2009年06月12日

96ab80bc.jpg
















来たる6月10日、後楽園ホールに行ってまいりました





6月10日はムトウの日、ということで、





今年でレスラー生活25周年を迎える武藤敬司さんの「武藤祭り」に、





「見る」のではなく、出場する(このブログを書いている時点では、もう出場してきました)ことに相成りまして





ちなみに、事前の告知は一切しておりません。 私、グラップラーたかし。「X」として出場者に名を連ねていたからです(「X」を期待していたお客様、すみませんわしです)





対戦相手はなんと、武藤敬司・神奈月コンビ(※敬称略)





そして迎え撃つこちらは、プロレス仙人・西村修





そしてその師匠の藤波辰巳扮する、これまた「X」のユリオカ超特Q





さらにその師匠の(晩年の)アントニオ猪木扮する、グラップラーたかし!





そしてセコンドには永遠のプロレス少年。当日、バックヤード裏の手伝いに始まり、最終的にはセコンドにまで辿り着いた、平成のわらしべ長者こと、ガリベンズ新藤!!





試合は、2対3の変則ハンディキャップマッチで行われました 超満員札止めの後楽園ホール、否が応でもボルテージは上がります





 8319da35.jpg















藤波→西村→猪木の絡みに始まり、 西村×武藤、藤波×武藤、さらには藤波×武藤(神奈月さん)、





そして全員を巻き込んでの「ものまね合戦」、





さらに長州(神奈月さん)×西村、長州×猪木の絡みまで。





昔からのプロレスファンのみならず、楽しめる内容でした





 62a51f81.jpg















そしてこの日最大の盛り上がりは、 サプライズとして登場した、ハイブリッドレスラー、船木誠勝





なんとその船木誠勝が8・30、武藤敬司とタッグを組み、蝶野正洋・鈴木みのる組を迎え撃つ この超ド級のカードが発表された瞬間





満員の後楽園ホールが揺れました。いや、本当に





船木さんのプロレス復帰。それだけでも凄いことなのに、 武藤敬司と組んで、蝶野正洋、鈴木みのると試合うなんて…これはとんでもないことですよ





どれくらいとんでもないかと言うと、、





思いつかないですよ





昔からのプロレスファンの中には、客席で泣き叫ぶ者まで出る始末。





そりゃそうですよ。実はグラップラー、生粋のUWF(※1)大好き芸人でして、 船木誠勝と鈴木みのるがまた、相見える日が来るなんて思ってもいませんでしたから





ましてや武藤さん、蝶野さんとプロレスするなんて、どんな試合運びになるのやら、まったく想像つかんです(※グラップラーは闘魂三銃士※2も好きなのです)





ここまで書いておいて、この日一番の感動は、実は一見なんでもないところなんですよ。





船木さんが会場にいる。





サプライズで登場する。





その事が、当日リング作りの時間から会場入りしていたのにも関わらず、





控え室から裏口の喫煙所まで、結構うろちょろしていたのにも関わらず、





「一切耳に入ってこなかった」こと。





そして試合中、何度かコーナーで西村修さんに話しかけられたのですが、 僕にしか聞こえない声であるにも関わらず、





グラップラーのことをずっと「会長」と呼んでいたこと。(※西村さんは猪木さんを会長と呼ぶ)





間接的にではありますが、





「プロレス」の「プロ」という部分に少しだけ触れることが出来て、何も言うことはありません。





明日また生きるぞ(※3)です。





そしてやっぱり武藤敬司はかっこよかった。





 9779e3c1.jpg

















(※1)UWF…前田日明、藤原喜明、高田延彦らによって(初期は佐山聡も所属。後期は船木誠勝、鈴木みのるも所属)行われていた格闘技色の強いプロレス団体。その色は現在も「総合格闘技」として競技を変えて、桜庭和志、田村潔司、美濃輪育久らに受け継がれている。

(※2)闘魂三銃士…武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也。90年代の新日本プロレスを支えた三人。三銃士の命名はアントニオ猪木。

(※3)明日また生きるぞ!…船木誠勝(パンクラス)がバス・ルッテンに鼻骨を折られた後、リング上から叫んだ言葉。船木自身は、このとっさに出た一言をひどく気に入っており、著書に「明日また生きろ」がある。

grapplertakashi at 17:05コメント(10)トラックバック(0) 

2009年06月08日

とゆうわけで、今月のライブ出演情報をムリヤリ告知させていただきます☆





「新宿TRI ZONEプレゼンツ★90%offお笑いライブ」
【日程】6月9日(火)
【場所】新宿トライゾーン
【時間】18時30分開場、19時30分開演
【料金】1500円(1ドリンク付き)





「トップ・カラーライブ」
【日時】6月29日(月)
【時間】18時30分開演、19時開場
【場所】千本桜ホール
【料金】前売1200円、当日1500円





です☆今月はまだ二本と少な目ですが、ひょっとしたら増えるかもしれません増えないかもしれません(笑)





宜しくお願いします☆☆





P.S.コメントに返信つけさせていただきました
ありがとうございます☆

grapplertakashi at 21:46コメント(4)トラックバック(0) 

2009年06月03日

f2cc6ac7.jpg






先月、5月30日をもって、





歌舞伎町のキャバクラ「CLUB AROMA」が閉店しました。





アローマは、自分が芸人を始める前から、始めた後も一年間くらいアルバイトをしていた店。





ある意味、原点のお店。





女の子のショータイムの前座で漫才やMCをやらせてもらったりして。





営業中はもちろん、営業後も含めて、思い出を語ったらキリがないくらい色々あった店。





さすがに最後の日は手伝いに行きました。





辞めてから4年経っているので、女の子やお客さんも大分入れ替わってましたが、





昔から馴染みのお客さんもいて、指名もその頃のままで、





まるでそこだけ時間が止まっているような、そんな感覚になったりもして。





でもやっぱり時間は流れていて、四年前に自分が辞めるときに挨拶をしながら、大泣きをした()、





ホールのど真ん中には、





店長がマイクを持って立っていました。





efd5eeb0.jpg






ここに書くつもりはないですけど、本当に大変な仕事なんですよ。





身も心もボロボロになるような。ましてや歌舞伎町。





こんな日が来るとは思っていなかったけど、





ひとつの仕事をやり終えた店長の顔は、清々しそうでもあり、哀しそうでもあり。でもやはりお店の長(おさ)の顔をしていた。





最後に店長、ごめんなさい。





いつか有名になって、お店に花を送る約束が果たせませんでした。





e2ef1cef.jpg






挨拶の最後に店長は、





「また戻ってきます」





と一言締めた。





その時には、





自分も約束の続きを果たそうと思います。





店長。副店長。





六年間、本当に、お疲れさまでした。





75a5337a.jpg



grapplertakashi at 15:16コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
  • ライブドアブログ