画家の日常、普通の世界。

ニッチな情報を画家独自の視点でお届けします。普通のことから変なことまで。

海外にはいくつかの似顔絵パフォーマンスという興味深いジャンルがあります。
まだまだ日本では浸透していませんが、海外では立派なパフォーマーとして認知されていて、その技術や演出は素晴らしいものがあります。外国の技術を取り入れたパフォーマンスが、日本でもそのうち見られるようになるかもしれません。

パフォーマンスというからには、単によく似た似顔絵を描くだけではありません。観衆の前で、個性とたぐいまれな能力を活かして演出を行うのです。たとえば、パフォーマーの前に2人のモデルを立たせて、両手で同時に2つの絵を描いていくという演出があります。両手で同じレベルの絵が描けるというだけでもすごいことですが、ごちゃまぜになることなく、異なる2人の絵を同じスピードで同じパーツを同時に描き進めていくのです。超人的な技とも言えるもので、このパフォーマンスは大変な人気を博しています。

また海外のアーティストのレベルの高さも驚くべきものがあります。
例えばカリカチュアアーティストのセバスチャンクルーガー氏は代表的な存在です。

https://youtu.be/VX1R7QoGvkI

https://youtu.be/b18LOHBjyuc

日本でもモデルの動物や物への擬態化というのはよく行われています。つまり、モデルに合ったイメージの動物と本人の顔をミックスしてコラージュのように描くのです。海外パフォーマーの中にはそれをさらに進めて、複数の人間のミックスを行う人たちがいます。1つの顔の中に、男性と女性、父親とその息子というように、複数の人間を描き込むのです。顔のパーツ数は決まっているので、その中で複数の人間を表現するのは大変難しいのですが、完成品を見ると確かに1つの顔の中に複数のモデルの特徴あるパーツが描かれていて、感心するばかりです。


Bell&Ross プロ仕様の航空時計BR03

1年くらい使用してますが、ベルトが若干変色してます。
3年に一度オーバーホールが必要。

四角フォルムがかわいいです。

03)


















15)

Bell&Ross
http://www.bellross.com/jp/collections/aviation/br_03/#/131/

Bell&Ross ゴールデン ヘリテージに関するブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/to1038jp/68455077.html

定価は43万円ほどですが、買い取り価格は20万以下になる場合も。
http://takayama78.jp/buy/8374.html




footer-logo


こんにちは。

2015年、新しく似顔絵サイトが誕生しました。

似顔絵のプレゼントのBIRDFUL

BIRDFULには"幸せを届ける"という意味が込められています。

よりHAPPYになるような喜ばれる似顔絵をお届けしていきます。

還暦祝い・金婚式・退職祝い・結婚式・お祝い用の似顔絵商品がメインなので

ご家族や大切な友人へのプレゼントに おすすめです

canvas-17b












キャンバス仕立のかわいい似顔絵を作成しています。

1-179


















似顔絵はオリジナルのロゴ袋に入れてお届けします。メッセージカード、イーゼルもセットになっています。優しいタッチの似顔絵を是非ご利用下さい。

似顔絵プレゼントのBIRDFUL

キャンバス仕立ての優しいタッチの似顔絵です。

535





















似顔絵で重要なファクターとなる1つは色の組み合わせです。モノクロで製作するならなんら問題はありませんが、たいがいの絵はカラーで仕上げます。せっかく輪郭やパーツを上手に描けたのであれば、色入れも上手に行って素敵な完成品を仕上げたいものです。では、どんな点に注意して色つけをしていけば良いでしょうか。

まず基本となる点として、はっきり塗り分ける似顔絵がいいのか、淡い色を重ねていくのが好みかということです。それによって手法が異なるので、自分の目指すところをはっきりさせておくと良いでしょう。淡く塗っていくのが好みであれば、重ね塗りが基本となります。一気に求めるイメージ通りに塗っていこうとしないで、最初は色が付くか付かないかくらいの微妙なところで、下塗りをします。そして、陰となるところに色を少しずつ重ねていって立体感を出していきます。

そして、同系色を使い分けてさらに立体感を出していきます。肌であれば、黄色とオレンジ、茶色などを薄く塗り分けていくことで絵にボリューム感が出てきます。ここでポイントとなるのは、必ず同系色を使うということです。色相の違うものを使うと、一気にイメージが変わってしまうので修正が難しくなります。水彩絵の具を使用しているのであれば、立体感を出し柔らかい雰囲気を出すために、全体的に大きく塗った部分をティッシュなどで叩いてにじみ感を出すという手もあります。大きい面積を同じ色で埋めると平面的になってしまうので、変化を付けるのが目的です。

素敵な動画をシェアします。

自分の顔に自信を持てない96%の人を、この似顔絵1枚が笑顔にする。

自分に自信のない人はぜひみてください

「自分の顔について説明してください」そう言って画家は、Aさんの顔を見ずにAさんの顔を描く。

 次は、書かれたAさんの顔を見たBさんに「Aさんの顔について説明してください」と言-い、絵師はまたAさんの顔を描く。

そうしてできた絵を並べてみると......!?



貴方はあなたが思っているよりも、ずっと素敵な存在です(^^)

僕も絵を描いていてそう思います。




↑このページのトップヘ