2015年02月22日

【O型短歌企画】Hoopys(フーピーズ)参加者募集

hoopys暫定ロゴ

血液型相聞の際にO型の方がかなりいらっしゃるのだな、と感じ
また、まだ募集をかけたかたちでのO型短歌の企画に出会っていなかったので、
せっかくこんなにO型さんがいるなら一緒になにかしたい!!
という想いから、O型短歌企画を立ち上げました。

今回は「O」のかたちから連想して、「わっか」をテーマにしたく思います。

■タイトル案

「Hoopys(フーピーズ)」
「輪っかなものたち」という造語です。
Oが輪っかに見えることからhoop
hoopには輪っかという意味以外にも(桶等の)たがという意味があるので、そこにO型の理性的な部分と調和性を重ね、「y」をつけて「わっかな」という意味に、
またたくさんの方に参加していただきたく思い複数形で「s」をつけました。
※まだ案なので変わる可能性もあります。

■募集内容
・写真(タテ位置/カラー/印刷のため大きめのサイズのもの/JPG形式)×1枚
 こちらは「わっか状」のものを撮影したものとさせていただきます。
 写真はご自分で撮影されたもの、またはお知り合いの方が撮影をされ使用許可をただしく得たもののみとさせていただきます。(素材サイトからの取得などはご遠慮ください。)
 指輪、オニオンリング、車輪、フラフープなどわっか状のもの、またはわっかに見えるものであればなんでもかまいません。
※写真の上に短歌、お名前、またデザインが入りますことをご了承ください。
※写真の補正、比率が合わない場合のトリミングをする事があります。ご了承ください。
※横長写真をこちらでトリミングしてほしい!という場合はメールの中にその旨と、どの部分を中心にトリミングを希望かをお書きください。
※撮影者のクレジットは入れることができません。

・そのお写真に合う、またはO型、わっかをイメージした短歌×1首
 タテ書きでレイアウト予定です。
 表記についてはルビを打ってほしい場合、英字・数字・単位などが入り回転等が必要な場合はその旨をメールに表記してください。
 表記についてのご連絡をさせていただくことがあります。期限までにご返信がない場合は、こちらで判断したかたちで記載することになります。ご協力よろしくお願いいたします。

■形態

現在はフルカラーのB4サイズ〜A3サイズの1枚ものを予定。
参加人数によっては変更もあります。

■発表方法

・セブンイレブンのネットプリント、ローソン・ファミマなどのネットワークプリント
・WEBでのPDF形式での公開
以上を予定しています。もし他の展開のアドバイスがあれば受け付けます!

■投稿方法
下記のアドレスまで下記の要項を記載して送信してください。

・投稿アドレス
midoriha0502☆gmail.com
※☆を@に変更

・投稿する項目
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】筆名
【2】筆名の読み
【3】ツイッターのアカウント
【4】短歌×1首
【5】短歌の表記に関して(あれば)
【6】連絡用のメールアドレス

最後に写真(JPG形式/25MBまで)を貼付してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


※手動で1〜2日中に投稿受付の返信を行います。
 返信が来ない場合はお手数ですがご連絡ください。

■締め切り
3月15日(日)24:00まで

■発行予定
3月末ごろ

※また、ご連絡や状況報告などのためにミドリハの創作アカウント(@midoriha_s_b)をフォローしておいていただくと便利かと思います。

きっと皆さんの輪がつながって素敵な作品になると思います!
O型の皆様のご投稿お待ちしております!



green6152 at 19:55|PermalinkComments(1)O型短歌企画 | お知らせ

2015年02月01日

【期間延長!】散文折り本第二集「涙の足りない恋」を発行しました!

B8mHzSTCIAEUoZK


散文折本第二集「涙の足りない恋」をネプリで発行しました!
写真に幸せな恋のポエムな散文です。
愛猫トム〜日本一の大きさの観覧車まで…写真にもこだわっておりますのでぜひ。

気軽に感想をいただけたらと思います。
ツイッターでもかまいませんしこのブログのコメント欄や、メール(midoriha0502☆gmail.com ※☆→@)にでもかまいません。
よろしくお願いいたします!

 PDFダウンロード           

dropboxよりPDFのダウンロードが可能になりました!
こちらもよろしくお願いいたします。
下記のファイル名クリックでダウンロードできます。

namidanotarinaikoi.pdf


■■■■■■ネプリの期間延長しました■■■■■■


 セブンイレブン 

■予約番号【 34426511 】
■カラー1枚
■B4
■料金60円
■期限:2015/2/14(土)23:59

 ローソン・ファミマ・サークルKサンクス 

■ユーザー番号 【F9M861Q36R】
■ファイル名「1501散文集_L.pdf」※選択してください
■カラー1枚
■B4
■料金60円
■期限:2015/2/15(日)pm18:00頃まで


※色合いなど調整を重ねたので、大差はありませんが、できればセブンからプリントしていただくのを推奨します。

よかったらプリントしてみてください。

green6152 at 18:17|PermalinkComments(0)ネプリ | 散文

2015年01月28日

みずうみを知った日(茨木のり子さんの詩集と出会う)

==================

みずうみ   茨木のり子

〈だいたいお母さんてものはさ
 しいん
 としたとこがなくちゃいけないんだ〉

名台詞を聴くものかな!

ふりかえると
お下げとお河童と
二つのランドセルがゆれてゆく
落葉の道

お母さんだけとはかぎらない
人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる 二言 三言で

それは しいんと落ちついていて
用意に増えも減りもしない自分の湖
さらさらと他人のおりてはゆけない魔の湖

強要や学歴とは何の関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

早くもそのことに
気づいたらしい
小さな
二人の
娘たち

==================


今日茨城のり子さんの詩と出会った。
詩をいろいろと読んでる人なら知ってて当たり前の方なのだろうけど…私は今更知りました。

人間は誰でも心の底にしいんと静かな湖をもつべき、と茨木さんはこの詩の中で言う。
私は先日「私がこうありたかった私だ。「これがみずうみというものなんだ」という気持ち。」という文章をEvernote内に打っていたので心底びっくりした。

人間の心の底にはもしかしたら小さくても大きくても深くても浅くても綺麗でも汚くても「みずうみ」があるのかもしれない。
私の心の底には広い澄んだ静かな水面があった。
でも私は28年それに気付けなかった。
それが「みずうみ」と知らなかったから。

去年の秋に気がついた。
彼ととても心地よい関係でいることに気がついて、「こうありたかった私」になっているように思う、と感じた時に「これが…みずうみか…」と初めて水面に触れて思った。

自分でもよくわからないけど「ああ…これがみずうみ…みずうみなんだ…」と心が言っていた。
よくわからない感覚だったけれど、そうか茨木のり子さんは知っていたんだ。
このみずうみを。

もともと持っていたみずうみかもしれないし、彼と出会ってうまれたみずうみかもしれないし、彼のみずうみなのかもしれないけれど、私はそこではじめて「みずうみ」を知ったのだ。

ちなみに蛇足だけど和歌山には湖がない。
初めて見た湖は琵琶湖で「でか!!」と思った。
彼と見た湖は河口湖で富士山の白が映える美しい湖だった。

ちゃんと現実の湖はみてはいるんだけど、全然違う感覚なんだ…

分かってくれる人いないだろうな…と思ってたけど茨木さんは知ってたんだ…、と勝手に今日感動したのであった。


ーーーーーーーーー

上記文章はツイートしたものほぼそのままですが、記録しておきたくて、
また茨木さんの詩を紹介したくて記事にしました。

ちなみに私が最初であったのはこの本。
私でも見たことがあったとても有名な詩も収録されていました。

わたしが一番きれいだったとき ~凜として生きるための言葉~
茨木 のり子
毎日コミュニケーションズ
2010-01-30



green6152 at 20:35|PermalinkComments(0) | 日記

2014年12月16日

お弁当用タンドリーチキンレシピ



このお弁当の本に載ってたのをほんの少しアレンジしたタンドリーチキン、かなりおいしかった!
ので、レシピをメモメモ。

1、鶏胸肉をお弁当にいれやすそうな大きさに切る。
(私は線維に逆らってそぎ切りにしました。7cm×3cm×厚み8mmくらい?それを4枚使用)

2、塩こしょう(少々)を揉み込む。

3、下記の調味料につけ込む
・ケチャップ…大さじ2
・ヨーグルト(無糖)…小さじ2
・カレー粉…小さじ1/2強
・ガラムマサラ…ごく少々(なくても)
・チューブにんにく・生姜…ともに1cm
・はちみつ…小さじ1

4、ビニール袋の中で混ぜて揉み込み、一晩ほどつけこむ

5、オリーブオイルをひいたフライパンで両面を中火〜弱火で焼く
(焦げやすいので注意)
※天板にアルミホイル敷いてオーブントースターで焼いてもいいとおもう

 6、フライパンにのこった調味料そのままで油を足して赤ピーマンなどの野菜を炒める
味が薄そうなら袋にのこった調味料を更に加えて炒める。タマネギとか普通ピーマンでもいいけど甘みと食感が良い赤ピーマンがイチオシ。

7、できあがり。
さまして、お弁当箱に!
カレー粉はプラスチックや木に色がつきやすいので、アルミホイルや紙のカップに入れてinしたほうがいいかも!

※あとこれは甘めのレシピなので、辛いのがいい方は辛味であるガラムマサラをしゃんしゃかふってください。

「タンドリーチキンってご飯のおかずになるの?」と思うかもしれませんが、けっこういけるんです、これが。
あ、はちみつもなければ砂糖でええと思うし、口臭とかが気になるならにんにくしょうがもなくても大丈夫かとおもいますがね…
入れても食べた後の口臭はそんなすごいことにはならないというか気にならなかったです。

B49TvmeCIAArgyk
出来上がったものをつめたお弁当
(みえにくくてすいません…)


以上、タンドリーチキンレシピ自分メモでした。

green6152 at 16:37|PermalinkComments(0)料理 | 日記

2014年06月02日

みずつき3に参加しました!!

こはぎさん主催の「水」がテーマのフリーペーパー
「みずつき3」に参加しました!!
総勢84名の歌人さんの504首が楽しめます!!

詳しくはこちらから!

素敵な短歌はもちろん、こはぎさんの手がけたうつくしいデザインにもご注目ください!
モノクロ、データのサイズ制限の中でもとても「きれい」「読みやすさ」「作品を引き立てる」ことに成功したデザインに一応本職がデザイナーの私は感動いたしました!

実はまだ全部読めていないので、また皆さんの短歌の感想は後日!

私の連作の地名などについてちょこっとお話を…
「作者の歌の解説や関連話を聞きたくない!」という方はお引き返しを。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の出させていただいた6首の短歌は、
1:以前の歌を推敲/2:未発表作/3:未発表作/4:新作/5:だいぶ前の過去作/6:だいぶ前の過去作
で構成されています。


「片男波」は和歌山市和歌浦にある斜めにほそながーい浜の名前。和歌浦は和歌が生まれたころから観光地として人気がありました。

若の浦に 潮満ち来れば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴(たづ)鳴き渡る
(山部赤人『万葉集』巻六の919番歌)

という短歌も残っています。
潮が満ちるとほぼなくなってしまい、潮が引くと遠浅という地形。
春は潮干狩り、夏は海水浴客でにぎわいます。


「紀ノ川」は奈良県の吉野川からつながり和歌山県北部を流れ、最後は紀伊水道へと注ぐ一級河川。浄水施設に引き込まれ水道の水として、農業や工業の用水としても利用され和歌山県北部を潤す重要な河です。


特に地名は出てきませんが、和歌山は台風が通過することが多く、雨の多い地域の要に思います。
台風が多い!ということ以外では、海からの風があり、緑も豊富なのであたたかく、しかし暑くなりすぎないため過ごしやすい気候であるように思います。


「和歌川」は和歌山市内を流れ、1の歌に出てきた「片男波」の近くの海へと注ぐ二級河川です。8月15日のお盆の最終日になると沢山の花束や果物が流れます。「海からご先祖様が浄土へ帰られる」と信じられていることからお盆の間に供えていた供物がいっしょに流されているのだと思います。
この和歌川は私の父が入院していた医大病院の前を流れています。死というものを感じるこの風景が和歌山県で一番大きな病院の前を通り過ぎていくのがなんだか皮肉に思えました。


「和歌山城」は和歌山市内にあるお城。第二次世界大戦の空襲で焼けたため天守閣は戦後に復元されたものです。
和歌山市民にとってこのお城の「お堀」は単にお城を守っているものではありません。夏に行われる戦争学習で必ず、和歌山大空襲の際にこのお堀で沢山の方が折り重なるようにして亡くなったことを何度も聞くために、とても「こわい」場所であり「いのち」というものを強く感じる場になっています。


この歌にも地名は出てきませんが、この歌は私の家の前の小さな谷川でいつまでも落ち葉が川底に沈んで動かないのを見たことで生まれました。
その時私は忘れられない片想いをしていて、その落ち葉はまるで私の恋心のように思われて…
この気持ちを無理にわすれようとしたり、また叶えようとだれかを傷つけたりするのではなく、この落ち葉のようにただここで自分が水になれる日を待つべきなのだと思ったのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


しかしもうちょっとタイトルは考えられなかったのかなー?と思いますな…
地元和歌山が好きなくせにあまり和歌山の短歌を詠んでいないことをこの連作をつくるときに改めて思ったのでこれからはすこしずつ和歌山に関する歌を詠んでいきたいですね。



green6152 at 02:14|PermalinkComments(0)短歌企画参加 | ネプリ

2014年05月03日

【PDFも追加!】別れの短歌折本「さみだれ」発行しました!

samidare_sum

嵯野みどりは短歌折本第2弾!
「さみだれ」
ネットプリント開始しました。

自分から別れを切り出した女性の短歌18首です。
GWまっただ中にまったく似つかわしくない折本ですが、
よろしければプリントしてみてください。

気軽に感想をいただけたらと思います。
ツイッターでもかまいませんしこのブログのコメント欄や、メール(midoriha0502☆gmail.com ※☆→@)にでもかまいません。
よろしくお願いいたします!

 PDFダウンロード           

dropboxよりPDFのダウンロードが可能になりました!
こちらもよろしくお願いいたします。
下記のファイル名クリックでダウンロードできます。

samidare0502.pdf


 セブンイレブン            


■予約番号【 67837854 】
■カラー1枚
■A4
■料金60円
■期限:2014/05/09(金) 23:59

ネットプリントの印刷の仕方、詳しくはこちら

 ローソン・ファミマ・サークルKサンクス 


■ユーザー番号 【F9M861Q36R】
■画像プリントを選択
■ファイル名「さみだれ0502.jpg」※選択してください
■引きのばしプリント A4サイズ
■フルカラー1枚
■料金60円
■期限:2014/05/10(土) 19時まで

ネットワークプリントの印刷の仕方、詳しくはこちら

※今回はローソンなどは「画像プリント」になります。
 選んでいくメニューは次の通り

【1】画像プリントを選択
【2】引きのばしプリントを選択
DSC_0371

【3】フルカラーを選択
DSC_0372

【4】コピー用紙 A4 を選択(光沢紙を選ぶと倍の値段になる上に紙が分厚くなってしまいます)
DSC_0373

【5】画像プリントとかいてあるコンテンツを選択して「次へ」
DSC_0374

【6】さみだれ0502.jpgと書いてあるコンテンツを選んで「次へ」
DSC_0375

【7】プリントを開始してください。

※セブンのほうが余計な余白ができず正しい位置に印刷されますので、できればセブンからプリントしていただくのを推奨します。



green6152 at 01:29|PermalinkComments(0)ネプリ 

2014年04月12日

散文折本「だって、また逢いたい」PDFアップしました

散文集1304cs6_web



昨年の大阪文フリで会った方のみにお渡しした「だってまた逢いたい」
12月にネットプリントにしましたが、そちらがPDFでダウンロードして頂けるようになりました!
恋愛の短い散文を写真に合わせたものになっています。

ぜひご覧下さい。
dattemataaitai_web.pdf
(リンク先はDropBoxです)

ご家庭のプリンタで印刷可能ですが写真が背景に敷かれていますので、用紙を写真用またはファイン紙にするなどの工夫が必要かと思います。
また切るところのガイドをデザイン上つけておりませんので折った部分で切り目を入れてください。

感想募集中です。気軽に感想をいただけたらと思います。
ツイッター( @midoriha_s_b )でもかまいませんしこのブログのコメント欄や、メール(midoriha0502☆gmail.com ※☆→@)にでもかまいません。
よろしくお願いいたします!



green6152 at 17:08|PermalinkComments(0)ネプリ | 散文