06c255bb.JPG氷のつながりでアイスカチャンの思い出などを。
当時の日本人学校の生徒の多くはSICC(Singapore Island Country Club)のクラブハウスに併設してあったプールのスイミングクラブSingapore Island Country Clubへ通っていました。もちろん、お父さんが会員としてここのコースでゴルフをしていた訳ですね。SICCは今やシンガポールの名門ゴルフクラブです。

子供達は母親に連れられてあの急坂を登りつめた丘の上に建つクラブハウスのプールへ週二のペースで通っていたと記憶してます。ここのプールサイドの日陰の テーブルでお母さん達は紅茶などを飲み、子供達の泳ぐ姿を眺めながら友達とおしゃべりをする、というのが一般的な午後の過ごし方だった。そして子供達は、 スイミングの休憩時間にはプールサイドのアイスカチャンのコーナーへ集まり、おじさんに「あれとこれを氷にかけて」なんてオリジナル・アイスカチャンを 作ってもらう訳です。当時としては贅沢で優雅な生活だったことでしょう。