2014年02月28日

魅力的なイタリアワインバーに行ってきました。



京都市伏見のワインバーに「エノテカ チ・ディ・ジ」に初めて行きました。


イタリアワイン専門というのが嬉しいですね。オーナーさんはイタリアソムリエ協会のソムリエの資格をお持ちです。グラスワインは1杯600円という価格帯のものが充実していて、気楽に行けるお店です。


40



ちょうど前日がオーナーさんのお誕生日だったということで、バースデーケーキをご相伴させていただきました。写真は蝋燭の火を消すシーンです。ご近所の方に愛されているのがいいですね。お隣の常連さんとすぐに仲良くなってしまいました。あまりに楽しかったのでまた行きたいです。


53



お店の情報はオフィシャルサイト http://comunegiglio.com/ をご覧ください。大手筋商店街のすぐ近くです。


Enoteca C.d.G
tel 075-644-4628




grazie_arigatou at 17:07|Permalinkmixiチェック Clip to Evernote京都、大阪、兵庫のレストラン 

2014年02月15日

大阪のカンティーナ ピアノ ピアーノで、たらふく食べました



ご無沙汰しております。久しぶりの更新となってしまいましたが、私は元気で過ごしていますよ。ロスコ閉店後は子供と過ごす時間が増えたので喜んでいます。


さて、このところ、ほとんど外食していませんでしたが、今週は大阪のイタリア料理店に行っていきました。梅田のブリーゼブリーゼの中にあるカンティーナ ピアノ ピアーノです。


かつて京都のルンガモ(オープン当初の店名はリスタ・ジョルジョ・ピンキオーリ)にいらっしゃる時にミシュランガイドで星をとった村田さんがシェフをされています(ルンガモでの素晴らしい食事の様子は以前ブログに書きましたので、こちらをクリックしてご覧ください)。


カンティーナ ピアノ ピアーノはルンガモとはコンセプトが異なり、もう少し気楽にいけるお店なので、料理のスタイルも少々異なっています。


男性の友人と二人でいったのですが、アラカルトでたっぷり食べました。「真蛸とアスパラガスのマリネ キャビア添え」と「ハマグリのフランチャコルタ蒸し」のあとは、量を少なめにすることもできますよと仰ってくださったので、パスタは3種類も食べてしまいました。下の画像は、「キタッラ 鱈の白子とドライトマト、花ワサビのソース」です。他には「リングエッティーニ 渡りガニのトマトクリームソース」と「タリアテッレ ホロホロ鳥とラディッキオ、ヘーゼルナッツのラグー」を食べました。

DSC07850b



さらに太刀魚のカツレツ、和牛イチボのローストと食べ進みました。黒トリュフが贅沢です。更にデザートも食べ、村田シェフの料理を堪能しました。どれも美味しくて幸せでした。


DSC07865b



この日はワインもたっぷり飲みました。翌日は少々しんどかったくらいです。ワインはこれだけの格の店からすると安いという印象です。サービススタッフは皆さん若いですが、キビキビしていて好印象でした。カジュアル過ぎず、さりとて豪華すぎることもない洗練された空間も心地よかったです。



grazie_arigatou at 23:24|Permalinkmixiチェック Clip to Evernote京都、大阪、兵庫のレストラン 

2014年01月08日

ワインバー・ロスコは2013年12月を持って閉店いたしました。



ワインバー・ロスコは2013年12月を持って閉店いたしました。


長らくご愛顧いただきまして真にありがとうございました。


ワインバー・ロスコに関わっていただいた全ての方に感謝申し上げます。


今後もワイン会などのイベントは引き続き開催していきたいと思っています。


このブログなどでご案内してまいりますので、引き続き当ブログをご覧いただけますと幸いです。




grazie_arigatou at 09:10|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月28日

本日のご予約状況について



営業日数が残り2日となりました。あと僅かですがよろしくお願いいたします。


今日は7時に予約で満席になってしまいます。6時の開店から7時の予約のお客様がご来店くださる間の短時間でよろしければいくらかお席があります。


その後は6時に予約でお越しいただいた方がお帰りになってから(そのお客様次第ですが8時以降でしょうか)お入りいただけるといった状況です。


今日はグラスワインで3つの生産者によるアマローネをご用意します。それぞれの個性を飲み比べていただけます。今年になってから毎日アマローネをグラスでお出しするようになったのですが、どんどんファンが増えています。奥深い味わいをご堪能ください。


今日はこれらの他にもバローロやブルネッロ・ディ・モンタルチーノなどイタリアを代表するワインをグラスで飲んでいただけます。ジュゼッペ・クインタレッリによる白ワイン、ビアンコ・セッコもございます。お気軽にご来店ください。





rothko


ワインバー・ロスコは12月30日をもって営業を終了いたします。6年間もの間ご愛顧いただきましてありがとうございました。12月29日(日)は休業しますのでご留意ください。ご来店の際は電話で空席をご確認いただけますと幸いです。


ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


grazie_arigatou at 12:38|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月21日

今日のスペシャルグラスワインはチェパレッロ2001



残りの営業日数が9日となりました。昨日はありがたいことに満席になり、せっかくお越しいただいたのにお断りしてしまった方がいらっしゃいます。ご来店の際には電話で空席をご確認いただけますと幸いです。


今日のスペシャルグラスワインはチェッパレッロのバックヴィンテージ2001です。キャンティ・クラシコの優秀な作り手イゾレ・エ・オレーナがサンジョヴェーゼ種のみで作るワインです。洗練されたサンジョヴェーゼの魅力を堪能しましょう。


a77b1d0f



今後のスペシャルグラスワインの予定は以下のとおりです。


12月22日(日) 《イタリア最上級のスパークリングの産地フランチャコルタをマグナムで》

・フランチャコルタ ヌオヴァ・キュヴェ(カ・デル・ボスコ) NV マグナムボトル


12月25日(水) 《魅惑の樽熟成シャルドネのバックヴィンテージをマグナムで》

・ヴィエ・ディ・ロマンス(ヴィエ・ディ・ロマンス)2009 マグナムボトル


12月27日(金) 《世界に誇る神がかったアマローネ》

・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ(ジュゼッペ・クインタレッリ)2003
・ビアンコ・セッコ(ジュゼッペ・クインタレッリ)2011



ワインバー・ロスコは12月30日をもって営業を終了いたします。6年間もの間ご愛顧いただきましてありがとうございました。開店記念日の12月22日は日曜日ですが営業いたします。翌週の日曜日29日は休業しますのでご留意ください。ご来店の際は電話で空席をご確認いただけますと幸いです。



rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。

ワインバー・ロスコの最新情報を無料メールマガジンでお知らせしています。こちらでご登録ください。
ワイン会の情報はこちらをご覧ください。


grazie_arigatou at 14:24|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月20日

クチーナ・クラモチでのワイン会。白トリュフを堪能しました。



ワインバー・ロスコは日曜日が定休日ですが、22日は営業いたします。営業時間は19時から1時までです。皆様のお越しをお待ちしています。


残りの営業日数が10日間となりました。日々感謝の気持ちを込めて営業したいと思います。


さて、先日クチーナ・クラモチでワイン会を行いました。白トリュフがテーマでした。初めて白トリュフを味わう方もいらっしゃましたが、華やかに立ち上がる妖艶な香りに感激されていましたよ。


IMGP5412



パルッソのバローロ1988ヴィンテージのマグナムボトルを飲んでいただきましたが、いい具合に熟成していて、皆さんに喜んでいただいていました。やはりワインにとって熟成ということは大きな魅力なんだなと改めて感じました。


IMGP5480



会のはじめには倉持シェフがトリュフの説明をしてくださいました。


IMGP5343



まるままのトリュフを着席したみなさんに回覧しましたが、写真を撮ったり香りを嗅いだりと興味深く御覧頂いていました。


IMGP5349



この時の様子はワインバー・ロスコのフェイスブックページに画像を24枚アップしています。こちらをクリックしてご覧ください。フェイスブックに登録していない方もご覧いただけます。


その他の料理も好評でした。クチーナ・クラモチ、いいお店ですよ。


クチーナ・クラモチ
http://cucinakuramochi.com/
京都市中京区釜座通丸太町下ル桝屋町149番地
(地下鉄丸太町より徒歩5分)






ワインバー・ロスコは12月30日をもって営業を終了いたします。6年間もの間ご愛顧いただきましてありがとうございました。開店記念日の12月22日は日曜日ですが営業いたします。翌週の日曜日29日は休業しますのでご留意ください。ご来店の際は電話で空席をご確認いただけますと幸いです。



rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


2013年12月19日

日替わりで魅力的なワインをグラスでご提供します。



特別なワインを下記の日程でグラスワインとしてご提供します。バックヴィンテージやマグナムボトルなど、魅力的なワインを日替わりでご提供します。この機会に是非お越しください。



12月20日(金) 《シチリアの濃密・上質な赤》

・ロッソ・デル・コンテ(タスカ・ダルメリータ)1999
・カベルネ・ソーヴィニヨン(タスカ・ダルメリータ)2009



12月21日(土) 《サンジョヴェーゼの洗練》

・チェパレッロ(イゾレ・エ・オレーナ)2001
・キャンティ・クラシコ(イゾレ・エ・オレーナ)2010



12月22日(日) 《イタリア最上級のスパークリングの産地フランチャコルタをマグナムで》

・フランチャコルタ ヌオヴァ・キュヴェ(カ・デル・ボスコ) NV マグナムボトル



12月25日(水) 《魅惑の樽熟成シャルドネのバックヴィンテージをマグナムで》

・ヴィエ・ディ・ロマンス(ヴィエ・ディ・ロマンス)2009 マグナムボトル



12月27日(金) 《世界に誇る神がかったアマローネ》

・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ(ジュゼッペ・クインタレッリ)2003
・ビアンコ・セッコ(ジュゼッペ・クインタレッリ)2011



34




ワインバー・ロスコは12月30日をもって営業を終了いたします。6年間もの間ご愛顧いただきましてありがとうございました。開店記念日の12月22日は日曜日ですが営業いたします。翌週の日曜日29日は休業しますのでご留意ください。ご来店の際は電話で空席をご確認いただけますと幸いです。




rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


grazie_arigatou at 15:02|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月18日

本日はグラスでサグランティーノの甘口をお出しします



本日はグラスワインで赤の甘口ワイン、モンテファルコ・サグランティーノ・パッシートをお出しします。サグランティーノ種はポリフェノールを非常に多く含み、タンニンがしっかりした辛口赤ワインが有名ですが、元々は陰干しして作る甘口が多く作られていたそうです。甘いけれでも渋味があるという面白いデザートワインです。


今回ご提供するのは優秀な作り手コルペトローネによるもの。凝縮度、緻密度は圧倒的。濃密な余韻が長く長く続きます。3年以上前に購入した私の秘蔵ワインですが、閉店前に皆様に感動を味わっていただきたいと思い、グラスワインでご提供することにしました。この機会にぜひご体験ください。


IMGP9608r



ワインバー・ロスコは12月30日をもって営業を終了いたします。6年間もの間ご愛顧いただきましてありがとうございました。開店記念日の12月22日は日曜日ですが営業いたします。翌週の日曜日29日は休業しますのでご留意ください。ご来店の際は電話で空席をご確認いただけますと幸いです。




rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


grazie_arigatou at 11:43|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月17日

タウラージはじめイタリア各地の上質なワインをグラスでどうぞ



今日はグラスワインとしてタウラージをグラスワインでお出しします。カンパーニャ州内陸部の標高の高いエリアで、南イタリア随一の高品質な葡萄品種アリアニコから出来るワインです。作り手はサルヴァトーレ・モレッティエーリです。親しみやすい果実味がありながらも酸味やタンニンが充実していて洗練されています。


17



この他、トスカーナのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、ピエモンテのバローロ、ヴェネトのアマローネなどイタリア各地の上質なワインが揃いました。12月はゴージャスなワインをグラスワインとしてお楽しみいただいています。


42





rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


grazie_arigatou at 15:54|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月14日

パオロ・スカヴィーノのバローロをグラスで



今日はパオロ・スカヴィーノのバローロをグラスでお出ししますよ。


01



昨夜開けたマグナムボトルのサン・ファビアーノ・カルチナイアのキャンティ・クラシコ・リゼルヴァもいくらか残っています。かなり旨いです。


残りの営業日数が15日になりました。あと僅かですが、よろしくお願いします。




rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


grazie_arigatou at 15:59|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月13日

本日はマグナムボトルのワインをグラスでご提供します



本日は特別なワインをグラスワインとしてお出しします。マグナムボトル。しかもバックヴィンテージです。


キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ チェッロレ 2005年
生産者:サン・ファビアーノ・カルチナイア


14



イタリアを代表するワインの名産地、トスカーナ州の丘陵地帯に位置するキャンティ・クラシコのエリア。そのなかでも標高450メートルに位置するチェッロレという名の条件に恵まれた畑の葡萄から作られます。


華やかで複雑な香りが立ち上がり、心地良い果実の凝縮感と、滑らかなタンニンが楽しめます。


今回はバックヴィンテージの2005年をご用意しました。


マグナムボトルとは通常のボトル2本分の容量(1500ml)の大きなボトルです。ビッグボトルならではの美味しさをご体験ください。


この他にも様々な魅力的なワインが揃っていますよ。連日バローロを2種類グラスワインでご用意していますが、今日はガリアッソ・マリオとペッケニーノの手によるものをお出しします。もちろん、いつもの様にアマローネもグラスであります。お気軽にご来店ください。




rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休 ただし、12月22日は営業いたします。
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。


grazie_arigatou at 12:07|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年12月06日

営業終了のお知らせ



ワインバー・ロスコは12月30日をもって営業を終了することになりましたのでご案内いたします。


2007年12月22日の開店以来、6年間にわたってご愛顧賜りましたこと厚く御礼申し上げます。


残り僅かではありますが、精一杯営業いたしますので、引き続きお引き立て賜りますようお願い申し上げます。


尚、日曜日が定休日ではありますが、12月22日は営業いたします。お気軽にご来店ください。


本日より当面の間、バローロを常に2種類グラスワインでご提供いたします。本日は、ペラッサのバローロ 2009、及び、ジョバンニ・マンゾーネのバローロ ブリカット 2007です。どちらも素晴らしく上質なワインです。


11



また、ご好評いただいているアマローネも引き続き毎日グラスワインとしてお出ししますので、こちらも併せてご体験ください。


このほか、偉大なワインのバックヴィンテージをグラスでお出しするなど、特別な企画も順次開催してまいります。追ってご案内しますのでご期待ください。



rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。



grazie_arigatou at 16:03|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 

2013年11月19日

今週木曜日より素晴らしいサンジョヴェーゼをグラスで



今週木曜日(11/21)よりトスカーナ州のサンジョヴェーゼ種から出来る魅力的なワインをグラスワインでご提供します。モンテヴェルティーネによるモンテヴェルティーネという名のワイン(2010年)。そして、シロ・パチェンティのロッソ・ディ・モンタルチーノ(2011年)です。


01



モンテヴェルティーネはキャンティ・クラシコの中でも標高が高く冷涼な気候のラッダ・イン・キャンティでできるワイン。シロ・パチェンティはトスカーナの丘陵地帯でも南の方に位置するモンタルチーノで出来るワインです。方やスマートで繊細優美なスタイル。方や豊かなボディを感じるスタイル。どちらも素晴らしく美味しいワインですが、同じサンジョヴェーゼ種でも産地によって異なる個性となっています。あなたはどちらがお好みでしょうか。ぜひご体験ください。




rothko

ワインバー・ロスコ
京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236 六角ビル3階
電話:075-211-8804   全席禁煙
ワインバー・ロスコのHP
ワインバー・ロスコのフェイスブックページ
グーグルマップでワインバー・ロスコの位置を確認
日曜定休
営業時間:20:00〜1:00(月〜金) 18:00〜1:00(土)
チャージとしてお一人様500円を頂戴しております。

ワインバー・ロスコの最新情報を無料メールマガジンでお知らせしています。こちらでご登録ください。
ワイン会の情報はこちらをご覧ください。


grazie_arigatou at 16:26|Permalinkmixiチェック Clip to Evernoteワインバー・ロスコ 
当ブログ内 記事検索
これまで書いた記事のカテゴリー別分類
《プロフィール》
イタリアワインが大好きです。ワインって人を幸せな気持ちにしてくれる素敵な飲み物だと思います。 クラシック音楽が好き。一時期バレエもよく見ていました。パリ・オペラ座は最高です。パトリック・デュポンを何度か生で見れたのは貴重な体験です。シルヴィ・ギエムにはしびれました。 オペラハウスは、ウィーン、パリのガルニエ、ロンドンのコヴェント・ガーデン、ミラノ・スカラ座、ニューヨークのMETに行くことができました。幸せな体験でした。 毎年12月に南座で歌舞伎が見られることにも京都に住む喜びだと感じています。片岡仁左衛門や坂田藤十郎といった上方の役者さんをどうしても贔屓にしてしまいます。 絵は、フェルメールがいいですね。彼が生まれ活動したデルフトにも行ってしまいました。普通に印象派も好きです。店の名前に拝借したマーク・ロスコや、エドワード・ホッパーも好きです。それから2006年にアムステルダムで見たカラヴァッジョとレンブラントの特別展はすごかった。強烈に印象に残った展覧会でした。 旅行も好き。ヨーロッパには10回ほど行きましたが、もっともっと行きたいです。 自分の行動が人の幸せにつながっていけばいいなと思っています。
メッセージ
イタリアワイン関連本