25631cf5.jpg
シンガポールから帰国して、最も懐かしく食べたくなったもの、それはグリーンチリです。あの青臭い青トウガラシの匂い、ヒリ辛さ、酸っぱさ、がりがりという食感、グリーンチリの全てが南国の食べ物との相性抜群です。よく麺類の添え物のように言われたりしますが、飲茶の各種料理のつけダレとしても機能するし、とにかく中国系やマレー系の料理を食べる時にはグリーンチリが無いと不満足です。(と私は思います)これがないと生きていけないのです(笑)

以前は中華系レストランの席に着くと、必ずお箸(先まで四角いやつ) とグリーンチリと醤油の入った小皿がテーブルに置かれたものですが、最近は頼まないとグリーンチリが出てこない店なんかも増えているようです。頼みもしない有料のウェット紙オシボリなんかは置いていくのにね。
料理をオーダーして待っている間に、タイガービアなんかをグビッとやりながらグリーンチリをかじる。この至福のひと時がたまりません。 (写真はノビナのウィーナムキーにて)