グレイス紅茶ギャラリーを始めてからずーっと気になってたこと。
ロゴを作るかどうするか。
気の向くまま流されてく人間なので、イメージが固まっちゃうのは嫌だなと作りたいのに作らないで20年
でも周りがオリジナルグッズなど作ってるのを見て羨ましくなり、20周年の記念に作るべ!とやっと踏ん切りがついたのでした。

依頼したのはトリプレクスの鈴木誠さん。
会社勤めの時の仕事仲間でそれから毎年我が家の年賀状を作ってもらってます。
お抱えアートディレクターと呼ばせていただいてますすいません

もうね、創立記念日8月だけど2月くらいに発注したのよ。
おかげでとても素敵なロゴが出来上がりました。困ったこともあったけどね

プレゼンは「紅茶、髑髏、デバステ風」 
DEVASTEE(デバステ)は大好きなブランドでオバケというかお墓のイラストなんだけど私的にツボなのです 

誠さんが依頼したイラストレーターは丸山誠司さん。
「僕ビール、君ビール。」のカエルのイラストが有名ですね。

実はラフが上がってくるまでドキドキしてました。
だって紅茶と髑髏ってどう結びつくんですかね?

それが上がってきたのがA案もB案もどれもこれも素晴らしい
思った以上のことやってくれる(何様?)ってこういうことなのね
と感激いたしました

で、たくさん出してくれた案の中からこれと決めてひと月くらい経ったところで「やっぱりバランス悪いから変える。」とニューバージョンが。
え〜?気に入ってたのに〜ってか新しいのより前の方がいいのに〜
となってそれから両者譲らず数ヶ月。
最終的にはクライアントに決定権があるんだからね!と強気にはなってましたが美的センスはそりゃアートディレクターの方があるだろうしと悩む悩む。

そんなこんなでもう7月、タイムリミット。
決定して20周年記念品の紅茶缶に貼るシールと、通常の販売用のラミジップに貼るシール原稿を入稿しないと。

となって今まで単体で見てたダミー貼った紅茶缶を、部屋の中にいろんなアイテムと一緒に置いてみたらあら不思議!私推しのは周囲に馴染まず違和感がある。一方誠さん推しのはすんなり収まってカッコいい。なるほどーデザインてこういうことなのねーと結局私が折れたのでした。というかすっかり納得したのでした。

文章ばかりでもう飽きましたかね?
ここからやっと画像

IMG_0075
20周年記念缶
背景にうっすら「20th」とあります。
貼り方上手いと褒められて喜ぶ。子供か

FullSizeRender
通常のシール
背景にはティーカップ

FullSizeRender
グリッツに納品場面
丸いから適当な場所に適当に貼って良い便利

IMG_0061
超コラボの時のメニュー
頭にティーカップ乗っけてるバージョン
紙に対してロゴのサイズが絶妙と褒められ喜ぶ。子供か

FullSizeRender
旗も作った。表。

IMG_0095
裏。
どっちが表でも裏でもいいね。

FullSizeRender
コラボの時も便利!

FullSizeRender
アーヴェントのパティシエさんがアイシングクッキー作ってくれました。

FullSizeRender
再現率高い!さすが

というわけで、髑髏とティーカップと文字を自由に組み合わせていろんなシーンに使える便利な仕様になりました。何より皆さん遊んでくれて本当に嬉しい!ロゴ作って大正解なのでした!
20周年シールは缶だけじゃなくいろんなものに貼って1年間使おうと思います。
楽しみ〜

最後になりましたがトリプレクスの誠さん、佐伯ちゃん、イラストレーターの丸山さん、相談に乗っていただいたりグチを聞いてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします!