この記事はMSA方式の感想記事です。

いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。

エル「やってまいりました今週のプリキュアコーナー」

みらい「通算15回目よ」

みどりの「鈴華様〜プライズでキュアビートのフィギュアが出ましたよ〜」

レイカ「そうね、それでハミィのフィギュアは?」

みどりの「え、ハミィのフィギュアですか?」

エル「鈴華ちゃん、あれだけぬいぐるみ面でハミィが優遇されてフィギュアも希望なの?」

レイカ「当然よ、ハミィに関するものなら何でもいいわ」

みらい「鈴華様、現状ハミィのフィギュアはあのジャガーのしかないですよ」

エル「と、取りあえずトップページから来た人は続きを読むに進もうね」

みらい「予定通り、ミューズの正体はアコちゃんだったようね」

エル「これで、二年連続、敵の表ボスは4人目の父親という図式になっちゃったか」

みどりの「表ボスですか?」

エル「そう、前作のサバーク博士もムーライトの父親でさらに裏のボスがいたという状況」

みどりの「確かに、今回もメフィストを操っている別の誰かと言う伏線が出てきましたね」

みらい「でも、今回は最終回間近のバレじゃなく、4人目登場時にバレだからメフィストは救われる運命にある」

みどりの「サバーク博士は救われませんでしたからね」

レイカ「しかし、4人目が登場となると由々しき事態が」

エル「鈴華ちゃんどうしたの?」

レイカ「EDのハミィのポジションが奪われる」


みらい「確かあそこは4人目登場までの仮ポジション」

みどりの「4人目のミューズが参戦すればハミィがリストラですね」

レイカ「そんなの絶対に許さない!」

エル「まあまあ、鈴華ちゃん落ち着いてよ。それにしてもアコちゃんがプリキュア尚且つメイジャーのお姫様となると一番おいしいポジションは」

みどりの「奏太くんですね」

みらい「奏太ね」


後日

エル「明日香ちゃん、奏太ちゃんを主人公にしたラノベって出ないのかな?」

アスカ「講談社ラノベ文庫におジャ魔女の最新作が出るらしいからあり得るかもしれません」

エレンは元猫、メフィストは元上司 スイートプリキュア34話
エレンはヒビカナの娘! スイートプリキュア33話
ミミちゃんの件はいずれトラウマに・・・・・・ スイートプリキュア32話
キャンプは青春爆発ファイヤー スイートプリキュア31話
音吉さんはメイジャーランドとのパイプ役? スイートプリキュア30話
悪のノイズでダーク化したりしなかったり スイートプリキュア29話
エレンを即入学させることができる音吉さんはほんと何者なんだ? スイートプリキュア28話
エレンの住所特定される スイートプリキュア27話
ハミィが珍しく大活躍 スイートプリキュア26話
化け猫がお化けを怖がっている スイートプリキュア25話
ニャプニャプ〜今日(8月3日)がハミィの日だと思ったら大間違いニャ 
今週はハミィ談議をするはずだが
セイレーンは今どうしたいニャ!
キュアビート正式稼働ひゃっほい!
セイレーン、いつか仲間になってくれると信じてたニャ