リバー オブ チェリー

茨城県桜川市に住んでいる方のキラっとひらめいた!ブログ
RSSフリーなのでどうぞ⇒http://blog.livedoor.jp/gran_cody/index.rdf

    革命機


    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式254回目」

    アスカ「特に準備もなく感想を始めましたからゲストのブッキング全然できていないですよ」

    エル「大丈夫、こういう時こそ顧問が居るんだからね、朱美ちゃん」

    アケミ「まあ、ガルパン以来、私を呼んでくれるのはありがたいけど・・・・・・ガルパンの11話及び12話の記事の際私を呼ばなかった理由を聞かせてもらいたいわね」

    アスカ「それは、ただ単に中の人がわすれ・・・・・・」

    エル「ごめん、その時はビビオペと2本撮り記事だったから思わず愛香ちゃんと鈴華ちゃんが居る時に」

    アケミ「時間軸上無理があるわよ絵瑠ちゃん」

    エル「うぐっ」

    アケミ「まあ、いいわ。これも分断クールらしいから今度こそは最後まで参加させてくれるなら」

    アスカ「ははは、そもそもワンクールでクシャポイにならない事を祈ります」

    エル「それじゃあトップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【これぞサンライズのロボアニメ! 革命機ヴァルヴレイヴ1話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式256回目」

    アスカ「初回からトラックバック帰りが多いですね」

    アケミ「昔はそのトラックバッグで一悶着あったのよね」

    エル「今となってはあの争いはいい思い出だと思うよ」


    アスカ「ですが昔は種運などで100も取れたトラックバッグは今では取れるアニメでも30行くかどうか・・・・・・あんなにいっぱいあった感想ブログってどこ行っちゃったんでしょうね」

    アケミ「大抵は休止をしてそのままフェードアウトするパターンが多いわね」

    エル「このブログも一時期そんな感じだったね」

    アスカ「芸風の方向性に迷った挙句の措置ですね、そもそもアニメついて叫ぶだけなら実況スレッドで要足りますね」

    アケミ「ブログと言うツールを使っている以上、別の可能性を求めた結果が今の状態って訳ね」

    エル「そだね、それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」


    【戦う動機が無くなってしまった件 革命機ヴァルヴレイヴ2話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式258回目」

    アスカ「一般の学生がもはや国を救った救世主、こんなこと普通ありえるのでしょうか?」

    アケミ「あり得るわよ」

    エル「そだね、例えば小国の独裁者の子供で外国に留学して、その独裁者が死んだら後継者に」

    アスカ「それはどこかの北の国からの話でしょうか?」

    アケミ「そうよ! 結局彼はその国では国を救う偉大なる救世主なのだから」

    エル「万歳〜万歳〜」

    アスカ「これ以上は悪乗りが過ぎますんでやめましょう!」


    エル「そだね、それじゃあトップページから来た人は続きを読むに進んでね」


    【腐ってもエルエルフ 革命機ヴァルヴレイヴ3話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式260回目」

    アスカ「タイトル元ネタはまたプロレスですか?」

    アケミ「長州藤波ね、絵瑠ちゃんはほんとプロレスが大好きね」

    エル「最近はオカダちゃんと棚橋ちゃんが名勝負してくれるよね」

    アスカ「棚橋ですか、一昔前は鈴木健想とタッグを組んでタナケンとか呼ばれてましたね」

    アケミ「女性に背中を刺されてそのまま原付で病院に行ったと言う逸話があるわね」

    エル「そのような伝説がある棚橋ちゃんがいまじゃ新日のエースだからね」

    アスカ「闘魂三銃士も最終的には蝶野だけが新日に残り続けましたしね」

    アケミ「プロレスと現在の政党これも似て非なる物ね」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【革命しよう言った奴が噛ませ犬 革命機ヴァルヴレイヴ4話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式262回目」

    アスカ「ありのままを話す。ヴァルヴレイブを見ていたと思っていたらいつの間にかラブライブを見ていたんです」

    アケミ「まあ、確かにヴァルヴレイブもラブライブも会社は一緒だけどね」

    エル「とは言っても、ますますヴァルヴレイブの方向性が迷走しているよね」

    アスカ「ロボットモノがやりたいのか、政治的なモノをやりたいのか、学園モノをやりたいのか、ラブライブをやりたいのか」

    アケミ「全部やろうとしてこういった結果になったのね」

    エル「とりあえずトップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【今回のラヴァルヴレイヴ! 革命機ヴァルヴレイヴ5話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式264回目」

    アスカ「前回のラヴァルヴレイブ!」

    アケミ「私たちの学園を守るため、元アイドルがスクールアイドルとして立ち上がるよ! って先生に何を言わすのよ」


    エル「先生って言うなりじゃないよね朱美ちゃんは」

    アスカ「絵瑠ちゃん先輩あなたもですよ・・・・・・」

    アケミ「まあ、兎にも角にもサキちゃんがハルトくんをNTRして盛り上がったところで前回は終わっちゃったんだけど今回はどうなる事やら」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【サキさんが清々しい悪女っぷりでした 革命機ヴァルヴレイヴ6話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式265回目」

    アケミ「はい、AGEから続くメガネ子に於ける宿命とは何?」

    アスカ「はい、それは感情移入する前に散ってしまうと言う事です」

    エル「そして、その死によって、世捨て人が一人出来てなかなか死にきれないと言う宿命を背負う事になるね」


    アケミ「そうね、AGEを完走したあなた達なら、知ってて当たり前の事ね」

    アスカ「今作におけるレミがアイナであり、オブライトがキューマって所ですかね」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」


    【メガネっ子が一人散ると言うのは世捨て人を一人作る事になる 革命機ヴァルヴレイヴ7話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式267回目」

    アスカ「さて、今回のオープニングトークはどうしましょうか?」

    アケミ「それでは安田記念のお話でも」

    エル「そだね、春G1は宝塚までだもんね」

    アスカ「競馬のお話なんかされても」

    アケミ「競馬は血統浪漫だからいいのよ」

    エル「安田記念にヴィルシーナが出るよね!」

    アスカ「ヴィルシーナ?」

    アケミ「ディープの娘ね、同じディープの娘のジェンティルドンナとの重賞数え歌が有名ね」

    エル「4戦ぐらいしかやってないけど、この2頭はまたどこかでやりあわないとダメだと思う、ヴィルシーナが一度ぐらい勝レースをみたいな」

    アスカ「もう何を言っているのかイジゲンの世界ですよ」

    アケミ「イジゲンっていつも出遅れるわよね」

    エル「そだね、それでも勝てるレースもあるんだから不思議だよね」

    アスカ「あの、本気で競馬記事になってしまいますのでそろそろヴァルヴレイヴの話よろしいですか?」

    エル「トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【人間を辞めたい人続出 革命機ヴァルヴレイヴ8話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式269回目」

    アスカ「ブログ中の人がまた睡眠拒絶ゲームソフトを買ったそうです」

    アケミ「睡眠拒絶? 何かしらそれは?」

    エル「眠ることを拒絶してしまうゲームソフト、つまりはめちゃくちゃハマってしまうソフトだね」

    アスカ「過去気づいたら朝になっていた報告のソフトと言えば、大航海時代、信長の野望、太閤立志伝とまあここまでくればどこのメーカー縛りかわかりますよね」

    アケミ「どれもこれもKOEIのソフトだけどそれ以外に何かあるかしら?」

    エル「ウィニングポスト」

    アスカ「わかっちゃいましたか?」

    エル「そだね、若干競馬がプチブームだからちょっと乗っかった感じで買ったら即ハマりのケースだね」

    アケミ「もしかして2013?」

    アスカ「最新データPS3版です」

    アケミ「・・・・・・もう少し待てばVITA版が出たのに」

    エル「それはともかくヴァルヴレイブの話をしようよ! トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【現実はハルトが思っているほど優しくない 革命機ヴァルヴレイヴ9話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式271回目」

    アスカ「この前、48的な選挙がやったと思えばこっちでも選挙ですか?」

    アケミ「今年も色々選挙ラッシュだからね、AKB、都議会、参議議員、桜川市長」

    エル「何かしらどこかで選挙はやっていると思うよ」

    アスカ「今回の選挙は、中立地月到着に伴う真の代表者選出と言ったところですか?」

    アケミ「大人がいない以上、あの先生がなし崩しになるしかなかったでしょう、同業者として同情するわね」

    エル「まあ、そんな選挙速報も気になる人でトップページから来た人は続きを読むに進んでね」


    【一応言っておくショーコが当選したら奴らがビビる! 革命機ヴァルヴレイヴ10話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式273回目」

    アスカ「ヴァルヴレイヴは分割2期ですので、もうすぐ1期が終わりますね」

    アケミ「いろんなアニメのごった煮アニメだったけど覇権は難しそうね」

    エル「そもそもエロに走った時点で」

    アスカ「のち200年に続く物語の序章果たしてどう着地するのか」

    アケミ「まずは、ハルト君の例の処遇よ」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【ハルトには色々責任を取ってもらわないといけない 革命機ヴァルヴレイヴ11話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式275回目」

    アスカ「このブログ界隈の大きな話題と言えば牙狼FINALで爆連を出したとか出さなかったとか」

    アケミ「比良也くんやらかしたようね、ここは何かおごってもらうしか・・・」

    エル「やっぱり、あっちの記事に勢力は押され気味だね」

    アスカ「ですけど、こっちはこっちでもし版権の元ネタを応援していたら相乗で数字が取れますよ」

    アケミ「版権とか言うけどヴァルヴレイヴにそれだけの資質があるかどうか疑問ね」

    エル「資質どうこうより、最終的には人気が出るスペックで版権は二の次だから、元々牙狼とかアクエリオンなんて放送中は見向きもされなかったのにパチ化で人気出てからご覧の有様なんだもん」

    アスカ「ご覧の有様の礎はやっぱりエヴァですよね」

    アケミ「今のエヴァの製作費の殆どがパチマネーね」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【6号機、2号機起動! これで役者はそろったか? 革命機ヴァルヴレイヴ12話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式294回目」

    アスカ「1クール開けてのヴァルヴレイヴ2期ですね」

    アケミ「正直、前期の最終回は最終回じゃなかったわよね」

    エル「分断2期と分かっていたからよかったけど普通だったら打ち切りみたいな終わり方だったからね」

    アスカ「とりあえず今期はヴァルヴレイヴ軸で行く形ですか」

    アケミ「そうね、ポケモンも絡んでいるからなかなかブログ更新も難しいだろうに」

    エル「と言うかアケミちゃん、何気にレギュラー多いよね先生のクセに」

    アケミ「先生だもの!」

    アスカ「それでは、トップページから来た人は続きを読むに進みましょうか?」

    【アキラちゃん初陣も分割2クールで邪魔された 革命機ヴァルヴレイヴ2nd1話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式295回目」

    アスカ「今期のアニメはかなり強いのが集まっていますのでヴァルヴレイヴは勝負するのは難しいですね」

    アケミ「そうね、ロボット枠もガンダムやIS、そして台風の目はガリレイドンナがあるわね」

    エル「あたしはガリレイドンナの3女ちゃん好きだよ」

    アスカ「星月ちゃんは13歳か・・・・・・絵瑠ちゃん先輩と飯塚先生と背が変わりませんがお二人はお幾つでしたっけ?」

    アケミ「に十七歳よ悪い!」

    エル「あたしは16だよ知っているくせに、それじゃあトップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【アキラがああなったのもほとんどサトミのせい 革命機ヴァルヴレイヴ2nd2話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式297回目」

    アスカ「300回まであともう少しですか」

    アケミ「レギュラーがあと一本増えれば300回はすぐだったのにね」

    エル「ん、まあいまの中の人のペースじゃレギュラーを一本増やすことは出来でも持続は難しいと思うよ。ただでさえ、早く上がれると思った職場が結構残らされるレベルになっちゃったからね」

    アスカ「残業なんて企業にしてみたらあまりよろしくないのに残らされるとは」

    アケミ「それだけ、信用されるようになったのよ」

    エル「まあ、その分こっちの本職がおろそかになっちゃうけど」

    アスカ「傍から見れば普通の仕事が本職でこっちが副職やサークル活動なんだけどなぁ」

    アケミ「残業が多い分前よりもらえるから文句が言えないのよね」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【人間じゃない子がまた一人 革命機ヴァルヴレイヴ2nd3話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式298回目」

    アスカ「300回まで刻一刻ですね」

    アケミ「今のペースだと到達は2週間後、何かしら記事を挟んだら今週中って所かしら」

    エル「そだね、前者が有力だよ」

    アスカ「ずいぶん消極的ですね」

    アケミ「こんな季節だからかしらね」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」


    【さすがマリエさん、ヴァルヴレイヴ一号機の正規パイロットだぜ 革命機ヴァルヴレイヴ2nd4話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式299回目」

    アスカ「300回までリーチとなりましたが、まさか300回でこの形式を辞めるとか言いませんよね」

    アケミ「まさか、絵瑠ちゃんに限ってそんなことは」

    エル「そう、実はまさか」

    アスカ「まさか」

    アケミ「んんっ?」

    エル「300回越えても通常営業で行くことを宣言するよ!」

    アスカ「なんですか、吃驚させないでくださいよ」

    アケミ「まあ、かつての全盛期に比べたらレギュラーの数が減っているから、そう思っちゃうわよね」

    エル「それじゃあ、いつも通りトップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【不死身のようで不死身じゃない 革命機ヴァルヴレイヴ2nd5話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式300回目」

    アスカ「このブログがこの路線になってとうとう300回目ですか!」

    アケミ「とは言っても、番外記事とかその他諸々を含めれば既に超えているけどね」

    エル「本筋での300回だからいいんじゃないの!」

    アスカ「これからも続けて行きたいですね」

    アケミ「続けばね・・・」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【親の顔を見てみたら 革命機ヴァルヴレイヴ2nd6話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式301回目」

    アスカ「今回の話見て思ったのはついにエルエルフが散るのか? でしたが」

    アケミ「見事に生き残ったわね」

    エル「ハルトちゃん達は一応不死身だからいくら撃たれても平気だけどエルエルフちゃんは一人旅団でも生身だから死ぬ時は死ぬよ」

    アスカ「まあ、あとはリーゼロッテもあっち側の存在だったとは」

    アケミ「だったとはと言う前にすぐ散ったわね」

    エル「人が散りすぎで誰が生き残るのか・・・・・・」

    アスカ「毎度毎度のことですがサキさんだけは」

    アケミ「でも、今回の話を見る限りでは、もうサキちゃんは忘れられているわよね」

    エル「一応エルエルフちゃんはサキちゃんの体と4号機はちゃんと残していたよね」

    アスカ「ただ戻るタイミングが悪かったですね」

    アケミ「一人地球に残されたサキちゃん一体どうなるのかしら」

    エル「そんなことより、トップページから来た人は続きを読むに進んでねが言えなかった件!」

    アスカ「そんな回もありますよ」

    【完全にみんなに忘れられているサキ嬢 革命機ヴァルヴレイヴ2nd7話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式302回目」

    アスカ「記事の縮小化が多い最近ですが、今回も続き機能は使わない流れで」

    アケミ「だって、絵瑠ちゃんが使わないんだもの」

    エル「特に引っ張ることないからこのまま語るよ」

    アスカ「今回の話は、無事? 地球から戻ったハルト達ですが」

    アケミ「戦死1、MIA1、重傷1、消滅1は無事と言うレベルじゃないけど」

    エル「戻ってきたことで更なる支持や信頼を受けたと言う事だよ、だけどみんなサキちゃんに薄情だよ!」

    アスカ「こればっかりは脚本のせいですから、まあその薄情な方々に鉄槌が下りますからね」

    アケミ「サキちゃん敵の捕虜に」

    エル「200年先まで死なないとと言う子だけどとうとう捕虜プレイまで受けるなんて」

    アスカ「さすが仕事を選ばないサキさんですね」

    アケミ「そのせいで何かしら変化が現れるようだけど」

    エル「それが5話で片づけられるのかそれが問題だね」

    アスカ「それより、200年問題が5話で片づけられるのか・・・」



    【生き残ると言う芸風のサキさん敵につかまってまであんなことされるなんて 革命機ヴァルヴレイヴ2nd8話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式303回目」

    アスカ「先の見えないストーリーと言うのは作品によってはいい意味と悪い意味にもなりますね」

    アケミ「いい意味がキルラキルで悪い意味がこのヴァルヴレイヴと言ったところかしら」

    エル「うん、まさかここに来て大量虐殺とはね」

    アスカ「さすがに退きますよね」

    アケミ「まだギアスの大量虐殺の方がストーリーの理に適ってよかったわね」

    エル「化け物だから皆殺し、救おうとしてやった行動がさらに裏目に出るか」

    アスカ「キューマ先輩のハルト救出劇はそりゃよかったですよ、ただ前半の皆殺しや後半の裏切りも無ければね」

    アケミ「これだけ人が死ぬアニメでなんでショーコちゃんをここまで生かしたのかよくわからない」

    エル「ワンクールにしてハルトちゃんはとっととサキちゃんとくっ付いちゃえばいいストーリーで終われたんだろうけど」

    アスカ「話は200年先までありますからね」

    アケミ「潔く2期はその200年後の話をしていればよかったのよきっと」

    エル「だけど、裏切られて一度は敵に差し出されて戻ってきたハルトちゃん一体どうなるのだろう扱い的に」

    アスカ「記憶障害が出て来てますからハルトは長くは無いでしょう」

    アケミ「それより問題はこの大風呂敷を後4話か3話でまとめられるかどうかよね」

    【新生ジオールのウィークポイントは指南ショーコ総理であること 革命機ヴァルヴレイヴ2nd9話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式305回目」

    アスカ「先週の放送でショーコ株が大暴落でしたね」

    アケミ「元々、買える所じゃないわよねショーコ株」

    エル「あたしは、最初からサキちゃんがヒロインだと思っていたよ」

    アスカ「今週の話を見て行くことにしますとハルトとエルエルフ、そしてやっぱり自分がクズと思い知らされるショーコですかね」

    アケミ「そして、アードライの強すぎるエルエルフ愛ね」

    エル「うん、まあ今更真実を知ってもショーコちゃんはもう取り返しがきかないよね」

    アスカ「そもそも黙っていたハルトも悪いが、ハルトを信じ切れなかったショーコが更に悪いと思います」

    アケミ「そうね、偉くなるとやろうとしていたことが全然できなくなるのよね」

    エル「偉くなるってなんだか嫌だね。アードライちゃんも元々偉かったようだけど色々あったんだね」

    アスカ「むしろああいう奴がえらいままでよかったともいますがね」

    アケミ「まあ、それがシナリオなんだから仕方ないわよね」

    エル「それにしても最初からサキちゃんで最後もサキちゃんこれだけは評価するよ」

    【ショーコ暴落、サキ急騰 革命機ヴァルヴレイヴ2nd10話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式306回目」

    アスカ「今回の放送でやはり注目するのは戦線復帰したサキさんですね」

    アケミ「正直、彼女やアキラちゃんの方がメインヒロインに相応しいわね」

    エル「そだね、もうショーコちゃんに望むものは何もない」

    アスカ「ハルトの記憶がどんどん消えて行く演出がありますが、ショーコの記憶ばかりですね」

    アケミ「さぞかし視聴者はどんどんやれと思ったでしょう」

    エル「そして、最終回を待たずしてサンダーちゃんが退場」

    アスカ「クーフィアとか言うクソガキは結局噛ませに使われましたね」

    アケミ「LAXの3人がドルシアでの実働になってしまったわね」

    エル「作戦と言っても、実働部隊が乗り込んで一番偉い人をやっちゃうって正攻法とは言えば正攻法だけど」

    アスカ「誰もが思っていますよ、某国のあれも内部的にやられてくれないかなって」

    アケミ「古城くん、それはちょっと言い過ぎだと思うわ」

    エル「あくまでも理想だからね。さて、次回で最終回だと思うけどこの風呂敷どうまとめてくれるのかな?」

    アスカ「困った時はまた200年後やればいいだけだと思います」

    アケミ「結局、サキちゃん頼りの話なのね」

    【そして世界は暴かれる 革命機ヴァルヴレイヴ2nd11話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式307回目」

    アスカ「AGEより酷い最終回を俺はみました」

    アケミ「そうね、問題は解決したように見えるけど色んな事が投げっぱなしで視聴者全員クエスチョンマークよねあれは」

    エル「強いて言えばツイッターらしきものが最強って事でいいかな?」

    アスカ「そうですよね、いくら情報とか統制しても最終的には世間の目には誤魔化せないと言う事ですね」

    アケミ「ただ、視聴者の目は誤魔化せないのは事実ね」

    エル「あたしはねぇ、納得できないのはショーコちゃんがなんで200年後まで生きていると言う点だよね」

    アスカ「あー俺もそう思います。生き返るから化け物としてハルトを売ったのに最終的には自分もそっち側になってなんでしょうね」

    アケミ「彼女なりのハルトへの償いでしょうね」

    エル「つぐない? あれだけ酷いことをしたのに」

    アスカ「この最終回を見ると今までハルトがしてきたことはショーコへの恋の空回りとしか言いようがないですね」

    アケミ「末路がマリエさんと一緒ではね」

    エル「それで200年後の帝国編はいつやるの?」

    アスカ「いや、ここまでやったからもうやらないでしょう」

    アケミ「そうね、ヴァルヴレイヴは失敗これでおk?」

    エル「だけど、200年後の話の続きを見たかったなぁ」

    アスカ「さて、これで今年のレギュラー記事は終わりですね」

    アケミ「あら、あと年間ベストの記事があるわよ」

    エル「そだね、あとは残りの日数、次回のレギュラー記事をどうするのか考えないとね」





    【世界に爪痕は残せましたか?  革命機ヴァルヴレイヴ2nd12話】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキングアクセス解析