トップページ » サクラダモンガイノヘン

サクラダモンガイノヘン

どうもこんばんは
腰が本調子ではないので
おとなしくしています
人猫です。


さてさて
ウンコつまらんTVを
みてましたら
桜田門外の変についての
酷いテキトー番組がやってました。
ワタクシは、最近多くなった
歴史のうわっつらだけをぺろーんとやる
番組が大っ嫌いであります。
特に、ワタクシ、担当が幕末なのでw。

ちょっと具体的に、
桜田門外の変を考えてみませう。

現在の地図だとこんな感じ

大きな地図で見る

東京の方はフツーかもですが TVでよくみる、
警視庁の三角ビルのすぐそばなんですなあ。

当時の地図だとこんな感じ。
(左下が井伊家の藩邸)
sakuradamon-map2

事件は桜田門へ行く、お堀を渡る橋の手前で
起こってるので、
だいたい、井伊家の屋敷から400mくらいしか
離れてないところで起こってます。
(藩邸から門まで目視可能)

時は1860年、3月3日。
旧暦の3月3日なので、現在のカレンダーになおすと
3月24日。
3月の24日で東京で大雪が降ってたのです。
やっぱり珍しかったのでしょうなあ。

時刻は朝9時ごろ。
この日は上巳の節句で、幕府のエライさんは
みんな出勤日なので登城。
その途中で事件は起こったのであります。

さてざっくりと事件の構図。

襲った側、井伊直弼殺害犯のほう、
これは水戸家の浪人と薩摩、島津家の浪人。
(浪人つっても当日に脱藩しますよの書面だしたのも多数)

水戸家、っつーのは、もー、
今でいったら、超過激ウヨク。
「ガイジン、コロセー」「幕府バンザーイ」
「テンノー様バンザーイ」なヒトタチ。
(ここんちのさらに超々過激派に「水戸天狗党」っつーのが
ありまして、新選組の最初のほうのアタマ、芹沢鴨は
これの出身。新選組が佐幕(幕府を佐ける(たすける)なのは
当たり前なんですなあ)


対する襲われたほう、
首とられちゃったよ、井伊直弼、幕府の大老というエライさん。
ひこに○んで有名な彦根藩。「井伊の赤おどし」。

このヒトは、、サヨク、じゃないないんだよな、
開国派。外国つえーから、
とりあえず言うとおりにしよ、そうしよ、なヒト。
朝廷(京都の天のう様)をシカトして、
アメリカと通商条約を結んじゃった。
(テンのー様バンザーイじゃないのがポイント)

桜田門外の変、で水戸家側に
襲われた理由の最大のはこれ、
シカトして条約締結、なんだけど
このナオスケさん、
安政の大獄、ってのをやってまして、
要は、開国に反対するヒトを弾圧しまくって
殺しまくっていました。
(安政の大獄で殺された有名人が長州の吉田松陰
桂小五郎、高杉晋作のお師匠。頭のネジがけっこう飛んでる、
ホントの意味での過激ウヨク。
幕府いらね、テンノー様あれば良し、ガイジンはコロス、なヒト。
このヒトが殺されたから、幕末、長州は徹底して
反幕府になるんですな、ハイ)
で、ナオスケさんは、これで、あっちこっちに文句つけて
殺したりしてるもんだから、かなりの嫌われ者。

余談
TVとかだと、ひとくちで「尊皇攘夷」だとか言っちゃうけど、
少なくとも
「佐幕、尊王、攘夷」(水戸家)
「佐幕、非尊王?攘夷」(井伊家)
「反幕、尊皇、攘夷」(長州)
「どーでもいいや、商売商売(坂本竜馬)」
な感じで4系統はあったのですよ、ハイ。


さて、桜田門外の変。
実行者は18人。(実際の襲撃は16人)
(井伊家の方は50人から60人の行列だったので
人数的にはかなりのムチャ)

関鉄之介(徒士格 現場総指揮 斬り合い不参加 逃亡後捕縛、1862年斬罪。享年39)
岡部三十郎忠吉(検視見届役 斬り合い不参加 逃亡後捕縛、1861年斬罪。享年44)
稲田重蔵正辰(郡方 金子に同行を命じられたが本人の希望により固辞、襲撃参加。闘死。享年47)
山口辰之介正(重傷負い自刃。享年29)
鯉淵要人珍陳(神官 重傷負い自刃。享年51)
広岡子之次郎則頼(小普譜 重傷負い自刃。享年21)
黒澤忠三郎勝算(馬廻組 自首後、病死。享年33)
斎藤監物一徳(神官 自首後、傷により死亡。享年39)
佐野竹之助光明(小普譜 自首後、傷により死亡。享年21)
大関和七郎増美(大番組 自首後、1861年斬罪。享年26)
森五六郎直長(自首後、1861年斬罪。享年24)
蓮田市五郎正実(寺社方 自首後、1861年斬罪。享年29)
森山繁之介政徳(町方属吏 自首後、1861年斬罪。享年27)
海後磋磯之介(神職 逃亡後、菊池剛蔵と改名。維新後警視庁・水戸県警察本部勤務。
1903年没。享年76)
杉山弥一郎当人(留付列 自首後、1861年斬罪。享年38)
広木松之介有良(町方属吏 逃亡後、1862年自刃。享年27)
増子金八
(逃亡後、1881年没。享年59)
有村次左衛門(薩摩藩士 重傷負い自刃。享年22)

ずらっと挙げてみましたが、、
享年、なので、満ならやっとこ20歳がふたりも入ってますねえ。
明治維新が1868年なので、維新後まで生きたのはたったのふたり。
うむう。。

ちょっと、実際の襲撃がどうだったか、と書いてみると
かなりのスプラッタなんですが、、

まずね、時代劇とかだと、
必ず、ナオスケさんが、出発する前に、
「殿、こんな落とし文が!(水戸家襲撃のウワサあり)
何卒、家来を増やしてちょ」
みたいなやりとりがあるけど、
嘘というか、フィクションでしょ、これ。
そういう懸念があるのに、家来はみんな
柄袋(刀のもつ所、濡れないように袋をかける)してたんだから。
(柄袋をとらないと刀抜けない)
井伊家側は完全に油断していたのですよ、
と、いっても、大名行列を襲う、って前例がなかったので
9.11みたいな前代未聞のテロだったのは間違いないけども。


井伊家側に斬られて、唯一現場で
死んじゃったのが、上から3番目、稲田さん。
このヒトの死体は井伊家にひっぱられていった後、
検死用に塩漬け保存されますが、その前に
井伊家家臣に腹いせに殴る蹴る突く、され、かなり損傷してたらしいです。

ナオスケさんの首をちょん切った、
唯一の薩摩藩士、有村さん(一番下)、
よっしゃ、終わった、と思いきや、
井伊家側小姓(殿様側近)小河原秀之丞に
後頭部と背中をざっくり斬られる。
ドタマにきた、有村さん、振り向きざまに
小河原を袈裟懸けに斬る。
ついでに側にいた、広岡さん(上から6番目)、小河原の右腕を斬り飛ばす。
小河原さん、この時、右の目ん玉飛び出す。
でも、即死せず、その後、治療中に死亡。
有村さんの方は、2つ目の地図の右上、
遠藤但馬守の藩邸門前まで、首もってって、自刃。
(ハラ切ろうとしてちょっと刺して、出血のため、
チカラはいらず、地面に小刀を立てて、首を貫く)

↑の有村さんが、小河原さんを袈裟切りにしたあと
ちょっとして、ようやく、井伊藩邸から
武装藩士が到着。
まっさきにやったのが、道路の掃除。
桜田御門の前を血で汚すなんてあっちゃいけない
武家社会。

掃除にあたった、井伊家の中間(雑用係)の記録、
「拾っても拾っても指が落ちてる」
「こっちには耳」
その他現場には
髪のついた肉片
腕4本、などなど。
まー、恐ろしい、スプラッタ。
(一部始終をみてた、
杵築藩江戸留守居役、奥津なにがしってヒトの
記録があるのです)

てなかんじで、
ド級スプラッタなのが桜田門外の変。
(日本刀、って切れすぎるんだよね)
シバのおじさんが
新選組、
「池田屋事件で明治維新は10年遅れた」
って言ってますが、
この桜田門外の変は、
日本全国に
「あれ、幕府って弱えーんじゃね?
たいろー(外務大臣級よ?)が18人で殺されちゃったぜ?」
で、明治維新に至る歴史に着火したといってもいい事件、
テケトーにおもしろがって
番組つくってんじゃねぇよ、と
ワタクシは言いたいのであります。

最後に、ですが、
襲った方、襲われた方、
どっちが正しいか、はワタクシわかりません。
どっちもどっち、喧嘩両成敗かなあ。
でも、やっぱり、暴力で解決、ってのはよくないだろうなあ、と。
血の流れない革命はありませんが。

それにしても、みんな下級武士なんだよな、、
天安門で死んだのは学生
死ぬのは下っぱ。
上から世の中が変わる、ってのはないんだよなあ。。。


人猫(ジンビョウ)graygoo  at 21:00
トラックバックURL
コメント
1. Posted by とまと   May 04, 2012 00:42
そんな事なにも知らずに、桜田門辺りをくるくるくるくる走っている人たちの一人です。(もう一年近く行ってませんが)

人猫さんに歴史の授業お願いしたいです♪
2. Posted by 人猫   May 04, 2012 22:53
〉とまとさん

ああ、そっかー
皇居まわりといえば
ランナーの聖地ですもんねえ。
いいな〜。
実地でみてみたいけど、
行こうと思うと意外に
大変なんですよねー。

ええとですね
あちこち行ったときに
歴史では、ここはこうで〜とか
説明しますと、
女性にはたいていつまんな〜いって
言われますww。
史跡めぐりはけっこう
足でかせがないといけないので
疲れる、ってのも
女子的に評判悪いんですよね〜。
おもしろいと思うんだけどなー。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星