リバー オブ チェリー

茨城県桜川市に住んでいる方のキラっとひらめいた!ブログ
RSSフリーなのでどうぞ⇒http://blog.livedoor.jp/gran_cody/index.rdf

    艦これ



    この記事はMSA方式
    の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式412回目」

    アスカ「もはや、本線は劇場版枠としか言えない、MSA方式ですが・・・」

    エル「と言うかMSA方式というのがもうわかっていないと言うか・・・」

    アスカ「そういうのは一番上の赤いのに任せてありますから」

    エル「で、今回は劇場版艦これだよね、ゲストは?」

    アスカ「しっかりやりたいので、うちの妹を連れてきた」

    マナカ「競馬記事から軍事記事までそつなくこなす、愛香です! 明日香兄ぃ、絵瑠姉ぇ、お願い致します」

    エル「よろしくー」

    アスカ「そういえば、今更だが、数年前の競馬記事で、しらさぎがイーグレットやらになった回があったよな?」

    マナカ「ナンノコトデスカ・・・」

    エル「この後もたまに出てきたけど・・・」

    アスカ「あれって、実際のところ、シスタープリンセスで四葉が怪盗クローバーになった話のオマージュだよな」

    マナカ「・・・まあ、ぶっちゃけと言うか、潜在的と言うか古典的と言うかだったけど」

    エル「古典の原点がシスプリだったという訳だよね」

    アスカ「最近シスプリ1期を入手して見たらそんな話があったからな・・・」

    マナカ「それじゃあ、艦これの話に行こうよ!」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」
    【長らくお待たせした艦これの続編 劇場版艦これ】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式393回目」

    アスカ「という訳で今回で艦これ最終回なわけですが、ゲストはみらいちゃんとみどりのちゃんを読んでいます」

    みどりの「続編決定おめでとうございます」

    みらい「ネタバレ・・・」

    エル「まあ、続編できるのはいいけど、作品の出来が納得できないから続編で濁しましたてきな」

    アスカ「正直、本命とか覇権とか言われていましたがちょっと難しいですね」

    みどりの「やっぱり路線がダメだったんでしょうか?」

    みらい「ドッグデイズ的な路線だったらまだ行けたような」

    エル「カレーの話みたいなのがもう少しあればよかったね」

    アスカ「それができていなければそこまで叩かれていませんよ」

    みどりの「それにしても如月ちゃんはどこに行ったんでしょうね」

    みらい「髪飾りが浮かんでいたそれが全て・・・」


    【如月ちゃんは結局・・・ 艦隊これくしょん -艦これ-12話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式392回目」

    アスカ「今回のゲストは」

    エル「いないよっ!」

    アスカ「いや、金敷が」

    エル「いないよっ!」

    ソウコ「いるんだよねそれが」

    エル「そもそも、前の時の呼び寄せたのがあたしの慢心で」

    アスカ「まあまあ、今回はその慢心さんのメイン回ですね」

    ソウコ「昔はMIで沈んだんだよね赤城さん」

    エル「まーその赤城ちゃんが選んだ編成だから間違いなく勝てるとおもんだけど」

    アスカ「見た感じもう危険ですよ」

    ソウコ「待って援軍を待てばよかったのに」

    エル「赤城ちゃんにはそれが出来なかったんだよ」

    アスカ「時代は繰り返すのかという事だけど吹雪の働き次第ですね」

    ソウコ「まあ、主人公だし吹雪ちゃんはやってくれるよ」

    エル「とーぜんじゃん!」

    【やはり慢心が危機を招くのか? 艦隊これくしょん -艦これ-11話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式391回目」

    アスカ「今回のゲストは飯塚先生ですね、先生は競馬だけでなくこういった軍事的なことにも詳しくて、戦場にいた頃の通り名が」

    アケミ「・・・そこは黙っててもらえるかな」

    エル「今回までのお話をまとめると、大規模作戦で鎮守府戦力がスッカラカンになったところを狙われて結局みんな戻ってきたけど司令官ちゃんがいなかっただよね」

    アスカ「しかし、司令官とやらは想像以上の吹雪スキーらしいですね」

    アケミ「夢で見たからよその鎮守府から引き抜いて、そして吹雪可愛さに結局危ない橋を渡らせず戻らせたり」

    エル「裏を返せばあの鎮守府、吹雪ちゃんのせいでいろいろなことが起きちゃっているんだよね」

    アスカ「ただ、司令官はもう吹雪と心中する気で色々と考えているでしょうね、とまあ、今回はその吹雪が練度不足を補うため&赤城さんの随伴艦になるため一航戦にかわいがわれる話ですけどね」

    アケミ「結果改にはなれたのよね改には」

    エル「改二じゃないんだね」

    アスカ「夕立ちゃんは改二なのに」

    アケミ「まあ、実装されたのが最近だからね吹雪改二」

    エル「そういえば、忘れそうだけど、敵になった如月ちゃんいつ出るんだろうね」

    【一航戦による駆逐艦の可愛がる事案が発生 艦隊これくしょん -艦これ-10話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式390回目」

    アスカ「今回のゲストは今泉だな」

    レイカ「よろしく」

    エル「今回の話を平たくまとめると旗艦としては成果をあげていたのに、駆逐艦としては同僚に追い抜かれたかな」

    アスカ「しかも、成果を出していたのにも関わらず左遷とかやってられないですよね」

    レイカ「しかし、夕立改二はかっこいいわね忍者見たくて」

    エル「ん? なんかこのネタ前にもやったような」

    アスカ「忍者?」

    レイカ「そもそも、夕立のあの出て達は、ソロモン海での活躍によるよね」

    エル「そだね、一応駆逐艦最強レベルぐらいの実力だもん」

    アスカ「それにしても、襲撃される鎮守府なにやってんの?」

    レイカ「そもそも、司令官の概念があってないようなものなのに行方不明とか」

    エル「次回はどうなることやら」


    【吹雪ちゃんまさかの左遷っぽい? 艦隊これくしょん -艦これ-9話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式389回目」

    アスカ「今回のゲストは、1話ぶりのゲスト我が妹、愛香です」

    マナカ「おおっ、ようやく登場巨大戦力だよね大和さん」

    エル「そだね、大和ちゃん巨大戦力なんだけど」

    アスカ「まだ引けてないんですよね」

    マナカ「長門さんは引けたけど大和さんはねぇ・・・先にビスマルクさんを引きたいよ」

    エル「長門ちゃんと言えばようやく本性を現したよね」

    アスカ「ああ見えて駆逐艦スキーですから」

    マナカ「でも大和さんの出撃を止めた最大の要因は燃費の悪さだよね」

    エル「うん、ただでさえ食べる子が多いのにさらに食べる子が追加されたことで資材方面が」

    アスカ「戦力があるのにコストで出せないもどかしいというか」

    マナカ「吹雪ちゃんとかは駆逐艦だからほんとコスト面で優れているよね」

    エル「そして、次回から夕立ちゃんが非行に走るか・・・」

    危機でも無傷の幸運艦それが瑞鶴 艦隊これくしょん -艦これ-7話
    主人公どこへ行った? 艦隊これくしょん -艦これ-6話
    胃が痛くなる艦隊の旗艦になる 艦隊これくしょん -艦これ-5話
    おいこら金剛型戦艦! 艦隊これくしょん -艦これ-4話
    モテるのは主人公の証 艦隊これくしょん -艦これ-3話
    おいこら川内型! 艦隊これくしょん -艦これ-2話
    待ちに待った艦これのアニメがやってきた 艦隊これくしょん -艦これ-1話

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式388回目」

    アスカ「今回のゲストは、絵瑠ちゃん先輩の大親友の五稜満月先輩ですね」

    ミツキ「ごきげんよう。ちなみスロットに戦国コレクションというものがあるのだけれどこちらとはどういう関係でしょうか?」

    エル「関係性というか・・・特にないけど強いて言えばブラウザゲームってところかな」

    アスカ「戦コレはどっちらかと言うとアニメ化してから火が付いたものですが艦これはゲームからが人気ですかね」

    ミツキ「なるほどで・・・CR化はいつですの?」

    エル「・・・・・・コンシューマゲームがまだ先だから当分先だよ」

    アスカ「えっと、今回の話ですね。吹雪の管理職としての真価が問われる回ですね」

    ミツキ「吹雪さんは主人公ですのね。いかにも補正が付きそうなキャラですわね」

    エル「その主人公補正で、新しく編成された艦隊の旗艦に抜擢された吹雪ちゃん、今回が本格的な任務だよね」

    アスカ「ちょっとしたアクシデントで加賀さんが控えに入って代わりに翔鶴さんが出ることになりましたね」

    ミツキ「情報が漏れているとかいやな雰囲気ですわね」

    エル「うん、案の定無線封鎖をした途端、五航戦姉妹狙い撃ちだよ」

    アスカ「それでも被弾は翔鶴さんで瑞鶴には当たらないんですね」

    ミツキ「なるほど、その幸運是非最近慶次で単発だらけの先生に分けてあげたいですわね」

    エル「危険を察して、吹雪ちゃんが救出に向かって助けるという流れだね」

    アスカ「前回は日常をやったけどやっぱりシリアスに進んでいますよね」

    ミツキ「ですが、吹雪ちゃんの成長話としては評価が高いですわね」

    エル「ただ、中途半端なんだよね・・・・・・ちなみに成長物語で一番評価が高いのはビルドだから」

    アスカ「来週はさらに大型戦力がやってくるようですね」

    【危機でも無傷の幸運艦それが瑞鶴 艦隊これくしょん -艦これ-7話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式387回目」

    アスカ「今回のゲストは、今泉の後輩其ノ二大泉みどりのちゃんです」

    みどりの「どうもです」

    エル「今回はみんな大好き第六駆逐艦隊の話だよね」

    アスカ「ハラショー」

    みどりの「なのです」

    エル「エルおねーさんに頼ってもいいのよ」

    アスカ「とまあ、みんな大好きですが・・・主人公どこいったんでしょうか?」

    みどりの「むしろ吹雪ちゃんがサブキャラになったほうが視聴率があがるんじゃないかと」

    エル「確かに、あの方が視聴率あがるけどさあ」

    アスカ「カレー洋とはインド洋のことでは・・・」

    みどりの「美味しそうなカレーですよね」

    エル「でもながもんちゃんは甘いカレーを食べたかっただけだよね」

    アスカ「足柄さんたちのカレー辛そうでしたし」

    みどりの「完全に出来レースじゃないですか!」

    エル「出来レースにしても、やっぱりながもんちゃんの喝がなかったら伸びなかったけどね」

    アスカ「長門さんやっぱり駆逐艦好きなんですかね・・・」


    【主人公どこへ行った? 艦隊これくしょん -艦これ-6話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式386回目」

    アスカ「今回のゲストは、今泉の後輩の中泉みらいちゃんを呼んでます」

    みらい「どうも」

    エル「いつもは、みどりのちゃんとセットだけど今回はピンだね」

    アスカ「今回はひとりだけどよろしくな」

    みらい「鈴華様の頼みだから仕方ない・・・」

    エル「さて、今回は吹雪ちゃんが転属になったようだけど」

    アスカ「サイコレズの大井と北上、そして仲の悪い加賀と瑞鶴ですか」

    みらい「編成歴がある金剛と一緒なのは吹雪にとってプラスだけど」

    エル「考えてみれば結構火力高い編成だよねこれ」

    アスカ「問題はどうまとめるかだけど」

    みらい「一番胃が痛くなった子がリーダー」

    エル「となると吹雪ちゃんが適任なんだよね」

    アスカ「消去法というか一番の一般人ですからね」

    みらい「そもそもあの編成では沈みやすい吹雪を旗艦にするのはいい判断」

    エル「それに練度が低い子が旗艦だと経験値が入りやすいしね」

    アスカ「次回はみんな大好き電ちゃん達の話ですかね」

    【胃が痛くなる艦隊の旗艦になる 艦隊これくしょん -艦これ-5話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式385回目」

    アスカ「今回のゲストは金敷に来てもらってます」

    ソウコ「ふふふ、ちっこい先輩ちゃんとはなかなか一緒の記事に出られないからね今日は楽しみにしていたよ」

    エル「・・・・・・チェンジで」

    アスカ「まあまあ、そう言わずに」

    ソウコ「そう言わずに」

    エル「むぅ・・・」

    アスカ「さて、今回の話ですが」

    ソウコ「如月ちゃんが沈んだことで、主に駆逐艦っ子にダメージが大きいよね」

    エル「まあ、駆逐艦は下手すればすぐ沈むから」

    アスカ「そんな中、吹雪と島風が金剛四姉妹と同じ艦隊に編成されるわけですが」

    ソウコ「金剛と霧島まではわかるよ、まさか榛名や霧島までがあんな子だったとは」

    エル「基本は金剛ちゃん以外は金剛ちゃん大好きだから、榛名ちゃんや霧島ちゃんはそれがゲーム内では薄れていただけで実際にはLOVEなんだから」

    アスカ「ポンコツ4姉妹かと思えば、やっぱり実戦ではやってくれますからね」

    ソウコ「ただ、あれだよね如月ちゃん問題」

    エル「そのせいで睦月ちゃんは鬱月ちゃんになっていたけど・・・・・・そこは吹雪ちゃんの主人公力で!」

    アスカ「カバーですかね、来週は加賀さん回ですかね」



    【おいこら金剛型戦艦! 艦隊これくしょん -艦これ-4話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式384回目」

    アスカ「今回のゲストは飯塚先生ですね」

    アケミ「今回はW島攻略という表記ですが、まあ実際にはウェーク島でいいでしょうね」

    エル「それにしても吹雪ちゃんはえらい人気だね」

    アスカ「主人公だからというのもあるんですが、まあ、よくも各方面にフラグ立てまくりですね」

    アケミ「立てまくりでいろんな方に死相がが出ているわよね、ウェーク島ということであの子が一番怪しかったけどやっぱりそうだったわね」

    エル「・・・・・・うーんまさかの如月ちゃん轟沈とは」

    アスカ「1話と2話で睦月と如月の仲の良さを見せつけて3話で落としますか・・・」

    アケミ「ただ物語の前半で落としたとなると・・・・・・後半敵フラグで出てきそうで」

    エル「ありそうだよね」

    アスカ「如月轟沈展開なのに次回は金剛姉妹とは」

    アケミ「如月ちゃん報われるかしら・・・」



    【モテるのは主人公の証 艦隊これくしょん -艦これ-3話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式383回目」

    アスカ「艦これ2話目ですね、今回のゲストは?」

    レイカ「私よ、明日香君」

    エル「鈴華ちゃんだね」

    アスカ「今泉は好きな艦はあるのか?」

    レイカ「そうね、川内型特に川内なんかが」

    エル「なるほどね、あの子改二になったら忍者になるもんね」

    アスカ「忍者?」

    レイカ「マッドサイエンジェル、その話は別の場所で・・・」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【おいこら川内型! 艦隊これくしょん -艦これ-2話】の続きを読む

    この記事はMSA方式の感想記事です。
    基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。
    いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。


    エル「MSA方式382回目」

    アスカ「新年一発目ですね、今年の目標とかありますか?」

    エル「うーん、やたらとレギュラーは増やさないだね」

    アスカ「去年秋期は週3本にした結果、見事なクオリティ落としになりましたからね・・・」

    エル「だからね、冬期は艦これ一本に絞るよ」

    アスカ「ところでゲストは・・・・・・」

    エル「実を言うとみんな出たがっているから当番制にすることにしたよ。という訳で今回は愛香ちゃんだよ」

    マナカ「久しぶりに兄ぃと一緒だよ!」

    アスカ「愛香は、プリキュア記事と競馬記事、意外とレギュラーあるからなぁ」

    エル「それじゃあ、トップページから来た人は続きを読むに進んでね」

    【待ちに待った艦これのアニメがやってきた 艦隊これくしょん -艦これ-1話】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキングアクセス解析