第22回星の郷野辺山ウルトラマラソン

佐久市の自宅を2:30に出発。今回は妻とラン友さんと3人一緒。
1時間あまりで野辺山に到着し、受付を済ませて体育館で着替え。
今年は参加者が増え、体育館が人であふれている。参加者を増やすなら着替えの場所も広げて欲しい。

スタートギリギリまでトイレに並んだのでかなり後ろの方からスタート。
去年はゴールが制限時間ギリギリだったので今年はもっと余裕を持ってゴールしたい。できれば13時間切りを目指す。

スタートしてからJR最高地点を過ぎて林道に入るまでは走りやすい舗装路。ここはキロ6分で入る。ここでラン友さんのNさんと遭遇。
林道に入ってからも登りは極力走る。今年は例年より前で走ってるらしく、いつもだと歩く登りを皆走ってる。つられて走る。

コース最高地点を難なく通過。長野マラソンから1ヶ月、あまり走ってなかったけど3月4月に30キロ走を何回かやったので効果出てるのかな。

渋の湯のエイドでお馴染みのお汁粉を頂く。ここでパンやおにぎりも補給。ここからしばらく登ると42キロまで一気に下り。
5時間ほどで42キロ到着。いつもだとここでゆっくり休むけど今年は水分補給だけですぐにスタート。ここから50キロまで引き続き下り。
坂の途中の公衆トイレで初のトイレ休憩。

50キロのエイドは今年は広くて良かった。スタートから5時間50分、いつもよりハイペース。ここの蕎麦は美味しいらしいけどいつも10分くらい並ぶのでまだ食べたことながない。今回は3人くらいしか並んでなかったので食べられたけど食欲がなかった。お腹が痛くなって調子がイマイチ。

ここからが本番、完走するにはここから71キロまでをどれだけ頑張れるか。
59キロの北相木村の折り返しまでのきついアップダウン、しかも気温が高くなってきた。
エイドで水分補給しようとしても体が受け付けない。吐きそうになる。少しずつ口に含み飲み下す。
59キロも順調に通過。62キロあたりまでは快調に走れたが、ここから上りが増え、歩くことが増えた。
南相木村の67キロのエイドまでが遠く感じる。ここからさらに71キロの滝見の湯までずっと上り。ほとんど歩いた。大きく時間ロス。
ここまで9時間10分くらい。

74キロのエイドを過ぎればいよい 馬越峠越え。いつもここを早歩きで追い抜く区間。割と得意としていたが、今年は足が重くて早く歩けない。どんどん追い抜かれていく。79キロの馬越峠まで1時間もかかった。

この先は85キロまで一気の下り。ここでタイムを稼ぎたい。とは思うが毎度足がカクカクしてスピードに乗れない。2キロくらい下ってようやく足が下りに慣れてきて気持ちよく走れた。
下り終わって川を渡った後の平坦な2キロがとてつもなく長く感じる。平坦なのに歩いてる人もいる。

やっと87キロの川上村のエイドに到着。うどんと太巻きをお腹に納めて出発。制限時間まであと2時間。60キロ以降想定以上に時間がかかった。

90キロまでは町中を抜けるフラットなコース。そして残り10キロ。ここからが本当にゴールが遠かった。とにかく上りの連続。ほとんど走れない。どんどん時間だけが過ぎていく。
95キロの標示が見えるまでなんと遠いことか。97キロ最後のエイドを過ぎてからやっと走れる。そこからの1キロ毎の標示がなんと遠く感じたことか。制限時間には間に合うと思うと少しの上りが走れない。
去年は制限時間3分前に駆け込んだのでこのきつい区間も死ぬ気で走った。
それでもゴール間近の踏切を渡ってからは最後の力を振り絞って走った。
野辺山駅前の交差点を左に曲がってビクトリーロード。
ここまでの辛さがこの数十メートルで全て吹き飛ぶ。
ゴール!13時間41分。
タイムは不満が残るが4回目の完走を果たし満足。

第3回身延山・七面山修行走

昨日修行走に行ってきました。

昇竜ロングコース36キロ
累積標高差2700メートル
Screenshot_2015-11-27-21-26-55


一昨年の美ヶ原以来2年ぶりのトレランレース。ほとんど練習できていなかったので完走ができるかあまり自信がないままにレースを迎えた。

《スタート〜奥の院 5.4辧”弦盧耕鵤坑娃m上り 1:05》

P_20151129_062527

スタートはラン友で第1回から参加しているYさんと一緒。
気温はたぶん1〜2度、待っている間は寒かったが走り出せばすぐに体は温まった。
山門を過ぎればすぐに急坂の登り。
皆歩きで登る。
山頂まではYさんになんとか付いて行く。
山頂ですでに大腿部がパンパン。

《奥の院〜羽衣 8.5辧”弦盧耕鵤僑娃m下り 1:00》

ここからは林道の下り。
思ったとおり下りに関わらず足が全く動かない。
Yさんには置いて行かれ、他の人にもどんどん抜かれる。
緩い坂になってようやく抜かれずに走ることができた。

《羽衣〜七面山 4.6辧”弦盧耕鵤隠横娃m上り 1:50》
P_20151129_113316

P_20151129_113438


いよいよここからがこのコースの一番きつい区間。お寺のパンフレットによると歩いて4〜5時間のコースとのこと。
距離の目印に石灯籠が1丁から50丁まで続き、階段状のコースをひたすら登る。
登り始めはペースをつかむまでゆっくりと自分に言い聞かせる。
半分の25丁で一気に見晴らしがよくなり、スタッフが「槍ヶ岳が見えます」と教えてくれた。
ここから調子が上がってどんどん抜いていく。
追い抜いていくと気持ちはいいが大腿部、ハムスト、ふくらはぎそしてお尻と下半身すべてが攣りそう。
頂上から見る富士山は絶景。
境内ではお坊さんが「エイドはアッチでーす」とポーズを取りながら案内してくれる。
おしるこをいただいて温まる。
アミノバイタルと痙攣防止に芍薬甘草湯を服用。

《七面山〜角瀬 6.0辧”弦盧耕鵤隠苅娃m下り 1:15》

ここからは下りでトレイルのコース。
最初は喜んで勢いよく下ったが5分もするといきなり大腿部が攣って屈伸。
少し慎重に下ることにした。
しばらく行くと大腿部に痛みが出始める。
急坂が続いて練習不足の足には過酷だった。
1歩1歩下りで踏ん張るたびに苦痛で顔がゆがむ。
数えきれないくらい抜かれる。
急な箇所では仕方なく歩く。
泣きたいくらいみじめになる。
ようやく集落が見えてきてエイドに到着。
第2関門は無事通過しホッとする。

《角瀬〜感井院 6.7辧”弦盧耕鵤僑娃娃躱紊蝓。院В横機

ここからは最後の登り。
上りは相変わらず調子がいい。
時間的には余裕で完走できる為心理的に余裕もでた。
途中の赤沢の石畳みの急坂はきつかった。
急坂の途中で子供にもらったレモネードが体に染み渡った。
後半は平坦になったがずっと登ってきたので足が動かない。

《感井院〜ゴール 4.8km 標高差約700m下り 0:43》
FB_IMG_1448788046225

P_20151129_153952


最終エイドを過ぎると残りは下りだけ。
いつもなら喜んで下っていくところが今日は下りが地獄。
またもや苦痛に悩まされながら1歩づつ下る。
膝にもかすかな痛みを感じた。
来週は湘南国際があるので、無理はせず急坂は歩くことにした。
抜かれるたびに「もう少し頑張って」と声を掛けられる。
山門を過ぎてゴールまでは緩やかな舗装路。
ようやく気持ちよく走ってゴール。

タイム 7時間18分5秒 (制限時間8時間)

コースは36キロとさほど長くないが、修行走との名に恥じない厳しいコース。
今回は5月の野辺山ウルトラマラソンからほとんど練習せず、30キロ以上走るのも野辺山以来で半年ぶりという状態で臨んだレース。
完走できただけで大満足。

第21回星の郷八ヶ岳野辺山高原100劵Ε襯肇薀泪薀愁

去年は87キロでリタイア。
今年は仕事が忙しくてレース前2週間全く走れず本番を迎えた。
本当は去年のリベンジに燃えて頑張るはずだったのが、不安だらけのレースとなった。

夜明けを迎える朝5時にスタート。
ペースは初めて走った第18回大会を参考にした。記録が13時間23分だったので何かトラブルが起きても完走できるだろうと見込んだ。

林道に入るまでは舗装されて平坦なコース。多分キロ6分半くらい。
天気が良くて八ヶ岳がくっきり見えた。
コース最高地点1900mまではほとんど歩き。ここから一気に下るが今年はトレランシューズやめてランシューにしたので足裏が石に当たって痛い。
足が攣るので芍薬甘草湯を服用。

稲子湯で恒例のお汁粉を頂き少し元気回復した。
少し上ってあとは八峰の湯まで一気にくだる。ここは舗装路になったが足が重い。
膝に早くも痛みが出始める。

42キロ地点で妻の出迎え。タイムは予定より数分遅れ。5時間20分くらい。でも身体疲労はかなりきてる。
ふくらはぎをマッサージしてもらう。
膝痛を抑えるためにロキソニン服用。
この時点では完走できるか50%の確率だと思った。

50キロまでに下りも足が重く前の人に付いていくので精いっぱい。

勝負は50キロ過ぎてから。
ここから59キロの北相木村役場までの上りが辛い。皆上りでも必死に走っている。でも次第に上りは歩く人が増えてきた。

上りで歩いた分予定のペースより遅れ始める。

60キロから72キロの滝見の湯まで予定のペースだとキロ7分だが、上りは歩いてしまうのでペースが落ちる一方。

滝見の湯まで9時間30分。ここで30分位の遅れ。

滝見の湯から74キロの馬越峠の入り口までは緩い上り。いつもはここを走れるのに足が重くて走れない。
また、大幅に時間をロス。

馬越峠越えの4キロをどれだけ頑張れるかで完走が見えてくる。

とにかく必死に歩く。1時間懸命に歩く。

予定より15分早く峠に到着。ここまで11時間あまり。残り21キロを3時間で走らなければならない。

とりあえずここから87キロまでは下り。
走り出すといきなり右足ふくらはぎが攣って激痛。
芍薬甘草湯を投薬。

なんとか筋肉を伸ばしてゆっくり歩き出す。徐々にスピードをあげていくがどんどん抜かれていく。
走り出しても膝が痛くてスピードが上がらない。
ここで2度目のロキソニン服用。

2キロくらいでようやく治ってスピードをあげ挽回。

87キロのエイドでも妻が出迎えてくれた。
うどんと海苔巻をほおばり、ラスト13キロに挑む。制限時間まで2時間。

90キロまでの3キロは平坦な道で快調に走る。

しかし90キロ過ぎてからの上りがきつい。1昨年は走って上れたのに今年は足が動かない。
残り10キロを90分で行けば完走できる。キロ9分なら楽勝とこの時は思った。

いつまでも上りばかりで一向に平坦にならない。こんなにきつかった記憶がない。
95キロまでが遠い。残り5キロで残り時間45分。キロ9分かかってる。貯金が全くできてない。
この時点で完走できないのかと不安がよぎる。

残り4キロからやっと平坦なコースになった。できる限りの力を振り絞って走る。
残り2キロで制限時間まで20分。ここでようやく早足でもゴールできると一安心。

でもまた足が攣ったりトラブルが発生したら一瞬で貯金がゼロになる。

とにかく走る。

ラスト1キロで妻が沿道で出迎えてくれる。必死に走っているつもりが横の妻は歩いてる。
もう足は動かない。気持ちだけで足を動かしてる。

最後のカーブを曲がってゴールに向かうがスピードは上がらない。
もう余力はなかった。

ゴール!

13時間54分46秒

長く苦しいレースがようやく終わった。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ