2005年12月01日

投資信託のリスク

一般に投資信託はリスクが低い金融商品だとされています。

その理由としては、

  • プロの投資家が運用する点
  • 売買手数料が割高なため、短期投資には向かない点
  • 銀行や証券会社の窓口で購入する際、アドバイスを受けやすい点

などが挙げられます。

しかし、元本保証のない金融商品である以上、リスクは避けられません。

投資信託のリスクは購入時期や分配金の支払い方法、そして何より投資する対象によって大きな差が生まれます。

一般に債券や不動産に投資するファンドはリスクが低く、株式や先物に投資するファンドは高リスクだと言われています。
また、同じ商品に投資するタイプでも、外貨建ての商品の方が高リスクです。

今人気のある中国株やインド株に投資するファンドは、株式市況と同時に為替レートの動きも注意しないといけないので、ハイリスクハイリターンのファンドの代表格だと言えます。

投資信託のリスクを抑える

投資信託のリスクを抑えるためには、投資全般に言えることですが分散投資が一番手軽な方法です。

異なる投資対象を扱っているファンドを選ぶようにする、もしくは異なる投資対象を組み合わせて投資する複合型ファンドを選ぶようにしましょう。

また、投資信託は売買手数料が高い分頻繁に取引できないので、目先の収益よりも長期的な戦略を持って購入した方がよい結果が得られます。

ネット証券で買えば手数料が大幅に安くなる株式と違って、投資信託は金融機関の店頭で購入しても基本的に手数料は変わりません。
最近では土日や平日の夜遅くまで相談に応じてくれる金融機関もありますので、購入前に専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。



greatfinancy at 00:25投資信託 
2005年11月29日

投資信託のしくみ

投資信託は投資家から集めたお金をプロのファンドマネージャーが債券や株式、外貨建て資産などに投資して、その結果得られた収益を投資家に還元するものです。

投資家は直接ファンドマネージャーと契約するのでなく、投資信託を販売する会社(銀行や証券会社)から投資信託を買い、集められたお金は投資信託会社に引き渡されます。
実際の運用はこの投資信託会社が行うわけですが、多額の資金を効率的かつ安全に管理するために、信託銀行に信託します。

信託銀行が資金を信託することによって、販売会社や投資信託会社が倒産しても投資家から預かった資金は保証されるしくみになっています。

プロのファンドマネージャーが運用するので投資知識がなくても簡単に投資できる一方、購入時や解約時の手数料がかかる他に、信託報酬という形でファンド全体の財産から毎日手数料がとられるので、手数料は決して安いとは言えません。

ファンドの運用実績が横ばいなら手数料分だけ損をしてしまうことになるので、注意が必要です。



greatfinancy at 21:03株式投資 

副業収入にかかる税金

サラリーマンの所得税は給与から源泉徴収され、年末調整も会社でしてもらえるため、サラリーマンは通常税金のことにはノータッチです。

ただし、外貨預金や株、アフィリエイトなどで副業収入を得た場合は自分で税金を払う必要があります。
知らなかったからといって放っておくと脱税とみなされて後から多額の罰金を払うことになりますので、きっちり税金対策をしておきましょう。

私たちの収入にかかる税金には2つのタイプがあります。



1年間の所得を全部ひっくるめて課税する総合課税方式と、特定の取引を他の所得と合算せず、個別に課税する分離課税方式です。

<総合課税のもの>
給与所得、事業所得、不動産所得、配当所得、一時所得、雑所得、土地建物の譲渡所得

<分離課税のもの>
利子所得、山林所得、退職所得、土地建物以外の譲渡所得、(金融商品の売買益)

総合課税扱いの所得は所得が増えれば税率も上がる累進課税制度をとっています。
副業で予想以上に多くの収入を得た場合は、給与に課税される税率まで上がってしまい、会社に副業が見つかってしまう場合もあります。

分離課税扱いの所得は所得の多少に関わらず元々決められた税率が適応されます。
給与所得とは全く別扱いになるので、株式売買で1億円の利益を出した専業主婦が夫の扶養でいることも可能です。
※証券会社で「特定口座」を申し込んでおかなければ総合課税扱いになります。

総合課税のものも、分離課税のものも、税金が支払先から源泉徴収されていなければ確定申告をしなければなりません。

ただし、サラリーマンの場合は給与所得以外の所得分離課税のもので源泉徴収されたものは考慮せずに)が年間20万円以下の場合は確定申告の必要がありません。
この20万円は副業にかかる経費も含みますので、実際には23万円の所得があっても必要経費が3万5000円かかっていれば確定申告はしなくて済みますが、税務署から指摘を受けた場合に備えて領収書をきっちりファイリングしておく必要があります。

確定申告やファイリングが面倒だという人は副業と配当収入を年間20万円以下に抑えるよう調節し、金融商品の取引は必ず「特定口座の源泉徴収あり」を選ぶようにしましょう。

※確定申告によって医療費控除や住宅ローン控除を受ける場合は、副業所得が20万円以下でも申告する必要があります。

greatfinancy at 01:12サラリーマンの節税 

外貨預金にかかる税金

外貨預金の利子には円建て預金と同様に、一律20%の税金が課税されますが、利払い時に源泉徴収されるので確定申告の必要はありません。

しかし、為替差益がでた場合は雑所得扱いとなりますので、確定申告により税金を納めなければなりません。ただし、年収2000万以下のサラリーマンで、給与以外の所得がこの為替差益も含めて年間20万以下の場合は、申告不要です。

為替差損がでた場合は雑所得から控除することができます。


greatfinancy at 00:24外貨預金 

外国為替証拠金取引

外国為替証拠金取引とは、少額の保証金(証拠金)を取引業者に預託して、その金額の数倍から数十倍程度の資金を動かし、円とドル・ユーロなどの外国通貨売買による為替差益と金利差益を得るというハイリスク・ハイリターン取引です。
通常、証拠金50%を超える損失が出た場合は、追加の証拠金(いわゆる追証)を入れるか、取引を終了することになります。

外国為替証拠金取引は、商品先物取引業者や一部の証券会社が取り扱っていますが、消費者保護の仕組みが十分には整っていません。

また、自己資金の数倍から数十倍の資金を動かすので、得られるリターンが大きい分、相場を読み違えた場合は多額の損失を出すことになります。

為替相場はプロでも予想が難しいと言われています。
取引する場合は、生活に必要な資金を使用せず、余剰資金のみで取引するようにしましょう。





greatfinancy at 00:22外貨預金 
2005年11月15日

株式バブルがやってくる

ここにきて「株式バブル」という文字がニュースや新聞を賑わすようになっています。
20年ぶりのバブル到来と言われていますので、若年層にとっては始めての「株式バブル」ということになります。

バブル時の株式投資はトランプの「ババ抜き」に例えられます。

本来の価格水準より大幅に割高になってしまった株を恐る恐る買い、その株を次の人にもっと高値で渡す機会を伺うような投資になるからです。
「ババ」を長く持っているのは怖いので、利益がでたらすぐに売却して次の銘柄を探すという短期的な売買が主流となります。

さっきまで上がっていた銘柄が突然売り込まれるなど、刻々と変化する株価に対応しなければなりません。

バブル時の株式投資においては、ロスカットの重要性が高まります。
ほとんどの株式で利益が出せる地合の中、低い価格で推移する株を持ち続けるのはチャンスロスとなります。
投資金額がかさんでくるとその銘柄に愛着が沸いてしまいがちですので、何パーセント下がったらロスカットするという逆指値注文を出しておき、機械的にロスカットする方がよいかもしれません。

バブルがはじけると、どんな優良銘柄でも必ず下がります。
長期保有するつもりで購入した株式であっても価格が割高な水準になった時点で一旦売却しておき、割安になるのを待って買い戻しましょう。

新しく株式を購入する場合も、できるだけ割安な水準で放置されている「出遅れ銘柄」を探しましょう。


greatfinancy at 17:33最新マネー情報 
2005年11月11日

消費税アップに備えるファンド

近年中に消費税が増税される可能性が高まってきました。

消費税率がアップすると物価水準が上昇することになるので、アップした税率以上で資産を運用しないと実質的な資産が目減りすることになります。

基本的に物価が上昇すると金利も上昇傾向をたどりますが、過去の例を見てみると消費税率アップによって金利が上昇した例はありません。

反対に、消費税率アップにより消費者の消費意欲が冷え込んで景気が後退する恐れもあり、金利が低下傾向をたどる可能性すらあります。

このようなリスクに対応できる商品として物価連動国債があります。
この商品は全国消費者物価指数に連動し、物価が上昇すればその上昇率に応じて元本額と利払いが増加し、下落すれば元本額と利払いも下落するというしくみになっています。

しかし、この商品は金融機関や年金基金など保有できる対象が決められており、個人は購入することができません。

そこで、第一勧業アセットマネジメントなどから物価連動国債に投資するファンドが販売されています。
今の日本はデフレ傾向にありますので、基準価格は下落傾向を示していますが、今後の値動きに注目したいところです。

DKA物価連動国債ファンド1年間の基準価格推移



greatfinancy at 17:34最新マネー情報 
2005年11月05日

キャンペーン金利の落とし穴

最近、銀行のチラシやHPでよく見かけるのが
「今、外貨定期預金を始めるとキャンペーン金利2%」
という謳い文句です。
郵便局の定期貯金の金利が最大0.06%ですから、2%の金利というのはとてもお得なように思えます。

しかし、高すぎる金利には必ず落とし穴があります。

一般に表示される金利というのは「年利」のことを表しますが、これらのキャンペーン定期預金は1年未満の商品がほとんどなので、実際に受け取れる金利は、「年利÷12×○ヶ月」のみとなります。

つまり、年利2%の場合

1年物定期預金:2%
6ヶ月物定期預金:1%
3ヶ月物定期預金:0.5%

となり、預け入れ期間が短い程金利は安くなることになります。

また、これらの商品はキャンペーン金利適用時期以降は金融機関の通常金利で運用されることが多いので、キャンペーン期間が終わったらすぐに解約して、より金利の高い金融機関に預け換えてしまう方が良いでしょう。

greatfinancy at 16:07コメント(0)トラックバック(0)最新マネー情報 
2005年11月02日

ドル・コスト平均法

「確実に損しない投資信託」というものは存在しませんが、損する確率を減らす買い方があります。
それが「ドル・コスト平均法」です。

毎月決まった投資信託を1万円ずつ継続的に購入していく方法で、価格の変動に合わせて平均購入価格が変動するので、損をする確率が極めて低くなります。

例えば、
1万口で1万円の投資信託を5万円分購入するとします。
その後基準価格が下落し、5ヵ月後に9700円になった時点で解約の必要性があれば、損をすることになります。
しかし、毎月1万円ずつ購入していけば、基準価格が平均取得単価を上回るので利益がでるという仕組みです。
また、価格が下がることによって購入可能な口数が増えていくので、価格が下がれば下がる程、購入者は得をするといっても過言ではありません。
(下図参照)



毎月購入するとなると手数料面が不安になってしまいますが、投資信託の手数料は「価格×一定のパーセンテージ」なので心配はありません。
資金に余裕のある方は、毎月のつみたて金額を多くすることも可能です。

ただ、この継続購入プランは全ての投資信託に適応できる訳ではないので、ご利用の金融機関に対象となる投資信託を問い合わせて下さい。


greatfinancy at 20:03コメント(0)トラックバック(1)投資信託 
2005年11月01日

アフィリエイトで賢く消費する

アフィリエイトとは、個人のホームページに企業の広告を貼って報酬を受け取るというもので、誰にでも簡単に「不労所得」を得ることができるシステムです。

しかし、世の中おいしすぎる話というのはありません。

アフィリエイトは基本的に成果報酬制で、自分のHPを通じて売れた商品の1%程度を報酬として受け取ります。(※報酬の比率は会社によってそれぞれ違います)
1万円稼ぐためには100万円の物を売る必要があるのです。
時給にすると、コンビニでアルバイトをした方が高い位の報酬しか得られないことがほとんどです。

といっても、上手に付き合えばアフィリエイトのシステムは魅力的です。
心がけたいのは下記の点:

〇間をかけすぎないこと
アフィリエイトにかける時間の分だけ、投資の本を読んだ方が投資効率はよいはずです。
¬槁犬鮃發もたない
欲をかかずに、お小遣い稼ぎ感覚でやりましょう。
サラリーマンは副業で年20万円以上収入を得ると確定申告が必要になるので、注意したいものです。
自分の好きなものを扱う
アフィリエイト目当てで中身のないHPを作ることは時間の無駄。HPを作ることによって自分自身が成長できるような題材を選びましょう。
け海鬚かない
嘘の記事を書いて人に物を売ることは犯罪行為です。


最後に、有名なアフィリエイトプログラムと活用方法をご紹介します。

アマゾン アソシエイト・プログラム

自分のHPに本やゲームなどを紹介し、そのリンクを通じて購入されれば3%程度の紹介料を得ることができます。
アマゾンはアソシエイト・プログラムに参加しなくても、アカウントを作ればキャッシュバックが受けられたりするので、よく本を買う人には利用をお勧めします。




A8ネット

会員になった後、広告を貼りたい企業に契約を申し込み、承認されればその企業の広告が貼れるという仕組みです。報酬率は企業によって違います。
本人申し込み可の企業もありますので、上手く活用すればそこそこの利益になります。

バリューコマース
A8ネットと仕組みはほとんど同じですが、こちらの方が広告作成が難しく上級者向けです。



greatfinancy at 00:35コメント(0)トラックバック(0)賢い消費生活 
かしこく円預金
カテゴリ
  • ライブドアブログ