2008年04月10日

2007/8シーズン索道安全報告書

グリーンネージュ北海道株式会社

平成19年度安全報告書

平成18年10月1日の鉄道事業法安全管理規定の一部改正に伴い、平成19年度糠平温泉スキー場の索道運営に関する取り組み、その他安全等に関する情報を公表いたします。


ご  挨  拶

平成19年10月31日より弊社が糠平温泉スキー場を経営することとなり、1年目から多くの皆様方にご来場いただき厚く御礼申し上げます。また、関係者各位には日頃よりご指導・ご協力いただき、まことにありがとうございます。
弊社ではお客様に真っ白な雪があるスキー場で心から楽しんでいただけるように、万全の運営体制をとり日々最善を尽くしております。その中で安全面を最優先事項と考えており、ここに安全報告書をまとめ皆様方に公表いたします。
特に索道運営におきましては、ほんの僅かなミスが重大な事故になりかねません。法令を遵守するとともに、安全管理マニュアルのみに頼るのではなく、自分の一番大切な人が遊びに来たときに配慮するように細心の注意を払ってメンテナンス、日常の勤務に従事し最善を尽くしていく所存でございます。
また、安全報告書及び弊社の安全体制等に対するご意見・ご要望をいただき、日々改善を図っていこうと考えております。今後ともご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。


                                 グリーンネージュ北海道株式会社
                                       代表取締役  丹 正彦


1.基本方針
「索道輸送の安全を確保するための基本理念」

スキー場の運営に関わる代表取締役、取締役及び社員・従業員は、安全第一を最優先事項とし、以下のようにスキー場での索道運行に関する安全理念・安全方針を定めるものとする。

(1)一致団結して輸送の安全の確保に努めます。
(2)輸送の安全に関する法令及び実施細則ほか本規定を良く理解するとともに、こ
れを遵守し、厳正、忠実に職務を遂行します。
(3)常に輸送の安全に関する状況を理解するよう努めます。
(4)職務の実施に当たり、推測に頼らず確認の励行に努め、疑義のあるときは最も
安全と思われる取り扱いをします。
(5)事故・災害等が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、すみやかに安全適切な処置を取ります。
(6)情報は漏れなく迅速且つ正確に伝え、透明性を確保します。
(7)常に問題意識を持ち、必要な改革に果敢に挑戦します。

2.安全目標
平成19年度糠平温泉スキー場の索道輸送安全目標である「安全最優先」をモットーにスキー場へ来場された皆様、リフト運行に携わった方々のご協力により、事故及びインシデントなく安全に索道を運行する事が出来ました。

3.事故等の発生状況とその再発防止措置
(1)索道運転事故(索道人身障害事故)
ありませんでした。
(2)災害(地震や暴風雨、豪雪など)
ありませんでした。
※地理的に風が強い日があるため強風時は、リフトの減速運行、或いはリフトの運行を休止し、お客様の安全を最優先にリフト運行を行っております。
(3)インシデント(事故の兆候)
ありませんでした。
(4)行政指導等
ありませんでした。

4.輸送の安全確保のための取り組み
(1)人材教育
当社は、シーズン直前の平成19年11月28日に、スキー場で働く社員、従業員、アルバイトの方々に対し上士幌町消防署による消防訓練や、索道救助訓練、スキー場サービス等に関してのレクチャー、トレーニングを実施いたしました。さらに、代表取締役より今期スキー場運営に関する資料と方向性の説明をいたしました。また、定期的にリフトスタッフへ全国索道事故事例集や速報等を配布し営業中の事故防止の啓蒙を行いました。
       
(2)緊急時対応訓練
社員、従業員、アルバイトの方々には、部署等関係なく索道の救助訓練、救助器具等の説明を実施いたしました。
※営業中の索道安全確保のため、今シーズンよりリフトスタッフにより定期的な実線、空線の索輪チェック(午前・午後)を行いました。

(3)安全のための投資と支出
索道設備の安全維持のため、特に今シーズンは設備の修繕に力を入れました。さらに、今後も計画的に設備更新、維持、修繕を行います。

◆平成19年度修繕実施項目
 ・ロマンスリフト、第1〜3高速リフト索輪交換、
 ・第1〜3高速リフト支柱索受装置のワイヤーロープ通り修正
 ・第2高速リフト、第3高速リフトワイヤーロープ切り詰め
 ・第1高速リフト山頂風速計交換
 ・ロマンスリフト風速計交換
 ・第2高速リフト風速計受信機交換
 ・第2高速リフト制御版内モーターブレーカー交換
 ・第1〜3高速リフト非常ブレーキパット全交換、調整
 ・第1高速リフト常用ブレーキラムシリンダー交換
 ・全リフト緊張ユニット用オイル浄油

5.当社の安全管理体制
糠平温泉スキー場では、代表取締役から実際にお客様に接するリフトスタッフにいたるまで索道の安全管理運行のため安全管理組織を構築し、各責任者の責務を明確にし、日々の索道安全運行に取り組んでおります。

6.利用者の皆様との連携とお願い
(1)糠平温泉スキー場では、お客様の声をスキー場運営にすみやかに反映させ、より安全で安心、親しみやすい市民派スキー場を作るため、アンケート、或いはスタッフが頂いたお客様からの声を運営に役立たせております。(スキーセンターレストラン内に設置のピンク色のボックス)

(2)リフト乗車時の注意事項
 1)リフトへのご乗車・からご降車に不安がある方は、お気軽にリフト係員までお声をおかけ下さい。
 2)リフト乗車中は、搬器(イス)を揺すったり、搬器(イス)から飛び降りないようにお願いいたします。
 3)お客様各自の滑走技術レベルに合ったリフト、ゲレンデをご利用下さい。
 4)ウェアー(サスペンダーなど)、バックパック、髪の毛、携帯品などが搬器(イス)に巻きつかないようご注意下さい。
 5)リフトチケットは、係員に分かりやすくご提示下さい。また、混雑時はスムーズな乗車と他のお客様にご迷惑をかけない為に、事前に取り出して係員へのご提示をお願いいたします。
 6)リフト乗車中のタバコ、ごみなどのポイ捨はしないで下さい。
 7)リフト乗車、ゲレンデでのマナーを守り快適で安全なスノースポーツをお楽しみ下さい。

7.連絡先
安全報告書へのご感想、当社の安全への取り組みに関するご意見等をお聞かせ下さい。

グリーンネージュ北海道株式会社
糠平温泉スキー場
北海道河東郡上士幌町字糠平75
連絡先:01564-4-2201
担当者:索道技術管理者 田中 大介
支配人:清水 敏行


greeneige at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月30日

ありがとうございました

また来シーズン!
Powered by PICS


ありがとうございました。

皆様のお陰で、今シーズンも無事スキー場の営業を終了することができました。

今、大きなケガや事故もなくスキー場の営業を終了できたことが何よりもあがたいです。

今年は運営会社が代わり足りないところが多々あったと思いますが、皆様にはスキー場へ何度もご来場いただき本当にありがとうございました。来シーズンは、さらに今シーズンの反省点を活かし、もっともっとお客様にフレンドリーで市民派なスキー場を目指し精進・努力してまいります。

最後になりますが、今シーズン糠平スキー場で縁の下の力持ち役を担っていただいたスタッフの方々にも感謝したいと思います。

また来シーズンこの真っ白な東大雪の雪山「糠平温泉スキー場」でお会いしましょう。

それまで皆様お体ご自愛下さいませ。

Hope to see you soon.
Please take care of yourself until next winter.

Chao

糠平People

greeneige at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ 

最終日な十勝BLUEです

十勝BLUEなゲレンデ
Powered by PICS


いよいよ今シーズンの最終日になりました。

みなさんの日頃の行いが大変良いので最終日は、真っ青な十勝BLUEな青空が広がっています。
十勝Blueな糠平
Powered by PICS


十勝晴れってホント気分がいいですよね。
最終日、ケガのないよう思う存分雪山を楽しんでください。

それでは、Have A Great 雪山Day!

P.S. 写真のアップロードの調子が悪く後ほど掲載します。

greeneige at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲレンデ 

2008年03月29日

明日30日と31日はふなとの日

月末はふなとの日
Powered by PICS


信頼できるある情報通によると、ふなと商店では明日30日と31日で電撃閉店セールを強化することの事です。

なんと全商品(一部アルコールを除く)が50%OFFになるそうです。

スキー場スタッフのお父さんのYさん(M股在住)は、長靴を買いに行くそうです。

結構いろんな物が売ってるんでフラット寄ってみてください。

greeneige at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ 

コメントありがとうございます

ブログにコメントくださったみなさん、ありがとうございました。

こめんなさい。昨夜まで、てっきりコメントがブログに反映されていると信じて疑いませんでした。

正直に言うと「なんだぁ〜コメント全然ないなぁ〜」なんてスキー場事務所で話していました。

ところが、こんなに公開されていないコメントがたぁーくさんあるじゃないですか!

「単純に悪いのは、俺じゃねぇか〜」ッてことです。

すみません。このブログへのコメントは、良いことも、ご指摘も含め公開できる範囲であるものは公開していきたいと思っております。

あと今シーズンの営業も2日ですが、何卒よろしくお願いいたします。

greeneige at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろ 

2008年03月28日

ふなと商店閉店セール!

ふなと商店
Powered by PICS


昭和38年から糠平でお店をやっているふなと商店が今月でお店を閉めることになりました。

糠平と共に45年やってきて、みなさんには大変お世話になりましたと今日お店におばあちゃんが言っていました。ひと言歳だからねぇ〜と。

このスキー場のスタッフの中にもふなと商店と一緒に大きくなった人たちがいます。なんだか寂しい感じがしますが、時代は回るんですよね。

今、ふなと商店では閉店セールで全商品が20%引きになってます。みなさんも、ぜひ糠平にきた時は寄ってみてください!
閉店セール20%OFF
Powered by PICS


今日は、第3高速で10センチくらいの新雪が降りました。今週末は、天気も良さそうだし今シーズン最後の滑り納めっちゅうことで遊びに来て下さいね。

それでは、今週末は糠平温泉スキー場です。待ってます!

greeneige at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

春になると芽吹くもの

春の芽吹き
Powered by PICS


ダイスマンです。

春になると草木と一緒に芽吹くものがあります。

春は、気候も良くなり気分も上々なのに、毎年これを見ると悲しくなります。

それは…駐車場やリフトの線路下、至る所に芽吹くごみ達
ウィスキーの瓶、たばこのパッケージ、コンビニで買ったおにぎりやお弁当のパッケージ、車の芳香剤や靴などなど。

ひとりひとりが自然や生かされていることに感謝できれば…ポイ捨てなんてできないはずなのに。

小さいことですが大切なこと忘れてませんか?

greeneige at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ECO 

2008年03月27日

レーサーがぞくぞく戻ってきてます

レーサー達が戻ってきた
Powered by PICS


今週末29,30日の土日。スキー場では第9回糠平温泉スプリングカップGS大会が開催されます。この大会出場に向け、ぞくぞくとレーサー達が糠平のレーサーズパラダイスに戻ってきています。本当は、例年ならこの時期にはまだまだ雪がいつぱいあって気温ももちろんマイナスで、「こんなに雪があるのにクローズするのもったいないねぇ〜」って声が聞こえるのですが、今年は本当に雪が少なく5月頃の雪解け状態だそうです。逆に5月になってもこんなに雪が残っているのはある意味凄いですよね( ´∀`)つ

ただ今、雪降ってます。予報通りに雪が降り始めました。深夜まで降る予報です。
もちろん、この時期の降雪はPOWDERではないですが、やっぱり雪が降るとうれしくなりますね。
スキー場で働くのって楽しいです。

それでは、今シーズンを締めくくる第9回糠平温泉スプリングカップが無事終わりますように!

Do Your Best. You can do it!


greeneige at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲレンデ 

2008年03月26日

ぬかびら温泉今昔物語(スキー場編:其の弐,)

キンコーン、カンコーン

それでは、今日は糠平温泉スキー場の歴史のつづきを始めます。
スキー場の歴史其の弐?
Powered by PICS



ロープトウを昭和35年に設置した後、スキー場は順調に来場者数を増やしました。スキー場は、昭和43年にロープトウを廃止し899メートルのリフトを設置しました。この頃からスキー大会や練成会などが開かれるようになりました。聞いた話によると、この頃のロープトウがまだ某スキー場で現役だとか…

スキー場の利用者は昭和35年は3万人だったのが、昭和40年には8万8千人になり、41年には14万人にまで膨れ上がりました。これかなり凄いですね。近年には想像できないくらいの人が糠平に訪れていたっちゅうことですね〜ッ。

その後、昭和47年には253メートルのシングルリフト、昭和53年には573メートルのシングルリフト、さらに今のスキーセンターを昭和57年に建設し計3本のリフトで営業を行いました。

この頃になると富良野、サホロ、トマム、日勝、メムロなどのスキー場ができ交通アクセスもよく近代化されたスキー場へお客が流れ出し来場者が減少し始めました。これは上士幌町全体における深刻な問題へと発展していきました。

「これじゃダメだべやぁ〜ッ」と昭和57年11月に町では上士幌町開発基本計画を策定し温泉山地区(今の第3高速付近)に新設で長い距離を滑走できるスキー場の開発プロジェクトを始動させました。環境庁には、この拡張はできないと言われていたのもあり、この折衝はかなり難航したそうですが、コース幅を半分にしたり糠平の実情(来客者の減少)を訴え調整が進み成案にいたりました。

ここで、この巨大開発にともなう事業体の誘致に国土計画株式会社があがりました。ガッ、一度拒絶されたのですが、堤義明社長が地元の熱意に打たれ昭和60年12月に糠平温泉リフト蠅惻勸を派遣し、資金融資を決定し事実上このプロジェクトが動きだしました。同年12月には、待ちに待った温泉山の調査が始まったのですが、一難去ってまた一難ってな感じで、某自然団体より「糠平の上水道枯渇、温泉の湯量減衰の恐れあり、解除すべきでない」との異議意見書が農林水産大臣に対し提出され許認可が大幅に遅れ誰もが当初のオープンまでに開業するのは不可能だと思われました。
糠平の歴史其の弐
Powered by PICS


この時歴史は動いた。チャラ〜ン。町議会では特別委員会を設置し、意見書提出側と深夜まで協議し円満に解決をはかり予定通り開発プロジェクトが進められることになりました。
いよいよ昭和63年の8月から営林署により1万5千本に及ぶエゾマツ、トドマツなどが伐採され、西武建設によりコース造成が行われ、日本ケーブルは国内初のフード付高速4人乗りリフト2基と4人乗り高速リフトの設置が行われました。わずか4ヶ月という超短期間の同年12月に完成し、21日にはめでたく竣工式が行われました。
スキー場の歴史其の弐?
Powered by PICS


ちなみに、この開発プロジェクトで投入された資金は総額で35億円に達しました。
スキー場も名前を一新し糠平スキー場から、今の「糠平温泉スキー場」に改められましたとさッ。

キンコーン、カンコーン

起立、

気を付け、

長文になりましたが、これで糠平温泉スキー場の歴史の時間を終わります。

礼、

着席


greeneige at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歴史 

2008年03月24日

糠平コソ練道場クローズいたします

パーク最終日
Powered by PICS


とうとうこの日がやってきました(T_T)

糠平温泉スキー場では、「コソコソと影で楽しく精進・努力する」をモットーに今シーズンのコソ練道場を運営してまいりました。

シーズン半ばには、「これ春パークいけんじゃねぇ〜ッ」、「延長営業かいッ」みたいな感じだったのですが、この3月の陽気で道場の雪が少なくなり安全なパークの品質保持が難しくなりやむを得ず今季の道場を23日(日曜日)にてクローズすること決心をいたしました。

今シーズンの糠平コソ練道場をご利用いただき誠にありがとうございました。

来年は、さらにコソ練度をアップグレードしどこにも負けないコソ練の聖地、そして道場を築き上げる所存でございます。

また来年も、ここ「コソ練の聖地」糠平コソ練道場でコソコソ楽しく練習しましょう!

それでは…またみなさまに道場でお会いでききることを楽しみしております。
糠平ローカルのみなさん、あざっす
Powered by PICS


Hope to see you soon and Take care.

追伸:スキー場は、今週末の3月30日(日曜日)まで営業しておりますのでご安心下さい。お待ちしております。


greeneige at 10:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)パーク