ターター (Tartar) (1743-1759)(※デビュー時の名前は父と同じPartner)
Tartar-200x

栗毛・牡
父:Partner(GB)(1718)
母: Meliora(GB)(1729)牝系48
生産国:イギリス(GB)
生産:エドワード・リーズ
馬主:
コーツワース氏
→第4代アンカスター公


(wikiより)
ターター (Tartar) は18世紀中ごろに活躍したイギリスの競走馬、種牡馬である。
なお、ターター (Tartar) という名を持つ馬は、1792年のセントレジャーステークス勝ち馬(本馬の孫だが馬名との関係は不明)などほかにも数頭いる。
後世ヘロド (Herod) の父としてのみ知られるが、当時としてはかなり強い馬であった。
競走馬としての活動期間は1748年から1750年の3年間で、リッチフィールドやギルフォードのキングズプレート、そのほか多数の競走に勝利している。
当初はパートナー (Partner) という父と同じ名前で走り、翌年第4代アンカスター公によってターターと名付けられた。
競走馬引退後はウールストンで供用され、有名なヘロドのほか、ファニー(Fanny。キングファーガス〈King fergus〉の母の母)、ターターメア(Tartar Mare。ヴォランティア〈Volunteer〉らの母)などを産した。16歳のときに同地で没した。
-----------------
母 
Melioraの父父Clumsy(GB)(芦毛)は三大始祖以外のサラブレッド祖先の一頭。

http://www.bloodlines.net/TB/Bios2/Tartar.htm