社会・職場

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/14(日)22:28:14 ID:6M0
    社員さん「じゃあこの赤いケースが来たときは赤いボタン、青いケースが来たときは黄色いボタン押してね」

    ワイ「黄色いケースが来たらどうしますか?」

    社員さん「あはは、来ないから大丈夫、じゃあよろしくね」

    で1時間に30回くらいボタン押す作業してるんやが、始めて1週間で既に精神的に死にそう

    【派遣求人「簡単な作業!時給1300円」ワイ「ほーん、やってみるか」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/10(水)22:39:31 ID:yST
    今なら間に合うよ、見ないふりしてたら地獄の人生
    Fラン大生はもう手遅れだが

    ☆20代前半
     Fラン大学卒業間近、まわりは正社員に就職出来た方が少なく、フリーターが多数というに環境に安心する
    「不景気だから」「就職難だから」「これが普通だから」と自分に言い聞かせ納得する
    フリーターもしくは派遣社員としてのスタートを「新社会人デビュー」「フレッシャーズ」と言い張る
    零細企業で働いている高校時代の友人より収入が多く、少し天狗になる
    就職先を聞かれると迷わずバイト先の親会社の企業名を答える

    ☆20代後半
    正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない
    月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる
    「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける
    クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く

    ☆30代
    バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる
    バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する
    重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない
    友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。が、式や新居に招待されることは無い
    年収で友人たちと150万近くの差がつき、人生に不安を感じる

    ☆40代
    転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く
    同じフリーター生活だった大学時代の友人たちが就職したり家業を継いだりという話を聞き、羨望と嫉妬と筋違いの怨恨の感情が芽生える
    仕事の選択肢は夜勤と重労働ばかりの日雇い派遣労働しか残されておらず、それすら体力のある20代・30代に横取りされる

    ☆50代
    もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である
    友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた
    高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く

    ☆60代
    いざ路上へ・・・さらば人生

    【フリーターの末路wwwwwwwwww】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=14,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/28(木)09:06:09 ID:???
    レオパレスが非常に悪どい方法で契約者を騙し、詐欺に手を染めていたと告発された。ガイアの夜明けがその悪質な手口を
    公開し、社内メールまで放送した。
    レオパレス21「アパート経営をしませんか?レオパレスが最長30年間借り上げて家賃を保証します」
    レオパレスは当初、独自の「一括借上げシステム」という仕組みをアピールすることで「アパートを建てれば儲けることができる」と営業してまわっていた。

    これは仮に入居がなくてもレオパレスが家賃を保証してくれるという制度だ。

    だが、レオパレスはここ最近になって保証システムを崩し、なんと30%の支払い減額を提案してきた。これはあくまで一例で、
    人によっては契約を一方的に打ち切られた人も…。

    レオパレスが悪質なのは1キロ四方のエリアにおよそ40棟ものアパートを乱立させたこと。
    こんな無茶苦茶なことをしたら入居率が下がって当たり前。
    この地域についたあだ名は「レオパレス銀座」。
    レオパレスを信じて借金でアパートを建てた人は回収の目処がつかなくなり、借金だけが残る結果に。
    営業マンの「一括借上げシステム」「30年の安心収入」という言葉を信じてとんでもないことになってしまった。

    被害者は多数。
    契約書には「賃料は当初10年間は不変とする」とあるが、実際には300人が減額された。
    営業マンは当初の契約を無視して支払いを減額すると迫る。

    当初は本当に保証するつもりだったかもしれないが、結果的には一線を超えた。レオパレスがこうした詐欺に手を染める背景には急激な経営悪化があった。リーマンショック以降、苦しい経営が続いているのだ。

    ガイアの夜明けでは社内メールを入手していた。
    会社が減額を指示していたことが分かる。つまり営業マン単位ではなく会社ぐるみの詐欺だったということ。
    よりによって上場企業がこんなことをしてしまうとは…。

    レオパレスの深山英世社長は取材に対し「同意のもとでやった」「(強く迫る対応は)私はないと思っている」と潔白を主張していたが、
    証拠の社内メールを突きつけられると顔をこわばらせ、ノーコメントと態度を変えた。
    ガイアの夜明け取材陣がここまでの証拠をもっているとは予想していなかったのだろう。取材には応じたものの、
    最後に社としての信用を失う醜態を晒すことになってしまった。

    (以下略)

    ソース=http://netgeek.biz/archives/109233

    【【炎上】レオパレスの詐欺ビジネス VS 社長を詰問するガイアの夜明け】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/22(金)21:26:39 ID:Wjh
    家燃やしてごまかしたろ!

    勤務先の上役から預かったチワワが死んだのをごまかすために自宅アパートに火をつけたとして、現住建造物等放火の罪に問われた小川彰被告(28)=福岡市博多区=の裁判員裁判の判決が22日、福岡地裁であった。
    平塚浩司裁判長は「偽装のために放火したことは、あまりに短慮で身勝手」として、懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。
    http://www.asahi.com/amp/articles/ASKDQ5VJFKDQTIPE026.html?__twitter_impression=true

    【鬼上司のペット死んでしまったンゴ…せや!】の続きを読む

    このページのトップヘ