今日、経営者、管理職対象の6回シリーズのコーチングセミナーが終了しました。

5月からの約2ヵ月半。

最終回の今日は、これまでの実践結果を発表をしていただきました。

 

その内容が素晴らしかったので、参加者の許可を得て書かせていただきます。

 

 

まずは、 50代の経営者Aさん。

 

これまで、思うように動かない若い社員に苛立ち、怒鳴ることが多かったそうです。2,3回目のセミナーの時だったでしょうか、こんな風に話してくれました。

 

先日、仕事のミスで、若い社員を思い切り怒鳴ってしまったが、後で、あんなに怒鳴って悪かったと謝った。今までこんなことは、したことがなかった。生まれて初めて社員に頭を下げて謝った。

すると、その社員はみるみる表情が変わり、明るくなった。私が怖かったのだと思う。その後、その社員は自分から動くようになり、社内の雰囲気も変わった。

そして、もう一つ意外ないいことがあった。謝ることで、自分が気持ちがいいことを発見した。

 

さっぱりとした実にいい笑顔で、Aさんは話されました。

 

これを聞いて、私はうるうるしてしまいました。

生まれて初めて、50代の男性経営者が謝る。それも若い社員に対して。

ものすごく勇気の要ることだったと思います。

カッコいいと思いました。

 

 

その彼から、6回を振り返っての成果や気付きを書いていただいたシートを提出してもらいました。

 

全員がすごーい!と感動したもので、是非ブログに書いてほしいとの声がありましたので、ご本人の許可のもと、転記させていただきます。

が、それは明日。