ただただ、普通に終わってしまったねACL。

前半2点取って、ボルテージ最高潮の中、4-1で敗退!

・・・ってのだったらまだ満足感もあろうものだが、
杉のまぐれオーバーだけで1-2で終わるなんて・・・
(杉も普段からきちんと点取ってたらまぐれなんていわないけど・・・ね(笑))

とにかく今回納得行かないのがピクシー采配。

山ほど動いて決定機を何度も作り出していた玉田を下げて杉本を入れたこと。
杉本を入れた事自体は別に問題ないが、玉田は勝ちたいという気持ちがあふれていた。

交代の番号を一瞬見て、不服そうに前を向いて中々ピッチを出ようとしなかった玉田。闘志にあふれていた玉田。

何故代えた?

代えるなら、ブルゾでしょう。

ブルゾは正直期待ハズレ。
ミドルの精度は中々のものだが、それだけ。
とにかく動かない。これが問題。

最初の頃は単純に体力が無いか、日本の気候に適応できてないだけだと思っていたがどうやら違う。

彼のスタイルはスペースでボールをただ待つサッカーのようだ。

本来、前めの選手はDFのラインをかき乱す為に、スペースに走りこんだり裏を狙ったりと動くものだが、彼は空いているスペースで待つのみ。
ボールを受け取ってから動き始める。昔のサッカーだ。

しかし、そんなところにボールを出したら即、相手DFに囲まれてボールを奪われるのは当然。相手は動いてるのに、自分は止まってるわけだから。

あえてブルゾに出させて、すぐに囲むという形で簡単にボールを奪われる。今回のアルイテハド戦でも何度かそういう場面が見られた。

それなのに、なぜブルゾを使い続けるのか?

成長や覚醒を期待しているにしても、おそらくブルゾは基本的な古いサッカー感が体に染み付いてるので、まずはそこを再教育してからでないとまったくもって意味が無い。

その教育をする場に大事なACLを使われても困るんだが・・・

しかも外人枠は大事なスケット枠。それを成長枠として使われると本当に困るんだが・・・

ケネディが来て、グランパスのサッカーが去年に戻った時が懐かしい。その瞬間はわくわくしたものだが、その後、ブルゾが来てなんとなくおかしくなって来てしまった。

ダヴィが来た時の感覚に似ている。

つまらないサッカーに戻ってしまった。

小川をブルゾの位置に置き、はゆまを右SBに置くだけで昔のグラに戻るのに、ブルゾは絶対外さない。

身内贔屓では無いと信じたいけど、今のブルゾの出来を見る限りそう思われてもしょうがないんじゃないだろうか?

一体どこへ行くんだグランパス。どうなるんだグランパス。