2007年05月29日

らーめん缶

すっかり秋葉原名物となった「おでん缶」に続いて発売された「札幌らーめん缶」です。

実は、この「らーめん缶」は新宿の名店「麺屋武蔵」の店主が開発にかかわっているとのこと。
「麺屋武蔵」なのに「札幌らーめん」ってのは?な感じもするけど、一体どんなものなんでしょうか。

札幌らーめん缶 味噌味 & 醤油味
札幌らーめん缶 味噌味 & 醤油味

中身は麺とスープの他に、メンマとチャーシュー代わりの豚のバラ肉が入っています。
見た目はかなりちゃんとしたラーメンっぽいけど、麺が普通のラーメンの麺ではなく、蒟蒻から作られた麺です。そのため、缶の中で長時間スープに浸っていても、のびることはありません。

まずは麺から。見た目だけは札幌特有の黄色い玉子麺の雰囲気は出てるけど、食べてみるとやっぱり蒟蒻。プチプチとした食感です。
ラーメンの麺を期待していると裏切られた感が強いけど、蒟蒻麺だと割り切って食べれば、まぁまぁのレベルじゃないでしょうか。

次はスープ。味噌味、醤油味共に、どこかうすらボケたような味で、正直なところイマイチ。
最近のカップラーメンは本格的で、かなり美味しいスープの商品も多くあるので、まだまだ改善の余地はあるのではないでしょうか。


ネタとして1度は食べてみたと思っていたけど、さすがに2回目は・・・。
しかし、スープさえ改良されれば、だいぶ良くなると思うので、今後の改良に期待・・・できるのか???

grand_cross_iii at 22:29│Comments(0)TrackBack(0)食事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔