パーソロンPartholon)
1960年生まれ 鹿毛
父 マイリージャン
母 パレオ


wikiより

パーソロン
Partholon1960年 - 1985年)はアイルランド競走馬
父マイリージャンと母パレオの間に生まれた鹿毛サラブレッドである。日本種牡馬として成功し、その系統をパーソロン系と呼ぶこともある。
ホモ鹿毛遺伝子の持主で、栗毛や青毛の産駒が存在しない。
馬名は、ケルト神話に登場するパーソロン族に由来する。

現役時代は14戦2勝でナショナルステークスとイボアハンデキャップに優勝したのみだが、ロイヤルウィップステークスなど2着が5回あり、アイリッシュダービーで6着、アイリッシュセントレジャーで4着になっている。合計で13,251ポンドの賞金を獲得した。

引退後にシンボリ牧場和田共弘メジロ牧場北野豊吉が共同購入し、1964年に種牡馬として日本に輸入された。産駒2世代目にメジロアサマを出し、その後もダービー馬のサクラショウリ、七冠馬シンボリルドルフ、二頭の桜花賞馬と四頭のオークス馬[1]を輩出した。1971年1976年には日本リーディングサイアーとなっている。

シンボリ牧場物部神社に銅像が建立されている。

パーソロンが日本で種牡馬として成功したため、1歳年上の全兄ミステリー、8歳年下の全弟ペール、10歳年下の全弟マイフラッシュも種牡馬として日本に輸入されたが、パーソロンほどの成功は収めなかった。 ミステリーは菊花賞ノースガストの母の父として名を残している。ペールはサファイヤステークス2着馬のケージーカグラを送り出し、アブクマポーロの母の父でもある。