病院家庭医を目指して ~野望達成への道~

地域密着型病院で活躍する家庭医を目指し、札幌市内で働いてるDr_kentaです。 病院外来でのプライマリケア、内科急性期病棟の老年・緩和ケア、リハビリテーション栄養を中心に、医学教育や院内システム改善などにも関心を持ちながらいろいろやっている日常を記録していきます。ちなみに「病院家庭医」という正式な呼称はありません(造語です)。 また医師による記載ですが、医学的な内容を自分や身の回りの方に適用していいかどうかは直接診察のうえでの判断が必要です。記載内容を試して発生したいかなる不利益も責任は負い兼ねますのでご了承ください。

デイリーログ

ほぼ完全復活です。明日から通常営業モードに戻せそうです

今日の朝くらいまではまだイマイチでしたが、だいぶスッキリしてきました。

午前中の救急当番のコールがあまりなくて時間がとれたこともあり、軽い振り返りしたり、溜まっていた書類業務を整理できたこともあって、ずいぶん頭のモヤ・カスミが晴れてきた気がします。

午後の往診も、先週地震で行けなかった分もあって件数が普段より多く、また超絶混沌超高齢夫婦の同時診療開始してそれぞれのかかりつけからの情報収集・チーム立ち上げ・家族ケアとか、施設入居の疾患ゴリゴリやメンタルバリバリ事例を続けざまにみて施設職員のキャパや距離感測りながら落とし所を相談したり、悪性腫瘍終末期ACPやディスポジションが加速しつつある家庭や、脳卒中後嚥下機能廃絶後の在宅TPN+介護者ケア、脳卒中後長期生存サバイバーの家族高齢化問題とかを楽しく診療してきました。

やっぱりみんな元気で、地震も気にしてなかったり、気づいてなかったり、忘れていたりという姿を見ていて、「まあ、もういいかな」と思いました。


あと、締め切りすぎてしまった原稿も、なんとか一つは提出できて肩の荷が1個おりたのも大きいかな。

あとは、しょっちゅうカレーたべたり、子供と川の字で寝て鋭気を養ったりしたのもよかったのかも



本調子までは、あと薄皮一枚残っているような感じはあるので、このまま調子乗って次の原稿かいたりはせず、早々に帰って家でゆっくりご飯食べて風呂入ってたっぷり寝ようと思います。

週末は、土曜午前勤務→午後半日直→夜間オンコール、月曜祝日も午前病棟回診→終日内科オンコールなので、その隙間で原稿書いたりなんだりしつつ、合間の日曜はおもっくそ休んでおこうと思います。

来週は、頼りにしている病棟医長が夏休みで不在になりとても心細いのと、週末には外来医長も夏休みに入り、入れ替わりで再来週には自分がカナダにいってしまい、その次の週には年度半分終わって後期研修医が入れ替わったりでバタバタしますが、なんとか前向きに乗り越えていきたいと思います。


ということを、前向きに考えられるようになっただけ、だいぶ闇を抜けたかなとおもえますねぇ。よかった。



でわ、また来週!!




    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

震災疲れのような感じに。まずは目線を外から内へ、上から足元に落として地道に過ごします

東日本大震災のときもそうでしたが、どうにも震災疲れになっています。

実際には震源地からはそれなりに遠いので、身体的ダメージや経済的ダメージなどで健康や生活が損なわれているわけではないのですが、情報過多で心が疲れてしまうようです。



Facebookを開くと、震災関係の真面目な記事が次々でてきてしまい、うっかりタイムラインを見てしまうと30分くらい目がはなせず、ようやく離脱したときには頭が重たくなります。

被災した人の情報、その家族、必死に救助する人の言葉、札幌で医療を守るために頑張る人などの真摯で誠実で正しい情報が目と脳に入ってくると、せっかく休日モードにしてもアドレナリンが出てしまい頭も下がりますが気持ちも下がる一方です。


LINEも、職場の緊急連絡網に登録したため、たくさん情報回ってきてしまいます。
的確で有用な情報が回ってきたり、頑張って意識を高揚させる方向の情報をみると、どうしても引きずられて意識が高くなってしまい、消耗がとまりません。

特に自分は、仕事とプライベートの線引しないと24時間365日消耗し続けてあっという間に病んでしまうため、「Facebookは仕事関係、LINEはプライベート」で使い分けていたんですが、今ではすっかりLINEの着信音?が鳴るたびにテンションが下がる条件反射が身についてしまいました。

昨日見つけた「一定時間通知鳴らさない」設定は福音でしたが、立場上緊急連絡網から離脱するわけにもいかず、心理的束縛は続きます・・・


そんな中、SNS関係ではTwitterが一番ましだな。と思いました。
タイムラインの道民率が他よりは低いので、のんきな日常ツイートが多く、震災に役立つ情報だとしても被災者ではないことから生まれる適切な距離感と冷静さがベースになっているためか、同じ情報源でも心安らかに読めることが多い気がします。

この数年は気楽なノリの人以外はフォローはずしたりブロックしたりで「自分がオフのときに見ても心安らかにいられるタイムライン」を意識していたので、その成果かもしれません。


まあ、ネット見ないのが一番なんですが、完全オフにもできないので悩ましいところです。




そんなこんなもあり、当面は外部との交流、将来の成長に向けての努力とかは一旦全部脇においといて、ひたすら内に内に心を閉ざしつつ、日々地道に目の前の仕事に邁進しようと思います。

幸か不幸か、先々週末くらいからの風邪は、十分な休息も取れないままフルスロットルで生きているためか絶不調のまま経過しているため、余計なことをするエネルギーが一切ありません。

漢方医学的には、太陽病→少陽病を通り越して少陰病まで来てしまった感じです。

クラシエ漢方優美「漢方基礎講座中医学の診断法」
http://www.kampoyubi.jp/learn/basic/03_2_2.html

寒いし、食欲無いし、下痢がとまらんです。次の厥陰病まで行ったら臨死状態なのでやばいです。
そのおかげか、無理に頑張る気力も出ないので、意識下げまくって生きていけそうです。というか生きること自体が目標になりそう。

今朝も「ああ、もう無理だ。学校行けない…」と登校拒否心が燃え上がっていましたが、回診で患者さんと挨拶してまわったり、外来で常連さんの地震体験記をいろいろ聞かせてもらううちに笑顔くらいは出るようになったので、立派な仕事依存症だなと思いました。
仕事するのは辛いけど、仕事すると落ち着くので、仕事しないと落ち着かないみたいな。こわっ・・・


また、これまた不幸中の幸いで、今週はオンコールが多くて全くお酒飲めないウィークなので、飲酒による消耗や浪費もなく過ごせそうなので、超健全に過ごせそうです。

月曜・火曜は内科病棟+在宅オンコール当番(呼ばれそうな患者が病棟と在宅にもいます)、水曜は当直、木曜は明けですが夕方に自分が委員長の会議があり帰れず、金曜もオンコール当番、土曜午前通常勤務+午後から翌朝までオンコール、日曜も午前回診当番+24時間オンコールです。
「この病院に医者はいないのか?」と勘違いしそうな鬼畜ローテですが、月曜の敬老の日だけは休めるのでいいことにしましょう。おじいちゃん扱いってことですかね。


あと、自分は体調が悪く意識が下がると、最初は漫画やゲームに逃げるけどすぐに飽きてしまい、「自分にとって心地よいお勉強に逃げる」という傾向があるので、これを活かしてたまっているお勉強したいリストを少しずつ片付けようと思います。
せっかく、アルコール一滴も飲めない夜や土日がずっと続くので、めちゃくちゃ捗ること請け合いです(やけくそ)

昨日は500超えてた未読英語論文を、タイトルだけ200個、アブストを10個、本文1個くらい読めてホクホクしてます♪

今日は、明後日締切の原稿を勢いでかきあげちゃおうかなと思います(自分の持ちネタを書くだけなので、新たなインプットは最小限でよいし、持ちネタを語るのは基本的に快感に属する行為なのでできそうです)

それ以外の、院外での大事な仕事は、来週以降に先延ばしにようと思います~




以上、超ネガティブでしたが、それなりに前向きにやれることやっていますのでほっといてあげてください。

月末のカナダ視察で、ナイアガラの滝でヒャッハーできるくらいのテンションに戻せることを目標に、ゆっくりと体調と意識あげていきます!


でわ!

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

地震のもろもろ、とりあえず落ち着いてきたので簡単に振り返りを。

北海道がけっこう大きな地震にみまわれてから、数日経ちました。



職場の電気は早々に復旧し、職員や患者の自宅の電気も数日遅れでもどり、公共交通機関もだいぶ復活してきており、あとは液状化でぐちゃぐちゃになった地域の道路などでしょうか。

スーパーやコンビニも通常営業にもどりつつあり、牛乳などの乳製品はまだ全然手に入りませんし(代わりに豆乳が大活躍)、肉類も厳しい感じで弁当・サンドイッチなどもありませんが、米や小麦などの穀類と野菜など基本的な食材は備蓄もあるし販売も結構されており(さすが農業大国)、食べるには困らない感じになってきています。


地震当日から今日まで、うちの病院では友の会(うちの法人ができる頃から立ち上げや運営や日々の活動に一緒に取り組んでいる住民組織)の有志や職員による食材提供と炊き出しがあり、勤務者のご飯はむしろ普段より豪華になっていました。

給食センターもいろいろ厳しい中で頑張って患者の食事を用意したり関連施設等に食材を提供したり、食材が切れたあとも結構美味しい非常食を出してくれたりと、停電中の換気が効かない悪条件の厨房で文字通り汗水たらして頑張ってくれていて感動的でした。

人々が協力しあい、助け合うことは素晴らしいなぁとおもうし、それを個々人や各組織が自発的に考えて動いていてすごいなと思いました。


病院としても、普段閉めている時間外外来を開けられるように医師・看護師・事務の当直体制を敷いて、地域内の軽症者や、不安等で相談したい人、普段の薬が切れたがかかりつけ医が閉まっているなどの相談を受けて頑張っていました。

停電して電子カルテがうごかず、診察室も薄暗い中で、日光が入る場所を探したり非常用電源で動く手術灯を持ってきたり、紙カルテ運用できるように書式を作りつつインシデント増えないように運用ルールを即席で確認したりも自発的に動けてよかったです。

HOTやCPAPなど電気が必要な医療機器を使っている人を地域内で引き取って高次医療機関の病床埋めないようにしたり、高次医療機関に搬送されてしまった軽症患者の転院を引き受けたり。

大きな救急病院が救急車全開でうけたり、DMAT的な災害医療もかっこよいですが、地域密着型中小病院としてできることを地道にやるのも(かっこよさはないですが)地味に大事なのです。


避難所回って情報交換したり体調不良者の情報集めたり、被災してるけど頑張って出勤している職員の子供をあづかる臨時託児所作ったりもありました。

交通手段がなさすぎるなかで、車のガソリンの供給も不足していました(数時間並んでも補給できなかったりしていたようです)が、車動く職員が手あげして乗り合わせで帰宅したり、医局や地下や介護法人施設のシャワー室開放したりして、なんとか移動や生活できるような手配もされていました。

他、職責者中心に始めて一般の職員にもつなげた緊急時LINEで、地域の交通状況・食材販売状況や避難所状況などを共有しつつ、可能な範囲で食材提供やボランティア申し出などの和が広がったり。




そんな感じで、草の根的な住民活動から生まれでた法人らしく、被災して資源が厳しいときなどの逆境には強いなぁうちは。と感心することしきりでした。

また、その雰囲気を作っていく管理部や各部門長たちの自発性、有能さ、連携・連帯の強さもみて、ルールや仕組みだけでなく個々の人が強い組織でもあると思いました。

一方で、現場でげっそりしながら働く、被災者であり親でもある個々の職員がないがしろにならないよう、交通や衛生や食事や精神面などの配慮もあり、それが上意下達という感じでなく、現場からも、職員以外からも色んな方向でありすごかったです。



一方で自分は、できる範囲のことを粛々とやりました。

もともと自分は、非常事態とか非日常とかは非常に苦手で、単に好き嫌いのレベルを超えて、あっというまに心身が終わってしまうので生理的に向いていないのです。
徹夜とか当直のダメージがたぶん人より大きく、シフト勤務とか時差の発生する海外出張とかも多分だめだと思います。体内時計の融通が聞かないのです。

また、もともとアドレナリン過剰ぎみな軽躁状態で平均脈拍数90超えているような人なので、「さあ、非常事態だ!気を抜くなよ!!」という状況になると、常時HR100超えで呼吸も浅く早くなり、ただ生活しているだけでもめちゃくちゃ消耗するのです。
ましてや、全体の情報把握しつつ、新たな情報と指揮系統と役割分担を細かく共有するためにめちゃくちゃ階段上り下りしまくったこともあり、ごっそり痩せました。

院長とか総師長とか事務長とかみてると(疲弊もあるとはおもいますが)、夜間や週末も含めて無尽蔵に頑張り続けているようにみえ、「素晴らしい!」と称賛する気持ちとともに、「あのレベルで覚醒状態維持し続けたら死んでしまう」とも思うし、「そのレベルで頑張れなくて、お前の肩書は飾りか?」という誰から言われたわけでもない自己生成した批判に後ろめたさを感じながら消耗もしてしまいます。


なので、長期戦になる前提で(あれはまだ余震でこれから本震くるとか言う人もいるし、過去のデータからも割と信憑性あるなと思っているので)、「まず、自分の心が折れないように、”いのちだいじに”」を常に意識してなんとか生き延びてきました。

被災翌日に、地震トラウマ抱えた家族を家において当直に入ったのが今回のワーストストレスでしたが、それも乗り越えて、休日はご飯つくったり散歩したり本読んだりゲームしたり野球したりで家族とじっくり過ごしてようやく交感神経が落ち着いてきた感じです。

地震からの2日くらい、とにかくストレスが強かったようで、常に「生クリーム食べたい!パフェもってこい!!」という思いが強かったですが、まだ市内のコンビニやファミレスでは生クリームはてにはいりませぬ・・・
代わりにではないですが、炭水化物、主に米の摂取量が尋常でなく、この土日で一気にお腹がでてしまいました。運動効率とかプロテインとかはどこ吹く風で、自分にとってはストレス量と炭水化物消費量が相関するというのは新たな発見でした。
パフェ食べたい・・・


明日からの仕事についても、あまり非常時モードにはせず、淡々と日常の仕事をしていこうと思います。

幸いうちの各部門にはハイパーな人たちがそれなりにいるので、そのエネルギーを思う存分発散してもらえるように、適材適所なマネジメントができればいいかなとおもいます。
細かいところが雑で現場見えていなかったり、なんでも全部自分一人や自分の部署でやってしまおうとしたり、逆に全体の状況見える前に自分の部下さっさと返しちゃったり、やることがわからなくて雑談始めたり医療用非常電源引っこ抜いて自分の携帯の充電始めちゃったり、一日中炊事し続けたりと割と偏った方向にエネルギーが向かう人も多いので、「冷静に、疲労をためず、全体をみながら、個々人のもつ有用なエネルギーを最適なところに持っていく」ことに注力しようとおもっています。



長々と書き出してみましたが、要するに

うちの病院や組織は強いなぁ。うちで働いている人たちも、それぞれに強く素晴らしいなぁ。

自分はそこまで踏ん張ったら最初に死んでしまいそうなので、自分の得意なこと(冷静でいられること、上層部と現場の両方の情報を持っていること、適材適所の配置や動機づけや逆にサボらせる能力が割とあることなど)を活かして普通に頑張ろう。

という感じでした。


この数日ずっとそわそわモヤモヤしていましたが、少し吐き出して楽になりました。




最後に、この間参照した災害情報関係のサイトです。

内閣府 防災情報のページ
http://www.bousai.go.jp/kinkyu_index.html

国土交通省 災害・防災情報
http://www.mlit.go.jp/saigai/saigai_180906.html#id%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E7%8A%B6%E6%B3%81%E5%A0%B1

重ねるハザードマップ
https://disaportal.gsi.go.jp/maps/index.html?ll=43.047691,141.404514&z=14&base=pale&ls=seamless%7Cflood_list%2C0.8%7Cflood_list_l2%2C0.8&disp=001&vs=c1j0l0u0

北海道防災情報
https://www.bousai-hokkaido.jp/

北海道運行情報(Yahoo JAPAN路線情報)
https://transit.yahoo.co.jp/traininfo/area/2/

NHK気象・災害情報
気象 http://www3.nhk.or.jp/weather/
地震 http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html

プライマリ・ケアと災害 総説
https://www.jstage.jst.go.jp/article/generalist/38/Supplement/38_184/_pdf/-char/ja

災害時のプライマリ・ケア医の役割
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsqsh/6/2/6_2_242/_pdf/-char/ja


東日本大震災のとき、自分は卒後6年目・後期研修最終学年で、かつプライマリ・ケア連合学会の若手医師部会の執行部メンバーでもあったので、総合医というものが災害にどう関わるべきかを割と深く考え悩み心を病みかけたりしていた経験をそういえば思い出しました。

あのときも、基本的には病院を守り(その分山登りとか得意なアクティブな人を被災地に送り出したり)、地域を守り(行政が把握できない地域の被災状況を友の会や職員や学生と協力して調査に出る活動を企画したり)、総合医ならではの活動を考え(PCATの立ち上げ期にちょろっと関わったり)をやっていました。

今回、そんなに動揺せずにその場でやるべきことに集中できたのは、その頃の色々があったからなのかなと今思いました。
あの頃にはすでにこのブログやっていたとおもうので、久しぶりに当時の記事を読み返してみようと思います。



まあいいや。

夕飯はカレーだ。



また来週!

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

【安否情報】元気ですが、忙しいので連絡とりにくくなります

自分は相変わらず無事ですが、病院や地域が割と大変です。


病院全体や地域のことまで気にしながらの日々で、副院長だったな、自分。と実感しています。

医長が病棟と外来をそれぞれ「任せた!」でいいようにやってくれる仕組みにまで持ってこれていたおかげで、首の皮一枚つながっている感じです。

院長・総師長・事務長などが決断早くて助かるので、トップと現場、現場同士の連携を調整する役割に集中できています。


そういう状況ですので、当面私が関わっている執筆・会議・ワークショップとかは凍結します。

ほとぼり冷めたら「落ち着きました!」宣言するまで、それまで放置しておいてください。

次停電したらしばらくオンラインに戻れませんので、急ぎの連絡は電話などで。


    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

【安否情報】北海道地震ですが、元気です

今朝の北海道大地震、けっこうな震度でしたが、私は今のところ大丈夫です


自宅はそこまで揺れず、割れたり倒れたりもなく、家族にも怪我人は出ませんでした

停電がかなり広域ですが、幸い上下水道とガスもきてて、食料の備蓄も少しはもつでしょう


病院も停電ですが、幸い入院患者にはトラブルなく、外来も制限して、在宅患者の安否確認してますがなんとか落ち着いてるようです。
在宅HOTの人とかの対応を急ぐところですかね

本院のほうが災害時モードオンなので、軽症者受け入れしつつ、亜急性期にあふれでてくる転院需要対応に備えます


ほか、非常電源の残りや重油補充とか、水の確保とか、患者や職員の食料確保とかと、職員の混乱や疲弊が拡大しないように指令系統整理とこまめな伝令
近隣住民やかかりつけ患者が避難の相談来たときに備えて近隣避難所案内しつつ、避難所のみまわりで医療ニーズはあくしてきたりとかですね


そろそろ固定電話、携帯回線、ネット回線も不安定になるらしいですが、元気にしてますのでご心配なく!


    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

夏休み前半終了。家族サービスとあとはひたすら読書・スイーツなど

今週まるまる一週間、夏休み中です。

疲弊→気分転換→ダラダラを経て、ようやくなにか書いたりまとめたり振り返ったりする気力がもどってきたので、たらたらと記事をあっぷしていきます。



日曜は、夏期セミナーやっていた湯河原から品川にでて家族と合流し、実家近くの多摩センターへむかって二泊でした。

初日は自分の両親と妹一家と合流して、近くのサンリオピューロランドに行ってきましたよ。
https://www.puroland.jp/
DSC_0239 (1)

子供の頃に行ったきりでしたけど、ずいぶんちゃんとしたテーマパークっぽくなっていて、パレードやらなんやらすごかったです。
DSC_0242 (1)

客層は、おもっていたほどカップルイチャイチャとかなくて、10~30代くらいの女性2~3人グループや子供連れ家族が多く、中には太めで汗っぽいおじさんがグッズ完全装備してキティちゃんと一緒におどっていたり、パレードで激しく踊るかっこいいお兄さんを望遠レンズで激写しまくる中年おばさん集団がいたりでなかなか面白かったです。

姪っ子が人見知り激しくて、でも去年よりは目が合う回数や、視界に入ってくれる時間が長くなってきて、最終的には人差し指でつついても怒らないくらいまでは距離を詰められました。難しや。



二日目は、多摩動物公園駅にある、「京王れーるランド」と「京王遊びの森HUGHUG」というところに行ってきました。
http://www.keio-rail-land.jp/
https://www.keio-hughug.jp/guide.html

動物園のほうは、施設改修中で見れない動物が多めだったのと、とにかくあつすぎて屋外レジャーは駄目だということでやめて、屋内で遊べる施設で、かつ鉄男の気持ちを満たせる場所ということでの選択でした。

どちらも結構楽しくて、10時過ぎについて2時間位で飽きるかなとおもいきや、16時くらいまで遊び倒してしまいました。
DSC_0324
DSC_0293
DSC_0366
DSC_0290

そこまで費用負担も大きくなく、空調や安全性、食事とかの満足度も高くなかなかよかったです。



火曜には水戸に移動して、嫁の実家に泊まらせていただいてご挨拶もそこそこに、義妹一家もあつまっていつもの大宴会でした。

お義父さんがいくらでも飲めるひとで、クラフトビールを何本も開けてからのワインや日本酒にも展開し、普段の飲み会の倍くらいを短時間で飲んだ気がします。美味しくて楽しかったですー。仕事じゃない飲みは楽しいねぇ。

こっちの姪っ子が、前回あったときは笑顔とハイハイくらいしかできなかったのに、たった1年くらいで急激な成長をしてました。
立って走るし、しゃべるし、かわいいしですごかったです。「おじちゃまー」と甘えながらものすごい勢いで抱っこねだったり、乗っかってきたり、たまに殴ってきたりですごかったです。
2歳は可愛いなぁ


ホントはこのあと2泊ほどして、食べ物系やJAXAの筑波宇宙センター常陸野ネストビールなど茨城観光を楽しむ予定だったんですが、ちょうど帰りの飛行機の時間帯に台風が直撃することがわかり、飛行機をあとに遅らせるといろいろ予定が崩れるので前倒しで水曜に札幌に帰ってきちゃいました。

まあ、十分気分転換はできたし、この数年なかなかできなかったゆっくりとした実家顔出しもできたので(いつもはうちの実家は2時間位外でご飯食べて終わり、猫アレルギーなのに実家に猫いるから入れないんです)まあ良かったかなと思います。



こっち帰ってきてからは、毎日10時間くらい寝て、起きたら掃除や選択したり、棚の整理をしたり(就職してから今までの給与明細・年末調整・住民税などの伝票を全部まとめ直してエクセル管理したり、光熱費や家賃などの伝票も全部整理したりが楽しかったです。ようやく自分のキャッシュフローやストックが完璧に把握できました♪)、冷蔵庫の整理をして家族の身長別に見やすくしたり、少し前に買った観葉植物や小学校から持ち帰った朝顔の手入れや観察を延々としたりして、あとはひたすら今まで忙しくてできなかった読書やネットやなんやらをダラダラして過ごしています。

千歳空港でいつも愛用しているwine & cheeseショップで、ワイン何本かとチーズやソーセージやパスタセットなど買ってきたので、気分に合わせて簡単な調理で作ってつまみながらいろんなお酒を飲んでダラダラしたりしてます。
パスタは、出来合いのソースよりも、自分で適当に作ったほうがうまいですね。
あと、コーヒーも、洒落たカフェで飲むよりも自分でドリップしたほうがうまいっすね。自分すごい。
DSC_0374
DSC_0375
DSC_0376DSC_0373

DSC_0378


ワイン類は、別のアプリにアップしていて手元に写真なかったので、アプリのページを載せておきます。
4
https://vinica.me/p/dk4i9pyzt26njcgkhgs6rxlqk

2年くらいまえからワインを飲み始めましたが、329件も投稿していたようです。
同じワインを何度かアップしたり、ワイン以外を載せたり、店でグラスでちょっとずつ飲んだりもあるので329種類のボトルを開けたわけではないですが、結構なペースですね。

そりゃガンマも上がるわ・・・
控えます。



あと、10時間寝て起きてみて初めて「あ、いままでずっと寝不足だったんだな」と気づけました。

昨日は久しぶりに自転車こぎや水泳もしましたが、ぜんっぜん疲れずにエンドレスに動けたのも驚きで、今までの運動面の限界は衰えでなく疲労だったんだなということもわかりました。


もう少し活き方を緩めにしようと思います。後日、時間の使い方振り返りの記事も書く予定です。



では、あと2日半くらいの夏休みをゆっくり楽しみまする。

仕事する気だけはどうにも起きず、時間かかるメールの返信や、レポート・原稿のチェックとかできてませんが、夏休み中なので許しといてください。

暇な時にメールやフェイスブックメッセージはチェックして、簡単なのはちょっとずつ片付けてますが、どうにもまだ仕事する気力が戻りきりませんです。



でわ~\(^o^)/


    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

夏休みとります

久しぶりに、一週間丸々つなげての夏休みを取りますヽ(`▽´)/


医長の全体把握・管理能力やトラブル対応能力が高まり、専攻医たちも4ヵ月経過してかなり安定してきたので「これなら2-3日とかじゃなく、1週間休んでも大丈夫だろう」と思えるようになりました。

今までは、盆暮れ正月関係なく、3日病院行かないと不安でしょうがなかったし、実際いろいろとマイナートラブルがたまり始めるので「3日休み取って、最終日は午後からこっそり医局にいったり、最終日の夜に当直入れたり」とか、「5日休みあるけど、中日に日当直いれて実不在日数は3日未満にする」とかやってたので、だいぶ変わったなぁと思います。



明日の土曜は、湯河原で毎年行われている「第30回 学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー」に参加して、全日本民医連若手総合医部会プレゼンツのSocial Vital Signsのワークショップ講師してきますが、その翌日から完全プライベートモードで関東地方をプラプラしてきます。

最近雑に扱ってあんまりゆっくりいられなかった両親のところにちゃんと顔だしてこないとなので、海外とか観光地とかの派手なところには生きませんから、お土産は期待しないでください。

せいぜい、サンリオピューロランドとか、京王れーるランドとかその程度です。多摩動物園は、暑すぎる気がするので多分生きません。



でわ、また再来週~(^_^)/~


    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

誕生日迎えましたヽ(`▽´)/ 不惑まであと1年…

先日、誕生日を迎えました!!


満年齢で39歳になりました。

数え年だと40でございます。。。


もう、口が裂けても「俺も若手だ」とは言いにくい実年齢ですね。

40になったらいい感じに白髪にまみれ、油やエネルギーも枯れて、あらゆる出来事に動じずすべてを受け止める懐の広い渋いおっさんになっているはずでしたが、なかなかそうもいかないもんですね。

日々、憤りや絶望や憤懣やるかたない思いに心を動かされながら生きています。まあそれでいいんじゃないかと。




あ、今年も職場の後輩たちからはプレゼントやサプライズをいただきましたよ。

強制しているわけではないですが(そのつもりですが)、ほんとありがたいことです。



今回は二峰性サプライズ企画だったそうです。

朝回診や朝会が終わったあとにメッセージはいった手作りくす玉みたいのと、読書できるようにLEDの素敵な感じのライトと、あと泳ぐときに使う青いやつ(調べたら「セームタオル」でした。名前知らなかった…)とかをいただいて、おめでとうございますも言われて、それだけでお腹いっぱいでした。

が、午前と午後の外来を終えて「ああ、疲れた。誕生日だし帰ろう」と思ったところで、若手から「病棟の症例で相談あって、外来終わってからでいいんで医局で相談したいです」と言われ、「ああ、正直億劫だけど、あの患者ならしょうがないか。でもあれって日中に医長と相談して済みそうな単純な医学的問題だけじゃなかったっけ。ん、てことは、電話で済ませずわざわざ医局に呼び出されたし・・・」と半分以上バレバレな誘導ではありましたが、医局でバースデーケーキ囲んでハッピーバースデー歌ってもらったりしました。
received_1344142222386822
いい感じの集合写真もありましたが、顔出しNGな人もいるので割愛。

自分が主役のサプライズは結構苦手ですが、素直に嬉しかったので、頑張って笑顔で乗っかってみました。




夜は夜で、家で好きな料理作ってもらったりケーキ食べたり、久しぶりに子供と一緒に寝たりで充実して過ごせました。
DSC_0230
あと、スイーツで最も好きなアップルパイもありましたが、好きなものほど「写真取る前に食べちゃう」ので写真なしです。






毎年、誕生日迎えたら、フェイスブックとかで「この一年の抱負」的な、「所信表明」的なことを書いていたんですが、今年は驚くほどそういうのが浮かんでこないですね。

アラフォーに突入し、「年を取ること」の節目性・セレモニー性が失われてきて「ただの夏の暑い日の外来地獄」でしかなかったという寂しい認識になって来ているのかもしれません。

生きてきた年数が延びるほどに「次の1年」が自分の人生に締める割合が小さくなるので、「○十年の次の1年!」という感じでなく「今日の次の明日」くらいにインパクトが薄まっているのかもしれません。

でも、実感としては、ある程度「ああ、ついに39歳か」という歳を重ねた実感はあるので、上記の仮設はあんまりしっくり来ませんね。なんだろ。


んー


多分、以前の自分は「今できないことがこんなにたくさんある。でもやりたいことがたくさんありすぎる。でも頑張れば全部実現できる」という夢見がち青年な価値観が結構大きくて、

でも最近は、「今できていることも割とある。できてないことは以前よりもっとたくさん見つけられるようになったけど、それに囚われ苦手を克服するヒマがあったら、今できることを駆使して眼の前の地域や患者や研修医質の問題・困っていることを一つずつ丁寧にクリアしていくほうが大事なんじゃないですかね。その延長に素敵な未来があるんじゃないの?」という感覚になってきていると感じています。

達観している人たちのSNSでよく出てくる「イマココを大事にする感」が、なんとなく身についてきたということでしょうか。


なんかねー、未来とか将来のこと考えても、最近ワクワクしたり、熱が高まったりしないんすよね。

別に、枯れ切って情熱が出てこないという感じではないんですよ。

日々、目の前の課題をクリアするために悪戦苦闘し、疲弊しきって深夜にうまいビール飲んで紛らわせたりしながら、たまに振り返ってみたら後ろに道があったことに気がつけて「まあ、いいか。これで」と思えるようになってきた気がします。


お、不惑に近づいたんじゃないか?

成長ですね、成長。



あとは順調に白髪を蓄え、メタボ体系になって見た目の安定感・枯れ具合が伴えば完璧ですが、白髪はそんなに増えず、最近はストレス+運動習慣のおかげで筋肉量急増+脂肪量急減でガッチリしてきてしまったので逆行してしまっています。

無念・・・


10年後にはもう少し枯れているだろうか。いぶし銀とか渋いとか呼んでもらえる日が来るだろうか。

その日まで、もう少し「今の積み重ね、今の延長」を大事にして生きていこうと思います。



歳を重ねると、「仕事をすることや生活することってのは、それ自体が生きるってことなんだなぁ」とよくわからんことをしみじみ感じたりします



でわ!

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

近況

しばらくブログ更新するの忘れていました。

さすがに3~4日書かないと落ち着かなくなりますね。
日課というか習慣になっているんでしょうね。いいことだ。




最期の記事書いたのが、先週金曜の、リハ学会での講演の資料をアップしたところですね。

せっかくブログ編集ページ開いたので、近況を振り返っておきます。



土曜日は午前目一杯教育講演などに参加して、昼になんだったか美味しいもの食べて、午後いっぱい使って札幌まで帰ってきました。めちゃくちゃ読書がはかどりました。

あと、帰りの飛行機で、大学関係の偉いうえにいい人な先生にお会いして、少しお話していて「ああ、やっぱり大学行きたいなぁ。学校の先生やりたい」という思いが久しぶりに出てきました。

日曜はしっかり休みつつ、家族サービスもほどほどに。


今週入ってからは割とバタバタしてましたね、そういえば
一人夏休み取っていて国外にいるので、その分なんだか落ち着かない感じはします。存在は大きかったんですね。

月曜は午前に救急と一般内科外来と管理当番兼務で、なんだかたくさん診察して相談受けて記憶がないです。
午後は予約外来みっちりやって、夕方は早く帰ろうかなとおもっていたけど残務処理していたら深夜になってしまった気がします。

火曜も新患外来と一般外来兼務ですごい数みつつ、研修外来指導と、あと外部から見学来てくれた人の対応もでトリプルくらいの兼務していてこれも記憶がないです。
午後はNSTラウンド、専攻医振り返り、退院調整カンファ、その後各種雑談して、夕方から飲み会でした。

見学に来てくれたのは、後期研修終了してからあの獨協総診(総合診療業界でチョット有名な)で働いている某先生。
いろいろ考え迷いながらもしっかりと前を向いてきちんと力をつけている人ですごいなぁと思いました。飲み会でよその総合の状況きけたり、総合ならではの臨床・教育・研究のネタで話が深まったりで面白かったです。

水曜は研修振り返り、溜まっていたデスクワーク処理、初期研修医の新患カンファレンスと、午後は各種ミーティングや管理部会議などしてました。
夕方から用事がおおくて、採用面接したり、褥瘡リハ栄養サポート委員会の学習会(今回は褥瘡予防がテーマで、専攻医レクチャー+マットレスや栄養補助食品体験会付き)に参加したり、その後北海道全体の医師配置の会議参加して、そのあとからメール処理や週末のイベントの準備してまた深夜帰宅に。

木曜の今日も、午前外来は比較的詰め詰めで余裕ないままおわり、午後に各種カンファして、夕方は夜間診療の相談役待機しながらデスクワークをススメ、よるに週末イベントの最終ミーティングをSkypeでして締める予定です。

明日は通常業務、明後日土曜は午前通常業務、午後はプライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部の地方会でEBMワークショップしてきます。
あわよくば途中で抜けて、同時間帯に開催している内科地方会にも顔を出して単位稼ぎたかったんですが諦めます。


いろいろありますが、色んな人とお会いして刺激を受ける機会があったおかげか、割と気持ち的には上向きで楽しくやっています(外来がずっと続くと表情がなくなってきますが・・・)



来週は当直、時間外会議、同期飲み会、週末に北海道リハ地方会での教育講演がありますが、再来週は少しイベント少なく落ち着けるはずなので楽しみにしておきます。





    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

土日はお留守番のお当番さんです。送り出すお父さんの気持ちになったり、病棟が穏やかなことに癒やされたりしてます

この土日は、二木会in釧路でみんないないので、自分がお留守番しています。


二木会は、北海道勤医協 総合診療・家庭医療・医学教育センター(GPMEC)に所属する総合診療後期研修医~指導医が集まる振り返り・学習イベントです。

いつもは、うちの病院裏のビルの会議室に集まって、土曜午前3時間半でCommon diseaseアップデートレクチャー、ログブック報告とミニSEA、総合診療・家庭医療・医学教育系ワークショップなどやっています(元は第二木曜日の夕方にやっていたので「二木会」ですが、人が増えて平日に集まれなくなったので土曜にやっています)。

今回は、年2回ある地方開催で、サイトビジット兼ねてみんなで後期研修医が赴任している地方院所に行き、そこでその地域や病院ならではの問題や特徴をテーマにしたワークショップや地域探索などして、現地の美味しいご飯やお酒を飲んで交流し、翌日午前中も普段なかなか出来ない深いテーマの学習イベントやって、午後ゆっくり帰ってくるということをやっています。

今回は釧路開催ですので、医療崩壊先進地域での地域密着型中小病院でどうしていくかみたいな話をする年もありますが、今回は後期研修医が経験した症例幾つかをもとにモヤモヤをスッキリさせるためにみんなで議論するというざっくりした感じのようです。
都市部の大病院で力をつけた若手総合医が、地方の様々な制約のなかで、主治医として様々な事例を経験する中で抱えた悩みやモヤつきは、総合医として成長し自信を付けいろいろなことができるようになるために貴重な経験なので、それを深めることで彼女自身の成長になるのはもちろん、参加した「まだ都市部医療しか経験していない人」にとっても治験が広がり、GPMEC全体の総合診療の力量の底上げにもなるんじゃないかなと思っています。


2日目イベントは、一つ目は優秀ポートフォリオ賞をとった人の体験談共有、もう一つは昨年地方会でやった「SEAワークショップ」を内部の指導医や後期研修医達に体験してもらう企画になりました。

本来ならワークショップの指導医として参加したいところですが、他のファシリテーター全員参加させたら内科当番や当直する人がいなくなってしまい、指導医なしでやってきてもらうことで成長や自信にもつながるだろうということで、自分がお留守番・他の人は全員釧路へ!としました。

寂しくないといえば嘘になるかもしれませんが、まあみんなのためになるならいいことだし、自分は自分で夜は家でゆっくり過ごせるのでいいことだらけです。



こちらは、気温低く、この数日の雪で歩きにくさもありますけど、午前中は気持ち良い陽の光もでていて、病棟の落ち着いているおばあちゃんたちが気持ちよさそうに昼寝していて、心なしか病棟全体の雰囲気も穏やかで看護師さん達も殺伐としておらず、ゆったりとした気分で回診・診察などできました。


中堅の世代になってくると、後期研修医達は10歳くらい年下なので弟・妹というよりは子供くらいに思えてきて「オレのことはいいから、とにかくたくさん学んで大きく育てよ!」という気持ちになり、こうやって送り出すのも清々しい気分で送り出せます。

また、病棟に長くいることで、看護師やリハなど他職種に対しても、仕事上のパートナーという以上に親しみや信頼などが芽生えるものなので、「仕事の質を追求するためなら、お前ら血反吐吐いてでも最善尽くせよ」という気持ちにはなれず「みんなが幸せでやりがいを持てる働き方を模索して、その結果として良い医療や安定した経営が両立したらいいのかな」という風に考えたりします。

働きやすくやりがいがある環境を作るのが自分の立場なので、今後も病院の方向性や診療ルールなど大きなことの調整も、日々のベッドコントロールでの回転速度・稼働率・入院症例の選定などのところで現場レベルの日々の負担感ややりがいの調整も、それ以外のところでも色々工夫していければと思います。

この2ヶ月位、現場が「ここは超急性期病棟ですか?」てくらい忙しくて殺伐としていたので、今日はゆったりした雰囲気があって良かったです。


あとは自分のことですけど、昨日の金曜日夕方~明日の日曜日の当直明けるまで、ずっとオンコールの内科当番なので、たとえコールがなく病棟患者が落ち着いていてもたぶん神経がすり減るんだろうなと思います。
締めくくりが当直で、その明けの午後に予約外来ぎっしりですし。

なので、あまり根を詰めず、「せっかく当番で病院にいるんだから、合間の時間でみっちり仕事してやるぜ!」とは考えず、時間と量の上限決めて、翌日に疲れが残らない範囲で効率と快適さ意識しながら仕事しようと思います。


とりあえずは、片付けるべきしごとがあと6つくらいなので、今日の残りであと2こ、明日の当番の隙間で3個くらい、残り1個は当直がヒマで元気もあればやるしダメなら月曜か火曜にやればいいやくらいで考えておこうと思います。


でわ!





    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

サボった後の反動憎し

一晩寝て復活しました。

昨日はふて寝するためにすぐ帰ったせいで、仕事が溜まってしまい、昨日とは別の意味で泣きそうです。


書類はほんとに物理的に山のように、医局の机の上にあって気持ち悪いくらい。

なんでみんな、重ねずに少しずつずらして気持ち悪くおいていくんだろう・・・

「未読書類ここにおいて!」ボックスを机に設置してみることにします。


メールは未読が130通くらい、うち要対応の仕事関係が30くらい。

なんとか対応してやったぜ!

研修相談とか、その他通常業務系はいいんですけど、責任者なのに個人の都合で責任果たせずごめんねっていうのの尻拭い系がおおいとイラッとしてしまう。「責任者たるものカンペキであれ」とは思わないけど、予想されていたプライベートの事情で出来ない仕事があったら、リスクヘッジして早めに人に振ったりなんだりすりゃいいのに。「責任」ってなんだ?個人として高いパフォーマンスを発揮できるかどうかでなく、組織が遅滞なく動けるような配慮と手配ができることが大切とおもうんですけど。みたいな。ブツブツ(- -)

けっきょく書類とメール合わせて4時間かかりましたけど、なんだこれ。




冒頭で「復活しました!」と書きましたが、嘘ではないけど、正確には「復活したふりをしてそこそこ通常業務が出来る」くらいには、心を殺して振る舞える程度の冷静さを習得しました。というところです。

書いてみてびっくりですが、「心を殺す」って、字面的に長期予後悪そうな響きですね。


心不全に(敢えて)ドパミン全開!とか、Wheezeが聞こえるのでメプチンエンドレスリピート!とか、腎不全に利尿剤限界まで挑戦!とか、せん妄にリスパ倍してドン!みたいな。

退院1年後生存率やADLとかの長期予後を悪化することが明らかでも、ほんとに死にかけた急性増悪時では「短期的に今だけを乗り切るための必要悪」としてICU生存退院率とか、30日予後とか、ショック離脱までの期間とかの「微妙」とされるアウトカムを重視して使うことも臨床では必要なこともありますが、そんな感じです。



ブログに書きたいネタはストック超溜まってきていて、楽しいことや嬉しいことや、臨床のことや教育のことや、地域活動のことや管理・経営のことなど書ききれないほどにあります。

ので、大変ながらも基本8割方ハッピーなので長期予後は良いようにおもいます。

CKDで、あえてCr値が見た目に高くなってもACE-Iで頑張ったほうが長持ちするみたいな感じ?
理想的には、βブロッカー最大量に使っている慢性心不全みたいに、無理せず長く働ければいいなぁとは思いますけど。


今は一時的にネガティブと多忙が溜まっている急性増悪状態なので、ストレス源を集中的にぶっ叩いて(カテコラミン全開!的に)、一刻も早く晴れやかな気持ちにもどる作戦としました。

叩けば消えるストレスが大半ということに、今書いていて気づいたので、更に1段気持ちが明るくなりました。

除去可能な増悪因子なので、除去してしまえればあとは楽勝みたいな。安静臥床が解除できたDVTへのNOAC早期切り上げみたいな?

よくわかりませんね。



じゃ、また明日!

プリン食べます。カスタードプリンヽ(`▽´)/



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

泣きたくなる日もあるさ

いろいろ書きたいことがあるけど、うまく言語化できませぬ



ひとつは、けっこう思い入れのあったことが、これまた感服してしまう幕引きで、誰かにちょっと共感されたら泣いてしまいそうな感じに……
いまの自分、簡単に落とせちゃいます。チョロいな、こいつと言われても反論できないくらいに

よくそんなとこまでみてるな、すごいね

対人関係能力に優れた人たちには、ほんと頭が上がりません。
みんな、すごいなぁと、感心と放心です。


もひとつは、何年も苦労させられて、「もう投げ出したい」と何度も何度も何度も思い悩みながらも少しずつ向き合って頑張ってきたことに、外野がよくわからままに不思議な勢いで土足のまま入ってきて、いろいろ勝手に手を出してきた挙げ句に、「これまでのあなたの苦労を水の泡にしました、どやっ!」て事後報告されて、ワナワナしたり

人って、ホントに怒って、それでも限界まで我慢すると、ほんとにワナワナするんですね
しましたもん、ワナワナ、ワナワナ

すべてを投げ出して早く帰ってきましたけど、仕事関係のことで悔しいやらなんやらで風呂で泣きかけたのははじめてかもしれませんよ、ほんとに



一日の締めに、月曜から読む暇なかったジャンプ読んでて、ハイキュー!!のラストでもグッと来てしまいましたよ

ノヤっさん、あついわやっぱし



そんなわけで、涙腺も堪忍袋もゆるゆるみたいなので、「全部は疲れがたまってるせい」ということにすることにしました

連日0時過ぎまで仕事してたのが悪いんだ



明日、職場に向かう意欲を絞り集めようという気力を養うためにもためにも、まずは寝ます。ほんと寝ます。

くそぅ



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

バタバタしてきました

今日は外来再編+インフルエンザワクチン殺到+寒くなってきて急患も増加で外来が大混雑でした。

経営的に見れば大繁盛ですが、安全管理から言えば大混乱で、なんとか大きなトラブルなく終えましたが現場に関わった特に看護師さんたちは大変だったと思います。

いやー壮絶でした。


自分も午前午後外来出ずっぱり+夕方に臨時ミーティング2件+週末出張の負担で死んでしまいそうなので、残業は最低限今日中のものに限定して、たくさん寝ようと思います。

メール返信などは週末入る前にだいぶ処理していたので、遅れているものはないと思いますけど、急ぎの連絡あればSNSや電話等で催促して下さいな。


でわ!



    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

今日もバタバタ、でも仕事はだいぶ片付いた気がします

今日もバタバタはしていて、気がついたらあっという間に18時過ぎていました。


それでもなんとか専門医更新ポートフォリオの4つ目は完成し、残すところあと2個になったので、気持ち的にはだいぶラクです。

担当患者たちも大きくはあれておらず、連休明けの機能に比べれば看護師さんたちからの質問ラッシュや困った表情で「なんとかならないですか?」オーラなどには襲われず、穏やかに過ごせたような気がします。

なんとか、急ぎじゃないメールの対応と、診療関係の書類作成・サマリー作成もおっついて、研修医たちのポートフォリオ指導もコメント未記載分は全部処理できたので、借金完済の達成感もありありです。


昨日夜遅くまで残業していたおかげで、今日一日は当直明けハイテンションになっているせいで清々しいのかもしれませんが、てことは明日は明け明けのどん底ムードになることが予想されるので、程々の生活にしたいと思います。 


明日の夕方には「白石アカデミー」という、白石区にある勤医協関連組織(病院、診療所、老健、訪問看護ステーション、施設など)が集まっての活動報告会があり、「誤嚥性肺炎撲滅」のテーマで、医科・歯科やリハ・ケアワーカーなどいろんな視点からの講演もあるので楽しみです。
当直明けで参加できるのかという、自分の体力への不安要素はありますが、極力参加して盛り上がりに貢献したいと思います。

明後日はお休みの日ですが内科当番なので、今の「病棟の半分は自分の患者」状態の利点をいかして鮮やかな回診+急変の芽の撲滅活動を徹底して、空いた時間でポートフォリオ5つ目が完成するんじゃないかと期待しています。

同日に、法人内総合診療グループ(GPMEC)のポートフォリオ発表会のポスターデータ+抄録データの提出締め切りがありますが、間に合う見込みはまったくなく、締め切りを忘れたふりをしてやろうかと目論んでいたりしますが、そうも行かないので明後日はポートフォリオ5つ目完成を諦めるしかないかなぁと暗く重たい気持ち出いっぱいです・・・・



でわでわ!

 

    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録

おいしいお昼ごはん食べたい…

テンションがダダ下がりな土曜日のお昼です。

連日の疲れ溜まってるのに、明日も日直であることにさっき気付いたのがトドメだったように思います。


せめてウマイもの食べに行きたいなと思ったら、医局の女性たちがランチに行くというステキな話を聞きつけてしまいました。

明らかに女子会的な雰囲気だけど、いきたい!ていったら混ぜてくれそうだったけど、午後の学習会講師のためあと30分で戻ってこないといけないので断念しました。


そんな切なさを、せめて院内売店や目の前のセイコーマートではなく、少し歩いてセブンイレブンに買いに行こうという微妙な対応でごまかしてみてます。


ランチいいなぁ。

女子に生まれたかった…




    シェア     このエントリをはてなブックマークに登録
プロフィール

けんた

家庭医療をベースに病院で働く「病院家庭医」なるものを目指して爆進中です。
病名や年齢にかかわらずどんな人の悩みにも対応できる診療能力を身につけることを目指して、北海道各地の病院で初期・後期研修を受けました。

総合内科を中心に研修を開始し、途中から家庭医療学や医学教育学、臨床研究などに興味を持ちながら学習し、2011年に家庭医療専門医を取得しました。
現在は札幌市内の小規模病院で、家庭医療学をベースにした病院総合診療を行ったり研修医・学生・多職種の教育に関わったりしながら、プライマリケア医のためのリハビリテーションフェローシップに参加し学び続けています。

将来は病院をベースにしながらも病院内だけにとどまらず、各医療機関の連携、さらには教育、政治・行政、娯楽などを含めた広い意味での地域共同体を作っていく橋渡しをして、健康に楽しく暮らせる街づくりに貢献できたら面白いなと思っています。

日々の研修での気付きをつづりながら、何か大きな発見が得られないか、blogを通して模索中。

少しでも面白いなと思えた記事があったら、拍手アイコンを押してもらえると、モチベーションがアップしたりします。

記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    楽天市場
    Amazonライブリンク
    病院家庭医本、出ました!
    総合×リハ本、作りました!
    Facebookページです
    Web公開資料
    最近購入した本です
    書籍管理サイト「Media maker」
    カルテの型,連載してました!
    カルテの型書籍版出ました
    急変前評価本、書きました
    病棟CommonDiseaseとは?
    病院家庭医として紹介されました
    RSS活用で論文読む方法まとめました
    内科×リハ本、でました!
    • ライブドアブログ