伊藤友樹の”Greatest spirit”

俳優・伊藤友樹のブログです。

ボス


昨年から、洋楽界では訃報が続きました。
インターネットのニュースに洋楽の記事が載った思えば、悲しいニュースばかりでした。

デヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、彼らの訃報に触れずにはいられませんでしたが、書くことがそんなことばかりになってしまうなぁなんて思っていました。

僕がいうのもおかしな話ですが、最近の若い人たちは、こんなミュージシャン達の事を知らないのかなぁなんて。僕ももちろんリアルタイムではありませんが、
亡くなってようやく知るとか、曲を聞いて、あーこの人ねー、みたいな感じなのでしょうか。


僕が大好きなブルース・スプリングスティーンは今現在全米をツアー中でして、(このツアーもソールドアウトだとか。)
彼はこのツアーの中で、デヴィッド・ボウイ、グレン・フライの報せを受けて、それぞれの歌をカバーしました。



David Bowie - Rebel Rebel


Bruce Springsteen - Rebel Rebel


Eagles - Take it easy 1977


Bruce Springsteen - Take It Easy


Motorhead モーターヘッド


image


「MOTORHEADは俺の人生だ。俺は毎日24時間MOTORHEADさ。」


生前の彼のインタビューでの一言です。


モーターヘッドのレミーが亡くなりました。


今朝、友人から連絡がありました。
つい先日のブログでも、モーターヘッドについて触れたばかりでした。
まさか、今年の最新アルバムが遺作になろうとは。

モーターヘッドの創設者、ベース&ヴォーカルである、レミー・キルミスター
Lemmy Kilmisterが亡くなったと、28日、バンドから発表がありました。
彼は12月24日のクリスマスイヴに70歳になったばかりでした。

今年は、モーターヘッドのニューアルバムの発表、そして元ドラム、フィルシー"アニマル"テイラーの訃報がありました。
ニューアルバムは評判が良くて、自分もここのところよく聞いていました。
モーターヘッドを知らない人、もし自分のブログで知るきっかけになった人は、是非聞いてみて欲しい。

世の中に数多くのロックバンドはあれど、モーターヘッドのようなバンドはありません。

モーターヘッドを愛し、モーターヘッドからも、ファンからも愛された漢、彼の冥福を祈ります。

オジーオズボーンの追悼コメントが涙を誘う。

僕は、この二本の映像を見てると感動して泣けてきます。

レミーがモーターヘッドを結成したのは、彼が30歳の時。僕も今30歳。まだまだこれから。








ヘヴィメタル

先日、友人とヘヴィメタルの話になりました。そういや最近、ヘヴィメタルって言葉を聞く機会が昔に比べてめっきり少なくなったよね。なんて。

ヘヴィメタルは死んではいないと声を大にして言いたい笑

BURRN!! 誌は刊行され続けているし、新しいアーティストもデビューしているし。

最近の音楽でヘヴィメタルと言うと、自分が好きなNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal の略)とは、ちょっと違ってきているよう。

メイデンはニューアルバムがリリースされているし、メンバーチェンジがあってもジューダスはプレイし続けている。
モーターヘッドも新譜が出ているし、バンド結成40周年!にウィスキーまで発売される!

今日の一曲は、僕のヘヴィメタルへの目覚めの一曲。新しい曲なので、王道な曲ではないですが。

中学3年の頃だったかな、ヘヴィメタルのCDが欲しい!と思って、当時通っていた養成所のある恵比寿のアトレの今はなきCDショップで、ヘヴィメタルコーナーで平積みにされてリコメンドされていた中でジャケ買いしてたのがHalfordのライヴ盤。

ハルフォードがジューダスのヴォーカルだとか、ソロでの作品だとか細かいことは当時何ひとつわからなくて、とにかくこのジャケならヘヴィメタルだろ!というのを手に取りました。
2枚組ってのがお得に感じたし笑
その1枚目の2曲目に入ってたこの曲のツインギターのリフが好きで、聞くと血液が沸騰するような感じがするもんだから笑、何度も聞いていました。



中岡太志さん/トリオリベルタ結成15周年


昨日は感動の再会!

クラシックピアニストの中岡太志さんのご自宅へ御招きいただき、手料理をたっぷりご馳走になりました!

中岡さんお手製の料理の数々!(また写真撮るの忘れた!笑)
メロン、グレープフルーツ、キウイ、ブドウ、フルーツをふんだんに使ったサラダ!塩加減が絶妙でした。
比内地鶏とお手製の鶏団子鍋!たっぷりのささがきゴボウとバカでかいなめこ!
外食では食べることが出来ない、本当に美味しい鍋でした。ご馳走さまでした!

お好きだと聞いていたので、フロリダスモーニングのグレープフルーツジュースをお土産にしましたら、大変喜んでくださいました。

クラシックのピアニストとして御活躍されている中岡太志さんは、自分が劇団ひまわりに研究生として居た頃、ボーカルクラスの先生をされてました。僕が中岡先生のクラスでお世話になったのは、もう今から12〜3年くらい前になります。
あの頃は色々あったなぁ、なんて、話していたら色々思い出すものですね。

そして!中岡さんがメンバーとして活動しているトリオリベルタの結成15周年特別企画、来年6/18(土)のコンサートに、なんと出演することになりました。

こうしてお仕事させてもらえるなんて、御縁だなと嬉しい限りです。

中岡太志さんオフィシャルBlog

トリオ・リベルタ


トリオ・リベルタ
ピアノを弾いてるのが中岡太志さんです!


写真撮るの忘れるくらい笑


今日は、トリスタジオのかつてのクラスメートだった役者仲間、橋本仁くんと夏ぶりの御飯でした。

今日は写真を撮ろう!と思っていたのに忘れてしまいました。
というか、毎回、自分から写真撮ろう!みたいなのは忘れちゃうんです。
前回のカケルさんのは写真もらいました笑

色々話したのですが、別れ際に彼の顔を見て、腑に落ちるような感覚があったんです。

それは、「アイツいい顔してるなぁ」でした。



行きつけ

image

去年の舞台、殺し屋に首ったけで一緒だった井吹カケルさんと御飯行きましたー。
最近お気に入りの店で飲み始めましたが、カケルさんとは飲みのペースが近くて飲み易い!

ウィスキー2人で一本飲みましたが、酔っ払いましたねー笑

また1人

ストーン・テンプル・パイロッツ
Stone Temple Pilots(以下STP)

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー
Velvet Revolver(以下VR)

で、ヴォーカルをやっていたスコット・ウェイランド Scott Weiland、(1985 – 2015)

亡くなってしまいました。

VRのデビュー時、STPをまだ知らなかった自分は、ずいぶんブっ飛んだヴォーカルだな!と、思っていました。

1stの頃はバリバリにぶっ飛んでますが、トラブルも多かった彼。
リハビリを経て2ndが発表され、1stの頃より陰りが見えるようでしたが、かえって人間味溢れる表情に魅かれました。



1stの頃


2ndで好きな彼の表情



人生は、時間に限りがあるからこそ。

先日のカラテブラボーライヴ


先日は急な告知になってしまいごめんなさい。

急遽来てくれた方も、来れなかった方も、このブログを覗きに来てくださってありがとうございます。

12/5のライヴの写真をいくつかアップします。

image


image


image


image


image


image


image


image



12/5急遽出演決定!!


image

マジレンEDのSister MAYOさんとOPの岩崎貴文さん率いるバンド、カラテブラボーの年内最後のライヴ!

急遽出演決定しました!

告知が遅くなってごめんなさい。
ホントにホントに急遽、出ることになりました。


Sister MAYO with カラテブラボー presents
勝手に冬SONIC

2015/12/5(土)
渋谷 The GAME
開場/開演 17:00/17:30
前売/当日 \3,000/\3,500 (Drink別)

出演:
Sister MAYO with カラテブラボー
ユニコーンテーブル
松原剛志
うちやえゆか
石田ミホコ
伊藤友樹
MC:銀座ポップ

チケット取扱い
ローソンチケット/Lコード:77429 (10/17〜)
メール予約:http://goo.gl/qLX7Qb

ライブ後は参加希望者全員と出演者みんなで大宴会!
参加費:4000円
参加希望の方はメール予約フォームからお申し込みください。

(問)info@karatebravo.

大きなもの


いつもお世話になっているフルネルソンの代表水野さんから仕入れたネタではありますが、こちらでご紹介させていただきます。

旗の台にあるアメカジ系セレクトショップ(こんな言い方でいいのかな)
フルネルソン
http://www.fullnelson.jp
ここに通い始めたのは、17歳の終わりか18くらいだったと思います。
最初に行った時はまだ何かを買うお金もない頃だったのですが、BR2のギャラが入った時に、それを握りしめてドカンと買い物した記憶が、あります。
確か、革パンとブーツとTシャツだったと思います。

フルネルソンに出入りし始めた頃にはまだブルース・スプリングスティーンには目覚めてなかったのですが、ボス(スプリングスティーンの愛称)の洗礼を受けてからは、ニューアルバムが出る時や映画が公開するときなど、水野さんとボスの話で盛り上がっています。

今回ご紹介するYouTubeの映像は、僕の英語力ではさっぱりなのですが、アメリカのパロディ番組で、ボスの代表曲である
Born to runを面白おかしくパロってる映像です。

本家Born to run


当時のボスは暑苦しい格好に3時間を越えるステージで、60歳を越えた今でもアメリカではセールスがNo.1になるスーパースターです。

そんなボスを衣装もテンパもパロってたら、なんとまさかのご本人登場!
しかもパロられてるご本人がパロってる人と同んなじ格好で出て来ちゃうというサービスっぷり。

ブルース・スプリングスティーンはアメリカの苦悩や社会の問題などを扱った楽曲があり、メッセージ性の強い楽曲を書いています。オバマ大統領を公けに支持したり、ホワイトハウスをバックに歌ったりと政治への関わりも目立つアーティストです。



そんな彼が、こんなことまでしちゃうなんて。ボスにとってのヒーローはエルヴィス・プレスリーやロイ・オービソンだそうで、やっぱりエンターテイメントが大好きなんですね。
1分17秒あたりから画面左から出てくるのが本物のブルース・スプリングスティーンです。

大御所の広い心に胸を打たれた映像です。





舞台を終えて


舞台を終えてから、もう一週間以上経ってからの更新。
いつもいつも気まぐれなブログにお付き合いいただきまして、本当に感謝しています。

舞台の千秋楽公演は、ご存知の事かと思いますが、中止となりました。
劇場ビルの水道管が破裂して、地下にある劇場へ水が流れてきてしまい、電気系統、お客様の安全など、やはり中止せざるをえなくなりました。
千秋楽公演を楽しみにしていてくださっていたお客様には大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。ご報告が遅れましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

舞台の稽古中、本番と、作品一色の生活を送っていたため、済ませなければならなかった用事や諸々の事をやり始めています。

先程偶然、幼馴染にバッタリ出会ったり、別の幼馴染に第一子が誕生したり、いささか浦島太郎な気分です。

久しぶりに舞台をやらせていただいて、俳優の仕事というものは、究極に、人間を生きる事なんだと再確認しました。それも、作られた、高められた現実の世界で。まだまだ勉強不足で、思うように、望んだように、目指したように出来ない事に苦しんだりしました。

また勉強して、次に臨みたいと思っています。

いつもありがとうございます。



公演中止のご案内

「殺し屋にくびったけ」4月28日(月)14:00公演、中止のお知らせ

本日千秋楽を予定さておりましたAsk プロデュース「殺し屋にくびったけ」公演ですが、
劇場施設故障により、公演中止となりましたことをお知らせ申し上げます。

我々としても上演できないこと、大変遺憾ではございますが、
出演者、スタッフ、そして何よりお客様方の安全を鑑み中止と判断させて頂きました。
楽しみにして頂いておりましたお客様方には心よりお詫び申し上げます。

本公演分チケットをすでにご購入頂いているチケット代金は全額返金させて頂きます。
詳しい返金方法は改めまして告知いたしますが、お客様方からお申し出頂く形となりますので以下(株)Ask アドレスまでご連絡下さい。

Info@askcoltd.com
09035773937

重ねまして、公演中止となりましたこと、深くお詫び申し上げます。

株式会社Ask

初日!


おかげさまで、初日を迎えることができました。

まだまだ、本番前にやることはありますが、こうしてこの日を迎えることができたのは皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

初日だし、ノリノリのゴリゴリな曲で行きたいところですが、今いちばんしっくりくる曲はこれ。

これから千秋楽まで、精一杯生きてきます。




生きることに前向きなもの


この女性アーティストを知ったのは、いつ頃だったか、ほとんど覚えてないのだけど、どこかのCDショップの店頭ワゴンセールで、洋楽CDが安売りしていて、アコギがジャケットに写っていたから買ったんですが、あまりに良くてしょっちゅう聞いていました。まだ10代だったような、、、。
この時は、他にもいろいろ買ったんだけど、どれもギターがジャケットに写っているものを選んだんだけど、記憶にあるのはこの女性アーティストだけ。

mary chapin carpenter

という人で、カントリー〜フォーク・ロックといったところでしょうか。
最初に手にしたアルバムは

Stones in the Road

2014-04-22-03-00-02


というアルバムでした。

何も考えていないような底抜けに明るいサウンドではなくて、生きることに前向きな姿勢が、胸に刺さるような、明るく癒してくれるサウンドだという印象でした。

日本ではやはり知名度は低いようで、
mary chapin carpenter
で検索しても、日本語のサイトはほとんどヒットせず、

http://blog.goo.ne.jp/bigbird307/e/7a3da90c2bea1ea01b929b88af6d0b3b

こちらのページが見つかるくらいです。
でも、Amazonなんかのレビューも評価が高いし、音楽性では日本では受けにくいのかなと思いますが、素晴らしいアーティストだなと思っています。
一日中、ずっと聞いていられるサウンドと、何より彼女の声。

思えば、先日ご紹介した、シェリー・ライトや、カントリーサウンドが好きなのは、彼女から始まったのかもしれない。





リハーサルでの一枚


稽古場でのリハーサルは今日で最後。

そんな中での秘蔵?の一枚。

2014-04-20-23-01-25
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ