2009年01月

2009年01月21日

とゆうわけで、茨城に里帰りしてまいりました☆


ネタで使う小道具を作るために、ある人の協力がどうしても必要だったのです。


その「ある人」とは、知る人ぞ知るカリスマ大工、大工界のオグシオこと、


杉山さん(茨城在住)です


古くはエジプトのピラミッド。近年では火星の人面像の建設を手がけ、誰もその姿(手がけた姿)を見た人がいないという、別名・「トンカチを持った味沢匠」と呼ばれる男。。


果たして与えられた期日以内に、その生ける武神(ぶしん)に会うことが出来るのでしょうか?


そんな一抹の不安を残しながらも、GTは早速小道具の設計図を片手に、スーパーカー・ワゴンRに乗り込みます


地元の肉屋で買った揚げ物(コロッケ)を手土産に、道なき夜道をひた走ります(また暗いんですよ、これが)


山を三つくらい越えたところで、辺りの気配が変わります。


木々がざわめき出しました。


…鳥たちが一斉に飛び立ちました。


森からは動物たち(シカほか)が逃げ出しました。


…間違いない。達人は近くにいる。


用心深く車のエンジンを切り、五感を集中させます。


無事、田んぼ道での立ちションをすませ、車に戻ろうとしたその時、


「お〜い。」


(誰だっ)


「お〜い。」


(このf分の1ゆらぎがかった声は…)


「お〜い。たかしくん


「あ………杉山さ〜ん☆お久しぶりです今日は無理言って本当にすみませんこれ(コロッケ)つまらぬもの(※本当につまらぬもの)ですが、どーぞ食べてください


現人神(あらひとがみ)がそこにいた。


0a24322a.jpg達人の工房に足を踏み入れるGT。別名「精神と時の部屋」



dc09c59e.jpgこれが今回の小道具の設計図。政府の機密文書。



a3c4956c.jpg早速寸法を計り始める杉山さん。達人は1ミリのズレも許しません。たぶん。



a798749c.jpg木材を切り始める杉山さん。あまりの速さに、肉眼では追えません。



15dbadbe.jpg板を切り始める杉山さん。



8bd29313.jpg枠組みを組み立てる杉山さん。眼が光っているのは、杉山さん内蔵のライトです。



bf4bb733.jpg達人の鍛え抜かれた指です。達人がその気になれば、指で釘が打てます。



9f48918f.jpgノコギリを持つ達人の姿は、何かを拝んでいるようにも見えます。もはや禅の領域です。



6c17a550.jpg達人のヤスリがけ。手の動きは見えません。が、音だけは聞こえてきます。そのあまりの速さに、木も自分が削られていることに気づいていません。



3677f9dd.jpg出来上がり☆さすが天才職人作品もまるで生きているようです。



097c3e10.jpg翌日、神の作品にありがたくスプレーをして、



711a3470.jpgさらにありがたくニスを塗って、



c3ad6775.jpg完成



以上、甥っ子が出来るまででした(なに、このオチ)


ちゃんちゃん

grapplertakashi at 23:20コメント(6)トラックバック(0) 

2009年01月17日

とゆうわけで、またまた行ってまいりました☆


大阪


今回は上沼恵美子さんの


「週刊えみぃSHOW」


という関西の番組にお呼びいただきました☆


ものまね大相撲というコーナーで、芸人8人で行われるものまねのトーナメントです


結果は…放送前なのでまだ言えません


見てのお楽しみ☆


明日には関西地区の方は分かると思います(笑)


関西地区以外の方は「あっこにおまかせ」を見ながら、勝手に想像(妄想)してください☆(いい加減だな〜)


そしておなじみの若手ものまねメンバーで収録した後、せっかくなんで、出場者の古賀シュウさんと麦芽の二人と四人で、


大阪ぶらり旅に行ってきました☆


まったく土地勘のない四人。


あてのない四人はとりあえず聖地・グリコの看板を目指します


ここからはダイジェストで


4a533f82.jpg心斎橋の駅を降りて、アーケードをひた歩きます土曜日のせいか、結構な人の多さ。聖地を近くに感じます。



8ad18b7b.jpgさすがは大阪。虎ショップがあります。中では野生の虎が売られています。



52637571.jpgアーケードを抜けた先に…ありましたグリコの看板三度目の大阪にしてついに辿り着きました☆昔、ヤングマガジンで「トンネル抜けたらスカイブルー」という漫画を飛ばして読んでいたことを思い出しました。



735083f6.jpg目的を(あっさりと)果たした四人は、とりあえず腹ごしらえすることにしました。大阪名物・お好み焼きでございます☆関東の人は、初めて見る人も多いのではこれがお好み焼きです(笑)味は、しょっぱいクレープです。



cf112ab0.jpg食後のデザートです☆キャラにもなくタルトを食べ歩きしましたいや、これがやばいくらい美味しかった



eb7ebca9.jpgタルトを食べる古賀シュウさん(笑)なぜか肉まんに見えて仕方がないです。



06f24d18.jpg珈琲の青山(笑)食後のコーヒーはやめておきました本日の裏ベストショットです。



5bba6666.jpgお腹もふくれて勢いに乗った四人は、ファッションの聖地(たぶん)アメリカ村へ向かいます。途中この寒空の中、なぜか窓がない(!)観光バスが横を通り過ぎます中に乗っている人も心なしかテンションが低そうでしたそっちをドライブスルーしちゃったのかよです。



07765978.jpgアメリカ村(アメ村)へやってきました。優香のものまねをする麦芽の小出が「アメ村」をずっと「アメ横」と言っていました(笑)面白いからあえてツッコみませんでした☆



465084d1.jpg勢いで服を買ったついでに、最後はたこ焼きで締め☆たまたまですが、生地がベローンとしてました(でも味はたこ焼きだった)寺島すすむさんのものまねをする、麦芽の鈴木さんが「大阪のたこ焼きは全部ベローンてしてるんですね」と、一個食べただけで決め打ちしてました(笑)



bad52ea1.jpgばいばーい(※モニターにぬかれてます)



いや〜楽しかった☆


また明日から頑張ろっと

grapplertakashi at 23:43コメント(6)トラックバック(0) 

2009年01月14日

スカパー!の「ゲームレコードGP」の収録の帰りに、みんなでファミレスにご飯を食べに行きました


ご飯を食べ終えたあと、なぜかみんなで免許証を見せ合う流れになり、


共演者であり、ファミコンソフトを一万本以上()所持している、日本一(おそらく)のファミコン芸人・藤田さんの番で事件は起きました。


藤田さんはポケットから中々財布を出しません。出そう出そうとはしているので、この場合、出せませんと言った方が正しいのでしょうか。


まるで何かがつっかえてるかのように、ポケットから手が出てきません。


「う〜ん


引っ張ろうとする力と、うめき声を同時にあげています。


どこの世界に財布をポケットから出そうとして、うめき声を上げる人がいるでしょうか。


「ボトッ。」


ようやくポケットから財布が取り出せたと思ったとき、テーブルに鈍い音がしました。


藤「はい。免許証ですよねちょっと待ってください(ゴソゴソ)」


皆「・・・」


藤「はい。免許証です。今よりもちょっと髪が短いかな〜(照笑)」


皆「・・・


藤「…どうしたんですか?みなさん


皆「…にさふ」


藤「はい?」


皆「…にこ…さ…ふ」


藤「髪?」


皆「なにこのさいふーっっ


藤「?財布がどうかしたんですか?」


皆「ちょっと見せて


財布と言うよりも、チーズバーガー。いな、ダブルチーズバーガーが目の前に横たわっています。


みなさん(自分も)免許証そっちのけで、財布を物色し始めました。


いや出てくる出てくる。レシート・マッサージ券・コーヒーの割引券…etc。


誰かが言います。


「この財布は生きている!」


また誰かが言います。


「親指を隠せ!」


当の藤田さんは「何か問題でも?」という表情。


グラップラーも言います。


G「こ、この財布は…すべての紙を飲み込む出張ブラックホールだ


G「藤田さん、ついでに言わせてもらうが藤田さんファミカセ一万本以上持っているって、そもそもファミコンのゲームは一万タイトルもないでしょうに


藤田さんは言いました。


藤「僕、ひとつのタイトルで5〜6本持ってるんですよ」


G「なぜに


藤田さんは言います。


藤「ゲーム屋さんにより程度がいいものがあると、同じゲームでも、つい買ってしまうんですよね〜


G「ついじゃな


猛者(もさ)、狩りを忘れたこの現代社会で、手法は違えど、ゲームソフトを無作為に狩り続けるこの益荒男(ますらお)に、敬意を込めて、そう呼ばせていただく(了)


P.S.以前にお話させていただいた「週刊プレイボーイ座談会」
ついに本日発売になりました☆よろしかったら見てください


d1a045fd.jpg写真がファミコン芸人の藤田さん。手に持っているのは、あくまで財布です。チーズバーガーではありません。あしからず。



74783744.jpgいや出てくる出てくる☆気分はすっかり考古学者。ちなみにお札は一枚でした〓あまりいい土ではありません。



daf571e9.jpg財布を入れた状態の、ズボンの前ポケットです。カンガルーのお腹ではありません。


grapplertakashi at 18:53コメント(4)トラックバック(0) 

2009年01月11日

先日、舞台俳優をやっている友人から、久しぶりに電話がかかってきた。


友「直井(本名)さん、お久しぶりです


G「あらら久しぶり☆どしたんの?」


友「今度の日曜日ってヒマですか僕、舞台をやるんで、よかったら見にきてください


G「べつにいーよ☆ちなみにどんな舞台なんの?」


友「ジャンルは、シチュエーションコメディーです


G「シチュエーションコメディーってなぬ?」


友「分かり易く言うと、バナナマンとおぎやはぎ(※敬称略)のエポックTV(DVD)みたいなやつです☆」


G「おお。全然わかりやすくないけど、面白そうだぬ」


友「面白いんでぜひ見にきてください


G「おお、よくわかんないけど、行くぬん


友「ありがとうございます☆ちなみにシチュエーションコメディーは、三谷幸喜さんの舞台みたいな感じです。ではまた☆(ガチャン)」


最初からそう言えよ。と思いつつ、


行ってきました☆シチュエーションコメディー


あらすじは…ここでは長くなるから割愛させていただいてですね一言で、


面白かったです。はい。


なんでしょうね。お笑いとは違うんですけど、喜劇の面白さって言うんですか。


アドリブの対極にあるものですね。ええ。2時間たっぷり見てきました。


たまにはいいですよ。違う畑に触れるってのも。


とある漫画家さんが、


「いい漫画を描くには、いい映画に出会い、いい本に出会いなさい」


みたいなことを言っていたような気もしないでもないですが、


要はいい漫画を描くには、漫画以外のいいものに触れなさい。と。


でないと、どこかで見たような漫画しか描けなくなってしまいますから。


これはきっと、お笑いでも同じことでしょうね。


まあ、全く見ないってのもあれですけど


これからも、違う畑のよりよい作物を採取していきたいものです


キレイにまとまったところで、今日はこのへんでお開き☆


またしばし


5dbdda5d.jpg
この舞台上を、人が出たり入ったりひっきりなしです。爆笑でオチをつけるのではなく、カタルシスで終わるのも舞台の大きな特徴かもしれません。

grapplertakashi at 22:52コメント(2)トラックバック(0) 

2009年01月05日

突然ですが、1月のライブのスケジュールを、一方的に公表いたします


「東京御輿(みこし)」
日時・1月26日(月)
場所・中野studio twl
時間・開場18時30分、開演18時50分
料金・1000円


「トップカラーライブ」
日時・1月27日(火)
場所・学芸大学千本桜ホール
時間・18時30分開場、19時開演
料金・前売り1200円、当日1500円


でございます


今年は格闘技ものまねから、少し色を変えてお送りいたします☆


ありがとう!格闘技ものまね!さようなら(いや、さよならはしない方がいいな)格闘技ものまね!


またお会いしましょう


ではしばし

grapplertakashi at 13:52コメント(4)トラックバック(0) 
記事検索
  • ライブドアブログ