鎌倉市 グリーン歯科 スタッフブログ

鎌倉! 藤沢! 大船! 鎌倉市の皆様に“歯とお口の健康情報”、“地域情報”などを配信しています。

予約 or 急患 相談専用電話 TEL 0467-44-1070

カテゴリ: セレック

こんにちは 鎌倉のグリーン歯科です。

今日は、「ラミネートべニア」の症例をご紹介します。

ラミネートべニアとは・・・

歯のエナメル質を一層削り、セラミックスなどの薄い板状のものを歯に張り付ける歯科の修復法の一つです。主に前歯部の唇側に使用することが多く、女性がするつけ爪のようなものを想像していただけるとわかりやすいと思います。
ホワイトニングでは白くならない歯や歯の形や位置を微調整することもできます!

また、最近では芸能人の方もやられている方がいっぱいいらっしゃいますね。

先ほど、歯のエナメル質を一層削るとお話しましたが・・・実は、セレックなら削らずにできる場合もあるんです!

今回、紹介する症例がその削らないべニアです。

術前

DSC02830

写真では分かりにくいかもしれませんが・・・

この患者さんは、一番手前の歯2本がとても透き通っていて形を気にされていました。


術後


DSC02833


DSC02832

ポリリンホワイトニングもやったのでとても歯が白くなりました!

白く清潔感があり、とてもきれいな歯になりました(*´ω`*)

この患者さんからの実際の感想です。

「こんなに自分の歯のようにしっくり自然に馴染むとは、思っていなかった。びっくりです。自信をもって歯を見せて笑えるのが嬉しいです。やって良かった!」

患者さんも大満足されていました。

従来のべニアは削らないとできませんでしたが、セレックべニアなら自分の歯を一切削らずに綺麗な白い歯が入れられます。

歯並びなどの調節もできちゃいます!!矯正治療よりもリーズナブル☆

ただし症例によるので、すべての方が削らずにできるわけではないですし、べニアの症例ではない場合もあるので、先生とじっくり相談して、歯の参考模型をつくり精査していく必要がありますのでご了承下さい。

ご興味ある方は、当院スタッフまでお気軽にお尋ねくださいね(*^▽^*)


こんにちは 鎌倉のグリーン歯科です。

セレック日誌9の続きです。

前回、入れ歯のバネのかかる歯の大切さについてお話ししました。

では、この歯を守るためには何をしたらいいのか説明したいと思います。

それは、ずばり「セレック」にすることです。

以前からずっとお話ししていますが・・・

セレックにはレントゲン透過性があるので、レントゲン写真を撮れば口の中で何が起こっているのかがすぐに分かります。つまり、万が一セレックを入れた歯にトラブルが起こったとしても早期に発見できるということです!虫歯は早期に発見すればするほど、さまざまな治療の選択肢があるため手遅れになるリスクが極めて低くなります。

一方、メタルは・・・

そもそも歯と金属はくっつかないので経年変化で金属と歯の間についているセメントは破壊され、汚染され中で溶けていきその隙間から虫歯菌が入り込んでしまいます。
また、レントゲンでは金属は白く映ってしまうため中で何が起こっているのかは金属を外すまで分かりません。

DSC02708

レントゲンで虫歯と分かるときは、ものすごく大きく虫歯が進行しているときと、明らかな異常があるときです。
発見したときには手遅れという場合も少なくありません。

DSC02705


セレックは、ただ白いだけの歯ではありません。

セレックには、今回説明したこと以外にも様々な良いところがあります。

これからも、セレックの良いところについてどんどん説明していきたいと思います☆

長い記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

END☆

こんばんは 鎌倉のグリーン歯科です。

お待たせしました!セレック日誌8の続きです。

DSC02697

前回、入れ歯のバネがかかる歯の大切さについて説明しました。

もし、一番後ろの入れ歯のバネがかかる歯を抜くことになったらどうなると思いますか?

後ろの歯2本が欠損(ないこと)すると、ブリッジを入れるのはとても厳しくなります。前の歯にものすごい負担がかかるからです。

なので、「入れ歯」か「インプラント」の2択に絞られてしまいます。

インプラントは、自費なので何十万というお金がかかります。

入れ歯はインプラントと比較するとはるかに安くできます。

しかし、先ほども述べたように「入れ歯のバネがかかる歯」が後ろにはもうありません。

この場合、歯が1本欠損の入れ歯に比べてとても大きな入れ歯になってしまいます。

DSC02701


DSC02702

前から4番目の歯にバネをかけると笑った時に、入れ歯のバネが見えてしまいます。

歯は、1本欠損するごとにどんどん大きな入れ歯になってしまいます。

DSC02704

3本欠損すると・・・

反対側にまで、入れ歯のバネがかかるようになります。

入れ歯のバネがかかる歯がどれくらい大切なのか、分かっていただけたでしょうか?

では、この大切な歯を守るためにはどうしたらいいのかを説明します。

つづく☆


こんばんは 鎌倉のグリーン歯科です。

一昨日、ステイニング(色付け)のワークショップに参加してきました。

いつもは、講演会などに参加してるので話を聞いているだけなのですが・・・

今回は実習があったので少し緊張しました(;´∀`)

IMG_2325

「う~ん・・・」

って感じの仕上がりでした・・・

まだまだ勉強と練習が必要ですね(+_+)

この材料をマスターすると、チェアサイド(診療室)で患者さんと相談しながら目の前で色付けができるようになるので・・・

より天然の歯に近い色の歯を作ることができるようになります☆

また、患者さんの希望にも可能な限り応えられるようになります(*´▽`*)

患者さんの目の前で作れるなんて理想です。

しかも、セレックなので経済的負担も従来のものと比べ格段に抑えることができるんです!

早く、マスターできるように頑張ります!!

こんにちは 鎌倉のグリーン歯科です。

セレック日誌7の続きです。

入れ歯のバネがかかる歯は、とっても大切だとお話しました。

もし、一番後ろのバネのかかっている歯を抜くことになったor抜けてしまった場合・・・

DSC02701


DSC02702

こんなに大きな入れ歯になってしまいます。

また、笑った時に入れ歯のバネが見えてしまいます。

DSC02700

金属の被せ物は、保険が適応されるので安価に作れます。

しかし、金属はレントゲン写真では白く写ってしまいます。

なので、被せ物の中で虫歯になっていてもレントゲン写真には写りません。

被せ物より大きな虫歯にならないと分からないので、虫歯と分かった時には手遅れになっている場合があります。

一方、セレックはレントゲンの透過性があるので中で虫歯になってしまった場合でも早期に発見でき治療ができます!!

もし、被せ物を作り変えることになっても・・・

セレックの場合、保証期間中なら無償で作り変えることができます。


つづく☆


↑このページのトップヘ