グリーンキュービック日和

株式会社グリーンキュービックのホームページです。岡山県倉敷市でクロレラ入り乳酸菌飲料を製造販売しています。

2010年10月

コーヒーフレッシュの正体!

昼食に帰ってきた営業さんがアイスコーヒーをごくりと飲み、
振り返りざまに、こう聞いてきました。
「コーヒーフレッシュとシロップ、どちらが体に悪いんですか?」
「!?」 何と答えてよいのか分からず、絶句してしまいました。

変な質問だと思いましたか?

そう思う前に、コーヒーフレッシュはどうやって作られているかを知っていますか?

私は知りませんでした。
日持ちのするものなので、ミルクがどうしておかしくならないのかと、不思議に思っていただけでした。

調べてみて分かったのですが、
実はコーヒーフレッシュには、ミルクも牛乳も使われていないのです。
水とサラダ油を「乳化剤」によって混ぜ合わせて、
「香料」でミルクの味付けをしたものでした。
乳化剤とは、普段は混ざらない水と油を混ざるようにする食品添加物で、混ざりあうと白っぽい色になります。白っぽくなるので乳化なのでしょうね。
それに「カラメル色素」でクリームらしい色に仕上げ、
粘りを出すために「増粘多糖類」を加え、
日持ちをさせるために「pH調整剤」を加えるそうです。
こうやって書くと、コーヒーフレッシュは食品添加物だらけですね。
  (「」で囲んだものは食品添加物)

手元にシロップがないので正確なことは分からないのですが、
想像するに、シロップもたぶん「異性化糖」で作られていると思います。
異性化糖とはでんぷんから作られる液状の糖で、これも食品添加物です。

こうやって改めて考えると、どちらが体に悪いんでしょうね。
問いかけられた質問も、まともな質問に聞こえませんか?

私はこれまで色々な食品製造に携わり、
食品がどのような添加物で作られてきているかを見てきて、
どの添加物がどのような働きをするのかを知っています。
また、食品工学、発酵工学を専攻していたこともあり、
どうやって食品添加物が作られるのかを知っています。

コーヒーフレッシュの作り方を知り、最初はこんな作り方があったのかと、
「やるなあ」という気持ちを感じていました。
これは生産者としての目線です。
でも、私は消費者でもあるのです。
水と油を飲まされていたと知り、「ゲッ」と嫌な感じがしました。

スーパーに並ぶほとんどの食品に、食品添加物が使われているのが現実です。
皆さんは、食品添加物をどのように感じていますか?
食品添加物について、もう少し知りたいと感じますか?
コメント欄に感想をお寄せ下さい。
メーカーの開発担当者として、「少し説明するべきなのでは」とも思っています。

国文祭って何?

1ヶ月後には「おかやま国文祭」が始まりますね。
えっ!?
「国文祭って何?」ですって!?

国文祭とは国民文化祭の略で、
国体が体育祭なら、
国文祭は文化祭のようなものです。

今年は岡山県でおこなわれます。
10月30日から11月7日の間、
岡山県の各地で様々なイベントが開催されます。

倉敷では美術展や吹奏楽、演劇祭などが予定されています。
グリーンキュービックのある船穂町のお隣、真備町ではジャズ・フェスティバルが行われるみたいですよ。
興味があるイベントがあれば、お出かけしてみてください。

詳しくは「おかやま国文祭」のホームページを観てください。

私は後楽園の大茶会に参加する予定です。
プロフィール

greencubic

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ