病院家庭医を目指して ~野望達成への道~

地域密着型病院で活躍する家庭医を目指し、札幌市内で働いてるDr_kentaです。 病院外来でのプライマリケア、内科急性期病棟の老年・緩和ケア、リハビリテーション栄養を中心に、医学教育や院内システム改善などにも関心を持ちながらいろいろやっている日常を記録していきます。ちなみに「病院家庭医」という正式な呼称はありません(造語です)。 また医師による記載ですが、医学的な内容を自分や身の回りの方に適用していいかどうかは直接診察のうえでの判断が必要です。記載内容を試して発生したいかなる不利益も責任は負い兼ねますのでご了承ください。

IT・買い物

逃避、じゃなくて投資のお勉強をしています。医学以外のお勉強では、Web2.0以来、10年ぶりの面白さてます

最近仕事や体調がきつくて現実逃避したくて・・・というわけではないんですが、投資のお勉強を始めてみました。


お金が余って困ったからみたいな嫌みな理由からではなく、ボーッと仕事しながら浪費して、その余りを貯金するだけではけっこうリスクが高いな…とおもったからですし、初期費用少なくても投資できる方法が増えてきたのもきっかけです



過去にも何度かは関心をもって勉強したことはあったんですが、そのたびに「リスク取るのは性に合わない」「株のお勉強と値動き追っかける暇がもったいない」という結論で「ん、現金と預金でいいっす」になっていました。

しかし、最近はまたいろんなネット情報や書籍がでてきていて、以前と比べるとETFやREITが出てきたり、iDeCoやNISAなど初心者が投資に入りやすくなる仕組みが普及してきたりで、好奇心が刺激される機会が増えてきたように思います。

そして久しぶりに、集中的に勉強してみた結果、「よし、ちょっとずつやってみよう!」と踏み切ることができました。



これと似た感覚があるなぁ・・・としばらく感じていたんですが、先日ようやくその「似た経験」を思い出しました。

卒後4~5年目の、ちょうどいまから10年ほど前に、パソコンとかwebとかITをものすごい勢いで勉強した頃と同じ感じなのです。


そのころもweb2.0とかなんとかが話題になり、たくさんの面白い本がでて、webにも情報が出てきていました。

その頃に一緒に家庭医療研修していた人で、webやIT含めたビジネス本関係を結構読み込んでいた人から、「けんたくん、そういうタイプで活動するならなんでブログやらないの?」と言われたのをきっかけに、「ブログ、SNSやだなぁ。なんか危なっかしいし。リアルだけでいいよ。大変そうだし」という思いと「やっぱりやったほうがいいのかな。でも向いてないよな」という思いを行ったり来たりしていました。

そして事あるごとに勉強を重ね、あるタイミングでなにか踏ん切りがついて、このブログを始めたり、ツイッターやフェイスブックを始めたりしました。
1個始めために勉強して行動に踏み切ってしまうと、他の関連のものは一気に連鎖して学べるし、踏み出すハードルが低くなるんですよね。

あれとホント似た感じです。

投資を勉強して、今流行りのインデックス型の投資信託について理解が追いつき手を出してみたところ、それまで頭に入らなかった他の投資や預金やその他資産運用に関連する情報が驚くほどスムーズに頭に入り、つながり、整理されて全体像が見えてきた気がします。



当然、その道のプロに比べればおこちゃまみたいな知識と経験値ですし、リスクが有ることにはかわりありません。

でも、それって投資に限らず、普段の臨床でも似たような(そしてよりハイリスクな)ことを日常的にやっていて、それとリンクした瞬間にすっと腑に落ちて、守備範囲に入った感覚もあるのです。

日常臨床では、診断の不確実さと治療効果や予後見込みの不確実さを経験しながら、現場で利用しやすく自分の知識体系や経験や価値観に合う形で過去の偉人や現代のエキスパートたちからの知識を整理し直し、最大・最小のリスクとリターンを想像しながら、その度の範囲の結果に落ち着いても自分も患者も患者家族も他職種も納得できるように「判断や決断に必要な情報や価値観を共有し、そのプロセスを大事にして、保留や見直しも常に意識しながら小さな決定をし、その結果を丁寧に追いかけ、結果から真摯に振り返って次の小さな決断のカテにしていくサイクル」をずっとやっています。

あの、人体・健康・病気の不確実さと並外れたリスクの大きさ(死んだり障害が残ったり苦痛にまみれたりするリスク)に比べたら、自分個人の余剰資金が数%目減りするかもしれないリスクはたいしたことないなと思えるようになりました(大したことないというのが過小評価や自信過剰にならないような謙虚さを維持するのも、普段の臨床のトレーニングでできているとは思います)



ということで、普段の臨床経験から得た「不確実な状況における判断や決断のエキスパート」としての視点と、以前に黎明期で将来が読みきれない「ITやwebを学び、やや前のめりで勉強と実践を繰り返しながらいろいろ得てきた」という経験が合わさって、「投資もしてみるかな」と思えるようになったというわけです。

お金の亡者になったとか、急に大金が必要になったとか、職場や人生から逃亡したくなったというわけではありません。




最期に、勉強した結果、いまどう考えているかを簡単にまとめてみました。
これがベストとは思いませんが、お勉強結果をまとめたレポート的な感じです。

具体的に購入した銘柄を載せたり、投資ポートフォリオ(家庭医のポートフォリオではないですよ)を載せたり、投資額を載せたりするとなまなましくて「医者はお金持ってていいよな」といういらん批判・嫉妬・妄想を受けそうなので、そのへんは書くのはやめておきました。

世の中には、たくさんの投資・金融系ブログがあるので、そういうのをみたほうが勉強になると思います。
(個人的には、医師がやっている投資ブログが、いろんな価値観や財政状況が似ていて一番参考になりましたよ)


==================================

1.まずはしっかり稼ぐ。

本業をきちんと丁寧に行い、評価を高め、年功序列でこれからもらう基本給+役職手当等をきちんともらう。


時間外手当や当直手当で稼ぐという思考はしない(非医療系バイトや投資よりはハイリターンだが、体力・集中力や、プライベートの時間の犠牲を考えると主観的には割に合わない)。


本業から派生した副業での収入が増えることは程よく期待する(出版・講演関係。ただし体力やプライベート、本業を脅かさない範囲で、かつ本業の成長につながる範囲内)


 


2.余計な支出を減らす

三大高額支出は注意する

①家は基本的に買わない

高額、ローンの利率・複利がやばい、転居を伴うキャリアアップを邪魔する。
職場の借り上げ住宅なので賃貸費の持ち出しもわずかで済んでいる。


②車の買い替え・維持費に注意する

新車を短期間で買い換えるのは避ける。
駐車場・ガソリン・税金や車検費用は極力安くする。
都市部に引っ越す場合は公共交通機関があり駐車場が高いので処分する。


③生命保険は必要最小限におさえ、様々な特約はつけない

国民+厚生年金に加えて、職場の福利厚生と、他のカード・保健等の保証で十分すぎる。
今後の自分自身の健康リスクに応じて、当法人がカバーしてない癌保健はそのうち検討してもよい


※いずれも就職先に恵まれている(福利厚生や立地)のが前提なので、もし異動や転職を考えるときは注意


 

固定費は極力やすくする

①通信費(携帯、ネット、他)は安く抑える→セット契約や格安SIMなど活用


②その他メディア費用
も抑える→新聞不要、雑誌は電子書籍読み放題、漫画・小説は電子書籍割引クーポンかアナログ古本で十分)


③光熱費
も安くする→灯油・水道は住居固定で変更不可、電気は割安に変更


④各種保険料
も安くする→生命保険は上述、自動車・火災保健は見直し済


⑤会員料など
は年1回整理する→カード会員やアプリ・webサービス会員など見直し済

 


変動費
も無駄は減らす

①買い物は原則クレジットカードか電子マネー→マネーフォワードで管理し、定期的に出費を見直す


②現金支払いは極力やめて、クレジットカードか電子マネーでポイント還元を意識する


③使って良いお金も決めておいて、節約ストレスによるリバウンドをなくす(趣味、付き合い、突発的な出費は予算化しておき、かつ別口座にしておく)



 

3.上記工夫で残ったお金を、安全・安心第一で運用する。

①自身の生涯学習費用と子供の教育費用は、もっとも費用対効果のよい投資と考え、原則制限しない

抑制が目的の固定費ではなく、投資と意識づけておく。

 

②生活防衛資金として、うつ病で2年程度休職しても不安にならないだけの生活資金は短期定期預金か普通預金として確保しておく

現在の状況で収入が急になくなるor減り、かつ生命保険や労災等で費用が出なくなりうる状況としてはうつ病以外考えにくい。交通事故による高度障害と心血管イベントによる急死は保健全額支払い対象なのでOK

また、労災認定がおりやすいように、職場申告書類とは別に、時間外労働時間の記録は取っておく(現状、過労死認定レベルの時間外労働時間続いており文句なしだが、書いてて悲しい・・・)

 

③それでも余裕のある余剰資金を、低リスク・低リターンの投資信託で運用する。

ただし、目的は「少しでも多くお金を増やすこと」と際限ない欲望の形式ではなく、「好きな仕事を体力の続く範囲で続けていても、子供の進学や自身の学習、老後の生活に不安がない必要十分額」まで、「現在(38歳)から定年(65歳orもっと伸びる?)までのだいたい30年前後で貯めること」というふうに理性的な上限を決めておく。


・じゃないと、いくらためても不安が増大しそう。お金に支配される人生は避けたい。


・おそらく細く長く仕事しそう(仕事しないとやることなくてボケそう)であり、100年ライフを前提にポートフォリオワーカーも目指しているので、「老後は収入ゼロ」を前提に計算しなくてよい。

・そこまで健康が維持できない場合の保険は複数かけているので大丈夫


・必要額の算出は、現状で予測している国民+厚生年金と、給与の伸び率(毎年本部からくる資料を確認)と三大支出・主な固定費の差額から予想される預金と、退職金や掛け捨てでない生命保険・学資保険などの額をみて程よいところを設定し、数年に一回計算を見直す(年金運用や金利・契機、就職先や仕事内容・肩書、所属企業の経営状況など加味しながら)

 

投資を回す優先順位は以下の通り。

・個別の株式・債権やETFREITなどは手を出さない。

市場をおいかけ、企業情報を分析する手間暇が割に合わない。その分本業+副業に時間と集中力を注いだほうが効果的。


・アクティブ型の投資信託も、ハイリターンに惹きつけられて安易に手を出したりはしない。


インデックス型の投資信託で確実に少しずつ増やす。

A.最優先はiDeCo→リターンよりも低リスク+節税効果重視で、バランス型インデックス


B.
次は積み立てNISA→長期分散運用による老後資金捻出目的。運用利益非課税もあるので、iDeCoよりはややリスク・リターンともあげて先進国株式中心のインデックス


C.
上記2つで投資額が足りない分は、課税ありの特別口座(課税あり)。心理的・金銭的な圧迫のない範囲で、勉強も兼ねて一部アクティブ型や変わった配分比率の商品も検討する→楽天ポイントや臨時収入など「もともとなかったはずのお金」の投資対象として、大きな損失がでても「懐はノーダメージで、純粋に勉強になった」と思えるようにしておく。


D.勉強が十分になり手応えが感じられれば、妻名義の積み立てNISAや子供名義のジュニアNISAも始めて、非課税投資枠を増やすことも検討する(今の勉強量で自分以外の名義を増やす気にはまだなれないが、数年待つとNISAの長期投資枠が削れてもったいないので数ヶ月から1年程度で決断する)。
もちろんジュニアNISAは私腹肥やし用でなく子供の教育投資資金目的で、かつ投資の勉強を教える機会創出と、早死にしたときの相続税対策もかねるのでいろいろ良さそう。


※いずれも、購入時手数料ゼロのノーロードが大前提、信託報酬も年率1%未満(基本的には業界最安値のもので、アクティブ型は情報収集して納得できれば1%未満は許容してみる→今後基準は微調整)

 


トータルでは、現状の預金額は崩さず(条件の良いキャンペーン短期定期は適宜使いつつ、普段は一番金利のよい普通預金においときつつ、1行あたりペイオフ上限額を越えないよう3ヶ所に分散)、今後の収入から少しずつ追加預金+投資に振り分けていく。

比率は投資6:預金4、投資部分はインデックス7:アクティブ3程度(コア・サテライト戦略)、先進国6:新興国1:国内3くらいの割合でスタートして、自分の勉強度に応じてより攻め具合を高めていくか検討する。

→エクセルで、投資信託の投資割合をいれると自動で全体を合算して各種比率の円グラフ作るプログラムは組んだ。快適♪

 


リアロケーションは3から5年感覚くらいでやる(医学の常識もそれくらいで入れ替わって、古いままだと弊害が増えるし)


リバランスは、頻繁にやっても心理的に落ち着かず、売却時の手数料や利益への税金が(iDeCoやNISA以外では)もったいないので、年一回だけ、売り買いではなく買い増しで対応する



銀行口座は、メインは破綻しにくそうで近くにリアル店舗もあるもの、サブは手数料等が安くwebで扱えるネット銀行を2つ(用途・金利別で使い分け)。


証券口座は、原則web証券にまとめて俯瞰・管理しやすくしつつ、正確の違うiDeCo(投資・収益重視というよりは、年金扱い)だけ別のweb証券にして普段視界にいれず、マネーフォワードでも別管理しやすくする(直販系は手間とコストから避ける、リアル店舗の営業は有害無益のようなので近づかない)。


現金は基本持たない。カードと電子マネー中心で、飲み会など必要時のみ現金を下ろす(自分はカードや電子マネーのほうが心理的に恐ろしいので使い込みにくく、かつ後日マネーフォワードで可視化できるので無意識な無駄遣いを抑制しやすいので)



 

4.お金の回収方法も工夫する

年金の回収方法
基礎+厚生年金とiDeCoの年金は、何も考えずにまとめて受け取ると課税に引っかかる(両者合わせての非課税枠設定なので、65歳で全部もらうともったいない)らしい。
60歳で支払い可能になるiDeCoを60歳で一時金上限までだして投資へ、残りを年金形式で10年かけてもらい、70歳になってから基礎・厚生年金をもらう(その方が毎月の額も増える)と、回収金額が最大化されそう(要追加勉強)。

※ただし、50-60代で大きめの病気になり予想寿命が短くなったと判断した場合(医学的知識で客観的に数値化可能。頭が生きていれば・・・)は、細く長くもらう方法ではもったいない(年金支払額よりも受給額が極端に減る)ので作戦を適宜変える。


保険の回収方法
掛け捨ては選択してないので、学資保険は満期で戻ってくる予定。
生命保険も終身保険なので、早めに死亡or高度障害になったら問題なし。
癌などで余命が限られた場合は、解約せずに特約で全額支払いしてもらい終末期治療で預金・投資分を削らず家族に残せるようにする。

癌になれず長生きしてしまった場合、日常生活費は、定年までため続けた預金と年金とを合わせて平均余命までは生活できる計算(教育への投資で子供が助けてくれたらプラスアルファ、期待はしないが)。
その結果、健康寿命より長生きでき、認知症や虚弱で落ちてきたときの介護サービスや施設入居費用も、それまで元気だったら資産を取り崩さず運用し続けているはずなのでそこから捻出できる予定。

あとは相続できるほどの資産がもし保有でき、かつ使い切る前に死にそうになった場合は、家族が喧嘩したりしこりを残さないように分与方法について法的に有効な遺言状を用意しておきつつ、極力相続税がかからない形で生前から計画的な分与を行いたい(あと10~20年経ったら勉強し始める)

==================================

以上です


参考文献は、大量にありすぎるのでリンク貼ったりするのは諦めました。

恐ろしい量の本とwebページを読みまくりましたよ。




老後や死後のことまで書いていて、いろいろ考えすぎと思う方もいるかもしれません。

しかし、うちの病院には、お金がない、家族がいない(いてもいろいろ厳しい)、判断力がない、体力も集中力もない、あれもこれもない(もしくは大変な問題がたくさんある)という患者さんが集まりやすいので、そういう人たちの最期の数年を日常的に診ている立場としては、とても日常的で身近で切実な問題であるし、ちょっとした知識と少し前からの地道な対策をしていれば避けられる問題でもあると思うのです。


自分のワークライフバランスのモットーは、単純な時間の配分を半々にするとかではなく、「仕事で学んだことが人生を豊かにし、生活で学んだことが仕事を深いものにする」という相乗効果があるものなので、仕事で学んだお金の苦労の予防法を自分の人生にも還元してみたという感じです。

他にも、研修医教育が子供の教育に、多職種協同やボスマネジメントが嫁や親との関係に、患者への生活指導が自分の健康維持に役立ったりしていて、総合医やっていると人生が面白くなるなぁと思います。





    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

Type-CのUSBケーブル、ちゃんとしたのを買ったら超快適になりましたヽ(`▽´)/

Type-C型のUSBケーブルで、ケーブルの耐久性がよく、端子がマグネットで自動着脱できて、かつ3種類のコネクタを上下の無期関係なく付けられるこれ、買ってみましたけどめっちゃ便利です。

送料無料【2セット600円OFF】1.0m 充電ケーブル 高速 データ伝送 USB iPhone ケーブル 1m 充電 iqos マグネット type-c タイプc セット usbケーブル スマホ micro usb アンドロイド android スマホケーブル 急速充電 2.4A アイフォン iPad タブレット ライトニング アイコス
送料無料【2セット600円OFF】1.0m 充電ケーブル 高速 データ伝送 USB iPhone ケーブル 1m 充電 iqos マグネット type-c タイプc セット usbケーブル スマホ micro usb アンドロイド android スマホケーブル 急速充電 2.4A アイフォン iPad タブレット ライトニング アイコス







春にスマホを買い替えてみたら、USBケーブルが今までの「Micro USB」から「Type C」にかわってしまい、以前から使っていた充電やデータ転送のケーブルがそのままでは使えなくなってしまいました。

仕方ないので、その場で抱き合わせでかわされた変換コネクタ1個のほかに、楽天で安い変換コネクタ2個セットを買い足してみました。

【送料無料】2個セット USB Type-C変換アダプタ USB Type-C to USB A 充電器 アダプタ ゲーム Nintendo Switch 任天堂 ニンテンドー スイッチ データ転送 通信 Xperia X Compact so-02j Xperia XZ SO-01J SOV34 601SO ソニー タイプC マイクロUSB スマホ【激安】
【送料無料】2個セット USB Type-C変換アダプタ USB Type-C to USB A 充電器 アダプタ ゲーム Nintendo Switch 任天堂 ニンテンドー スイッチ データ転送 通信 Xperia X Compact so-02j Xperia XZ SO-01J SOV34 601SO ソニー タイプC マイクロUSB スマホ【激安】

しかし、外すときにコネクタの方が外れてしまったり、さすがに安すぎるのを買ったせいかすぐに壊れてしまいました。



そこで、意を決していろいろ調べて、値段・デザイン・耐久性・機能性がお眼鏡に叶うものを探し、購入してみました。

これがもうスゲー便利で、感動しすぎたので久しぶりにお買い物ネタをブログにあげることにしてみました。



Type-CのUSBケーブルって、表裏がないから差し込むときに向きを気にしなくてよいのはいいところです。

でもぴったりハマりすぎるのか意外と抜けにくくて面倒だなぁとおもったり。

変換コネクタつかうとケーブル部分は古いMicro USBのものなので、充電速度やデータ転送速度は恩恵まったくないし。

あと、Type-CとMicroUSBとライトニング対応の端末がいろいろあるせいで、ケーブルが何本もあって、自宅も職場もコード類がぐちゃぐちゃあって、きれい好きの自分としてはとても不愉快な状態でもありました。




でも、これに出会い、せっかくのセット販売だったので2セットを買ってみたところ、劇的にQOLが跳ね上がりました!

送料無料【2セット600円OFF】1.0m 充電ケーブル 高速 データ伝送 USB iPhone ケーブル 1m 充電 iqos マグネット type-c タイプc セット usbケーブル スマホ micro usb アンドロイド android スマホケーブル 急速充電 2.4A アイフォン iPad タブレット ライトニング アイコス
送料無料【2セット600円OFF】1.0m 充電ケーブル 高速 データ伝送 USB iPhone ケーブル 1m 充電 iqos マグネット type-c タイプc セット usbケーブル スマホ micro usb アンドロイド android スマホケーブル 急速充電 2.4A アイフォン iPad タブレット ライトニング アイコス


まず、デバイス側に、端子をそれぞれさしました。
(2セットかって、3種類の端子があるので合計6つあります)

仕事に使っているiPod touchとiPad miniにライトニング端子を、
自分のと家族のAndroidスマホにType-C端子を、
お子様ケータイと自宅のタブレット端末にはMicro USBを指しました


次に、自宅用と職場用に、ケーブルを1本ずつおきました。

そのかわりに、家にあった、ライトニング用とType-C+コネクタ付きとMicro USBのコードを何本も廃棄しました。


これでとってもコード関係がスッキリしました♪


高速データ転送に対応しているのはかなり便利です。

充電があっという間に終わるので、自宅用が1個しかなくても日中に家族が、夜中に自分が使うなどで、同じコードを共有しても特に不都合もないです。

差し込んだ端子とケーブルとの間は、強力なマグネットでぱちっとくっつくので、夜暗くて手元が見えなくてもなんとなくスマホの近くにケーブル持っていくと勝手に吸い付いてくれてとても便利です。これは地味に快適です。ほんとに。


ケーブル自体の強度が高いので、子供が雑につかったり、出張用のカバンに無造作に詰め込んでも大丈夫そうナノも心強いです。
スマホ購入時に追加購入した、旧Micro USBコードにつけるType-Cの変換アダブタは、安物だったせいかすぐ壊れてしまいました・・・

さらに、マグネットでケーブルを止めるアイテムをつけると、収納がスッキリして、もう最高に気持ちいいです♪



出張のときは、たいていスマホとiPad miniとノートPC持っていって、その他音楽系端末やその他電子デバイスを持ち歩くこともあるんですが、とりあえず職場のケーブル一本をカバンにいれるのを忘れなければ、最低限スマホとiPad miniの充電ができないという事態はなくなるので安心です。
今まではデバイスだけもってきてコード忘れたり間違えたり(ライトニング忘れてMicroUSBだけ持ってきてたとか)があって、そのせいで出張先でのメモ取りやその他作業が十分できないこともけっこうあったので、これはかなりの恩恵です。

あと、各端子はデバイスにつけっぱなしでもじゃまにならないレベルの小ささなので、つけっぱなしにしてます。




兎にも角にも、ちょーおすすめです!!



※ただし、最終的な判断はご自分の責任でお願いします。購入した2本のうち一本は、Androidにつなぐと三回に一回は再起動画面になるという不具合があり、ライトニング専用になりました…



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

最近のモバイルバッテリー、便利になったもんですわ

今回の旭川出張、スマホ充電ケーブル忘れてしまい、iPad miniの充電もほとんどないままで、ホテルにもケーブル備え付けなく焦りました

しかし、すこし前に買ったモバイルバッテリーのおかげでなんとかなりましたよ!!

モバイルバッテリー 大容量 軽量 薄型 スマホ 携帯充電器 iPhone8 plus iPhone10 X iphone7 アイフォン7 iphone6s plus SE 5 Andoroid アンドロイド iPad Xperia Galaxy Nexus アイコス iqos 2.1A 急速充電 ケーブル内蔵 10000mah 送料無料 あす楽
モバイルバッテリー 大容量 軽量 薄型 スマホ 携帯充電器 iPhone8 plus iPhone10 X iphone7 アイフォン7 iphone6s plus SE 5 Andoroid アンドロイド iPad Xperia Galaxy Nexus アイコス iqos 2.1A 急速充電 ケーブル内蔵 10000mah 送料無料 あす楽



 
何年か前にもモバイルバッテリー買ったことありましたけど、フル充電できず、遅い、不安定、重いなど欠点ばかりでいまいちだった記憶があります

しかし、すこし前にテレビで、最近のモバイルバッテリーの特集やってて、けっこう納得して買ってしまいました。マツコ関係の番組だったきがする


①まずは圧倒的に大容量になりました!

今回、スマホはゼロから満タンまで、iPad miniも5%から半分以上まで回復してもまだ余力があります。

片道一時間半のスーパーカムイ往復の間のもろもろや、学会の生涯教育講座参加中のメモや調べものにも耐えきれました♪


②さらに、スピードもかなり早くなりました。

温泉はいって、一杯飲んで、だらっと本読んでの間にすぐスマホは満タンになりました。

iPad miniも、朝起きて温泉入って、身支度して、朝ごはん食べての間に半分以上までたまりました。


③あとはコンパクトさもかなりよいですね。
スマホとほぼ同じサイズ・重さで、かつケーブルが一体型で本体に埋め込まれてるので、ものが大量にごちゃごちゃはいってる出張カバンのなかにもすっきり入ります。

そういえば、昔出張用のキャリーバックかったときに記事書きましたね。このカバンかってから7年使い倒してるのかー
http://blog.livedoor.jp/gp_ken/archives/3609945.html

そんな感じで小さいので、ふだんの長距離出張(片道五時間とか八時間とか)のときは、途中でバッテリーなくなってきたらカバンのなかで充電しておいて、その間に講演資料見直して時間構成つめたり、iPad miniで論文や漫画よんだりしてればすぐ復活して便利です

もっとコンパクトなのはあるけど、容量・速度は重要なのと、ペン型とか変わった形だとカバンのポケットに収まりにくいし無くしやすそうでやなんです


④1つでiPad・iPhoneやAndroidスマホなど全部対応できる

自分は両刀使いなので、これも貴重です。

ケーブルが何本も必要なのは、それだけでジャラジャラ邪魔です。イラッとする。

これはケーブル一品だけで、その先に変換コネクタつけるだけ、しかもコネクタも本体埋め込み式なので邪魔になりません。  

埋め込みなので、小さいコネクタを無くさないというのは大きいですよ。
自分の残念スペックとして、絶望的な方向音痴(地図見ながら180度反対方向に進んだり、地下にもぐると方角わからなくなったり、前に間違えた道を覚えてて「あ、この道知ってるわ。こっちこっち!」と進んで同じ間違い繰り返したり、そんな経験を繰り返すうちに自分の土地勘がひとつも信じられなくなったり。札幌の地下鉄で乗り間違えなくなるのに10年かかりました。バスはまだ1人では乗れません)とならんで、「物を無くす」があるので、こういう特性はありがたいっす。




最近は、出張に何冊も本を持っていくこともなくなって(重くてかさばるわりに、そんなに読まない)、iPad miniに論文や小説や漫画いれて隙間や気分転換に読むようになりました。

お陰で荷物は軽く、コンパクトなカバンで済むし、最近のiPad miniはバッテリーの持ちもよくて快適でした。


それでも超長距離出張や、学会の教育講演が面白くてメモとりっぱなしとかだと、バッテリーは切れてしまいます。

自分はモバイルWi-Fiや4G付きタブレットはお金もったいなくて使ってないから、Webつなぐときはスマホか、スマホからのテザリングにしてるので、スマホはさらに早く死んでしまいます


もちろん充電ケーブルは頑張って持ち歩きますが、あのコード感のせいでカバンごちゃごちゃするのいやだし、二種類持ってこうとすると1つは忘れるしなので、「電池持ち」だけがネックだったんですよね……

でもこれなら、出張から帰ってきたらすぐ充電して(几帳面なので、出張や当直から帰ってきたら、一息つくまえに荷ほどきしないと落ち着かないのです)、その間にカバンや折り畳み傘を陰干ししといて、翌朝しまうときにこの「モバイルバッテリーをカバンにしまう」行為がルーチン化できたので、安定感がでました


という感じで、自分の残念スペックを踏まえながら試行錯誤した結果、この「小さくて軽くて、大容量で早くて、二種類のプラグに対応するモバイルバッテリー」を出張専用にすることで、ようやくしっくりきました

生活を快適にする一般解はなく、個々人の好みや得手不得手を踏まえ、新しく出てくる概念やツールやガジェットをその都度さわって試行的にいじってみて、ようやく個別化された最適解に到達できるってことですね。

自分は効率悪い……と悩む隙があれば、トライ&エラーでなにか試すのが必要ですね

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

楽天ゴールドカードにしましたヽ(`▽´)/ 

最近、楽天ゴールドカードを申し込みました!!

無題



楽天会員登録自体は2005年(ちょうど医者になった年ですね)にしていましたが、買い物のほとんどはAmazonに依存していました


安い会費のプライム会員で送料全部無料、

医学書のマニアックなのが全部あってすぐ届く、

楽天みたいに色んな店がでてこないので比較不要で短時間で選べる!

など、給料が少ないけど勉強したいことが多い研修医にはとても良かったのです。食べ物は医局にあったし。




なんですが、後期研修終わって、家庭ももってとなると、徐々に家計というか、自分の懐にダイレクトに入るお小遣いが気になるようになってきました


講演料や印税などがちょいちょい入るようになってきたので、とりあえず専用のweb口座を作ってみたり。

また、この頃からブログの閲覧数が日に500は安定して越えるようになり、Amazonアフェリエイト収入がそこそこまとまった額になるようになって、「不労所得ってなんか嬉しいもんだね」と思ったり。

また、出張がけっこう多いせいで航空会社のマイルも無意識に貯まるようになり(一応ANAとJALと両方使っていてそれぞれ溜まりますが、そういえばAirDoは最近つかってないなぁ・・・)、でも特典航空券でどこかに旅行するヒマもなく、溜まったマイルは全部ポイントに変換(以前は普段使っているEdyに振込、最近は楽天ポイントに変更)していました。
航空券にしたほうが費用対効果は高いんですけど、そのためだけに貴重な休み使ってたいして活きたくもないところに行くほうが無駄だなぁと思ったりね。


そんな流れのなか、うちの若手たちの雑談で「最近楽天がすごい。ポイント溜まりまくりだから、医学書購入は全部楽天に切り替えましたよ!」という話をきいて楽天のポイントの稼ぎ方をwebで勉強してみたり、

ネットニュースとかで、「AmazonやAppleがいくら稼いでも日本に税金落とさないので、日本経済支援のためには楽天やYahoo JAPANを応援しましょう!」みたいな記事があって、そこまで気にはしていなかったものの「まあ、自分のためにもなるならそういうのも見てみようかな」という気分もでてきて。

それと同時期に、自分の肩書も上がってしまい、そのストレスや時間のなさに比例して家飲みすることがふえ、ちょうどワインにもハマり始め「食料品や飲料を、ネット販売で購入する」機会が増えました
しかもワインだと店によって品揃えも、解説の充実度も、金額もけっこう異なるので、逆に「複数店舗から比較検討して選べる」ことがメリットに見えてきました。



そこで、2016年から、メインの買い物先をAmazonから楽天市場に、メイン使いのクレジットカードもANA VISAカードから、楽天カードに全部切り替えてみました

自分の場合、医学書などのwebでの買い物も、車検や携帯料金も、家賃や光熱費も全部カード払いなので、それを全部楽天カードにうつしてみたところ、安定してポイントが入るようになりました。

楽天カード利用、アプリ利用、楽天ブックス利用などで、安定してポイント6~7倍状態になるように調整し、また5の倍数の日やお買い物マラソンのパターンを覚えてよりポイントが付くタイミングで買い物するようにして。

さらに、Kindleで買っていた漫画やビジネス書なども、全部楽天Koboに移行して。



そんなこんなで、それまでは年間1000~2000ポイントくらいでしたが、去年は秋から切り替えたにも関わらず5万ポイント、今年はあと1ヶ月半残すところで10万ポイントに近づくくらいになりました

ステータスもあっというまにダイヤモンド会員に。

今までと同じ消費行動なのに、1年間で10万円くらいも収入に差が出るのはスゲーな!!と驚いています。
株式やら投資やらでこれだけの利益だすのは難しいですしね。


また、クーポンを上手く使うとかなりの割引になることが多く、個人的には「5000円以上の購入で20%割引」のクーポンをつかって漫画やその他書籍をまとめ買いするようにしていてこれがでかいです(1万円買ったら2000円値引きとか尋常じゃない・・・)。

Amazonでも古本とかだとかなり安く手に入れることもできるんですが、医学書はでて早い時期に読まなければあまり意味がないので(医学知識自体3年で古くなるし、半年もすれば若手が一通り目を通して教えてくれるし)、「新しい医学書や漫画の新刊が安く買える」ことのメリットは大きいです。



ここまでが、前フリの余計な話でした。

ここからが、ゴールドカードの話です。




これまでは、楽天の通常カードでした。

会費無料だし、入会キャンペーンのときに作ったから1万ポイントくらいもらえたし、特に困らずです。

プレミアム会員になるには3900円別払いですが、医学書は楽天ブックスなどでたいてい送料無料ですし(単価が高いので、普通の本が送料かかる店でも医学書はたいてい無料だったり)、ワインもプレミアムの対象外のことがほとんどだし(例外はまとめて○本セットで1万円みたいなイマイチなやつだけ)なので、プレミアムかどうかは自分の生活にはあんまり影響無いです。


なので、上級カードとして以前から存在していた「楽天プレミアムカード」にはあまり惹かれませんでした

年会費1万円 →高い!

プレミアム会員ついてきます →いらない!

空港ラウンジ →他のカードで使えるし!

プライオリティパス(海外の高級空港ラウンジ使える権) →海外行かないし!

みたいに、特典のほぼ全部が魅力に感じず、「通常カード+必要になったらプレミアム会員登録」でいいかなと思っていました。



しかし、そこに登場したのが、2016年9月に新たにできた「楽天ゴールドカード」です。

最初は名前だけみて、プレミアムより上かな?と思ったり、そもそもゴールドカード自体への魅力も感じてなかったのでスルーしていました。


副院長になったらいろんなデパートからVIP待遇的な案内がいろいろ来て、会費無料でゴールドカードもらえますみたいなのもあっていくつか作ってみたんですよね。

でも、その待遇を使えるほどそもそもデパートに行くヒマがなく、気がついたら1年経って年会費が発生する時期になり「ゴールドカード、破棄しようかな、延長しようかな、これを機に他と比較検討して一番いいのにしようかな」と検討するというきっかけが生じました。



それらの流れを経て、「あ、楽天ゴールドカードってのがあったな」となり、調べてみたら自分のライフスタイルに一番適していたため、先日申込みをしてしまいました。

会費が2000円で安い、国内の空港ラウンジは普通に使える、楽天市場でのポイントが通常カードよりもさらに「+1%」多いというのがポイントでした。


楽天の通常カード、ゴールドカード、プレミアムカードの違いを表で一覧できるサイトはここが分かりやすかったです
title_s2
https://r10cd.com/knowledge/hikaku/


こっちは特にゴールドカードのメリット・デメリットを超詳しく書いてあるページです
rogo
https://matsunosuke.jp/rakuten-gold-card/



通常カードよりも「+1%」多いというのは、一見地味なようですが、うちみたいに「光熱費やら何やらの支払いも全部カードに集約している」場合は安定して「カード年会費よりも、ポイント還元のほうが圧倒的に多い」という状況になります。
(追記:光熱費などの通常のカード利用は、カードのランクにかかわらず1%で、ゴールドの上乗せ+1%は「楽天市場や楽天ブックス利用時」限定の話でした。すいません)

以下のリンク先にあるように、年間216000円、月18000円分楽天カードで支払いしていれば年会費2160円分が戻ってくるので、うちの場合は楽勝で損益分岐点を越えられます(光熱費と携帯代だけでも元が取れる)。
(これも上記の追記のとおり間違いですが、自分の場合は楽天市場と楽天ブックスの合計で平均20000円は使ってるので結果的にはお得でした)

creditcard-mania
https://creditcardmania.jp/rakutengoldcard-nenkaihi.html


というわけで、現在自分のポイント倍率は最低5倍です
・通常購入分+1倍
・楽天プレミアムカード利用+4倍


さらにこれに「ポン!カン!!」キャンペーンを組み合わせて、ポイント還元を底上げできます
・PCの楽天市場から購入で+1倍
・楽天市場アプリから月1回以上購入+1倍
・楽天ブックス月1回1,000円以上購入+1倍
・楽天Koboでも+1倍
などがあります。

毎月エントリーし直しが必要ではありますが、ワインなどはアプリで、医学書はPCから買っていますし(閲覧性や調べたくなるタイミングが業務の合間か夜暇な時家の違いで自然と)、ブックスは医学書購入で恒常的に使っていますし、Koboも使っているので普通にポイントが上がっていきます。

これに、お買い物マラソンや、5の倍数の日での購入、クーポン、お店それぞれのポイントアップキャンペーンを組み合わせています(柔軟に買えるように、ほしいと思ったときにお買い物かごやお気に入りに登録しておいて、値引きやポイントアップが始まったときに買えるようにしています)。



そんな感じで、楽天長者みたいな気持ちで日々過ごしています。

「そこまで調べたり比較検討する時間考えたら逆に損してねーか?」という突っ込みもあるかもしれませんが、楽しいからいいんです。

ふだん管理者の仕事していると、多大なストレスを伴いながらびっくりするような金額が左右されるような決断が日常的にあり、しかもその成果は自分に還元されないという「お金がすごく遠いもの」という感覚になるので、こういうふうに「自分でちょっと工夫することで懐があたたまる」みたいな感覚は、自分のお財布や口座の金額が気になる人間にとっては嬉しいものなのです。

また、ポイントが発生するためにプラスアルファの工夫をしているわけではなく、一度調べて設定などをいじっておけば、あとはほぼ無意識にポイントが溜まっていくのであまり手間は感じません



それと、自分の場合「ポイントは仕事と家庭以外に使う」ルールにしているのもいいところかもしれません。

どうしてもそれらにつかう労力・集中力・時間とお金が大きいですが、「個人的な工夫で時間もかけずに手に入れたお金(実際にはポイント)は好きなことに使う」縛りにしておけば「ああ、余計なことにお金を使ってしまった・・・」という罪悪感が発生しなくて、お金が好きな自分にとっては気持ちが楽です。

これを漫画やワインに使うようにしているおかげで、夜中に1人寂しく晩酌をするときでもそのQOLが高まっていい感じに過ごしています。



今日の記事をよんで、「お、おれも楽天カード作ろうかな!?」と思った方は、ぜひ前向きにご検討下さい。

楽天から紹介するために賄賂貰ったみたいなCOIはありませんが、下の紹介者IDを登録時に入力してくれると自分にポイントが入ってちょっと幸せになれます。


紹介者ID:S2X7K575
introduction_01



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

自分で買った本やお酒などの紹介サイト。MediamakerとRoomを最近は使っています

さて、医療じゃない話ネタに久しぶりに取り組んでみます。


副院長になったストレスで漫画を読む量と、お酒をのむ頻度・量が増えております。

飲み屋で大声で喋って良い話題が減ると、どうしても家でちびちびのみながら誰も聞いてない愚痴を垂れ流して、一通り喋り終えれば「1人SEA」が終わってスッキリ眠れるのです。

また、漫画の空想の世界に入っていくと、なんだか今の境遇にとらわれてネガティブに考えている自分がどうでも良くなるのでとても救われます。


そんなこんなで、買った漫画やお酒の量が増えてきており、でも「たくさんのものに暴露されたけど、その全体を把握できていないのは気持ち悪い」という性分なので、記録サイトに記録するようにしております。

また、お金が大好きな性分なので、せっかく一手間かけるなら自分の手元にお金が発生しうる物がいいなぁともおもいます。せっかくweb2.0でだれでも発信者側・売る側に立てる時代ですし。

ちなみに誤解のないように補足しておきますが、お金が大好きなので悪どい医療で金儲けしたいということではないですよ。貯金額をみてニヤニヤしたり、家計簿を付けて分析しながら収入と支出のバランスを最適化していく過程がすきだったり、アフェリエイトやポイントキャンペーンで数円でも収入が入ると「働かないのにお金がもらえるなんてすごい!」と純粋に嬉しかったりが好きなだけです。
こういう補足をしないといけなくなったことにすらしがらみを感じてお酒をのみたくなってしまうので、相当のアルコール依存リスクがありますね・・・




で、まずは本の紹介サイト

自分はこのMediaMaker(メディアマーカー)というサイトを愛用しています。
http://mediamarker.net/u/dr_kenta_sato/

無題1


ステータスみてみたら、2010年からずっと使ってますね!
2010年2月だと、卒後6年目になる直前だから、まだ後期研修中で、東京に家庭医療外部研修にでていたときですね。
ものすごい勢いで新しい知識や概念に暴露され、大量の参考文献に出会い、勉強量も本を購入するのにかかる費用も制御不能になって始めたような気がします。

最初は勉強関係の本だけでしたが、途中からまあいいかとおもって漫画も載せるようになりました。


このサイトの気に入っているところは、月ごとの読書数・購入数をグラフ化してくれたり、未読・読中・読了でフィルタリングかけて積読本を思い出せたり、読書感想文を書いても書かなくても良かったりで割と便利です。

また、情報を更新すると、SNS連携で知り合いにも情報が伝わりやすくはできます。

さらに、このサイトを閲覧して興味をもち、その本をクリックするとアマゾンサイトに飛べますが、そこで購入すると自分にアフェリエイトの広告収入が少しだけ入ります。

そんな感じで、自分が勉強すればするほど他の人が勉強の参考になる可能性があるうえに、ついでに自分の懐が少しだけ潤うかもしれないので、割と楽しいのです。



もう一つは、楽天サービスの一つ「Room」です。
https://room.rakuten.co.jp/room_d2da592f00/items

無題3


こっちには、昨年急遽はまった(副院長になって外で飲めなくなってきたのをきっかけにハマり始めた)ワインの購入情報を載せ始め、徐々にソレ以外も載せるようになってきました。

前に買ったあれを思い出したいなと思ったときに見つけやすいのと、これも楽天アフェリエイト収入につながるので続けています。


実際にワインを飲んだときの詳細な写真や感想は「Vinica」という別のアプリで載せてツイッター連動させています。https://vinica.me/p/6xkbz1mmprdjp17x9d5tzwc7x
無題2

これはweb上のサイトでいいのがなく、Vinicaでつながっている人の中でしか閲覧できず、アフェリエイトとかにもつながらんので趣味でやっている感じです(まあ、Roomも趣味みたいなもんですが)

けっこうSNS的機能はよくて、たまに30名を超える人から「いいね!」がついたり、いい感じに熱いコメントがきたり、意外と道民が多かったりでたのしくやっています。



まあ、こんな感じで現実逃避をしながら楽しく過ごしています。

もし興味をもったら活用してみると楽しいかもしれません。









    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

病院ホームページのリニューアルからいろいろ見えてきたこと

病院のホームページをリニューアルし、フェイスブックページのテコ入れもされてから1ヶ月以上経過したため、いろいろと振り返り・分析をしています。

http://www.satsubyo.com/





ホームページ改訂では、中身の入れ替えは時間がかかるので、まずは見やすく美しいレイアウト・色合い調整と、患者や地域住民や連携先医療機関の人目線で欲しい情報まで少ないクリックで行ける導線、そしてスマホ・タブレット対応(小さい画面で閲覧すると画面が自動で組み替えられて見やすくなる設定)の3点でした。

これらを簡易に満たせて、改訂費用や維持費や今後の新規情報掲載の手間などを考慮して、今の運営会社に決まり、広報委員会での議論を定期的に聞いて、内科関連ページの担当者と相談しながらなんとかここまで来ました。



自分のブログの運営や、JPCA学会のICT委員会で学会ホームページの改訂作業に関わった経験やらが多少はあるので、病院ホームページのアクセス解析の生データなどをみてもあるていどいろいろ見えて興味深かったです。


ホームページのアクセス解析では、アクセス数が倍以上に増え、とくに以前はとても少なかったスマホからのアクセスが劇的に増加していました。

概数ですが
7月はWindowsから14000件、Mobileから1300件と10倍差。
8月はWindowsからが14000とほぼ不変のまま、Mobileが12000件と約10倍に増加。
9月は半分終わった時点で、75%がMobileからのアクセスになっています。

また、現場の体感でわかるほど若い世代の新患が増え、全科合計の外来患者数も予算を上回ることが増えた気がします。


ネットのアクセスを増やすだけなら、SEO対策しつつきれいなスマホ対応画面にすればいいですが、アクセスが増えた分外来患者数が増えたというのは、上手くターゲットに届く方法を工夫できたということかもしれませんね。

病院の周辺地域の人口分析では、若い人がガンガン増えており、人口ピラミッドも途上国型(つまり、新聞やラジオでなく、スマホが情報源として影響力の大きな世代が多い地域)ならではの変化かもしれません。


もちろん、ホームページ改訂と外来患者動向との因果関係はまだわかってないので、新患患者のアンケート(外来・病棟の一斉満足度調査をちょうど準備中)や、外来患者の科別・年齢性別ごと・時間帯や曜日ごとの分析(事務次長や医事課長がそういうの得意)などして、さらに改善していきたいです



他に、ページ別のアクセス数をみていくと。
トップページが最多なのは当然ですが、やはり外来診療案内、外来担当医一覧、来院される方へ、診療のご案内など、地域住民や受診を検討している人、紹介を検討する他医療機関の連携担当者がみたがるページに集中していました。
内部目線ではなく、外部目線で注目度の高いページからテコ入れするのが重要そうです。

また、どのページも「常に最新で間違いのない情報が常時更新されている」ことが死活問題なページばっかりなので、情報更新ルールがどうなっているかの確認と維持も必要そうです。

科別では総合診療と産科が多くて、これも、「症状がある、健康上の相談があるんだけど何科にかかればいいのか」を判断するだけの医療機関受診経験がない若い世代や、0~9歳と20~30歳代が多く出生率も高いこの地域ならではな気がします。

部署別では、より伸ばしていきたい(病院側の経営的にも、地域に本来ならあるはずの潜在ニーズの大きさ的にも)、健診や在宅についてはまだ注目度が低いことも相対的にわかったので、そこの見せ方や、関心を持って連絡をくれた方が不快感無く快適につながる仕組みも重要そうですね(繋がる仕組みは内部ルールをようやく改善できたので、知らない人に知ってもらう活動が当面はより重要そう)。

また、安定していて質も高いと思っている病棟関連の情報へのアクセスは少なく、やはり外来関係に集中しているのが地域ニーズとして(というかネット検索で病院を探す人目線)では重要というのも、当たり前ですが再認識出来ました。
外来機能の見せ方はまだ模索中で、個人的には10個位プランが具体化されているんですが、あんまり先進的だと他職種・他科の理解や技術習得が追いつかなかったり、制度上事務とも噛み合わなかったりするので少しずつ少しずつ、でも遅れずに着実にやっていきたいなと思います。



それから、アクセス元はGoogle検索から来ているのが大多数で、Yahooやその他は少ない傾向でした。
GoogleのSEO対策はきちんとしたほうが良さそうです。

最近は「札幌病院」でも「札幌 病院」でもGoogleの3番目に表示され、「札病」と入れるとトップにでてきます。
「白石区 病院」だと5番目におちて最初のページに入らないので、白石区押しが弱い印象で、ページ内に白石区の言葉は増やしたほうが良さそうだなとも思いました。

また、当院は貧困者や無収入者にとって救いとなりうる無料低額診療制度やその他多彩な制度の活用の案内などがウリなんですが、「札幌 病院 医療費」だと5番目に落ちてしまうため、強みがアピールしきれていないところは大きな課題だなと思ったりですね。


さらに、Google AdWordsなどの有料広告を導入すべきかどうかなどは、費用対効果の計算など色々したほうがいいんでしょうね。

最寄り駅での病院名アナウンスはかなり費用が高くて撤退した経過がありますが、毎日大量の人が通過する最寄り駅を狙うのか、もう少し広い範囲の人に届くweb広告にお金をかけるのかも計算してバランス考えてやって、その成果を測定してフィードバックかけてというのをちゃんとやってみたいなと思います。
(現状の外来患者層分析では地下鉄沿いの住所の人は飽和レベルに受診しているので、webでそれ以外の地域に届く工夫のほうが新規患者発掘には有用そうなイメージを持ちますが)



あとは、フェイスブックページにイベント情報の更新をマメにするようになり、週間リーチが1000以上は安定するようになったのはいいことかなと思っています。

ただ、Facebookはすでにつながっている人への訴求効果はあっても、新しくつながる効果は薄いようにも思います。


また、フェイスブックページ更新日と、ホームページアクセスの波が一致しておらず、よく見るとFacebookからホームページに飛ぶ動線が整理されていなかったので、リンクの張り方やトップページ固定記事などの句風をしてみました。

今のところその影響は少なく、リンク元解析ではフェイスブックページから来る人がごく少数なので、もう少し改善したいなと思います。

また、どちらかというと、ホームページに新規出来た人が、一般的な情報以外にもイベント情報等を知って親しみや関心を持ってもらうためのフェイスブックページというイメージなので、ホームページ→フェイスブックページの動線も作ってみたらどうかなと思ったりしました。




そんな感じで、きちんとしたwebサイト分析の勉強をしたわけではないので、主観的感想が主体にはなりますが、いままでの暗中模索で外来患者数増加という経営課題や、まだつながっていない社会的弱者とつながり予防・福祉的サービスを提供したいという組織命題に対して、一部ではあるけど根拠を持って考えられるようになったのは、個人的にはけっこう大きな影響でした。



もちろん、いい診療して口コミで広がることで患者数が増え地域内での知名度が高まることが王道かとは思いますが、人口入れ替わりが激しくて横の繋がりがない土地で(町内会参加率が市内最低)、競合医療機関も過密(総合比較や老年や障害者・社会的弱者対応では被ってないんですけど、一般的な病院比較・ランキング指標に表れずわかりにくい)な地域では、Web戦略大事なんだろうと思っています。


地域の潜在ニーズと病院の潜在的強みのすり合わせ(のための地域分析や病院機能分析)、伝えるチャンネルの選択(Webよりも新聞や看板がいいこともある。今回は若者へのスマホ表示対応)、素人目線(病院の責任上や地域の生き字引でなく、医療にかかったことのない周辺住民)の意見をフィードバックするなど、さまざまなコツや能力が必要であり、またアクセス解析や外来患者データ分析で成果を確認しやすいので面白いです。

こういうのの、医師向けのまともなセミナーとか無いんですかね?






    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

ポイントカード・クレジットカード・電子マネー、積み重なると結構な額になりますね。こういうやりくりはけっこう楽しいです。

昨年は、ポイントカード・クレジットカードを見直して見たんですが、結構な額で収入が変わった気がします。



もともとお医者さんやっていると、必要経費として書籍購入・学会費・出張費などで結構な出費が安定してあります。

そういった出費や、生活自体の経費として食費や光熱費なども含め、極力クレジットカードを使って支払いをしてポイントを貯めるようにしていました。



今までは、メインで使っていたANA/Edy/VISAでやっていましたが、そこまでポイントつく額が多くは無いんですよね。

しかし、昨年になって、楽天カードが入会キャンペーンやスーパーポイントアッププログラムとかで切り込んで来てくれたおかげで、ヤフーやその他もろもろが追随してポイント稼ぎ放題になっています(いつまでも続くとは思わないので、Amazonから一定の顧客を引き剥がした時点で収束しそうですが)。


参考までに

楽天カードかヤフージャパンカード!?ECサイトも含め還元率など徹底比較、結局どっちがお得なの?
http://cre-hikaku.com/column/3587

楽天カードとヤフーカードが最強クレジットカードである4つの理由
http://crebgs.com/best4/



楽天カード入会とその他もろもろのキャンペーン(アプリやその他サービスの初回利用など)を使っただけで、1万ポイント以上(=1万円以上)ゲットできました。

その後の、書籍購入等も楽天市場で楽天カード決済すると4~20倍はポイントがつくので、漫画含めて相当のポイントが稼げていて、今のところ月平均1万ポイントずつくらいは入ってきます。


また、普段の2000円以下の少額の買い物は、全ておサイフケータイの楽天Edyにしていて、時間かからず楽というだけでなく、毎月Edyにチャージした金額にも楽天ポイントが100円あたり1ポイントつくのでお得です。

Edy支払いのとき、サンクスなら楽天カード提示すると更に直接楽天ポイントもついて2%の還元率だし(スマホアプリからバーコード提示できるので財布ださなくていい)、ローソンならお財布ポンタポイントがたまる(これもおサイフケータイでEdyとポンタ同時に処理されるのでお財布要らず)ので同じく2%の還元になり、毎月コンビニでは結構な額使っているので年額に換算すると相当大きいです。


ついでに、いままで使っていたファミマTカードを解約して(生活動線上にファミマないので)、同じくTポイント使えるヤフーJAPANのTポイント付きクレジットカードに切り替えました。

これも、楽天カードの真似で入会、利用、プレミアム登録などで9000円くらいゲットできるのと、楽天で品切れの商品をヤフーで買えることもたまにあるので利用してみました。

入会費無料で年会費は初年度だけ無料、次年度からは20万円以上利用で無料という条件なので、1年経ったら解約してまた別の、その時点でベストのTポイントカード(いいのがなければクレジット機能なしでも可)に変更しようと思います。


他には、以前から使っているANAカードはマイル貯めるのにしばらく継続しておく予定。

あと、JALカードも出張の時間の都合でJALになることがあるし、モバイルスイカへのチャージの手数料もかからないので継続する予定です。

この辺は、年会費取られてもペイするくらい。


あとは、副院長になったらデパートから優待カードの案内が来て、年会費を考慮しても特典がけっこう大きいのでとりあえずお試しで登録してみました。


こういうのをうまく使いながら、ちょっとした贅沢を優待等でつかいつつ、ポイントは原則生活費に還元せず趣味に使うルールにしてみたところQOLがかなり上がりました。

今、けっこうワインにハマっているんですが、ほぼ自分のお財布からお金出さないでもいろんなワインが飲めていてとても幸せです。

また、ワイン購入自体も、実店舗だと卸値よりも高くなりますが楽天市場などのweb購入だとかなり安くなるし、そこに更にポイントが4~15倍くらいつくのでオトクなんですよね。

配送料が割とつきますけど、店舗で買うときとの価格差でほぼ吸収されちゃうし、買いに行くための交通費と所要時間考えると大した事ないし、いまは西濃運輸えらぶと北海道でも600円程度で届けてくれる店もあるので、配送料はほとんど気にならないです。



あと、このブログでたまに紹介する書籍等のリンク(Amazonアフィリエイトとか)や、表示される広告などからの収入も、閲覧数が増えるにしたがって伸びてきて、月あたり数千円は安定してはいるようになったのもけっこう大きいです。

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)の解説ページ
https://affiliate.amazon.co.jp/

も少し関心ある人向け
http://cards.hateblo.jp/entry/amazon-associate-blog/
http://www.shellbys.com/entry/amazon

実際にこのブログに貼ってるのは、こういうのです↓

佐藤 健太
医学書院
2015-04-09




アフィリエイトからの収入は、使い勝手のよい現金振込にすると手数料が馬鹿にならず、最近はアマゾンギフト券での支払いに変えました。

使いみちがAmazon限定=医学書購入みたいな図式だとテンション低かったんですが、Amazonでも楽天と同じくらいの値段でワインが買える事がわかってからは、遠慮なくアマゾンギフト券にできるようになってけっこう幸せです。

主に漫画用にしている電子書籍も、今までは扱いやすさや品揃えでKindle一択でしたが、最近は楽天Koboもほぼ同じ品揃えで、常に20%ポイント還元とクーポン(これも10~20%オフ)を使いまくれるので、この1ヶ月はほぼ楽天Kobo一択になってきています。

多少は、国内企業に還元できているのでいいのかなとも思ったり。



自分は、昔からお金は好きで(ムダに儲けたいというイメージではなくて、自分のお金が減るのがすごく辛いからなんとか無駄な出費を押さえたいという衝動が強い。ようするにドケチなんだと思います)、なのでこういった仕組みで「お財布を削らずに、消費で生まれたポイントなどで生活に必須ではない出費を賄う」という仕組みは割と幸せ感あります。

なんとなく、様々な企業に踊らされている気はしますが、定期的に情報をチェックして無駄な出費にならないように調整しながらいろいろ試していければと思います。

少なくとも株とかよりは性にあっている気がします(あれもだいぶ勉強したけど、安定して収益をプラスにするためには相応の時間と労力を注ぐ必要があると思ったので止めました。貴重な自分の時間をお金のためだけにつかうのはムリです・・・)





    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

事務や研修医へのGTDの普及活動、してみました

先週末、医局から帰ろうかなーと思っていたところ、同じく残業していた医局事務から「あのー、先生に聞いてもいいことなのかわからないけど、聞いてもいいですか~?」と呼び止められました

「今までの業務とはまったく異なる医局事務にはいり、多彩な業務を同時並行で処理しつつ、ランダムに発生する追加業務の山をどうさばいたらいいのか。先生はたくさん仕事抱えてるけど、どんどん処理していて、何かコツあるんですか?」という質問でした。


自分も、臨床以外の仕事が急激に増えた後期研修後半時期に似たようなことは考えて対応してきたし、確かに経理とか他の畑からこの混沌としたうちの医局に来たら大変だよなとも思っていたので、何かできることないかと考えて手を止めて30分位お話しました。

とはいえ、自分がやっている内容を全部伝えても、「成功者が成功した過程を提示する啓発書・ビジネス書」みたいになってしまい意味が無いんですよね。それが全部出来るタイミングや才能や環境があったから全部出来て成功したのであって、そういうの成功する前提条件が揃っていない人が成功者の行動だけなぞっても無意味ですもんね(自分の経験上も)。


ということで、とりあえず「ツールやコツ」を何か一つだけということで、GTDをお伝えしてみました。

簡単にいうと、頭のなかに抱えている作業を全部書き出して頭をまっさらにすることで、脳の処理能力を最大限引き出しつつ負担感を軽減する方法です。


詳しい説明は、外部リンクですが、以下の2つがわかりやすいかな。

1つ目はわかりやすい解説で、「Inboxの処理」とか、「連絡待ちの扱い」が特に重要で、詳しい説明は2つ目のWikipediaが簡単だとおもいます。

15分で分かるGTD – 仕事を成し遂げる技術の実用的ガイド

Wikipedia - Getting Things Done




で、まあこういう情報を提示して「後読んどいてね」だとダメなので、自分がこういうふうに処理してるんだよねという流れを説明してみました。

実際に自分が使っているツールのGmailとGoogleカレンダー、DropboxとNozbeの画面を見せながら説明したり、思いついたことや言われたことをすぐメモってGmailに送るCaptioを見せながらその速さと簡単さをみせたりして見ました。

途中から、一つのことに集中すると視野が狭くなってしまう後期研修医も参加してきて一緒に「あー、それそうなんですよね。いつも忘れてしまってー」など話しながらやって、有用そうだなと言うのは共有できたと思います。



で、その研修医はその場ですぐにアプリを購入して、翌週にはもう使用開始して楽しんでるのでなんとかなっていくのかなぁという感じです。

一方で事務さんのほうは根っからのアナログ派で、「G T D」とその辺のメモ用紙にメモってその紙が埋もれてしまいそうな端っこに置いて終わってしまったのをみて(その場で指摘はしましたが)、「そうやって新しく発生した仕事を”とりあえずメモっておいて後で処理する”とか”頭のなかに保存しておいて思い出し次第取り組む”いう行動パターンだとうまくいかないんですよね」という話をしたりしてました。

アナログ派でマルチタスクを処理している人ってどうやってるんですかね。これは自分には答えようがなかったです。



もちろん、マルチタスクではなくシングルタスクになるように作業環境を変えられればいいですがそうそうすぐ周囲の状況を先に変えられる人はいないと思うので、「マルチタスクを、少なくとも自分の脳内ではシングルタスクに写し直して、脳の疲弊や心理的消耗を避ける」という戦略は、わりとよいと思うんですよね。

過去の自分が経験したように、あまり習熟し過ぎると桁違いに仕事を処理できるようになってしまい、抱える仕事の量が増えて結果的に元に戻るとか、周りに人の成長やシステムの成熟を促すきっかけを消してしまい組織全体としては衰退するとかにつながりかねないので程々が重要ですけどね。



自分は後期研修中に試行錯誤し、2011年にこの病院に来た時にタスク処理のシステムを見なおしし、2013年に限界を迎えてもう一度見直しをして、その後は同じシステムを使っていたけど2015年に入ってからそのシステムを使うヒマと余裕がなくなり、2015年末の振り返りで「あ、あれ重要だよね、やらなきゃ」と思い出す余裕とシステムを再起動する時間ができ、おかげで2016年に入ってからの1週間位は大変快適に過ごせています。

その間の、GTDに取り組んだ時の自分の体験については過去の記事で書いたのでご参照を(長いし、GTDの予備知識ないと読んでも苦痛なだけだと思いますが)


タスク管理システムの見直ししました。これで仕事が快適になるか!?


タスク管理を初めてみての感想



システム自体を稼働し続ける時間的・気力的負担があることは確かですが、この手間を惜しまないことでトータルでの処理能力・負担感が軽減して「気持ちよく早く帰れる」というのはおおきな見返りなので、少なくとも自分はしばらくは今のやり方を続けていければと思います。

今日もあれだけ重症対応や急変、その他もろもろがあったのに19時には仕事終わったのは確実にタスク管理スキルのおかげですしね
 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

本格的な裁断機を買いました。医局のショボ裁断機と比べて段違いで、資料処理・保管が一変しましたよ!!

先月、裁断機を買いました!!

業務用の、すごくしっかりしたやつです。


 

ちょうどamazonで「裁断機特価セール」というとてもマニアックな企画があり、1万円を切る低価格で購入することが出来ました。


自分は、あらゆるお勉強資料をアナログで保管する限界を迎えた(手帳に貼り付け切れなくなった、ポケットに収まらなくなった)8年ほど前に、Scansnapという高速ドキュメントキャナーを購入して、 あらゆるものをデジタル管理するようになりました。


冊子状のものを取り込むためには(著作権とかいろいろ配慮しながらですよ)、裁断機でバラバラにして取り込む必要があるんですが、幸い今まで働いた医局にはワリと性能の良い裁断機があったので、それを使わせてもらっていました。

しかし、4年前にきた今の医局にある裁断機はとってもしょぼくて、比較的薄いプライマリ・ケア連合学会の学会誌ですら1冊を3分割くらいしないと切断できない貧弱さで、会議資料でもちょっと分厚いとヘニャっとなる体たらく・・・

それでもガマンしていましたが、さすがに忙しくなりすぎて我慢してられなくなってきました。


保管すべき会議資料や、取っておきたい医療系雑誌などを出来るだけ削って断捨離しましたが、それでも一週間に棚が満杯になるくらいは貯まる生活をしているので、裁断というスキャナ取り込み・書類処理のボトルネックが面倒だとすぐに机の上が乱雑になってとってもストレスフルなのです。

そこで思い切って、徹底的に比較検討し、口コミや素人さんのブログ記事などを徹底的に吟味して、値段(1万円はしないこと)、裁断力、刃などの消耗品の交換コスト(プリンターとか買う時とっても重要で、これが高いと本体安くてもあっという間に企業側に元を取られてしまう)などを考慮して、上記の奴に決めました。


安さの理由は「海外製だから」ということで、届いてみたら酷かったというパターンも多いらしいですが、今回届いたものは問題なしでした。

学会誌の中でも比較的分厚い「内科学会誌」ですら、分割せずに一発裁断できました!!

事前にバラバラにする作業が、意外に時間がかかるし、手が荒れるし、それでも断面は汚くて、切断で出来た細かい紙のホコリみたいなやつがスキャナの読み取り口について線状のノイズが出来たりしてたんですが、そういうストレスもゼロになりました!!!

すんなり切れるので、貧弱裁断機で無理に切った時の「断面のふにゃふにゃ・ギザギザ」もなくていい感じです。


問題は置き場所でしたが、ちょうど医局の机の移動など諸々が起きていたタイミングだったので、空いた医局の机に置かせてもらうことで、自分の占有スペースが狭くなる自体は防げました。

将来医者がふえて置き場所に困るようになったら、医局のショボ裁断機を捨てて自分のを買い取ってもらったらいいかなと思ったりしてます。


一家に一台、というか、一医局に一台「高性能の業務用裁断機」です。

オススメ!!



 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

自分の気管支喘息の「ピークフロー記録」をアプリで始めてみました

自分、喘息持ちです。

心臓喘息でなく気管支喘息。




小児期に発症して、親のステロイド嫌悪もあり(今よりもそういうのが激しい時代でしたねー)治療の面では紆余曲折ありましたが、小学生のうちに自然寛解。

親は水泳に通わせて肺が鍛えられたと言っていたけど、年齢経過による自然寛解でしょうねぇ。


しかし、大学生になり、医学部でのインフルエンザウィルス培養実験のときに、後ろの人にぶつかられてウィルス暴露・・・

数日後、激しいインフルエンザ症状発症とともに成人喘息発作が発症。

この時近くのクリニックにかかったら、とりあえず吸入とステロイド+アミノフィリンの点滴で、点滴のクレンメが途中で緩んでひどい吐き気に襲われたり、吸入ステロイドもらえず発作治療薬も早めに切れてまたぶり返したりといろいろありましたが、おかげできちんと臨床の勉強をする気になったのでいいかなぁと思ったり。


そんなことがあり、以後ちょいちょい症状がでています。

猫アレルギーなので猫とうっかり接触してしまった場合(猫好きなので誘惑に負けてちょっとだけなでてしまったり、猫を飼っている人の服についている毛に二次暴露してしまったり、往診時にマスク忘れたまま猫屋敷に突入したり)に激しい発作に襲われることがあり、これは年1回あるかないか。

あとは、風邪が長引いて気管支炎になってくると喘息も怪しく燃え始めたり、インフルエンザに罹患すれば確実に発作がくるので早めに治療してなんとかねじ伏せたりしながら生きています。


そんな経過ですが、若い喘息患者のご多分に漏れず、定期的なステロイド吸入はまじめに出来ておらず(忙しくて受診できないし-、普段症状もないし-というあの言い訳です)、症状が出たらSABA吸入して数日だけICS(吸入ステロイド)を吸入して、そしてすぐ忘れてという状態でした。


まあ、軽症間欠型・Step1なので普段からICS吸わないと絶対ダメというわけでもないかなと思っていたんですが、この数年の多忙がたたって体調を崩しやすくなってから、自分の体調変化を敏感に感じ取れるようになってきました。

そして、意識して自分の体調をみていると、「あれ、なんか胸が重苦しいな」とか「風邪症状はそろってないけど妙に咳がでるな?」という時は普段からちょいちょいあって、コントロールは思っていたほど良くはなかったのかもしれません。
 

そして、今月研修医向けに行動変容のレクチャーを行って、「わかっちゃいるけどやめられない、変えられない人をどうしたらいいのか」について改めて知識を整理したときに、「ダイエットしたり、睡眠衛生改善したりしてきたけど、喘息管理については自分はまだ関心期くらいかなあ・・・。でも、喘息症状あるかもと思って罹患度が高まったので、重要度は十分高まり今は準備期だと思う。ので、達成可能なSMARTな目標をたててきちんと喘息管理してみようかな」と思いました。

ちなみに、SMARTというのは、目標設定のコツの一つです→http://www.foster1.com/article/13339585.html




いきなり、毎日ICSを吸うようになるというのはハードルが高すぎるので、まずはその前段階として現状評価をする目的で「毎日ピークフローの記録をアプリでつける」という目標にしてみました。

Specific     = 具体的、わかりやすい
「アプリに入力する」 という行動レベルの目標なのでとっても具体的です。

Measurable   = 計測可能、数字になっている 
アプリに入力すれば、実施率をすぐにみれてとってもメジャラブル。

Agreed upon = 同意して、達成可能な
付け忘れると、いつも持ち歩いているスマホにアラートが出るので、まず確実にできそう。
過去にも、睡眠記録や勤務時間記録、体重記録などをアプリに欠かさず入力するのは習慣化できているので大丈夫という自信もある。

Realistic    = 現実的で結果志向
数値を意識すること自体がレコーディングダイエット的に喘息管理に意識が向くし、その結果自然とICSを使うようになるだろうという意味で、目指す結果に直結する良い目標だと思います。
記録のための手間が多いと非現実的ですが、自分は通勤や入浴中に必ずスマホいじるのでとっても現実的
 
Timely       = 期限が明確、今日やるなど 
「いまアプリをダウンロードする」とすれば期限は明確であり、何かを買いに行くのように期限が不明確なものではないのでよいです。
 


使ったアプリはこれです。AsthmaMD。
無題

http://www.asthmamd.org/





あと、このアプリ入手の前に、ピークフローメーターをAmazonで購入しました。

これも、Amazonならいつも買い物しているので、「この後10分以内に比較吟味して購入処理を終える」というSMARTな目標だったためすぐにクリアできました。


購入したのはこれです。




して、1週間ほどピークフローを毎日測ってみて、アプリに記録して、時系列の図にした画面がこれです。

無題

年齢・体格からピークフローの理想値を出してくれて、それと症状入力などを元にWell / Worse / Criticalに分けて評価し、図にして経過もわかりやすく表示してくれます。

また、Well以外の結果だと「医者に相談しなよ」とコメントがでたり、リマインダーとして一定の時間になると「ステロイド吸いなよ」というポップアップメッセージが出たりで刺激してきます。


おかげさまでやる気が刺激され、最近では手持ちのシムビコートを吸う週間が身につきつつあります。


準備期にはSMARTな目標設定を、実行期を維持するために特に男性の場合はモニタリングをとよく指導しますが、ほんとに効果てきめんでした。

みなさんも、「わかっちゃいるけどやめられない」不健康行動があったら、行動科学の知識を使ってチャレンジすると成功率が上がっていいと思いますよ。


また、自分の場合、新しく勉強したことは(可能な範囲で)患者に適応する前に自分や身の回りの人で試してみてからというのを意識していて、そのほうが具体的に説明できるし、治療継続の大変さを共感を伴って理解しながら支援したりできるからなんですが、これで喘息指導も一歩ステップアップ出来そうです。



次の課題は、たくさんあり、しかもこの数年で一気に種類が増えた吸入薬の使い分けについての勉強ですね。

これはこの2週間くらいかけて立派な表を作ってみたので、明日か明後日くらいにはアップしようと思います。





でわ!
 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

【お買物記録】聴診器、久しぶりに買いました!「Littmann Cardiology III (ショートレングス)」です( ̄ー ̄)ニヤリ

ひさーしぶりに聴診器を買いました!!


学生時代は関心あったもののお金がなく、OSCE始まる時の学年共同購入で一番安いやつを買いました。

<Littmann> Classic II SEというやつです。
リットマン クラシックII.S.E
リットマン クラシックII.S.E


「聴診の質は、結局はイヤピースの間(つまり頭)の性能次第だぜ!!」という熱い思いで克服できるだろうと考えて。

実際、小児科ローテの時は小児心臓外科(プライマリ・ケアからはかなり遠い科ですが)を周り、先天性心疾患や修復術後の音を聞きまくって「おお、ききわけられるじゃん!」 と思って、聴診器へのこだわりは薄れる一方でした。



その後、総合診療を知り、学び、初期研修も総合診療部から始まり、「フィジカルであらゆる診断を付けたい欲」が高まりました。

ただ、多くの人はすでにリットマンのカーディオロジーⅢをもっていたので、ちょっと違うのを買ってみようとおもって、いろいろ手を出しました。


<Littmann> Cardiology STC
リットマン Cardiology STC ブラック (4471)
リットマン Cardiology STC ブラック (4471)

これは完全にデザイン重視で、確かに聞こえ方はいいけど、ヘッドが大きくて使いにくい感じでした。



KENZMEDICO Doctorphonette NEO
DoctorphonetteNEO  ドクターフォネット ネオNo188 ブラックエディション
DoctorphonetteNEO  ドクターフォネット ネオNo188 ブラックエディション

こっちは、なんとなくリットマン以外のメーカーも使ってみたくて手を出しましたが、全体的に重たくて使いにくかったです。


その他も幾つか購入し、一時期最大5つもっていたこともありますが、徐々に紛失し、現在はドクターフォネット1個しかなくて不便な状況に陥りました・・・




一方で、長野民医連にカルテの講演しにいったとき、同行させてもらった病棟回診や深夜のフィジカル学習会で、「身体診察シークレット」を通読し超マニアックに身体診察をしている若手指導医をみて「ああ、やっぱりマニアックなフィジカルはかっけーな」という昔の情熱が蘇ってきたり・・・

メディカルサイエンスインターナショナル
2009-08-03




つい先日、聴診器ホルダーを購入して、肌身離さず聴診器を持ち歩くようになったら、回診や外来で色んな音が聞けて臨床が楽しくなってきたり・・・

【お買物記録】ユニバーサル聴診器ホルダー ちゃっちい割にけっこういいですよ、これ!!




そんないろんな流れがグイグイ来ていたこともあり、勢いにまけて、ついに買っちゃいました!

天下のLittmann Cardiology IIIを!!





しかも、普通のバージョンではなく、ヘッドの金属が黒のブラックバージョンの、かつチューブが短いショートレングス担っているスペシャルエディションです。

以下、楽天のホームページから引用します(http://item.rakuten.co.jp/panesian/b3127/
==============================

Littmann Cardiology III (ショートレングス)


<リットマン>を代表する循環器向け高性能タイプです。 

◆同一面で低・高周波音が聴診できるサスペンデット・ダイヤフラムを採用しました。
◆患者の体格に応じて大小の面を使い分けできる成人・小児両用型チェストピースです。
 小児用面は、付属部品のノンチル・ベルスリーブを利用して従来型のベル型にも替えられます。
◆リムは患者に冷たさを感じさせないノンチル素材を使用しています。
◆ソフトシーリング・イアチップが耳を確実にシールし、音漏れを防ぎ、同時に周囲の雑音を遮断します。
 

 ◆ 全長 55cm ダイヤフラム径 47/37mm  総重量 163g
   全長55cm のショート・タイプです。
 ◆ 附属部品 : ノンチルベルスリーブ、 ソフト・イアチップ(大)
        ソフトシーリング・イアチップ(小)

    

【店長から一言】 
<Littmann>カージオロジーIII の<ショート>には、標準品として「3127」がございます。
 しかし、「ブラック・エディションなどの<ショート>はできないか?」とのお問い合わせを
 頻繁にいただいておりました。
 この度、スペシャル・エディションの<ショート>を【特別仕様】としてご提供いたします。 

 ==============================

そして、ついにモノが今日届きましたよ!!
IMG_0695
上が最後の一本だったドクターフォネット、下が新しく届いたカーディオロジーⅢ「スペシャルエディション ショート」です。


想像よりも短い!!
 
色もしっかり黒い!!!

自分の心音も聞いてみたらすげーよく聞こえるヽ(=´▽`=)ノ


そして軽いし短いので持ち運びやすいです。


名前もきちんと刻印しました。

今までは目立たないようにローマ字で刻印しても無視されたり、テープやネームホルダーつけても外れてなくなることが多かったので、イヤピースの金属部分にでっかく漢字でフルネーム書きましたよ。
 

これでもうなくさないハズ!

正直、無くすと出費がかなり手痛いですからねぇ…



さ、こいつがあれば明日からの臨床が数倍楽しくなるハズだぜー!






    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

【お買物記録】ユニバーサル聴診器ホルダー ちゃっちい割にけっこういいですよ、これ!!

聴診器ホルダー、ついに買っちゃいました。



自分は、なで肩+猫背の影響もあり、超肩こり体質です。

あまりにひどくなると頭痛が誘発されて仕事にもならないくらい。


なので、白衣やスクラブのポケットには極力モノは入れないし(入れると服の前側が重くなって肩への負担がかかり、肩こりから吐き気、そして仕事困難に至ります。

当然聴診器もそうで、前ポケットに入れたら重度の肩こりになってしまうし、肩にかけても当然方がこります(しかも不潔だし、聴診器のゴムも汗で劣化するらしいですし)。



そんなわけで、研修医時代は腰かばんを下げて、そこにiPod touchやメモ帳、診察道具達や急変時用のマスクとかと一緒に聴診器も突っ込んで歩いていました。

こういうのね。


一時期は、持ち歩きたいものが増えるのに応じてかばんのサイズもだんだん大きくなり、患者さんに注目されていちいち説明が面倒になったり、椅子に座るときや急変処置時にじゃまになるくらいでした。

そして、長く使っていると腰に斜めに負荷がかかるので腰痛を悪化させてしまいました。

30歳過ぎた辺りから深刻なレベルの腰痛になってきたので、今の病院に来てからは殆ど使わなくなりました。


でも、そうすると手元に聴診器がなくて困るんですよね。

ちょっとしたときに手元になくてつい聴診を後回しにして忘れちゃうことが増えたり。

外来や病棟に置きっぱなしにもしたんですが、かたっぱしから紛失(パクられたんじゃないかと思ってるんですが)してしまい、聴診器マニアで5本持っていた聴診器も、今やのこり2個しかありません・・・


また、今ではメモ関係は全部iPod touchに入るようになり、それ以外の情報も病棟・外来全てにWi-Fiが完備されたおかげでその場で検索できるようになったので、持ち歩きたいものは「名札、院内PHS、ボールペン1本(これもJetstreamの3食ボールペンが書きやすさと”軽さ”でお勧め)、病床・患者管理メモを挟むうっすい手帳、そして聴診器」だけにまで絞られてきました。

これくらい少なければ、聴診器以外はズボンのポケットにほとんど入り、上半身には名札とボールペンと手帳くらいで済むようになってきました。

でも、聴診器持ち歩けない問題は解決しないまま。




そんな自分が、もう10年ほど憧れ続けてきたのが「聴診器ホルダー」です。

以前にも先輩医師が使っていたのをみて、「あー、あれいいなー。かっけーなー。便利そうだな-」と思っていましたが、なかなか購入まで至りませんでした。


昔はかばんに全部突っ込んで持ち歩いていたから、聴診器ホルダーを別に買ってもつけるのがめんどくさくてやらないだろうなと思っていたし、けっこう値段も高かったり、国内でいい感じに気軽に買えるものが見当たらなかったんですよね。



しかしですね、この前、研修医がかっこいい聴診器ホルダ-使っていて、触らせてもらったり、その人がホルダーつけて聴診器をぶら下げてるのをみて「あー、いいなー、すげーいいなー。ほしいなー」という気持ちが高まってしまいました。
 
しかし、しかしですね、その人が持っていたのは本皮製の完全オーダーメードのもので、何万円かするって言ってました・・・

こういうサイトがあるんですよね
Steal http://www.steal-webshop.com/?pid=84215038

ちょっと・・・、そこまでのお金をかける気にはなれませんでした_| ̄|○



他にも検索してみると、安いものはいろいろあり、最安で100円とか200円のしょぼいものを見つけました。

それが「ユニバーサル聴診器ホルダー」です。
 







もう、見た目がめっちゃしょぼいです。

本皮の超高級品を見て触ってしまったあとでは絶望的なくらいに。

そして、カスタマーレビューや紹介しているブログ記事とかをみても、あまり評判がよろしくない感じです。


しかし、2週間くらい悶々とした時期を過ごし、たまに検索しなおしてみてやっぱりおんなじ結果がでて、そのうち「こんなに気持ちを奪われ、検索に時間がとられるなんてもったいない。200円だったら別に買って失敗してお痛くも痒くないわ!」という気になってきて、ついに9月2日にポチッとしてしまいました。



買ってみた感想ですけどね、これね、けっこういいですよ!!

想像以上ですよ!!!


今手元にある聴診器はどっちも使えました。


本来の使用方法は白衣のポケットに引っ掛けるらしいですが、それだと聴診器外すときに一緒に外れちゃうことが多いらしいです。

それを踏まえ、また自分はとにかく上半身、というか肩に重みをかけたくないので、ベルトに引っ掛けて使っています。これが大正解。

ベルトは少し厚めのものを使っているので、うっかり外れちゃうことはありません。


また、腰に固定されるので肩への負担は皆無です。

バッグをつけていろいろ入れてしまうのではなく聴診器だけなので、腰につけた場合はほとんど重みを感じることはなく、腰痛への悪影響も今のところありません。


また、低い位置に固定するおかげで、難聴や寝たきりの患者さんと話すためにベッドサイドに近寄っても患者にぶつかりそうになることはないですし、狭いところで発生した急変処置中にその辺の管とかカーテンに引っかかることもないです。

ちょうどスクラブの裾にヘッドとイヤピースが隠れるので、汚れや破損防止にもいいかもしれません。

清潔面は気になりますが、ポケット入れたりぶら下げるよりマシではないかとも思います。

 
腰の横にぶら下がる形になるため、座るときにじゃまにならないです。


それより何より、「いつでも聴診器を携帯する」ことが苦痛でなくなったため、普段の回診でちょっとでも気になったら、研修医が診察している横からちょちょっと聴診できるようになりました。

ちょうど、8月に長野で講演しに行った時、あっちの指導医が凄くマニアックに循環器系身体診察をする人で、それをみて「おー、これかっけーな。自分ももっとフィジカル強化しよう!!」と思っていたのでとてもよいタイミングでした。


最近は心尖拍動の触診と経静脈波形の観察、ピンポイントの聴診で、かなり正確に心電図・胸部X線・心エコーの所見を予測できるようになりました(細かい所見の数値までは無理ですが、どの項目にどれくらい異常がありそうかの推測ができるだけでかなりの武器になります)。 



というわけで、かなーりオススメです!!
 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

【お買い物記録】仕事中の靴、最近のお気に入り2点の紹介

先週は購入した本の紹介をまとめてしましたが、今度は本以外のしごと関係のモノの感想とか紹介してみます。



今日は靴について。

自分はかなり足汗が多いらしくて靴が蒸れるし、でも冷えのぼせ体質のため足が冷えるような靴だと今度は足先が冷えすぎて仕事にならないしでけっこう困っています。

また、職業上、足先が露出するものだと血液暴露や針刺しなどもありますしね。

なかなかこれといった物がありません。



最近の定番だとクロックスですかね。



穴が開いていて通気性が好いらしく、履き心地も好いようです。

自分も一足買いましたが、でもこれ、素材がゴム(合成樹脂)なので、足が触れる部分の通気性が悪くて返って群れると思うのは自分だけでしょうか。

穴のないところや足裏とかジトッとして、またジトッとした時の密着感は他の素材よりもかえって気持ち悪い気がします。

ましてや、足の甲に穴が開いてるので感染予防策的には全然ダメという・・・(足の甲の穴が無いタイプもありますが、それを買ったところよけい蒸れてダメでした)



自分の一番のお気に入りはビルケンシュトックです。



色んなタイプがあるんですが、足先が全部覆われていて、2WAYストラップの踵ヒモ使うと走り回ったり急変で焦った時に靴がスッポ抜けることもなくいい感じです。

また、ビルケンさんの売りだとおもっている、靴底のコルクっぽい素材が、多少の汗をかいても上手に吸収してくれるので「汗を書いても蒸れない、ベタベタしない」というのがかなりよいです。

見た目も落ち着いた感じで、出張前でスーツ姿に白衣はおって仕事してる時でもあんまり違和感なく履けるのもメリットです(革靴のままだと蒸れるし滑るし、高い革靴に血液ついたら嫌だしね)。

値段ははりますが、このように自分が仕事中の履物に求める条件をかなりクリアしており、しかも一回買えば数年は持つくらい耐久力もあるので、値段は高いですがおすすめです。



他にも、気分や仕事内容ではシューズタイプが欲しくなることがあり、たまに衝動買いをしては思ったよりよくなくてでもプライベートで履くようなデザインではなくお蔵入りになるんですが、最近買ったなかで「スケッチャーズ GO WALK 2」はけっこう良かったです。


靴底が一枚板的な感じでなくしなやかに曲がることと、靴底の素材が柔らかくて気持ち良いので、歩きやすさというか歩くときの足裏の感触はピカイチに気持ち良いです。

また、甲の部分はメッシュで、他のメッシュ素材のバッシュなどと比べても格段に涼しく、ムレることはほぼないです。

メッシュなので血液や針に対する防御力は期待できませんが、医局内でデスクワークしてる時とか、デザイン的に上下スクラブで機動力よく動きたい気分の時とかにテンション上がります。
(立場的には、いついかなるときも急変に遭遇する・対応に呼ばれることがあるので、こんなの仕事中にはいちゃダメだ!というべきですが)



他には、腰痛が取れる系のあれとか、足先が5本指バラバラに入れられる変な奴とかも興味は惹かれますが、感染防御の視点とムレないかどうかとか、普段の服装との相性とか考えると二の足踏んじゃいますね。


 
そんな感じでした。


足がムレない、もしくはムレても気にしない人は選択肢が多くていいなーと思いながら、それでも満足できる靴ライフを求めて過ごしております。

リハビリ視点で患者さんみてると、靴はホント大事だな-とおもうので、自分の靴にもこだわりたいものです。


そろそろ仕事じゃなくて普段用の靴もボロくなってきてるので、いっちょいいやつを買ってみようかなという気持ちになってきました。
 
こういうのって気合のってないとなかなか買えない質なので、勢いあるうちに買いに行こうと思いますー
 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

診療所の困難事例に対する遠隔臨床四分割カンファレンスやってみました! 意外とちゃんと出来るもんです

研修医を派遣している診療所。

事前準備や地域診断、遠隔でのスタッフ向けの地域ケア・継続性のレクチャーに引き続いて、困難事例の四分割カンファレンスもやりました。


研修医が診察して困った事例で、重篤な疾患を抱えているのに精査拒否していて医者もスタッフも困っているという事例について電話で相談され、疾患以外の心理社会面の問題が複雑に絡み合っていたみたいなので「じゃあ、四分割法しますか。明日で」ということになりました。


急ぎで四分割法についてまとめた資料を作り、その2ページ目に四分割の項目を作り、カンファしながら書き足したことをリアルタイムで共有できるようにGoogleドライブのドキュメントにコピーして共有しました。

ひな形はこれです(↓)
https://docs.google.com/document/d/1yDyR77DbCf7ZsZfLw6AmbU9BuwUS5dHeDCqOngB1874/edit?usp=sharing

普段ならホワイトボードに書き出しながら論点を整理していくんですが、遠隔でwebカメラでホワイトボード移してもよく見えないからという苦肉の策でしたが、議論結果を保存して印刷しておけば今後赴任する医師も紙カルテ上で見れるという意味ではむしろよい対策でした。


あとはいつもどおりグーグルハングアウトでつないで、自分が司会をしながら向こうの研修医や前回赴任した医師からコメントをもらいつつ、現地の看護師や事務長から心理社会面の情報を集めていったところ、この人の言動の背景がよくわかり共感できる状態となり、かつ具体的にどんな手を打てばいいか見えてきました。

やはり、困難事例での四分割カンファは劇的な効果がありますね。

四分割法を使っていない施設って、こういう事例どうしてるのか逆に疑問です。



あと、遠隔でやれたことで、来週や再来週に赴任する医師にも事前に情報を共有できたことで、申し送り(時間的な情報の継続性)も担保できて良かったです。


そしてなにより、現地スタッフが自然にこのカンファに参加できており、想像以上に心理社会面の情報をもっていたり、「この土地において、この人だったら」という視点の議論を深くできているということを認識できたのがなによりの財産です。

やはり、うちの法人の診療所スタッフは超絶レベル高いですね!

これを知らずに、経験せずに初期研修だけで、もしくは後期研修を札幌市内の病院だけの研修で終えてしまうのはなんて残念で勿体無くてかわいそうなことなのか!!と思ってしまいます。


が、知らないうちにそういうところに飛ぶこむ不安は自分も理解できるので、こういった、病院にいながら地方を知り、「えいっ!」と年単位で身を放り投げる方法以外で地域を知り、知った上で積極的・能動的に地域に乗り込む人を増やすのは自分の仕事の一つかなとも思います。



にしても、ほんとこの診療所スゲーな。というのがこの数週間のホント素直な感想です。

 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

サーモスの水筒、買い替えました。飲みくちのちょっとした違いで、使用感だけでなくお手入れのしやすさも段違いです!

ずっと使っていた、サーモスの真空断熱ケータイマグ、買い替えました。<br /><br /><br />以前買ったのは、往診とかしていた後期研修医中なのでもう5~6年前になります(6年目にいた病院では慢性的な医師不足で往診枠が少なく、自分が行った時は後期研修1年目も連れて行ったので彼に往診枠全部あげていたし、7年目で今の病院に来た後は短期間往診させてもらえていましたがやはり研修医が増えたけど枠は増えず、自分が院内からいなくなる間の病棟管理と研修医指導にあく穴が大きすぎて往診出られなくなっています)。<br /><br />その頃は、往診の間も喉が渇くんだけど、在宅診療部が用意してくれる飲み物は結構カフェインが入っていて、で自分はカフェイン過敏ぎみですぐトイレ行きたくなるので困っていました(患者宅のトイレを借りることで見えてくる生活やリハの情報も貴重なんですが、中にはトイレ見せたくないと思っている家族や、鼻栓をしてもきっついようなトイレもあったりなので、基本的に往診中はトイレ行かなくて済むようにしていました)。<br /><br />ので、カフェインレスのお茶や水などを自分で用意して、でも真夏や真冬でも温度が変わらず、そして往診車のなかに放置しておいて適当に転がしておいても中身がこぼれず、でも医局から往診車や外来に持ち込むときにじゃまにならない大きさと重さということで、サーモスになりました。<br /><br /><br />当時買ったのはこのタイプです。<br />&nbsp;<a target="_blank" href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00psrh1.eegq1599.g00psrh1.eegq24cd/_RTldbg10000002?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2F4580244690534%2F&amp;m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2Fi%2F10370270%2F"><img class="pict" hspace="5" border="0" alt="サーモス 真空断熱ケータイマグ JNL-500 ディープパープル(1コ入)【サーモス(THERMOS)】[500ml 水筒 thermos jnl 真空断熱ケータイマグ]【送料無料】" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/soukai/cabinet/34/4580244690534.jpg?_ex=128x128"></a><br /><a target="_blank" href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00psrh1.eegq1599.g00psrh1.eegq24cd/_RTldbg10000002?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2F4580244690534%2F&amp;m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2Fi%2F10370270%2F">サーモス 真空断熱ケータイマグ JNL-500 ディープパープル(1コ入)【サーモス(THERMOS)】[500ml 水筒 thermos jnl 真空断熱ケータイマグ]【送料無料】</a><br /><br /><br />これはこれでよかったんですが、一つだけ、でも大きな難点がありました。それが蓋の構造です。<br /><br /><a target="_blank" title="10132917_top" href="http://livedoor.blogimg.jp/gp_ken/imgs/4/9/49f25edf.jpg"><img class="pict" hspace="5" alt="10132917_top" border="0" height="185" width="400" src="http://livedoor.blogimg.jp/gp_ken/imgs/4/9/49f25edf-s.jpg"></a><br /><br />こんなかんじで、「途中で蓋が開かないようなロックリング」は良かったんですが、経年劣化のせいで、このロックをしていても、完全に倒してしまうとわき漏れするようになってきました。<br /><br />また、蓋のところの複雑な形をしたキャップと、その周囲の蓋の溝をキレイに洗うことが難しく、たまに持ち歩いていたのを忘れて1週間程度放置して中身を腐らせることもあるので、だんだんと匂いがきつくなってきました。<br /><br />自分は、飲み物の味以上に香りを重視しているのでこれは厳しい。<br /><br />ゴム部品の買い替えも検討しましたが、だとしてもこの洗いにくさはかなり面倒でした。&nbsp;<br /><br /><br /><br />そんな中、別の用事でイオンにいったり、楽天を眺めていておすすめ情報をみている中で別のタイプの商品が出てきたのを見つけました。<br /><br /><a target="_blank" href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qr6g1.eegq146d.g00qr6g1.eegq217a/_RTldbg10000002?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fakibaoo-r%2Fhm000033596%2F&amp;m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fakibaoo-r%2Fi%2F10046544%2F"><img class="pict" hspace="5" border="0" alt="【サーモス THERMOS】真空断熱ケータイマグ 0.5L JNO-500 BK (ブラック)" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/akibaoo-r/cabinet/gi67/4580244694136.jpg?_ex=128x128"></a><br /><a target="_blank" href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qr6g1.eegq146d.g00qr6g1.eegq217a/_RTldbg10000002?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fakibaoo-r%2Fhm000033596%2F&amp;m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fakibaoo-r%2Fi%2F10046544%2F">【サーモス THERMOS】真空断熱ケータイマグ 0.5L JNO-500 BK (ブラック)</a>&nbsp;<br /><br /><br />このバージョンの大きな特徴は、「半回転で開けやすいフタ」もそうなんですが、それ以上に「口当たりのいい飲みくちのせんユニット」の構造です。<br /><a target="_blank" title="img62306696" href="http://livedoor.blogimg.jp/gp_ken/imgs/6/9/69e5ab16.jpg"><img class="pict" hspace="5" alt="img62306696" border="0" height="552" width="400" src="http://livedoor.blogimg.jp/gp_ken/imgs/6/9/69e5ab16-s.jpg"></a><br /><br />この部分がシンプルな構造で、深い溝や複雑な形のゴム部品がないため、普通の台所用スポンジでクルッとひと拭きするだけですぐにキレイになります!!<br /><br />フタのところも大きな溝はなくて同じく洗いやすいです。<br /><br />本体の口も以前のものより広くて、氷を入れやすいだけでなく、やはり洗いやすくなっていて、細いコップや水筒を洗うようの筒状の洗浄スポンジがなくても、普通の台所スポンジを使って手を突っ込んで洗えるので、これは画期的!と言って良いレベルの洗いやすさ改善です!! <br /><br />もう、ホント、前のを使い続けていた自分としては感激でした!&nbsp;<br /><br /><br />もちろん、半回転ですぐに開けられるという点も、買う前には魅力に感じませんでしたが、普段使っていると相当便利です。<br /><br />自分はちょろっと飲んで、その後すぐ仕事に戻ろうと思ったら残りがで「あ、これうめーな」とおもって「もう一口」となることがけっこうおおいので、そのたびに面倒なフタの開け閉めが発生するのは、小さいようですが以外に面倒に感じていました。<br /><br /><br />また、前のタイプはフタがかぱっと開くのでどっかに行ってなくしちゃうとか、歩きながらや外で飲むときにフタを持つためにもう一つの手が潰れるということは無いんですが、このフタの裏面に付いている突起が意外と出っ張っていてこれが鼻先についてコーヒーやお茶が鼻につくことがあり、これが相当不快でした。<br /><br />それを避けるために結局左手でフタが倒れてこないように抑えたり、フタの内側を軽く拭ってから飲んだりしていたし、実際に外で歩きながら飲むことはないので、「これ、いらん機能だな」と感じていました。<br /><br />その点、こっちのタイプはひねってすぐ外せるし、またつけるときも簡単に付けられるので、返って左手が取られる手間は気にならず便利にしています。<br /><br /><br />というわけで、以前に比べると外来や病棟指導中に水筒を持ち歩く機会が増え、結果的にカフェイン摂取量が増え(往診じゃないのでカフェインレスにする必然性がなく、どうしても好きなコーヒーを入れてしまう・・・)、過剰摂取で胸焼けしたり、週末に摂取量が減ることで反跳性の片頭痛発作が出るような生活になってしまいましたが、まあそれも悪くないんじゃないの?と思いながら暮らしています。<br /><br />&nbsp;<br /><br />というわけで、お勧めです!サーモスの 真空断熱ケータイマグ。<br />&nbsp;

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

もう一回連携テスト

今度はブログのRSSフィードから、evernoteへ

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

ブログ記事→Facebookページに反映させるの連携テスト

便利だった、RSSGraffitiが4月末でサービス停止してたらしくて、5月以降の記事がFacebookページに反映されてないのに気づいました

ので、いくつか調べて、いつものIFTTTで連携させてみます

うまく行くのか?

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

英語論文を読んだあとのShare&Stockの新しいシステム構築。TwitterとIFTTTを使って、FacebookとEvernoteへ

英語論文を読む習慣が身についた(関連記事)ところですが、単に読むだけはもったいないと思っています。


読んで終わり、あと忘れちゃうし、あとで必要になって見つけられずは論外とは思いますが、

Evernoteにストックするのも、後で自分で検索する上では便利ですが、自分としては信じられないです。

せっかくならSNSなどweb上でコメント付きで紹介した方が、それに関心ある人が絡んできて、自分の学習が深まることが多いので、今の時代そういうネットワークを利用しないのはもったいないと思います。


せっかくなので、自分が使っているツールや連携簡略化の方法を紹介しますね。

誰かの役に立てば幸いです。

あわよくば、自分以外にもこういうシェアをする人が増えて、自分が楽して学べる範囲・量・質が良くなれば儲けモンだな~くらいには思っていますが。




まずは、関連するツールの紹介から。

Twitter、Facebook、Evernote、Inoreaderの4つのアプリを使っています。



Twitterは拡散用、Shareツール。


フォロワーも2000人を超えてきたので、多くの人に知ってもらえてどこかで活用されるかも。

また、新しいフォロワー獲得して、何らかのつながりになるかもしれない魅力もあります。。



Facebookは双方向を意識したShareツール。


拡散としてはTwitter的だけど、そこまで広くは拡散されない(友達登録している人に限られる、一応友達以外も見れる設定にしてるけど)

それよりは、それを読んだ感想、実際に実践してる人の意見、有名指導医や海外の家庭医からのコメントなどがかなり勉強になります。

Twitterだけでは得られない、質のたかいコメントという付加価値が魅力です。

せっかく論文読んだのに、一手間でこの莫大な利益を得られるのにしないってもったいなさすぎます。



それに加えてのEvernoteでのStock。


TwitterとFacebookにはない蓄積性と検索性が魅力

後で現場で使うことになって精読し直したいときや、研修医に教えたくなった時、Facebookは検索性が絶望的、Twitterはまだマシだけど不十分。

Evernoteはその辺とても良い。



また、Inoreaderもひと工夫。

アブストラクト読んだものとShareしたものにはStarつけておくと、「このまえ読んだアレならすぐ見つかって一番早い

これだけでもStockとしてはいいけど、たまにStarかShare忘れるので保険として。




次に実際にShare&Stockする手順と連携ツールについても紹介します。

Twitter投稿を軸にしつつ、IFTTTとタグを使っての自動化がポイントです。


Twitterの利点は、たいていのアプリと連携していて、Inoreaderからも、医療系日本語ブログのRSS見る用のFeedlyからも、パソコンやタブレットのGoogle Chromeからもかなりストレスフリーに本文引用とコメント付加ができます。

コメント追加しないと無機質な英語データシェアになり、他の人にとっては邪魔なトラフィックになり返ってフォロワー減ったりいやがられるけど、一手間かけるだけで内容だけ伝わって喜ばれると思うし、自分の考えを書くことでコメントもらえる確率やそのコメントが自分の役に立つ確率が跳ね上がる(キュレーター関係のブログ記事などから学びました)

引用もできないと、今のWeb時代では厳しく批判されたり、ヘタすると人の権利侵害や法に触れる可能性もあるのでまずいし、論拠がなければ自分が付け足したコメントの信頼性が担保されないですしね。



IFTTTは、事前に設定すると、多くのwebツール・アプリなどを連携させる自動処理ができます。

公式ページはここhttps://ifttt.com/

使い方説明しているサイトはこの辺り http://hoomey.net/ifttt_study_1/


自分の実際のコマンドはこんなかんじです。

全体の画面
無題


Twitterにつぶやくときに「#ken」をつけると、自動的にFacebookにも同じ内容を投稿してくれるルールの設定画面
無題1


Twitterにつぶやくときに「#ken」をつけると、Gmailを経由してEvernote宛にメールを送り、Evernoteの「05.英語論文ストック」というノートブックに自動で登録してくれるルールの設定画面。
無題2




これにエアロバイク組み込みと、職場ではiPad mini3の快速さを組み合わせて実践し始めたおかげで、快適感上げつつ処理速度上げられました。


お勧めです、IFTTT !!!



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

iPad mini3を購入して、激変した私の医師生活

買いました! APPLE MGGT2J/A シルバー [iPad mini 3 Wi-Fiモデル (7.9型Retina・64GB)]
!!


無題2

写真引用元→アップル公式ページ


いろいろ悩みましたが、私は64GBのWi-Fiモデルにしました。



スペックの比較は、iPad同士ならアップルのこのページが便利です。
無題

https://www.apple.com/jp/ipad/compare/

また、他の7インチタブレットとの比較はこの辺を参考にしました。
日経トレンディー http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140122/1054680/



自分の場合、クラウドを使っているので本体にデータを沢山入れておく必要性はないし、仕事や家庭で使うときは常にWi-Fi飛んでいてCellularにするメリットがない(むしろ毎月のデータ通信量がかかってアホらしい)のでこれにしました。


購入したのは3月末で、普通にヨドバシカメラ内のアップルショップで買いました。

事前に十分に比較していたので、あとは手に持った時の持ち心地(サイズや角の感じや材質など)と、一番の用途になる漫画見開き表示と英語論文フルテキスト表示をしてみて読みにくくないかで、タブレットのサイズや縦横比が一番心地よいものを選ぶことにして、結果的にiPad miniに即決しました。

求めていたのは、他にはスピードのさくさく感なので、iPad miniの旧機種は選択肢外だったため、iPad mini 3に確定しました。



今までの経過としては、初めてiPadを買ったのが今からちょうど4年前。当時の記事はこれ

その時は快適さのあまり感激していましたが、iOSがアップデートされ続け、新しいアプリを入れたり削除したりを繰り返し、データもやや多くなってきていて、いわゆる「もっさり」どころか明らかに「遅い!!」と感じることが多くなってきていました。

ただ、自分がモバイル端末に求めていたのは「出張時や学会参加などのときに迅速かつ手軽にメモをとったり資料を参照できる」ということなので、キーボードもあったほうが便利で、超軽量のノートPC(ソニー SVP11218CJBI VAIO Pro11 ブラック)をこの間買うことである程度間に合っており、またそんなに高価なものを次々買うのもなという気持ちもありました。


しかし、ノートPCでは、家に帰ってソファーやベッドでくつろいでいる時や、電車・飛行機で移動中、エアロバイクこぎ中などの不安定な環境で、何かのついでに閲覧するというのが難しいんですよね。

それでも、読みたい心理が前面に出る漫画(最近は紙媒体は一切買わず、全部Kindleで読んでます)ならスマホ(画面小さいけど)や、たまに持ち帰っていた職場用iPad 2(重たいけど)で読んでいましたが、気持ちの乗りにくい英語論文やKindleで買った小説・医学書を読むというのはけっこうハードルが高く、結果的に未読が増えることになっていました。


そんな状況でしたが、今年の1月から論文をきちんと読む習慣を身につけ(日常的に関連領域の最新情報を学ぶために-関連領域論文・所属学会情報を専用RSSリーダーで蓄積・閲覧してみる by InoreaderInoreaderでの英語論文毎日チェック週間、とりあえず2ヶ月続いていて順調です!(と思います))、でも忙しくなってきてきちんとパソコンに向き合う時間自体が取れなくなってきて、じゃあ代わりにとノートPCやスマホで読もうとしても上記の通りなかなか快適ではなくてという流れになり、「お勉強のためだし、旧iPadの動作の遅さで無駄にする時間を換算したら多少の出費は割に合うよ!」とおもい、重い腰を持ち上げ、きつい財布の紐を緩め、購入することになりました。



結果はとっても満足してます。


なにより、ほんとにサクサク動きます。

同じ会社の商品なのか疑うくらい、旧iPad2とは比べ物にならない速さです。

早いことそのもの自体に大きな価値があるなと実感しました。


また、iPad AirではなくiPad miniにしたのも正解で、英語論文でも字が小さくて読みにくいということはなく(スマホでも拡大すればいいんですが、拡大しすぎて全体像がつかめないと読み進めにくいんですよね)、また軽いので気軽に持ち歩けて片手でも閲覧できるのでほんとに快適です。

軽さも価値だなと思いました。


また、お陰で旧iPad2はお払い箱になったので、自宅専属機として、漫画を読むのに徹してそれ以外のアプリを極力排除しました。

これはこれで快適で、QOLが確実にツーランクくらいアップしました。


今は、その後エアロバイクを買った(関連記事はこちら)ので、運動中にiPad2でも論文読むようになりましたが、動作の遅さはアプリを極力削除して、機能もシンプルに絞りまくったのでそんなに気にならない状態です。

また、後日別記事で書きますが、InoreaderからSNSにシェアしたり、エバーノートにストックする手続きも、「Twitter→IFTTT→Facebook+Evernote」という自動処理ができるようにしたので、一番時間のかかっていた「読んだ感想や意見を記載して、他の人に提示して意見もらうことで理解を深めたり、ストックしておいて後で使うときにいつでも見られるようにするための処理作業」にかかる時間がものすごく短縮したため、かなり快適に出来ています。



というわけで、古いiPadを使っている方は、そろそろ買い替えをおすすめしますよ。(ΦωΦ)フフフ…



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

エアロバイクでの運動量確保、してみています。成果は上々で、楽しく続けられています♪

買いました! エアロバイク!!






買った目的としては、安定した運動量確保が第一です。

天候や季節、忙しさに影響されないのは、半年間雪で閉ざされる札幌ではけっこう重要だと思います。


体調維持や、疲れにくさの確保をしたいとずっと考えていて、筋力や瞬発力は筋トレその他で維持できたので、心肺機能の耐久性をつけたいということでいろいろ検討していました。

プールやジムは、時間帯が合わなかったり、そこに移動するまでの時間を考慮するとけっきょく続かない事が多くて困難でした。

また、通勤時間のついでや早朝にできるランニング・自転車などは、気候のせいで年の半分できないので却下でした。


ということで、「家の中で自転車こぐなんてなー」と、長距離サイクリング好きで学生時代はあちこち行っていた自分としてはかなり消極的でしたが、消去法でこれしか残らなかったということで購入にふみきりました。

「型」が身につくカルテの書き方がある程度売れていて、多少の印税が入ることになったのも、自分の財布の紐が緩んだきっかけにはなったかもしれません。

生活パターンとしても、自分の調子がよいのは「早く帰宅してリラックスタイム+早起きしてしっかり朝活」がいい感じなので、帰宅後や早朝に「自宅でできる」という意味では、これは悪くない選択肢だったとも言えます。



スペックはこんな感じです。
_V145437208_

(引用元→amazonのページ

負荷量を選べることと、運動した時間が出ること(METsと掛けあわせれば消費カロリーが計算できるし、そうでなくても簡易計算が自動表示されるので便利)、座面の高さが自分の身長・股下を考慮してひくすぎないこと、折りたたみか移動用キャスターがついていてしまえることなど考慮して、あとは価格とデザインを見て選びました。


参考にした選び方ブログ、比較サイトはこのへんです。

エアロバイクおすすめ.com
http://xn--t8j4aa4n5fma0a2dxr2j.com/

サイクルツイスタースリム通販
http://taitaistudio.jp/archives/3129

価格.com
http://kakaku.com/fitness/exercise-bike/



実際に使ってみた感触はかなり良く、音は静かだし、自分にとっては負荷レベルを軽くしてもそれなりに脈拍・呼吸数が上がって程よい負荷だし、目一杯やっても翌日ほどよい筋肉痛が軽く出るくらいだし、今のところ毎日15~30分は継続できています。

メーター表示を鵜呑みにすれば、毎日これで200~400kcalは消費できており、エアロバイク購入前の体重はほぼヨコバイだったことを考えると、今以上に食事療法を強化しなくてもエアロバイク運動量負荷追加によって300kcal×30日≒1万キロカロリー≒毎月1kgちょいずつ痩せられる計算です。


単に痩せるだけでなく、特に院内で忙しく走り回った場合や、特に急変時の心肺蘇生処置中に息切れしないことも目標なので、数ヶ月でそのレベルに達することができればと思います。

ためしに、エアロバイク始めた後から、通勤時に息切れを少しでも自覚するまでの間だけ走るようにしてみたところ、日に日に走れる距離が増えてきているので効果を実感できています。



あと、先月iPad miniを購入して、使わなくなった仕事用iPad2を自宅用にしました(後日、別記事でそのあたりのことは書くつもりです)。

これをエアロバイクのモニター画面のところに置いて(蓋を引っ掛けるとちょうど乗っかっていい感じになります)、漕ぎながら毎日の最新英語論文チェック、未読重要論文読みなどができるおかげで、論文未読が日に日に減っていくというおまけがついてきました。

また、下半身は自転車こぎで、目は論文よみに使っていますが、まだ耳は使っておらず余っている状態です。

今は好きな音楽聞いて気分転換するのに使っていますが、余裕でてきたら、今年こそはPodcastでの医学英語リスニングをやりたいな~とも思っています(これも、通勤時間が短すぎることと、冬場の雪の中での通勤は不機嫌極まりなくて勉強する気にならないのでずっと出来ずにいました)。



そんな感じで、忙しいけどしっかり体調管理もお勉強も維持したいという方には、けっこうお勧めかもしれません。

ただこぐだけだとつまんなくてすぐ物置行きになると思いますので、明確な目標と、運動ついでの付加価値・ご褒美、目標達成前でも自覚できる効果のモニタリングなどできると続くんじゃないかと思います(このあたりは、外来棟で禁煙指導などするときにつかう行動科学の理屈を詰め込んでやっており、実際自分にはかなり効果あって、様々な健康習慣を習得できてきています)




    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録
プロフィール

けんた

家庭医療をベースに病院で働く「病院家庭医」なるものを目指して爆進中です。
病名や年齢にかかわらずどんな人の悩みにも対応できる診療能力を身につけることを目指して、北海道各地の病院で初期・後期研修を受けました。

総合内科を中心に研修を開始し、途中から家庭医療学や医学教育学、臨床研究などに興味を持ちながら学習し、2011年に家庭医療専門医を取得しました。
現在は札幌市内の小規模病院で、家庭医療学をベースにした病院総合診療を行ったり研修医・学生・多職種の教育に関わったりしながら、プライマリケア医のためのリハビリテーションフェローシップに参加し学び続けています。

将来は病院をベースにしながらも病院内だけにとどまらず、各医療機関の連携、さらには教育、政治・行政、娯楽などを含めた広い意味での地域共同体を作っていく橋渡しをして、健康に楽しく暮らせる街づくりに貢献できたら面白いなと思っています。

日々の研修での気付きをつづりながら、何か大きな発見が得られないか、blogを通して模索中。

少しでも面白いなと思えた記事があったら、拍手アイコンを押してもらえると、モチベーションがアップしたりします。

記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    楽天市場
    Amazonライブリンク
    病院家庭医本、出ました!
    総合×リハ本、作りました!
    Facebookページです
    Web公開資料
    最近購入した本です
    書籍管理サイト「Media maker」
    カルテの型,連載してました!
    カルテの型書籍版出ました
    急変前評価本、書きました
    病棟CommonDiseaseとは?
    病院家庭医として紹介されました
    RSS活用で論文読む方法まとめました
    内科×リハ本、でました!
    • ライブドアブログ