昨日の続きです。

Aさんが書かれたシートです。

 

 

1.セミナーを受講しての変化

 

 社内のコミュニケーションが闊達になり、報告・連絡・相談等が適時上がってくるようになった.また社員が能動的に行動するようになった。後は私自身の心のモチベーションのアップダウンが未だ激しいことが問題点。

 

2.アクションプランの行動(毎回の宿題)をやってどうだったか?

 

     良かった点 ペーシングを主とした、その基本的なアクションに対して手応えが感じられた。継続性も感じられる。後は私が<ペーシング・ペーシング」と日々忘れぬこと。

     改善点

どうにも今ひとつ出来の足らぬ者をほめてやれないでいる。やけくそでほめてみようか?

 

     自分自身に付いて気づいたこと

全ては私自身の心のもち方に帰着する。仕事の閉塞感や逼迫した状況等、また社員の不始末、不出来に過敏にならず、時々のアクションとは別に地震の心中は常に平静であるように。

 

3.一回目に立てた目標の何%達成したか?

 

   未だ30%か?ただし、これは私の心の起伏こそが問題で、それが  

   平静であり得れば80%。

 

4.学びを今後どう生かすか?

1.朝一番の「おはよう」の挨拶は必ず一人一人に、暖かい視線で声を掛ける。

2.社員の話をうなづきながら十分聞く。決して口を挟まない。

3.社員と昼食を共にし、また飲みもして、プライベート面の会話をする時間を持つ。

4.大声でひどく叱責した時は、後で「さっきはひどい言い方をしてしまった」と頭を深く下げて心から謝る。

5.思案、悩み事は自分だけで考え込まず人に話してみる。

6.これは未だ実行していませんが、「叱って駄目ならほめてみろ」

7.自身を小さくする。

 

 7番目の「自身を小さくする」の真意は、いつも自分が絶対で一番正しい者としてやってきたが、そのあり方を変えてみる、人の意見にも耳を傾ける、とのことでした。

 

 

Aさんは、見事に自分で自分を変えていかれました

行動したからこその成果です。

 

答えを求めていたAさんが、たまたま出合ったのがコーチングだった、ということなのだと思います。それでも、人が変化していくその場にいられたことが、本当に嬉しかったです。

 

その他の方もいろんな成果を出されていて、とても興味深かったので、それはまた明日以降、書かせていただきます。

 

それにしても、コーチやっててよかった〜