ウッドペッカー (Woodpecker)
栗毛 牡
(1773)

父:ヘロド
母:Miss Ramsden(GB)


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9A%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC_(%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC)

 ウッドペッカー (Woodpecker) とは18世紀末に活躍したイギリスの競走馬、種牡馬である。
馬名は英語で「キツツキ」の意。
競走馬としては1777年から1781年にかけ15勝。
活躍馬を多数産したヘロドHerod産駒の中でもかなり上級の部類に入る。
1780年にニューマーケットで行われたスウィ―プステークスでポテイトーズPotooooooooを破り、クレーヴンステークスを1778,1779,1781年の3度勝った。ただし、ポテイトーズとは何度か(少なくとも4度)対戦しており、勝ったり負けたりであった。この他比較的著名な馬としてキングファーガスKing FergusやマンブリノMambrinoと対戦しており、何れもにも勝利している。

種牡馬としては、当初3ギニーで供用されたが、最終的に100頭を越える勝ち馬を送り出し、種付け料は30ギニーにまで上昇した。主な産駒にバザードBuzzardがいる。
1789年から1792年には、それまで2位を11度続けていたエクリプスEclipseを退け種牡馬リーディング2位にリストされた。
粗野な大きな馬で、垂れ下った広い耳が特徴であった。1798年の後半にロンドン近郊のペットワースで死亡。