2008年07月13日

ジェネレーションギャップその1。―レコードとCD

どーも(^-^)ノ
…って云うかもう梅雨明けだろーよ(;´Д`)てな天気ですin関東
昨日夕方出掛けようとしたらクルマの窓にポツポツと雨。
布団乾したままだったんでみーが戻って取り込み。
その後土砂降りの雨。
…昼間暑くて夕方雷雨って完全に真夏ですよねぇ(;´Д`)
これで梅雨明けてないってんだから…。
今日も夕方雨らしい…仕事だってのに(;´Д`)



そうそう、東京讀賣巨人軍の背番号7は何やってんですかねぇ。もうアレですよ、ショートは坂本君いるから出しちゃった方がよくないですかねぇ。
別に巨人ファンじゃないんですけど、いやだからこそ彼は出すべきかと。由伸や小笠原が完治してないのにがんばってるのを見ると余計に。あとアイツだ、シーズン本塁打アジア記録持ってる背番号25も要らない。


…熱くなりました(;´Д`)


ランキングに参加しています。ぜひぜひクリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキング



野球観に行きたいなぁ。
んじゃ本題。
さて、と。(伊津野さん風)


予告から半年…勿体振る程のネタじゃないんですがf^_^;)
「ジェネレーションギャップ」シリーズ始めます。



私とみーのギャップで一番大きいなぁって思うのは


音楽媒体の激変

…でしょうね。
ちょうど80年代半ばくらいにレコードからCDに代わりましたよね。
私が中学高校時代はCD売り場ってレコード屋さんの片隅にこぢんまりとしていたモンです。レンタルもCDじゃなくレコード。
私の実家にCDプレーヤーが来たのが兄がUターンしてきた時。確か日立が初めて市販したモノで当時定価15万円くらいだったと記憶しています。今と違って縦にディスクを入れる方式でした。
その頃は普及するまでしばらくかかるだろうと思ってました。



…そしたらあれよあれよと云う間にCDラジカセは出るはプレーヤーは安くなるはレコードとCDの価格差が逆転するはシングルCDなんつーモノが出来るは…。
私が首都圏に出てきた平成元年頃にはレコード店がCDショップになってました。私もとりあえずCDラジカセ買いましたしね当時。



その頃ちょうど小学校高学年だったみー。
レコードに関して多少の記憶はあるでしょうけどポップスに興味持ち始めた頃には間違いなくCDに媒体が切り替わっていたはず。
レコードに針落として、針飛びしない様にプレーヤーの側で暴れない、レコードの静電気除去して…なんて感覚はないでしょうね。
多分33回転とか45回転って云ってもピンとは来ないでしょう。
違ってたらコメントよろしくね(^Д^)みーちゃん



余談ですけど


mihimaru GTの「気分上々」に針落とせ〜♪って一節がありますけど、その感覚を実際に理解している若い方ってどのくらいいらっしゃるんでしょう…?



なんか寂しくなってしまいました…。
次回はお気楽な更新にしよう(^Д^)そうしよう
ではまた。
gpsf_sat01 at 17:42│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by みー   2008年07月13日 23:48
3 寂しくなりんさんな〜11年早く生まれてきたんだからしょうがないのだよ☆
2. Posted by りんりん   2008年07月14日 14:58
3 おひさしです(^Д^pq)

ジェネレーションギャップなら負けませんヨ(笑)
ナンテ言っても、蓄音機とカセットレコーダーの違いがヾ(´ー`)ノ(マテ)

てのは大袈裟デスガ、ラジオで月光仮面を聞いてた旦那と生まれた時からカラーTVを見ていた私(*´`*)相当なもんですよ〜(笑)
3. Posted by あい   2008年09月12日 19:55
5 レコードは普通に聞いてました(^Д^)
でも勝手にいじって怒られて、みたいな(´∀`)
赤いペラペラ〜な感じのもあったけどアレは何だったんでしょ?(´∀`)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔