サルタンSultan(GB) 鹿毛 1816


父: Selim(GB) 栗 1802
母: Bacchante(GB) 黒鹿 1809 (牝系8-b)

引用)
 http://www.bloodlines.net/TB/Bios/Sultan.htm

Sultan b c 1816 (Selim - Bacchante, by Williamson's Ditto). Sire Line Selim. Family 8-b.

Bred by Mr Crockford, he was described as a splendid bay with a blaze and four white socks.
He was said to be a long horse with a beautiful head, well sprung ribs and muscular quarters and his offspring were good doers. He was purchased at age seven by Brownlow Cecil (1795 - 1867), 2nd Marquis of Exeter, who later owned the remarkable Stockwell (ch c 1849 The Baron).

His turf career was admirable; he won fourteen races. Running for Mr Crockford he placed second in the Derby Stakes to the Duke of Portland's Tiresias (br c 1816). On his Derby form he was among the favorites for the St Leger Stakes, however, during a preparatory morning gallop he broke down and was out for the remainder of the year. He was said to prefer courses at Newmarket, over which he was unequalled despite carrying heavy weight.

He was a tremendous success in the Burleigh (or Burghley) stud, south of Stamford, Lincolnshire, and Champion Sire from 1832 to 1837. He sired five Two Thousand Guineas winners: Achmet (b c 1834), Augustus (ch c 1827), Glencoe* (ch c 1831), Ibrahim (br c 1832), and Bay Middleton (b c 1833) who won the Derby Stakes as well. He also sired Destiny (ch f 1833) who won the One Thousand Guineas, Green Mantle (b f 1826) who won the Oaks, and Galata (br f 1829) who won both the One Thousand Guineas and Oaks Stakes.

Sultan_(GB)


 Wikiより
サルタン (Sultan) とは、イギリスの競走馬である。19世紀初頭に活躍し、種牡馬としては同時代を代表するほどに成功した。馬名は父セリムがセリム1世にちなんでいることからサルタン(スルターンの英語読み)と名づけられたのが由来。
2歳でデビューし[1]、8歳でトライアルに勝つなど息の長い活躍を見せた。クラシック競走こそエプソムダービーでテイレシアスの2着、セントレジャーステークスは人気での惨敗と勝利にはいたらなかったものの、5歳時にニューマーケットゴールドカップ、6歳時にエプソムダービー馬グスタヴスとのマッチレースを制すなど合計14勝をあげた。ニューマーケット競馬場は得意で、勝ち星の多くがニューマーケットでのものであった。
引退後はバーレイのマーカススタッドで種牡馬入りしている。産駒のベイミドルトンは無敗で二冠を達成し、グレンコーも種牡馬として成功した。特筆すべきは2000ギニー優勝馬を5頭輩出したことで、産駒の勝ち数として同レース最多である。リーディングサイアーには1832 - 1837年の6年に渡り輝いており、この時代をリードしていた。父方直系子孫はその後微衰したが、トウルビヨンを通して現在にもつながっている。