ベタ系 by GRC

ベタについて気ままに語ります。ショーベタもプラカットも、ワイルドベタも好きです。バタフライやファンシーなどいいですね。また書き込みはあくまで主観ですので、もし気になることがあっても生暖かく見守ってあげるとよいでしょう。(笑

大阪でGET!

本家(?)でピートモスを購入。
「最近、都内でも見ますね」と言うと
「問屋さんから行ってんねんね」と。
image


新装されたグリコの看板。
image


手羽先屋さん。(笑)
image




参加してます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

ショップ巡り

自分が比較的よく立ち寄る都内近郊の
アクアショップを紹介してみます。
なお、感想はあくまで個人的な意見です。
(敬称略)

◆アク○セノーテ
池袋駅北口5分。
アピストや植物、レプタイルも充実。
女性にも入りやすい雰囲気。
ダンボやプラカットもkoiカラーや
店長自らセレクトのファンシーなど
豊富なラインナップは見てるだけでも楽しい。
ワイルドベタやリコリスも
状態良く管理されている。
こちらのメンバーズカードは
デザイン性に優れていてぜひ持ちたい一枚。
通販OK。
image


◆市ヶ谷フィッシュ○ンター
市ヶ谷駅すぐ。釣り堀併設店。
ここのところワイルドやリコリスに
力を入れているように思う。
image


◆パウパウアク○ガーデン銀座店
東銀座駅近くの大型店。
一昨年はワイルドベタmixが
大量入荷していたが、今年はどうだろう?
器具類が充実、大抵のものは揃う。
image


◆パウパウアク○ガーデン新宿店
店舗スペースが縮小されてからは
アピストも縮小された。
image

◆アク○フォレスト
新宿サブナードのキレイなお店。
ベタとアピストは常に小さいながらも
専用のコーナーがある。
稚魚から幼魚に成長するときに
欠かせない(?)イトメが
置かれてあるところが嬉しい。
image



◆ルミエー○
田園都市線市ヶ尾駅が最寄駅になるのだろうか?
車でしか行ったことがない。
人当たりの良い店長が親切に答えてくれる。
…ってベタはいたかな?
image


◆チャイ
京急新馬場駅すぐ。品川神社も近い。
ベタは販売水槽にも泳いでいるが、
袋詰めにされて棚売りもされている。
このベタがこの低価格で?!といった
衝撃を受けることもできる。
水草も安くて質の高いのがあるし、
(co2ボンベはたいがいここで買う)
ここでもイトメが買える。
image


◆アンアク○リウム
護国寺近くのお店。言わずと知れた
アピストの有名店であるが、
たまにマクロストマなどが入荷。

孵化率が高くて小分けされたブラインエッグある?
小さな水槽用にパイプがカットされたスポンジフィルターある?
小さな水槽用に取っ手がカットされたコケ落としある?
弱い魚が逃げ込めるシェルターある?
薬の適量がわかりやすくすぐに使えるのある?
導電度低くて弱酸性の種水を作るのに使いやすいのある?
あまったRO水、ある?(笑)

などといったわがままな要望にサラリと
「あるよ」と
応えてくれる所が嬉しい。
アピストに使えるものはほとんど
ベタに使える。
image





参加してます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

リニューアル2014年末

年末年始の時期に
水槽のリニューアルをしています。
このブログにもご無沙汰で
ベタのメンバーもずいぶん変わりました。
また少しずつ紹介していきたいと思います。

DSC09603




ポチっとすると何かが起こるかも?
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

ブラインのわかしかた(皿式)

ブラインシュリンプの孵化のさせ方、
自分が行っている特に皿式を記しておきます。
(テキトーに手間ひまかけずに行っています)

1)容器
3個ひと組で100円ショップで売られているタッパーウェアを使用。
水道水を水深1~2センチほど入れます。
(あまり水深が深いと孵化率が悪化するので要注意)
DSC09656















冬場など水温確保のため
照明器具の上に置くことを推奨している人もいますが
水槽の蓋の上で十分。
今年の真冬でも一日で孵化。

2)ブラインエッグをパラパラとまく
DSC09661















ブラインエッグを水面に振りまきます。
あまり多く入れると孵化してから酸欠(?)で死滅、イキが悪くなるので注意。
ちなみにブラインエッグは音羽のアピストのお店で購入しています。
①孵化率がよい
②小分けで購入できるので新鮮
③ブラインが小さい(ように感じる)
といった理由によります。

3)塩を少々投入
DSC09662















塩を少々投入。
目分量でサクっと。
以前は人工海水の素などを使用していましたが、そのへんの塩でも孵化には
なんら変わりがないことに気づき、今はこだわってはいません。
準備は以上で終了。

4)24時間待つ
DSC09943
















おおよそ24時間で孵化。
容器の隅(光の方向)に集合する習性があり、
殻と分離するので楽チン。
またブラインは運動量が多いため、早めに魚に与えないと
養分が消耗、激減してしまうので注意が必要です。

5)スポイトで吸引
スポイトで吸い取り、茶こしに集めています。
DSC09952



















DSC09955
















6)水で十分に濾す(こす)
自分は水道水でジャージャーと塩分を洗い流しています。
ここでRO水を用いて漉している方も。(飼育水が濃くなることを避けるため)
いつかは見習いたいと思っています。

7)与える
DSC09959
















Apistogramma viejitaの稚魚にも与えます。
ベタの稚魚にも与えます。

量を多く取りたい時はやはりブラインハッチャーなどを使用したツボ式
さくっと簡単に取りたい時はこの皿式と使い分けています。

水槽の上に塩水を置くなど危険が伴いますので実践される場合は
自己責任において十分ご注意されるようにお願いします。


ポチっとすると何かが起こるかも?
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

稚魚その後

DSC010072















食欲も旺盛でブラインをもりもり
食べています。

DSC010022
















そろそろフィルターを使わなきゃね。





ポチポチ、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 大阪でGET!
  • 大阪でGET!
  • 大阪でGET!
  • ショップ巡り
  • ショップ巡り
  • ショップ巡り
  • ショップ巡り
  • ショップ巡り
  • ショップ巡り
  • ライブドアブログ