伊藤友樹の”Greatest spirit”

俳優・伊藤友樹のブログです。

リハ


今日は11月15日ライブのリハでした。
初めましてのドラムさんと。
マジレン見ててくださったみたいで笑、なんだか恥ずかしいリハでした。

バタバタしてるとやはり写真を撮り忘れてしまうので、次回は写真を載せたいな笑

ベース弾きながら歌うのって、やっぱり難しい笑


音楽も、演劇も、信じ続けることか。












ライヴ予定


11月のライヴは、
11/15(水)吉祥寺Black and Blue
19:30open
20:30start
\2000+1D

こじんまりとしたハコで、座って飲めます。ライヴも座って観れます笑
週の真ん中水曜日ですが、ひと息入れるつもりで飲みに来ていただけたら。
Red Ball BulletのVo.&Gt. Eiさん(えい さん)と、カバー色々やります。
好きな曲演ろうの日なので、セットリストとしてはまとまりないかもですが、僕もちょっと歌うので、個々の良さが出ればと。
ベース弾きながら歌うのってこんなに難しいのかー。笑


12月もカバーでベース弾く予定が。
こちらも決まり次第追って。






The MARTIN D-45 and more

image


image

(画像はギタープラネットさんよりお借りしました)



The MARTIN D-45 and more

現在発売中です。

この本はすごい。


この本は、MARTIN D-45というギターと、MARTIN社のプレミアムギターに焦点をあてた本です。
内容通り、デカくて重い本です。
決してお安い本ではないかもしれませんが、世界的なギターメーカーMARTINのスペシャルな本となっています。
著名なアーティスト所有のヴィンテージマーティン、特別なモデル、世界的にも貴重なものまで、大変なものが沢山掲載されています。

この本は、以前取材していただいた月刊誌Playerさんから刊行されてまして、僕のギターも紹介していただきました。僕自身は載ってません笑。ギターのみです。

10年程前から、ギター馬鹿的お付き合いをさせていただいている、
梅津智史さんのご所有器も掲載されてます。

長く時間をかけて読み込んでいける内容になっています。

生涯ギター馬鹿な一冊として、お手元に笑



そして、こちら。
電子書籍『Acoustic Guitar World 』内のコーナー、
「 ラストギター小山のアコースティックギター 一期一会 対談 MARTIN近藤 & 小山晃弘 」
vol.87〜89までの計3回にかけての対談インタビューが掲載されてます。
こちらは、僕のマーティンをカスタムオーダーしてくださった近藤さん、昔お世話になったLAST GUITAR 小山晃弘さん、この御二方による、内容の濃いギター対談となっております。
こちらは無料なので、是非とも読んでいただけたらと思います。




映像中で、全員が弾いているギターが、D-45です。









最近


9月予定だったライヴが延期になってしまい、少しだけ物足りなさを感じていたこの頃ですが、その気持ちを埋めるべく笑、
先日、マジレンの
岩崎さんとフェンダーさんに遊びに行って来ました。
image

岩崎さんはお気に入りのギターを探すべく、色々試されてました。やっぱりテレキャスがアガります。
僕はやっぱりベース笑
ギターに比べると、やはりベースは少ないようですが、やっぱりフェンダーベースはいいなぁ。
20世紀の発明品としてフェンダーベースがあったから音楽が大きく発展したって言ってたミュージシャンがいました。



こちらは、今度なんか一緒に演りましょうで仲良くさせてもらってる、ギタリストのエイさん
image

サミーヘイガーが好きな人に出会えたのは、本当に嬉しい笑
サミーヘイガーは昔はテキーラ作ってましたけど、近年はハワイでラム作ってるようなので、それをなんとか手に入れられればなぁ。
なんかサミーヘイガー演りますかぁ笑




お知らせ


一年ほど参加しました、THE SPAM69 を離れることになりました。

ライブにいらしてくれた方々、応援してくださり、気にかけてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

THE SPAM69 を応援してくだり、ありがとうございました。
僕を通してスパムを知ってくださったとしたら、今後もスパムを宜しくお願いします。


僕自身の今後の予定ですが、計画進行中のバンドは未だ計画が進行中でして笑、

取り急ぎ、そことは別で9/13(水)吉祥寺でカバーのライブ予定があります。
詳細は追ってお知らせします。
僕はベースを弾きます。

今後とも宜しくお願いします。

伊藤友樹




追記:
9/13の吉祥寺ライブは、諸事情により見送りとなりました。申し訳ありません。次回は11月頃を予定しています。
また決まり次第お知らせさせていただきます。

ヒーローの1人


image


東京品川旗の台
FULL NELSON


日本に「アメカジショップ」は数あれど、僕にとって、

”アメカジ”

”アメリカ”

を教えてくれた場所、人、
それがFULL NELSONです。

僕が17歳くらいの頃、父と北海道へ2人で旅行にいきました。
当時の僕は俳優を真剣に一生の職にしようとがむしゃらになっていて、その過程で日々のモヤモヤを洋楽ハードロックを聴いたりすることで昇華するようになっておりました笑
その流れで笑、ベルボトムが似合うようになることが1つの目標になっていました。
その当時すでに愛用していたベルボトムがボロボロになってきて、新しいのが欲しいなーと思っていた頃、父との旅行の折、北の玄関町で新しいベルボトムを買ってもらいました。
そのジーンズメーカーが都内で取り扱いがないものかと、メーカーのホームページで都内の取扱店を検索していたところ、ひと際ガサツな(15年ほど前のネットにおいて手作り感満載の)ホームページを見つけ、なにやら映画やら音楽やらが全面に押し出されているコンセプトのショップを見つけ、それまで乗ったことのない沿線を乗り継ぎ、赴いたのが、FULL NELSONでした。

自分ではよく覚えていないのですが、写真中央のFULL NELSON代表・水野さんへ当時の自分は、
「役者になりたい」
と、話したそうなんです。
これは覚えているのですが、水野さんは、
「なりたい、じゃなくて、なる!そう言うんだよ。そうしたら君は今から役者なんだから」
と、話してくださったと記憶しています。

それから3年程経って、店へまたお邪魔した時に、
「自分は今、戦隊もののグリーンやってます」
と話したそうです笑

僕が最初にフルネルソンで買ったものは、ジョンブルの革パンとTWO MOONのTシャツ、レッドウィングのブーツ、だったと記憶しております笑

途中アルバイトまでさせてもらうようなお付き合いをさせていただき、今でも水野さんと飲むと、出会った当時の話もよくしてくださって、嬉しくもあり恥ずかしくもあります。

はじめてお会いしてから、もう15年ほど経ちますが、相変わらずこの店は、日本から見た青春のアメリカを追いかけていて、日本で作られたアメカジみたいなジャパカジではなくて、好景気だった当時のイメージだけではなく、現在の流れにもとても敏感で、今を生きる僕らの、本当のアメリカな感じを、日本人がやったら、っぽく見える的なところまで足を踏み入れて提案し続けています。

なんだか宣伝ぽくなりましたが笑、先日はお世話になっている大切な人への贈り物を探しにお邪魔しました。

写真左より、自分、代表・水野氏、スタッフのイサムさん。

たまたまとはいえ、全員がもう売ってないTシャツを着て写真におさまるところは、
売りたいものではなく、カッコイイものを追求し続けてる姿勢かなと笑


代表・水野さんは、本家CHEAP TRICK公認のトリヴュートバンド、CHEAP TRACKのフロントマンとして活動する一面も。

スタッフのイサムさんは、いつも僕のことを気にかけてくださって、近い目線で自分に接してくださる兄貴的な方です。
もれなく、イサムさんもバンドマンです。


前回のブログで、誰もがヒーロー、と綴りましたが、この店の存在全てが、僕にとってヒーローです。


FULL NELSONのFacebook、インスタグラムも、いいねよろしく!との事です笑







誰もがヒーロー


先日のSPAMのフロアライブ、フロアでライブというのは初めての経験だったもんで、当日までどんな感じか全然わからなかったんですが、始まってみると、まぁ「フロアでライブ」なんだとわかりました。
ドラムセットを降ろして、周りを囲むようにアンプとバンドとお客さんがいるって感じでした。
モニターはなく、スタジオライブ的な感覚でした。見てるうちは臨場感があっていいんですけど、いざやってみるとなかなか大変でした。アンプを離れると音が聞こえなくなるし、立ち位置を変えると聞こえが変わるし、不安定なロータリースピーカーみたいな感じで、正直大変でした。
そんなこんなで写真は今回は撮れませんでした。
次回に期待していただきたいです。


話は変わって、MAYOさん岩崎さんと最近何度か行われている「例の」打ち合わせでも話したりすることがあって、
僕はその昔ヒーローをやっていたことがありました。
その時はちびっこに限らず、沢山の方にとってヒーローだったわけですが、僕にとってのヒーローもいるわけで。
それは、好きなバンドだったり、映画だったり、俳優だったり、古いお付き合いのある方だったり、時には僕がその人にとってヒーローだったり、と。

勧善懲悪な意味あいだけにおいてではなく、希望を与えてくれる物事や人だったり、気持ちを代弁してくれたり、シェアしてくれたり、救いの手を差し伸べてくれる、癒しを与えてくれたりする事も、ヒーローなんじゃないかなと思うのです。

思い切り声をあげて泣く姿に、勇気付けられることだってある。泣いてる本人は悲しいんですけど、その姿を見て救われることってありますよね。

それは、気づかないうちに自分が誰かにとってそうなっている場合もあるわけで。

誰もが、誰かのヒーローなんじゃないかなと。

ヒーローにだって、ヒーローはいるんだと。


そんな事があったりすると、泣けてくるものです。悲しくて涙を流すと、悲しいんですけど、癒されるとか。
嬉しくて涙が流れたら、また嬉しくて泣けてくるわけで。

今んとこ楽しくやらせてもらってるSPAMのライブにおいては、やってても見てても、涙が出るにはもう少し時間がかかりそうですが笑、

以前から何度見ても僕は泣けてくる映像をひとつ。

ファンの男の子が、ステージにあがって本人のギターを借りて一緒に歌うんだけど、ボスの眼差しや態度が愛に溢れていて、そして観客もウェルカムな状況で、なんて愛のある瞬間なんだろうと。

あの少年にとってはボスはヒーローだったわけですが、あの少年がステージでボスと歌う姿を見て、彼がヒーローに思えた人もいるはずです。

僕にとっては、あの少年を受け入れてステージで一緒に歌ったボスは、ずっと僕のヒーローなわけですが、あの少年の姿をみて僕は勇気をもらいました。

この映像は、限りのない深い愛に包まれていることも、ロックだと、教えてくれるものでした。





打ち合わせその2


先日は、「例の」打ち合わせ、第2回目でした。


後ろのボカシは、まだ秘密です。


image







15日はTHE SPAM69のライブ、
両国サンライズにて!



THE SPAM69 次回LIVEのお知らせ。

6/15(木)
両国SUNRISE

SUNRIZE presents
【ユカデギグ】
open: 18:30
start: 19:00
前売\2000+1D
当日\2500+1D

出演
ISOLATER
The Spanky Muds
TEN-SIN
THE SPAM69
LANPAZIE

フロアライブです!!
(当日はカレーが出るようです?)


フロアライヴということは、ステージではなく客席で演るようです。
THE SPAM69を間近で観るチャンス!笑

THE SPAM69の出演は21:00〜を予定しております。

THE SPAM69!!



天気がいい日にはこれ






MAYOさん岩崎さん、自分。

image


MAYOさん岩崎さん
久しぶりに集合の、この3人。
この日は<打ち合わせ>の為に集まりました。でも、いつも通りの楽しいひと時でした。

飲んでる時間がちょっと昔より短くなって、みんな大人になったなぁ笑

でもあくまでこれは、<打ち合わせ>です。







THE SPAM69 次回LIVE。

6/15(木)
両国SUNRISE


SUNRIZE presents
【ユカデギグ】
open: 18:30
start: 19:00
前売\2000+1D
当日\2500+1D

出演
ISOLATER
The Spanky Muds
TEN-SIN
THE SPAM69
LANPAZIE

フロアライブです!!
(当日はカレーが出るようです?)


フロアライヴということは、ステージではなく客席で演るようです。
THE SPAM69を間近で観るチャンス!笑

THE SPAM69の出演は21:00〜を予定しております。




THE SPAM69 HP

公式タンブラーできました!
THE SPAM69 official tumbler

公式ツイッターできました!
THE SPAM69 official twitter

JUN SPAM twitter

YUTA SPAM twitter

中垣ゆたかHP

中垣ゆたかblog





Player6月号

We Love FENDER GUITARS !!


MAYOさん岩崎ん、THE SPAM69とは別に、
現在計画進行中のハードロックバンドで、ボーカルを募集しています笑
「我こそは!」
「ヤツこそは!」
自薦他薦は問いません。

デモなどを添えて下記のアドレスまでご連絡いただければ嬉しいです。

band@total13designs.jp

THE SPAM69


image



THE SPAM69 HP

公式タンブラーできました!
THE SPAM69 official tumbler

公式ツイッターできました!
THE SPAM69 official twitter

JUN SPAM twitter

YUTA SPAM twitter

中垣ゆたかHP

中垣ゆたかblog





LIVE: 6/15(木)両国SUNRISE

image

Player6月号現在発売中!
なかなか本屋に置いてない、という声を聞きますが、僕が中学生の頃は街の本屋に必ず置いてあったんですが。時代の流れなのかと感じざるを得ません。
ですが、大型書店や楽器店、インターネットでもまだまだお求めいただけます。
まだお手にされてない方は是非。


We Love FENDER GUITARS !!
こちらもまだまだ掲載中です。
宜しくお願いします。


image


THE SPAM69 次回LIVEのお知らせです。

6/15(木)
両国SUNRISE

SUNRIZE presents
【ユカデギグ】
open: 18:30
start: 19:00
前売\2000+1D
当日\2500+1D

出演
ISOLATER
The Spanky Muds
TEN-SIN
THE SPAM69
LANPAZIE

フロアライブです!!
(当日はカレーが出るようです?)


フロアライヴということは、ステージではなく客席で演るようです。
THE SPAM69を間近で観るチャンス!笑

THE SPAM69の出演は21:00〜を予定しております。

THE SPAM69!!

image












Player 6月号 5/2発売!

image




Player 6月号 明日5/2発売です!!

是非店頭にて、もしくはオンラインストアにてお買い求めください。
立ち読みはダメです。笑

表紙に名前が載ってて本当にびっくり。

image

開いてさらに驚きました。デカイ笑

写真も綺麗に沢山撮っていただき、この一冊は家宝になりました。



そして、こちらも宜しくお願いします!

We Love FENDER GUITARS!


『GAKKI ソムリエ』
は『Player』が提供する“楽器レビュー”の決定版!!
トップページからインタビューを開くと、We Love FENDER GUITARS!のバックナンバーも見れます。

Facebook
https://www.facebook.com/gakkisommelier

Player 6月号 & We Love FENDER GUITARS!


image




来月、5/2発売のPlayer6月号に、自分のインタビューが掲載されています。

前回お知らせしましたのは、これです。
(ソロアルバムの発売ではありません笑)

僕の中学〜高校時代は、このPlayer誌を毎月かかさず買っていました。

ギターの写真がとにかく沢山載っていて、とにかくそれが楽しかったし、ミュージシャンのインタビューを読むのも楽しみでした。
知らなかったアーティストでも、インタビューを読んで興味が湧いてアルバムを聴いてみたり。

そのPlayerに自分が掲載されるなんて、完全なる夢で、叶うなんて思ってもみませんでした。
僕個人的に、これは人生において大きな出来事となりました。
しかも、6月号は高校時代にどハマりしていたDeep Purpleが表紙!イアン・ギラン!笑
Highway Starとか、Smoke On The Waterとか、Black Nightとか、いっぱい練習したなぁ。ベースの練習を始めたての頃もDeep PurpleのSpace Trackin'を練習してました笑
皆さま、是非お手元に。
立ち読みはダメです笑


続いてはこちら!
音楽サイトJ-Guitar内にあります、
Playerマガジンが運営していますサイト、
楽器ソムリエ内のインタビューコーナー、
We Love FENDER GUITARS!
こちらにも!、別のインタビューが掲載されています笑

僕の人生に大きく衝撃を与えた今回のPlayer誌掲載の発端は、
このサイトのインタビューがキッカケでした。

こちらも併せてお楽しみいただければ幸いです!





まだあります笑
THE SPAM69とは別に、
現在計画進行中のハードロックバンドで、ボーカルを募集しています笑
「我こそは!」
「ヤツこそは!」
自薦他薦は問いません。

デモなどを添えて下記のアドレスまでご連絡いただければ嬉しいです。

band@total13designs.jp




夢は、ある日突然、いきなり叶う。こともある。


僕の音楽好きをミッドブーストしたのは(笑)、
中学生時代にかかさず買っていたPlayer誌に他ならない。

ギターの写真がいっぱい載っているPlayerは、ギターをはじめてまもない頃のギターキッズには、乾いた喉を潤すようだったり、焼け石に水をかけるようだったり、火に油を注ぐようだったり、まぁそれはお世話になりました笑。

俳優の仕事も、音楽をやることも、僕の人生にはどちらも大事なものです。
僕が勝手に「俳優・映画人」として認識しているケビン・コスナーも、ミュージシャンとして活動しています。ホント。

あまりに漠然としていた事が、現実となると、まだ実感がわかないものです笑

4月を過ぎると?

5月。

Player


追記をお待ちください笑








最新コメント
  • ライブドアブログ