいろんなことを経験したり考えたことが診療に還元しやすいのは、家庭医療のいいところだなぁと思います。



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

緊張が続いても、途切れすぎても、上手く行きません・・・

昨日の誕生日でしっかりリフレッシュし、一日住びっくりするほど体調も気分もよく過ごせたので、今日からの一週間はとても気分良く楽しく元気に過ごせるだろうと期待してましたが、そうも行かずでした。


急な天気の悪化(今朝から雨降りましたね)と、ずっと続いていた緊張が途切れたことで、激しい片頭痛発作がでてしまい一日ぜんっぜんダメでした・・・(TдT)

この3週くらいは激しい予定もないので、少し気を緩めすぎてしまったようです(緊張がキレた後に発作の出る、週末頭痛という概念があるのです)


結果的に、今日の外来はカンペキな診療には程遠く、とても不満足な結果でした。

あ、そんな中でも夕方に久しぶりに開催された、ハングアウトで多施設繋いでの総合診療医×リハ専門医×セラピストでの合同カンファはとても盛り上がって面白かったです。


今は五苓散内服できれいに頭痛は消えたけど、頭の回転は戻らずなので、早く帰って寝ようと思います。



明日は学生実習が2件も入っていて嬉しいので、明日こそは万全の体調で迎えたいと思います。

でわ!

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

疲れ切った時でも、適切な漢方使うと頑張れちゃうのが嬉しいというよりは恐ろしい…

夏の暑さも厳しい時期に、金曜岡山→土日大阪で頑張ってきた反動が予想通りでてまして、月・火曜は完全に燃え尽きておりました。


体重たい、気持ち上がらない、声でない、笑顔無理、優しくなれない、やる気もでない、胃も頭も痛い、足も浮腫む、いいところなしでした。

更に追い打ちで厳しいこともあり、月曜夜は「もうダメだな……」とかなり悲観的なことを考えたりしましたけど、今日の水曜午後くらいから少し持ち上がってきた感じです。

火曜にダメ元で内服した、後輩に貰っていた「桂枝加竜骨牡蛎湯」という漢方を飲んだ後、1時間たたずにふっと体が軽くなった気がして、そういえばその後は月曜に比べれば軽い気持ちで仕事に取り組めて、夕方の会議や学習イベントのころにはけっこう元気になっていた気がします。


桂枝加竜骨牡蛎湯は、このリンク先にあるイラストがイメージ通りです。

体力の余裕がなく、神経過敏で気うつ傾向、無気力、不眠を伴う疲労感に用いられます。
神経の高ぶり、緊張、不安、驚きやすい、恐れ、動悸などに悩む人に適します

まさにそんな感じだった!

疲れきったところにストレスフルなやりとりがあって、イライラ➡クヨクヨ➡グッタリとなり、返って眠れず気力も出ずという状態でした。
久しぶりの「疲れすぎて眠れない」状態の激しいバージョン。

普段は水毒で、気圧変化の影響で頭痛や倦怠感がでてたけど、今回は心理的ストレスで気が、そして身体的消耗で血が狂ってたのかとか思いました。


ちなみに、自分が漢方を勉強したテキストたちはこんなところ

初心者におすすめ。代表的な症状ごとに代表的な処方の使い分けのポイントがまとまっていて、勘がつかめていなくてもそれなりに当たる処方にたどり着けます


こちらは、総合診療のフィールドで身体的愁訴に悩むメンタルに課題を抱えた多くの方々に、少しでもマシな「マニュアルのその先」に手を届かせるよによい本です。

明解! Dr.浅岡の楽しく漢方 <第1巻> ケアネットDVD
浅岡 俊之
ケアネット
2004-07-15

これは、研修医時代に気血水とかもう少し理解したくて買って見てたやつです。地方勤務中に1人でコツコツと勉強していたの思い出しますねー。薬局に在庫のある漢方全部教えてもらって、まずはあるものから使い慣れていって、慣れてきたら新しく採用申請かけたりとか頑張ってました。


最近は、コレが少し気になります。





まあ、こういうのを使って自己流で学んだ程度ではありますが、かかりつけ患者さんたちのちょっとした身体の不調を調えるには十分役立つくらいには学び、実践し、慎重に反応や副作用をフォローしながら経験値を積んできたとは思います。

また、結果的に自分の健康管理に役立っているのも回り回って良かったです。

過労や消耗があっても働けるように漢方でごまかすというのが「健康管理」なのかどうかという疑問はおいといて、とりあえず次の週末までは超低空飛行でも生き延びること最優先にがんばりまする。



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

暑すぎてなんだかバタバタした一週間でしたが、時間効率意識したり、教育関係が充実したりとまあいろいろありました

今週はなんだかバタバタしていましたが、ようやく終りを迎えてホッとしました。


まだ気持ち的にそわそわ・いらいらがあるので、何があった一週間だったのかだけざっくりと振り返ってみます。

とりあえず週次ルーチンとしてプロジェクトマネジャーアプリに登録している、ToDoList見直しと、カレンダーやSNS見直しをさっとしてみました。

以下、概略です。


先週土曜は、なんとなく読み始めてしまった「僕のヒーローアカデミア」が止まらず、通読してしまい、感動詞たり熱意が湧いてきたりという気持ちと、「ああ、一日潰してしまった」という思いに押しつぶされたりと複雑な思い。



その反省からかタイムマネジメントや生産性の本を読み始めてしまい、なかなか読み終われず深夜までかけて通読して寝不足になったり、でもその影響で時間の使い方を振り返る良いきっかけになったりしてました。

読んでみて「後期研修医の頃に色々勉強して試行錯誤しながら、そういえば時間的な生産性は極限まで高めてたよな」と思いだしたり、「今やっているのもその頃の名残で今も問題はないけど、昨年度とかは事務的なサポートしてくれる人と愛性が悪くて「全部自分でやるしかない」とシステム変えていたのが今の時間効率悪化の元か」と気づけて、改めて自分にとって最速の仕事システムに戻したり出来ました。


そんな感じで思いや態度も新たに今週をむかえましたが、始まりは日曜当直で、蒸し暑すぎてクーラーいれても窓開けてもじっとしてるのに汗ばむ医局で過ごした夜でした。
いきなり消耗。

月曜は疲弊したまま午前救急大繁盛で、熱中症のためか「現在救急車全て出払っており相当待ちます」という衝撃の事実を踏まえて重症患者のトリアージを考えたり、午後の予約外来もいろいろあり。
それでも、時間や体力の使い方はけっこう意識できていたので、充実感がけっこうありましたね。

火曜はそんなに忙しくなく、ふいに日中に空白時間ができたこともあり、管理業務を膨大にこなして「宿題が減った」という意味ではスッキリしたけど、脳みそが通常の3倍くらい疲弊してしまったり。
限られた時間を最大限使うぞ!という意識が良かったのか、やりすぎだったのか。
でも夕方のEBM学習会はかなーり盛り上がったりで良かったです。

水曜も午前は割とじっくりだったけど、午後は管理ミーティング、医長の振り返り、会議2個、夕方には新しいタイプの専攻医向け学習会「患者のトータルでの予後とQOLを高く保つための、内科的にがっつきすぎず疫学データと価値観・コストを重視した、外来での心メタボ管理」を開催してみて盛り上がってとても充実でした。

木曜は午前に教育イベントがかなり充実し、深いい振り返りとかもできたし、昼には学生の面談で地域特化コースの説明したり、午後もカンファレンスや会議をグイグイやって、そのあと本院のエコー研修に参加したい専攻医たちを送り出すために夜間診療引き受けたり

金曜は朝から調子悪かったけど午前外来やっているうちに体調が良くなってきてワーカホリック体質に嫌気が差したり、途中で近隣の火事が発生して病院からいろいろ人出したり受け入れ体制の調整の相談されたり(重度熱傷みれるわけではないですが、焼け出された人のケアしたり、休憩場所提供したりいろいろとやれることはあるものです)、午後は新患外来+指導外来とその合間で外部病院との連携懇談したりして、夕方にはプライベートの予定があって久しぶりに定時で帰宅したり

土曜は午前勤務ですが、色々イレギュラーがあり外来ヘルプに入ったり、Trouble encounterの事後処理に精を出したりで気づいたら15時過ぎていたりという感じでした。
夕方からは久しぶりにプライベートで飲みにいくので楽しみにしつつ、来週の二連イベント(岡山民医連での総合医養成の講演と適々斎塾での診断推論レクチャー)の準備をできる範囲で進めて、せめて1個は終了にしときたいところです。

来週は、海の日に日直と夜間オンコール当番が当たってしまったので、世の中が三連休のところ1日しか休めず、しかも唯一の休みや雨が降るらしいのでせつないですが、まあ体壊さず来週末の出張を生き抜けるようにゆるりゆるりとやっていきたいところです。



また、今週前半は火曜から金曜までびっしりと片頭痛発作が続いていて、薬使っても症状が全快はせずに辛い日が続いたなぁという印象がとても強いです。

急激な気圧の変化というか気候の変化に加えて、週の初めから寝不足スタートだったことや、先週までピークだったストレス状態を脱して気が緩んだことなどが影響していたようです。


一方で、こうやって書き出してみると、意外と教育関係のイベントや臨床関係などはいろいろと頑張っていたみたいなので、「ダラダラと無為に過ごした病んだ一週間」というわけでもなかったんだなとわかって、少し気が楽になりました♪

振り返り、あんまり時間取れないことも多いですけど、やはし週1回位はできると良いですねー。。。



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

今日でとりあえず「夏前」のラッシュが終わり、順当に燃え尽きました。ちょっとまってね

この数日の超高密度イベントを終えて、ようやく一息つきました。


今日も、午前の新患外来はふだんの倍くらい来て、比較的診断困難な事例やびっくり診断などのドクターGや、心理社会的にかなり複雑化した事例が続いて家庭医療の粋を発動したりといろいろ諸々やっていたら昼休みが消失してしまいました。

午後の予約外来は、予約数自体は枠の範囲で溢れず、複雑度もそこまで高くはなかったですが、この連日の疲れ+午前の集中力消耗+昼休みなしで気力が持たず、13時半開始でしたが15時位から「そろそろ終わりかな?あ、まだ半分も終わってない。そろそろかな?あ、まだか」を延々と繰り返しながら、途中で片頭痛発作も加わって薬追加投与しながらなんとか乗り切れました。

病棟も直接担当患者数は少なくしていますがそれなりに濃厚な課題もあって顔出しつつ、夕方からは拡大外来運営会議の第1回があって、先日頑張って作った事前資料を使いつつ導入の説明したり、先日行った事前打ち合わせを踏まえながら司会や発言者に合いの手打ったりして集中力を使いましたが、途中少し切れてしまい(集中力が)ちょっといけてなかったです。

終わった後に声をかけていただいた方々の、温かなねぎらいや、狙いを理解したうえでの提案がとても嬉しかったのを遠い記憶のように感じています。


というわけで12時間ぶりに医局の自分の机に戻ってきましたが、もはやTwitterですら文字が頭に入らないほど燃え尽きているので、今日のところは帰ろうと思います。

今週は大きなイベントはないですが、3週後にけっこうでっかいの2つあるので、早めに回復しないと準備間に合わないですしね。

とりあえずは、2週間以内に回復すれば病的な鬱ではないルールで自己管理しているので、1週間以内に余力が戻ってくればいいかなぁくらいで考えておきます。


まずは、この間忙しかった期間の振り返りをちゃんとしたいです。

最後に、ざっくりとした振り返り(ToDo処理状況の確認と、直近のToDoの整理だけ)をしたのは5月5日のゴールデンウィーク最終日で、きちんとした振り返りをしたのは4月13日なので、2ヶ月半くらい振り返れてないんですよね。

それでは立ち位置や進む方向性も見えないし、ふだんの業務がただの労働に見えてしまいやりがいや達成感や成長を感じとることができなくなるのも無理はないです。


まる1日くらい休めるなら、3ヶ月分まとめての四半期振り返りをしたいです。

いちおう3ヶ月に1回はきちんと振り返るというのは目標にしていて、リマインダーにも登録はしてあるんですけどね。


まあ、振り返るために仕事を犠牲にしたりプライベートや睡眠時間を犠牲にするのもなんか違うとおもうので、流れを読んでいいタイミングでできればいいかなと思います。

あと、このやる気のでない時期を上手く使ってダイエットも成功できれば御の字です。食事やスイーツを選ぶ気力がない→大したものを食べない→出される食事はヘルシーなので結果的に美しく痩せるという必勝パターンで行けるのではないかと期待します。


でわ!



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

今度は朝晩逆転で仕事してみました。これはこれでよいね

土曜から月曜にかけて怒濤のイベント・重責ラッシュがあります

せっかくなので、どうやったらストレスや疲労をためずに楽しく、でも集中して時間対成果比を高められるかにゲーム感覚で取り組んでます


関係ないですが、この記事はスマホで入力してて、「比」って変換しようとしたら自動変換予測で「ピノ・ノワール」がでてきてワインのみたくなりました。

おとうばんさんなので飲みませんよ

土曜日には、父の日遅ればせセルフギフトとして、クラフトビール各種が山ほど届くので、それを楽しみに節酒中です(断酒ではないけど)



で、なんとか良い感じでデスクワークと、本業と(たまに聞かれますが本業は臨床です)、あとは人生の楽しみや体調管理のバランスを取るべく試行錯誤しているこの数日です


まずは、飲酒量を純アルコール換算のグラムで計算して、体調管理アプリのメモ欄に書いてみました

これは効果覿面で、飲酒量を数値化するとフィードバックがかかり、体調と照らし合わせることで「今日の適正摂取量」がわかってきます

翌朝の寝起きの倦怠感ややる気が大分安定してきました


あと、しばらくやっていた朝のエアロバイクこぎですが、仕事がさしせまり過ぎると気になって集中できず、運動しても気分が晴れず、スピードや最大酸素摂取量ものびないのでやめました

逆に、先伸ばしできない仕事に追われてるので、どうしても残業が増えてしまい、早くかえってきて早く寝て早く起きるというサイクルも安定しません


そこでひっくり返して、追い詰められた仕事のプレッシャーを使うことで、疲れていても強制的に早起きして、早く出勤して朝の一時間くらいでめっちゃ集中して仕事しちゃいます

これで頭のギアはトップにはいるので、日中の通常業務も心なしか早く回ってる印象

また、頭脳労働の疲労に敏感になるようで、作業効率が落ちきる前に「もーだめだ!」と自覚できる確率が高く、無駄で非生産的な仕事で貴重な時間を浪費することが減った気がします

さらに、夕方までに急ぎの仕事は大体終わるので、結果的に早く帰れて、夜に運動したい気持ちが高まって自然と運動できるようになりました。

この二週間ほど運動量と頻度、消費カロリーが減り、一方で深夜帰宅+夜食で体重が未知の領域に到達してましたけど、ようやく右肩が下がってきました♪

さらにさらに、運動後は気分さっぱりなので、美味しいお酒を少量だけ軽く楽しみながら飲んで、好きな本を読んだりして過ごして、眠気に囲まれて自然と早く眠れて、とてもよいサイクルです



こうやって書き出してみると、自分は仕事が乗ってくるゴールデンタイムも、運動パターンも、気晴らしの種類も安定しない、要するに「飽きっぽい」性格なんだなぁとしみじみ痛感します

成功者が調子良いときに書いたビジネス書が当てにならないのはそういうことかもしれませんね

数十年間にもわたって必勝パターンが変わらない人も世の中にはいるんでしょうけど(職人さんの世界とか?)、自分はそういうことはないなぁと思いました


一昨日に楽天koboで漫画電子書籍が一斉に発売されたので、好きなの読んで早めに寝ますわ~

また明日!

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

夏前のラッシュがやってきました

5月いっぱいまで死にかけていましたが、6月に入ってからは大きなイベントの関わりも減って比較的のんびりしていました、今思えば。



なんですが、これからというか、もうすでに仕事量が急激に増えてきて桁が上がってしまった感じです。

そういえばいつも夏はバタバタしていたなぁと思い出します。

連休取れていたのでなんとかなってはいますけど。



とりあえず明日は午前運動会、午後は旭川で学生向け学習会講師+懇親会からの日帰り

明後日は悲しいことに当直

来週は関わっている委員会や法人内外学習会の打ち合わせが複数集中+医局歓迎会も平日に(なぜ平日に?)

来週土曜は午前二木会参加、午後はプライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部の提示総会参加→口演発表→WS主催→懇親会

日曜も一日中、法人の定時社員総会というつらそうなイベントに拘束&プレゼンも

その次の週も、院内のわりと重要な会議の準備と主演をせねばとか


とりあえずこの2週ちょっとは目が回りそうです。

外部イベントがそこそこあるタイミングに、ここにきて管理部・科長・委員長・室長系の内部の仕事ががさっとでてきてわたわたしている感じです。

あと、学会発表しようとしてる後輩の相談のってみたり、一緒にWS準備してるひとと相談したり提案したり、研究頑張りたいといっている人の相談にのったり、合同研究の仲介したり合同研究の倫理・個人情報のガイドライン検討したりと学術関係のが急激に増えている気もします。


まあいろいろありそうですけど、逆に言えば2週ちょっと頑張れば大丈夫そうですね。お、肩の荷が下りた気がします(まだ下りてはないんだけど)



その後は少し間があいて

7月終盤では金曜に岡山での「中小病院での総合診療の魅力を語る」系の講演して、翌日京都に移動して日曜には適々斎塾で4時間の学習会演者

他に、7・8・9月と3回締め切りの来る商業誌への投稿を、専攻医執筆の支援の形でコンスタントに

あとは8月締め切りで、内科学会誌の特集への寄稿依頼(お世話になっている教授先生からの依頼なので逃げ道がなく・・・。とても有意義な仕事なので踏ん張りますよ)

そのあと、たぶん9月~11月は小休止できるはず。ここでずっと温めている原稿を書けるかどうかですね。




    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

休み明けて疲れが取れてみると「ああ、あのときは疲れが溜まってたんだな」と認識できるようになりますね

金・土・日としっかり休むことが出来ました。

メールチェックもせず、Facebookも開かず(開くと仕事関係の話がいろいろでてそわそわするので)、来週のイベントの準備のことも考えずを徹底することで、「職場にいかない」ではなく「仕事のことを考えない」を徹底できました。

あちこち出かけたり、自転車こぎや水泳などもしたので肉体的には特別休息を取れた感じはないですが、それでも「仕事の頭脳労働的・感情労働的な負担をオフにした」だけで劇的に元気になりました。


昨日あんまり早くねなかったので正直けっこう眠いですが、それでも感情的にはかなり安定し、書類作業や難しい判断なども比較的スルスルと出来ました。

頭が疲れたら、頭を休ませて体を使うというのはやっぱりいいですね。


いつも、数日休むとその間にたまった仕事のリバウンドがひどくて泣きたくなる現象にやられますが、今日はそんなに仕事はたまっておらず(留守を任せられるスタッフが増え、安定してきたお陰だとおもいます。感謝☆)、未読メールが150件程度溜まっただけなので(普段だと200は越える事が多い)さっさと処理して帰ろうと思います。

直近での大きな仕事は、今週末の旭川での学生向け診断学学習会と、来週末のプライマリケア連合学会北海道地方会での口演発表とWSの準備くらいなので、ゆるゆるとこなしていこうと思います。

普段だと、これくらい大きめの予定が並んでいると焦りますが、「まあなんとかなるんじゃないかなぁ。予定外の仕事や体調不良が起きてもなんとか吸収できる時間があるし、それすらなんとかならなくてもなるようにはなるし。今までも似たような経験は繰り返してきたけどなんとかなってきたし、その中で成長や発見もたくさんあったし、今回もこのイベントを乗り越えたらまた新しい世界が見えそうだなぁ。そういえば来月のイベントとテーマの関連性もあるので、今回のイベントでの気づきは多分来月のイベントの出来を更に跳ね上げてくれそうだ」という気分なので、我ながら安定しているなぁと思います。

疲弊しているときは「なんとかならなかったらどうなるんだろうか。具体的にはあれこれあれこれ・・・。そういえば前に経験した似たイベントではあれやこれや。さらに言えば」とエンドレスに過去のネガティブにループしてしまいがちですが、今は今後のことについてポジティブに連鎖しているので良い状態だと思います。

かといって無駄にハイテンションというか躁状態でもないのが心地よいですね。至って冷静。


そんな日もあるんだな。くらいにしておきます。

これが未来永劫続けばいいですが、それを重視しすぎると「あの状態を続けるつもりだったのに、実際は今は・・・」とグチグチいいそうなので。



でわ!


    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

明日は久しぶりに年休いただきます♪

明日の金曜日、おやすみします。

もともと土日休みだったので、3連休になります!!


カレンダー通りの週末休みはあり(セミナーや講演や学会で潰れることは多々あっても)、体調崩して病欠したりもしていたので、「365日、24時間働き続けていたぜ!」というわけではありませんけど

それでも久しぶりに「カレンダー以外に、体調悪いわけでもないのに年休をとって、ちゃんと休む」ことができそうです。とても嬉しい♪


ゴールデンウィークすら、丸々休んだのは二日くらいだったので、今年度最長の休みです!

年度初めの諸々や学会やなんやかやの疲れをリセットする時間がようやく取れそうです・・・



最近はちょっといろいろあり(具体的に誰のせいとかでなく、ほんとに多数の要因が同時に重なって)、「明日の休みは午前返上しないとダメかな?」と本気でおもったり、「最悪明日丸一日返上して、予約していた宿泊先も前日キャンセルで50%払ってもやむなし」とか「早く帰ってきて週末の日当直はいるか?」とか「宿泊先で温泉入ってから、お酒我慢してノートパソコン開いて仕事するか」とかまで真剣に検討したりしました。

しかし、いろいろなところに調整を手配し、無理を言ってお願いをした結果、奇跡的になんとかなりました♪

今日はなんだかんだあって23時超えてしまいましたが、お陰で「連休中にやるべきタスク」は全部消化できたし、「超緊急じゃないけど終わらせとかないと数週後に後海しそうなそわそわ案件」もだいたいクリア出来たので、心置きなく休めそうです。


今後も計画的にやすんで、心身がクラッシュする前に充電して、常に8割の力を発揮し続けられるようなセルフマネジメントを続けたいなぁと思います。

ほっとくと115%くらいの出力を続けてしまう質なので、意識して普段からセーブしたり手を抜くことと、それでも消耗が続いた場合に「底をつく前に充電に入る」ことを大切にしたいと思います。


じゃ、また来週 ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

朝の運動習慣、とりあえず一週間は続いて、身体的にも心理的にもいい感じです♪

先週の月曜から朝の早起き+エアロバイク漕ぎを開始しました。



「どうせ三日坊主だろう・・・」と自分を信じてはいませんでしたが、意外と先週は7日中5回も実践できました。

当直明けで自宅にいなかった日と、飲み会あけで死んでいた日以外は全部やれたってことです。

今日もちゃんとやれましたよ!



生真面目な男性は「記録をつける(できればグラフ化して成果を直感的に見えるようにする)ほうが続きやすい」というのが、私が外来で健康指導するときに重視していることなので、当然自分でもやっていますよ。

無題


上のは青線が負荷強度(うちのエアロバイクは1~7までメモリあります)、赤が運動終了時の心拍数、オレンジが平均速度、緑が簡易最大酸素摂取量(VOの近似式)です。

今年入ってからのぶんで、点がないところはサボっていたものなので、1月・2月は頑張って、3月・4月で減って、5月は皆無で、今になって急に点が増えたのが見てわかります。

また、3月・4月くらいは弱り始めていて各指標が悪化して全部右肩下がりだったんですが、最近の頑張りで近似のトレンドラインが水平から右肩上がりになりつつあり、これが毎日右肩が上がっていくので結構やりがいを感じます。

目標としては平均速度を一定にしながら、徐々に負荷強度を上げても心拍数が横ばいか低下して、最大酸素量摂取量が上がっていく(つまり一定の速度で漕ぐけど、徐々に心肺機能が高まって良くなっていくパターン)を目指しているのでいい感じです。


下の棒グラフは、毎回の消費熱量(エアロバイクで自動算出されるので結構適当だと思うけど)です。

こっちはトレンドが右上がりになることよりは、目標の1回300kcalに届かない場合に反省したいというのが目的のグラフなので、トレンドラインではなく棒グラフにして、見た目に棒が小さくへこんでいると可視化されてフィードバックされるようにしてみました。

上のトレンドラインはサボった日が開くけど、棒グラフは設定の仕方わからんくて隙間なく並んじゃうため対比扠せにくいですが、一番右の5つの棒(つまり先週再開してからの分)をみると、いろんなことが読み取れます。

初日は意気込んだから割と頑張った!

2日目と3日目はやる気が萎えたり、前日の疲労蓄積で落ちた。

4日目は当直明けでやってないけど、5日目は1日休んだ分の体力回復と、その前2日の消費熱量が低すぎて落ち込んだのですごく頑張った。

6日目は飲み会明けでやらなかった。

7日目はまた頑張ってみたけど休日だったので死ぬほどは頑張らず目標の300kcalちょうどでやめた。

みたいな当時の気持ちや体力がありありと蘇ります。


こんな感じで、自分の活動を可視化すると1人で楽しく盛り上がれるので続きやすいと思うのです。

iPadで上でスプレッドシートに入力して、グラフはやりながら気に入らないときにデスクトップPC上で設定弄りながら今のお気に入りの図にしてという風にしてこうなりました。



実際やってみた効果ですけど、

・とりあえず痩せ始めた気がする。体重ではまだ1kg程度だけど、体型が明らかに変わった。

・腰や下肢など下半身の筋肉の緊張が程よくなり、関節もきっちり入った感じになるので、通勤の歩行とか階段昇降がグイグイいけて気持ちよくなった。

・程よい筋肉痛と疲労感、朝イチからびっしょり汗かいてシャワー浴びれる爽快感が心理的によい。

・勉強や仕事のためなら辛いけど、自転車漕ぐためなら覚醒後15分程度で離床して運動に取り組めるということがわかった。


・眠かろうがつらかろうが、運動開始3分程度で頭がスッキリしてくるので「朝起きたときの主観ではなく、運動後のこの感覚を信じて明日も起きよう」と思える。

・夜20時には確実に眠くなるので、無駄な残業が減った気がする。そして早く寝て次の日更に確実に早く起きれる好循環に入りやすい。まずは朝疲れるのが早起きの最初だと思う。

・「朝頑張った」という感覚のお陰で、帰宅後は何の気兼ねもなくダラダラできる幸せ。
  
・バイク漕ぎながらのRSSリーダーお勉強で、日本語医療系ブログや、医療系英語論文の未読がたまらなくなった。

・読む論文がなくなったら、好きなことをして過ごせる。最近は「蜜蜂と遠雷」読みながらクラシック聞くのが楽しい♪



合併症は比較的少ないです。
・負荷を少しずつしかあげてないが、日常生活に支障が出ない程度の筋肉痛にはおそわれている。

・夜帰宅後のほかに、朝の運動後もシャワー浴びて下着変えるので、選択の手間と、おそらくはタイムラグを持ってガス・水道代が増えそう。

これくらいかな。



この勢いで朝の散歩やジョギングも考えていましたが、ちょうどいいというか悪いタイミングで最近は天気が悪かったのでひたすら屋内でしたが、これから回復しそうなのでまた狙ってみます( ̄ー ̄)ニヤリ

同じ、「エアロバイク漕ぎながらお勉強」なら朝が絶対いい!と思いました。少なくとも自分の場合。


でわ!!






    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

久しぶりに運動や朝活再開してみます。いつまで続くやら。。。

ほんとに久しぶりに朝の早起きを再開してみました。

あと、運動も久しぶりにやりました。



高い志に基づいたものではなくて、単純に「普通に通勤中に早足で歩くだけで息が上がる」とか「買い物に出かけると2時間程度で使いものにならないくらい疲れる」という、体力の衰えを痛感してしまったからです。

個人的には、マッチョになりたいとか、マラソン走破したいとかはなくてむしろそういうアクティブな人達を一歩引いて見てしまう方ですが、最低限「日常生活で疲れないくらいの体力」と、欲を言えば「必要時に蘇生に必要なだけの心臓マッサージをしていても、冷静に頭が回っていて、手も頭もフル回転で最高レベルの蘇生をいつでもできる体力」を維持することが目標です。一応急性期病院に勤務する医師ですし。

ただ、これを今の立場(教育や管理がメイン、臨床も座ってる事が多い外来の比率が高い)で、今のワークライフバランス(プライベートが極限までなく、起床時間の大半が仕事、余ってれば読書か飲酒)だと「ただ生活しているだけで体力が維持できる」ということはなく、恐ろしい響きですが廃用が進行してしまうのです。


いちおう4月末までは運動維持できていたんですが、5月入ってからの殺人的スケジュールの結果「ギリギリまで寝る、暇があれば寝る、とにかく寝る」ことしかできず、運動までは手が回りませんでした。

あと、仕事終わって家に返った頃には瀕死の状態で笑顔もでないので、帰宅後の夜に運動することも叶わず・・・



ということで、とりあえず朝1時間早起きして、その時間で運動してみることにしました。

「仕事するために早起きする」というのはどう考えてもモチベーションがあがりません。そもそも今は燃え尽き期なので、そんなモチベーションはどこにもありませぬ。
 

しかし、最近は日の出時間が早く、しかも空もきれいに晴れわたり、温度や湿度も心地よいくらいの日が増えてきたので、「あ、少し体動かそうかな」というのは布団からでるきっかけとしてわりといけてます。

自分にとって心地よいことのためなら多少は頑張れそうです。



まずは屋内でのエアロバイクこぎからと考えていますけど、せっかくなので天気が良ければそのへんの散歩(走るとはいいませんが、せめて早歩きくらい)はしてみようかなとも思います。
エアロバイクでの運動量確保、してみています。成果は上々で、楽しく続けられています♪

せっかく近くに豊平川があるし、他にも散歩やサイクリング用のいい感じの道とかあるし、ようやく春っぽく花もたくさん咲いてきたので見て楽しむところはおおいですしね。

勢いにのるために、ジョギング用のシューズとかウェアを買ってみたら、より勢いがつきますかね。あんまりやりすぎてもなぁとは思いますけど。


とりあえず今朝は1時間早く起きて自転車こぎまくってみましたが、一汗かいたどころか大量の発汗ができて、その後のシャワーですっきりもでき、朝ごはんも美味しく完食できて(最近は貧弱になりすぎて完食すらできないくらいだったので)いい感じです。

合併症としては、20時すぎると猛烈に眠くなる現象が起きてしまう(特に今日は午前いろいろトラブルあり、午後は予約外来みっちり、夕方に全職員会議の締めの挨拶をするという精神的責め苦もあった)ので、仕事上の生産性は下がっているかもしれませんが、そもそも仕事とプライベートやセルフメンテナンスに書ける時間の比率を是正したかったのでいいかなと思います。


というわけで、アクティブでクリエーティブな朝活ではなく、単に運動したりダラダラしたりするためだけの早起きを続けてみようと思います。

過去の経験上は、2週間も運動すれば目標とする体力は戻るはずで、幸い向こう2週間はあまり激しい予定は無い、はず、なのでいい感じまで持ち上がることでしょう。







    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録
プロフィール
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    楽天市場
    Amazonライブリンク
    病院家庭医本、出ました!
    総合×リハ本、作りました!
    Facebookページです
    Web公開資料
    最近購入した本です
    書籍管理サイト「Media maker」
    カルテの型,連載してました!
    カルテの型書籍版出ました
    急変前評価本、書きました
    病棟CommonDiseaseとは?
    病院家庭医として紹介されました
    RSS活用で論文読む方法まとめました
    内科×リハ本、でました!
    • ライブドアブログ