最近、戦争を終わらせるため攻撃をした全国のタイドライン・ブルーファンの皆様さっそく感想に入ります。

「核兵器で脅しての平和などグールド」
てしお艦長里山はプンプンです。

「キールが消えた?」
工作部隊、作戦は成功したがキールがいない事態。
ジョゼがつれて帰るようですが・・・

顔が怖い・・・。

「腹ペコキール」
手持ちの食料を食べようとするが、ここは我慢。
だけど、目の前にミミズが・・・キール食べるのか?

「申し訳ありません艦長」
工作員が報告する、艦長は奴をおびき寄せるには好都合という。
グールド艦は、てしおにわざわざ居場所を教える。
里山は挑戦を受ける。

「アオイ達」
グールドはK2に向かっていると里山から報告。
狙いはアメリカとの事。

「K2を通過せざる終えない」
てしおは艦隊を離脱して待ち伏せする。
そして、他の艦は追い込むらしい。

「キールを探すジョゼ」
ジョゼ、キールを発見した模様。
キールはミミズを使って魚を取る。
そして、ジョゼがやってきて

キール回収!

「てしおは別行動か」
護衛艦は四隻と言う事で判断。
グールド艦は戦闘配置。

「近代戦は数ではないと教えたはずだクラン大尉」byグールド

グールドは里山を引きずり出そうとする。

「核で威嚇した?」
アオイに報告する太ったムスカ風の魏の大統領。
アオイはここぞとばかりに魏の国を仲間に引き入れようとして成功。
だが、魏の大統領はグールドとアオイは同じ穴のムジナと考えている。
この発言、アオイは聞いちゃったか?
ティーンは脱走を試みるが失敗。
脱走は兵士の義務ですからとティーン。
そして、アオイはティーンの手を解放しキールも知らないことをティーンに話す。
世界地図は、キールとティーンのお父様が創っており、今でもフリーダムから地図を送信し続けているらしい・・・。
お父様が生きていることに驚くティーン。

「一方グールド艦」
今、なお戦闘中。
里山は、クラン大尉にあることを伝える

任務のためだ死んでくれ・・・

「まだつかないの?」
最近、キールは本当に主人公なのかと疑問を抱くようになった。
バカがうつるとか本気で信じているし・・・。

「昔のフリーダムにて」
キールとティーンのお父様はちゃんと見分けが付くんだ・・・。
お仕事の関係でお父様以外はみんな地球に・・・
フリーダムは燃えるといったお母様、だけどお父様ずっとフリーダムにいた・・・。

「フリーダムは」
民間企業によって海底資源探索のために作られた宇宙基地。
だが、ハンマーオブエデンが起きた。
そして、ティーンとキールのお父様はひとりフリーダムに戻った。
姿を変えてしまった地球のため、社会が秩序を取り戻すため、果てしない孤独のため任務を遂行し続けているとても偉い方。
でも、世界平和のために地図は秘めておく物。

「海流に乗るぞ」
里山はかなりプンプン、思入れがあるのか?
グールド艦はかなり苦戦だが、護衛艦を倒す・・・そして狙いは里山。

「おかげてK2は目の前だ」
ソナーが使えない中では五分だと言う。

「ユリシーズはどこだ?」
ジョゼはユリシーズを追う謎の潜水艦を発見?

「ユリシーズ探知」
ユリシーズはてしおの近くに来てしまったようだ。
てしおの攻撃を回避してしおに攻撃しようとするユリシーズ。
だが、謎の潜水艦の射線に入ってしまいロケット魚雷が来る何とか回避するユリシーズ。
そして、全速で里山艦に向かいそのままドゥーラ・ビィーラに突入する。
またしてもグールドに逃げられる里山。
だが、ジョゼは置いていかれたことにショック・・・。

次回「祈りの都市」

キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
OP:Blue Treasure
ED:タイドラインブルー EDテーマ

タイドライン・ブルーを見終わったらアストロ球団を見よう!→アストロ球団 第二球(前編) 「初登場で初死亡そして無縁仏で空から捨てられる球三郎」