2016年07月02日

暑い

避暑などに出かけたいところだが、7月は休みが全然とれないっぽい

そんな中での日々

002

MOMの時にいただいた焼酎をロックで家呑み

自転車にはあいかわらずあまり乗れていない

夜にちょっと出かける用事が

電車で行くには不便なところ

自転車で行くことにしたが生憎の雨

014

ポンチョで出動

ポンチョはやっぱりいいねえ

バサっと被ってバサっと脱げる

途中でコンビニに寄ったが、バサとポンチョを脱いで自転車に被せる

ブルックスのサドルも濡れなくて済む

脱げば普段着なので気兼ねなく店内へ

バサっと被って出発

カッパと違って生地が肌と密着しないので、汗で内側がベタベタになることがない

草履&ポンチョの組み合わせは夏の雨の日の自転車に最適である

015

帰りには雨が上がっていた

002

日は変わって暑い日中

仕事が午前中で終わってしまったので午後はヒマに

久しぶりに海でも行ってみるか

003

クルマのタイヤを新品に履き換えたので(既に汚いけど)、調子も見たかったのだ

私のクルマは商用車である

バン用のLTタイヤは非常に摩耗に強い

7万キロを超えたがまだスリップラインに達しない

頑張ればまだ1万キロくらいはイケそう

バン用タイヤは大事に走れば10万キロぐらい持ったりする

だが経年劣化でグリップが著しく落ちてきていた

雨の日の走行中、マンホールの上でブレーキ踏むとABSが効きまくり

コーナリングでもタイヤが負けてドンドンとアウトへ逃げていく

そんな折、タイヤがパンク

釘を踏んでのスローパンク

パンク修理するくらいならとタイヤを履き換えた



やっぱり新しいタイヤはいいねえ~

グリップするする


ちょっとハードにコーナーを曲がると、ザリザリと嫌な感じでアウトに逃げていたのが

しっとりと食いついて曲がっていく


自転車でもそうだが、ゴム製品はとにかく新しいものが良い

005

海に来た

007

おお

カヤックをやってる~

いいなあ・・・・

008

水は・・・・あんまり綺麗じゃないな・・・・

013

師崎まで来た

014

こっちもあんまり綺麗じゃない

気温が上がってきて生命活動が盛んになってきているんだろうか

016

023

展望台にきた

021

019

018

いい眺めである

平日の日中だが、サイクリストをちらほら見かけた

この展望台にも登ってきていた

この場所はブログで以前に紹介したのだが、その記事にチタイチで検索して訪れる人が結構おられる

この場所も少し有名になったのかもしれない

027

さて帰るか・・・・・

でもなんか物足りない

まだまだ日が高い

スマホで検索すると、近くに岩屋寺というお寺があるようだ

行ってみるか

028


師崎の周辺でも、ちょっと内陸に入るとこんな丘陵地帯がある

031

032

岩屋寺

033

奥の院があって、なかなか良い雰囲気らしい

034

これか?

035

違うようだ

中をのぞいてみる

037

中には六角堂があった

この建物の横に道が続いている

038

この奥が奥の院かな?

行ってみるか

039

道のわきにお地蔵さんがいっぱい

040

横に目を向けると斜面に更に無数のお地蔵さんが

042

草むらの中にも無数に・・・・

043

ちょっとした山登りだなこりゃ

045

047

これが奥の院?

048

弘法大師の像でした

052

結構登ってきたな

国土地理院の地図で確認すると、全然違うところに来てしまったようだ

同じ道を戻るのも癪なので、適当に方向を見定めて山の中に入って行ってみる

054

とにかくこの山は、縦横に山道が走っていて、いたるところにお地蔵さんがいるのだ

とにかく奥の院方面に向かっていけばなんとかなるだろう

056

ん?

057

これはなにか立派な古道の雰囲気

先ほどまでの道は単なる山道だったが、この道は掘削した痕が見て取れる

058

ほどなくしてそれらしい場所に出てきた

059

あれか?

海からさほど離れていない場所だが、深山の趣がある

060

063

064

へえ

師崎のそばにこんなところがあるとは知らなんだ

では帰るか

今度は山道を避けて普通に参道を戻る

066

この雰囲気・・・・・

どこかで見た事がある・・・・・・

068

両側にお墓が林立していて、鬱蒼とした森の道で・・・・

069

ああ

そうか

高野山にそっくりなんだ

空海ゆかりのお寺のようなので、高野山を模しているのかもしれない

高野山ほどの規模はないが(まああそこはブッチギリにスゴイところだが)似た雰囲気を味わえる

070


071

076

078

じゃあ帰るか

3時間ほどのトリップであった



grantech at 15:42コメント(6)トラックバック(0)ツーリンググランテック 

2016年06月21日


921

知る人ぞ知る某牧場

大変に見晴らしの良い気持ち良いところ

922

ここから付近の山頂を目指す

933

踏み跡がしっかりしている

935

山頂は標高1500m弱

うおお

気持ちええ~

937

ガスが多いのであまり遠望がきかないのが残念である

938

940

944

山頂

山頂は高い木が一本も生えていないので、360度見渡せる絶景が拝める

941

では降りるか

955

付近に神社があるようだ

行ってみよう

974

967

山小屋?

968

崩れている

この辺りは結構な積雪がある

969

中をのぞくと・・・・・

ここは周辺に高い山がない吹きっ晒しの場所である

神社は何回も建て直しているのだろう

昔はもっとしっかりとした建屋だったのかもしれない

928

避難小屋があった

980

まだ新しい

977

978

中には先客の痕跡が

山頂近くまでクルマで行けるので、登山というよりドライブがてらのハイキング程度の山行であったが、なかなか良かった

また来よう



grantech at 17:00コメント(4)トラックバック(0)登山 

2016年06月19日

ビワイチの会の日

以前より約束していた登山とバッティング

ビワイチはあきらめて約束していた登山へ

725

本日は鳳来寺山へ

鳳来寺山はスカイラインを使えば上まで行けるのだが、ここは鳳来寺へ至る参道が目玉である

クルマでショートカットするのはもったいない

727

舗装路を進むとほどなくして階段が現れた

ここからはひたすら階段を上るのだ

728

729

山門

731

732

734

ここはかつて参道両側に僧坊が軒を連ねていたそうだが、度重なる火災で現存するのは2軒のみ

735

中をのぞいてみると・・・・

737

・・・・・

743

昔は修業をするお坊さんや参拝客で賑わっていたのだろうが、今は昔である

746

階段は1425段あるそうだ

748

胎内めぐり

763

769

この山は参道を離れて山の中に入っていくと

751

このような立派な石垣や石仏が無数にある

752

大規模なお寺だったのだろう

石垣や石仏がどのあたりまで続いているのか追っていくと、どんどん山の中に入って行ってしまって、あわてて引き返した事がある

780


鳳来寺山到着

789

東照宮に立ち寄ってみる

791

792

794

797

800

東照宮の横を通る東海道自然歩道を使って、鳳来寺山山頂を目指す

801

この道は東照宮の全体像が見えてお得である

805

鷹狩り場までやってきた

813

814

ここは風の通りが良いし、景色も良いので休憩するには絶好の場所である

821

825

山頂到着

もう少し進んで、鳳来寺の奥の院付近で昼食をとることに

832

奥の院

834

倒壊が着々と進んでいるようである


837

・・・・・・・

・・・・

では昼飯も食べたし下るか

鳳来寺付近まで降りてくると・・・・

848



直ってる!

以前は

IMG_5430


IMG_5427

こんな感じで、倒壊するのも時間の問題のように見えたものだが

IMG_5431

壁が抜け落ちて、内蔵される書物がむき出し&雨ざらしになったりしていた

直ったが、一回り・・・・・いや、二回りぐらい小さくなったか?

853


849

旧本堂?も改修中であった

851

では帰ろうか

854

864

866

867

872


参道を下ってからは湯谷温泉に回って、早めの夕食をとることに

879

川べりの気持ちいいロケーションで宴会

今日は運転手がいるので、心おきなく呑めるのだ!

呑んだ後は腹ごなしに廃道探索(笑)

893

廃遊歩道である

894

898

充実した一日であった



grantech at 14:44コメント(2)トラックバック(0)登山 

2016年05月23日

毎年恒例の集まりに参加

AM5:00出発

IMG_4940_R

朝からガッツリと・・・

IMG_4943_R

到着

IMG_4947_R

スタート

良い天気である

IMG_4949_R

IMG_4950_R

IMG_4955_R

IMG_4962_R

昼食

IMG_4964_R

IMG_4974_R

本栖湖畔沿いの道

これがやたらと気持ちの良い道

IMG_4978_R

IMG_4980_R

なぜか途中からダートに

IMG_4982_R

メカトラ

IMG_4985_R

IMG_4992_R

天気は良いのだが、なかなか富士山が顔を見せてくれない

IMG_4999_R

IMG_5009_R

IMG_5013_R

IMG_5020_R

本日の宿泊地はふもとっぱら

長渕剛の10万人ライブやったところかな?

広大な草原にみな好き勝手にテントを張っている

単車のグループも多い

IMG_5021_R

今回は天幕ではなく施設を借りた

古い学校の校舎のようで面白い

IMG_5023_R

IMG_5029_R

夕飯

これもなんか給食っぽい

ツーリングの終了が早めだったので、夕食までにかなりの量を呑んでしまった

昨日は3、4時間くらいしか寝ていない事もあって、あっという間に撃沈

おやすみなさい・・・

IMG_5034_R

富士山の横に綺麗な月が出ていた

IMG_5041_R

開けて翌日

今日は富士山が良く見える!

IMG_5056_R

今回はロードレーサー縛りのミーティング

アトランティスロードレーサーを持ってきたのだが、タイヤがダメになっていたので2日ともGR24で走るハメに

IMG_5061_R

IMG_5065_R

IMG_5071_R

ここはいいところだなあ

IMG_5076_R

IMG_5085_R

川渡り!

IMG_5091_R

IMG_5097_R

IMG_5101_R

IMG_5104_R

IMG_5110_R

昼食

富士宮ヤキソバ

IMG_5132_R

IMG_5129_R

IMG_5134_R

IMG_5136_R

今日の富士山はええわ〜

IMG_5146_R

この2日間

ずうっとサンダルで過ごした

自転車に乗るときはSPDサンダル

それ以外はキーンのサンダル

心配した冷え込みもさほどでもなく、サンダルでも快適であった



ここしばらく自転車から遠ざかっていて、体力が低下していた

今回の集まりでも、登りになると1/3の後ろから最後尾までの間をコンスタントにキープ(笑)

でもやっぱり自転車は登りがいいねえ


今回のツーリングで再認識した



スピードが遅いのは仕方ないのだが、遅いなりにじっくりと標高を上げていく過程が良い


心拍を抑えて、あまり無理はせず、周りの景色を楽しむ余力を残してじっくりと登っていく



富士山周辺なので、基本的に登っているか下っているかという道ばかりで、下りはあっという間で、登っている時間が長いわけなのだが、なんか楽しかったなあ

2日間で走った距離は知れたものだが、帰ってきてからなんだか体調が良い

特に体調不良があったわけではないのだが、なんとなくドンヨリとした身体だったのがシャキっとした


やっぱり自転車はいい!


と再認識した今回の集まりであった



grantech at 23:15コメント(4)トラックバック(0)ツーリンググランテック 
livedoor プロフィール
livedoor 天気
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ