2008年04月

2008年04月27日

パンクラス

25db5a92.jpg
cc896931.jpg
SEIさんお疲れ様でした。

迷惑メールを受け入れた俺のお陰やなぁ。
いやぁ、俺も頑張らナイツだな(^^)v


感動したっ!

写真は試合後菊田さんと試合を振り返るのけいさん。
もう一枚は蝶の舞をキメる石川君とけいさん。

あれっ!?間には郷…にぃさんだぁ!にぃさんがいるよ〜(o^∀^o)
豪華、夢の共演!


2008年04月26日

最近のSEI山宮

e568aa08.jpg
b9ad7be8.jpg
試合を明日に控えたSEIさん。

最近試合前で寝れないのか、平気で2時、3時にメールしてくるKEIさん。


でも優しい僕チンは、僕とメールする事でリラックスするならと思い、相手してあげてたら調子に乗り、毎日深夜メールしてきた非常にウザいSEIさん。


自身のブログでは、そんな優しい僕チンをボロクソ言っているらしい。。。( ̄〜 ̄)ξ


信じるか信じないかは、あなた次第!!


でも皆さんご安心をなのだ!そんな優しい僕チンのお陰でKEIさんは自然体でいます!



写真は「皆さんお疲れぃす!」
と格好付けて挨拶し出ていこうとしたら、バックで靴棚を倒し、靴をぶちまける非常にダサいDASA山宮。


そんなKEIさん頑張れーーーっp(^^)q
明日一生懸命サポートしてきます!
あほう


2008年04月23日

さらば、チャーン島!

9e364d15.jpg
01d08c6d.jpg
4cd94918.jpg
6時半にホテルを出ました。


さすがに皆ねむねむ\(~o~)/


カオサンへゴー!
前へゴー!


シィーユー レイター!


2008年04月22日

チャーン島最後の夜

3be37eb2.jpg
ace6a781.jpg
06bfcd3c.jpg
皆でご飯行きました。

最初に行ったところでは、注文したおかずがなかなか出てこず、テーブルの上にはビールとご飯だけ(>_<)

どんな組み合わせだよ
( ̄〜 ̄)ξ


1時間半経っても一向に出てくる気配ナッシング。


でも皆でおバカな話で盛り上がったり、真面目な話もしたりで、なんか苦じゃなかったなぁ。


まぁ結局タイマスター高谷さんに、店員に言いにいってもらい、お金を返してもらって写真のとこに食べに行きました。


その後はマッサージ!

写真は日焼けでかなり痛い首、肩を攻められまくる兜選手。悶絶島倉千代子。皆で大爆笑してました(^Q^)/^

ちなみに僕は健太郎さんに、何の理由もなくいきなり、日焼けでヒリヒーリな肩や首をグニュッて揉まれてました。
その瞬間僕はチャーン島の空を…って俺しつこいからっ!


そんで最後は高谷さんと二人で飲みに行きました。

その店はチャーン島に来てから、ちょこちょこ行ってたとこなんだけど、そこで働いてるニューハーフのコがめちゃくちゃビリヤード上手くて格好良いんだわ。

そしたら私と勝負しよ〜ってしつこく言われちゃって…
おっしゃー!やったるでぇー!!
って勢いで行ったんだけど、案の定勝負にもならず…最後はそのコ片手でやってたよ(T_T)
もうエー君プレー中半泣きでした。。


これからビリヤード修業するしかナイツでごじゃる!


高谷さんとは昔の和雄兄貴の話や、高谷さんの現役時代の話、色んなを聞けて本当楽しかったなぁ(o^∀^o)


シィーユー トゥモロー!


2008年04月21日

写真追加!

98e75ee1.jpg
953f6370.jpg
さっきの分追加しマッスル!

ガッツ石川と

バンコクのデパートにあったロボットで遊ぶ高谷さん


チャーン島3日目

2cc52188.jpg
eda2d0f3.jpg
ca6ae70d.jpg
3日目は朝から港町に行ったよぉ(^^)v


ぷらぷらし〜の

健太郎さん、罰が当たって首痛め〜の

和雄さん日差し入れ〜の

つーか皆で勝手にホテルの敷地内の庭で日差し入れてたら従業員に怒られ〜の

一番近くのビーチまで歩いて15分だって現地のタイ人が言うから行ったら40分歩かされ〜の

健太郎さん一人滝の様な汗が流し〜の

着いたらガッツポーズし〜の…………




嫁ぎ〜の!じゃない!
3日の話また次回〜の(^^)v

つーか俺しつこい〜の
でも俺そういう奴〜の!
たまに俺しつこ過ぎて本気でキレる奴い〜の
器小さい〜の
話それ〜の
失礼しました〜の


2008年04月18日

ドS×100な2人

5982e35e.jpg
ab72bd01.jpg
ドアを閉めたらまたノックが始まる。


今度は恐る恐るドアを開ける。

やはりいない。


もしかして夢…

ドアを閉め、俺は一人ズボンを下ろしお尻を叩く…
「パンッ!パンパンッ!」
「あぁー気持ちぃー!」
…ってちがーう!それはマモー・ミモーだからっ!
じゃなく、痛い!
あ〜夢じゃない、そうだぁ現実だぁ!(デュラン風)

ドンドンッ!(ノックの音)


…エー君もぅ限界だ。気力がもたない‥最後俺は勢いよくドアを開けたっ!

いナイツ。

チビリーノ石川は力尽き外にそのまま崩れ落ちた…
しばらく外で呆然としていた。



その時であるっ!



ゲラゲラ…(笑)


カーッカッカッカッ…(笑)

ゲラゲラゲラゲラ…カッカッカッ(笑)


ケーッケッケッケ(笑)


僕のゲストハウスの裏で悪魔の様な笑顔で笑っている2人を発見…。


グォーー―――━――――――(☆o☆)


その幸せそうな2人を見た時、何故だか俺は空を見た。

チャーン島の星が綺麗だ…



次の日の朝、昨日の恐怖体験を話し、違いますよね?とちょっと問いただしたところ


KZ雄3「カッカッカッ(笑)!何だよそれ!?ちげーよ!昨日は速攻寝たよ!なぁ、健太郎」

(あっ!間違えたぁ)
訂正→「なぁKTR」


KTRさん「ゲラゲラゲラ(笑) 証拠がどこにあるんだよ!なぁ、かずちゃん!」


俺はその瞬間チャーン島の空を見た。
なんて優しい先輩達をもったのかと、何故だか涙が出てきた。





写真は世界最凶タッグ。
しかしよくあんな速く隠れられるなぁ。もの凄い逃げ足の速さだ…健太郎さん凄いわ!
と、恐怖体験から解放された日の朝の僕チン。眠れなかったのは言うまでもナイ‥ツ。


2008年04月15日

忘れられナイツ

ec32e3df.jpgチャーン島2日目の夜は、ご飯食べに行ってからバーへ軽く飲みに行った。
お開きになったのが11時過ぎだった。

僕は疲れていたので、すぐ眠りについた。

そして1時間後。

ガコッ!ガコーンガガコーン、ガコーーン( ̄□ ̄;)!!

こんな音だったな…震度4はある地震がきたのだ。
木で造られたゲストハウスはものっ凄い音をたてて揺れている。

だが揺れはすぐに収まった。

一安心していたら1分後、今度は震度6ぐらいの地震が来た!
しかも1分にわたって続く。

こんな地震は初めてだったので戸惑いセレナーデ。高橋真梨子だ。これはかなりいい歌だ。


しかし、本当の恐怖はまだ始まっていなかったのです。


地震にビビりながらも寝ようと横になっていると、誰かがドアをノックしてきた。


コンコン…コンコンコン。


その時俺は、和雄さんが朝に言ってた事を思い出した。
「寝てたら誰かがノックしてきたよ。まぁ無視して寝たけど。」

とりあえず俺も無視しよう。

そしたらまたすぐ魔のノックが。
しかも今度はドンッドンッドン!と拳で叩いてる様なデカい音だ!
ビビリーノ石川は恐怖に怯える。

地元の不良がイタズラでやってるのか…?
しかも1人じゃないっぽい。恐らく2人はいるだろう。
ヘタに相手したら調子に乗るだけだし、その上何をされるかわからない。

エー君、怖い時は目を閉じて寝たふりするからっ!!


必死で寝ようとしていると、枕元の扉がバコォッ!!


扉を開けてきやがった(((゜д゜;)))



鍵は一応閉めていたのだが、非常に甘いなんか原始的な鍵だったので外からでも簡単に開けられてしまうのだ。


怖い。怖い。怖い。ブルブルブル。
まじブル中野だからっ!


俺は扉を閉め、情けないが必死に寝たふりをし続けた。


しかし奴らは、一向に止めようとしない。
それどころかどんどんハードになっていく。
ドアだけでなく壁の至る所をノックし始め、扉を開け、そしてひっきりなしに揺らしてくる。



もぉーーエー君怒った!
俺も男だっ!
腹を決めて戦う事にした。


右手には勇気を。そして左手には虫除けスプレーを握りしめ臨戦態勢をとる。


俺が考えた作戦はこうだ。
相手がドアノックしてきたと同時にドアを開けてとっちめてやろうとゆう、名付けてノック&オープン!

そして待つ事2分。相手はまんまと罠に掛かってきた。
ドンドン、ガチャッ!おりゃー!

あれっ!いない……。
まさか……幽霊?ぐわ〜〜〜( ̄口 ̄)


俺は…………………………俺はっ!…………………チビった!
そう。チビリーノ石川が誕生した瞬間だった。


(すいません!これはウソ)

すぐにドアを閉め、パンツを履き替えた‥違う違う!
ベッドに戻り枕を被り心で叫んだ。
「神様、助けて下さい。」


つ・づ・く



ちなみに写真は今回のとは全く関係ないチャーン島のサソリ君。


2008年04月12日

いざチャーン島へ!

b872fceb.jpg
46ec998f.jpg
49856c74.jpg
カオサンからチャーン島までは、バスと船で行きました。
バスで船着き場まで5時間、船で1時間弱。
合わせても千円いかなかったなぁ。

一万円ちょっとでタクシー、飛行機とゆう手もあるのだがそれじゃあダァメダァメ!
ダメダメ星人が出てくるのだ。

チャーン島では、海沿いのゲストハウスに泊まりました。
これがまた凄いとこだった。
色んな意味で(^_^;)
シャワートイレは部屋の外。勿論壁で覆われてますが。
夜トイレすると、チャーン島の綺麗な星空の下開放的!
かなりビビリーノのですが。
そして床板の隙間や、屋根の隙間からハチ君が入ってきたりして(^_^;)
俺はハチ君を追い出すのに10分ちょっと掛かったが、和雄さんは速攻タオルで仕留めたらしい。たくまし過ぎだろ…。
部屋じゃないですが、外でサソリ君とも出会しました。サソリ君がまたかなりデカくて迫力満点!
さすがにみんなでビビってました。

写真はチャーン島に向かう船にて。
チーム小見川と肘を磨く高谷さん。
高谷さんは日本、タイでムエタイも試合した事のある元キックボクサーなのだ。なんか夕日と被っていい感じ。

そしてラストはゲストハウスにて、ハチ君にビビる久々登場セレ君。

次回は「エーちゃん、絶体絶命!チャーン島の夜!!の巻」


2008年04月11日

ただいマンモス!

3d5f56b9.jpg
faad41b1.jpg
b21b7edd.jpg
サワディカップ!
帰って参りました。
あーっ、タイ最高!!

ものっ凄い旅になりましたぜぃ( ´ー`)

写真は今回一緒に行った3人。

上から、パンチパーマ(強制)のウッチー。
んで和雄さんの親友、健太郎さん。和雄さんのドキュメント番組見た人は知ってるんじゃないかなぁ。
んでんで和雄さんの打撃の師匠でもあり、タイマスターの高谷さん。
みんな和雄さんの地元の仲間です。
そして和雄さんと僕の5人で旅しました。

みんなとは何度も会って遊んでるし、試合も来てもらったりの仲なので、特別気も遣わず楽しく過ごせました。

この3人かなり個性的でオモローな方々なのでまた紹介しますね。

まず和雄さんと空港に着いてから、バンコクのカオサンという街で先にタイ入りしていた3人と剛竜馬(合流)。

カオサンはバックパッカーが多く集まる街です。
カオサンから安いチケットを買って島や、他の国に行ったりするのです。
そう!!
今回はバックパッカーの様な旅をするのが目的だったのです!
安宿に宿泊し旅費を節約する。
そしてご飯も現地の人しか行かない様な屋台で食べたりして。
如何に現地住民の様な生活を送るか。まさに究極の旅!


でっ!カオサンに着いたのが夜中だったので、みんなでご飯を食べて軽く飲みました。チョンケェオ〜(タイ語で乾杯)!!
朝にはチャーン島に向かわなきゃだったので、1日目は終了。

チャーン島では自然にいい意味でやられたり、生きるか死ぬかの恐怖体験もしたし(><;)
またすぐ載せますね!
期待しないで待っててちょんまげ。
それでは皆さんにチョンケェオ〜!