2006年03月21日

箱入れ

カーラジオ用真空管ヘッドフォンアンプ(Pete Millet改)をやっと箱に入れた。
カーラジオ用HPアンプ箱1

実験を兼ねてヒーターにディレイ回路を追加。
ヒーターディレイ回路1

こちらの掲示板で教えてもらったこちらの回路を参考に、H7N0308CF(秋月で購入)のVGSSが±20VなのでCと並行に100kΩを追加して電圧を制限した。だいたい起動後4秒程度、2本直結のヒーター電圧が12V弱、その後24Vになる。
H7N0308CFはオン抵抗が3.8mΩしかないのでこういう分野に向いていると思う(IDSSは60A(max))。
そういえば配線ミスでMOSFETがONしない状態で火入れしたら、つまり定格の半分ぐらいの電圧でヒーター点灯したら、それでも音は出ますね、そこそこ。

形状は最初から狙って真空管の頭が飛び出すようにした。
Pete Millet箱入れ  穴修正


なんかかわいい。この角度から見ると基板上の赤LEDも少し見えたり。
穴あけにはホールソーを使ってみたがあまりきれいに開かないなあ。練習がいるらしい。小型のドリルドライバーではパワー不足なのかもしれない。

おおむね満足なのだが、残念なのは奮発していいやつを買ったのだが、ボリュームがちょっとガリ。うーん、ハンダ付けで手間取ったからかなあ。

ツマミをうっかり買い忘れたのでそこだけ未完成。わりといい感じに納まったのでそれなりのツマミを買わないと。

greenthumb2 at 18:11│Comments(5)TrackBack(0) 真空管 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by メゲ犬   2006年04月02日 22:25
ここの「2006年03月31日」で紹介されているトランス(James製JS-8012B)は堂でしょうか?
http://blog.livedoor.jp/siliconhouse/
2. Posted by GreenThumb   2006年04月03日 19:01
なんとなく記事とコメントがずれているような気がしますが(笑…前の記事ですよね→6FM7アンプ)、どうもありがとうございます。
おお、この値段なら買ってみるかなって感じですね。
#今回用にはばざーらのを買っちゃったんですが、とっかえひっかえしてみるか とか 次回作も…などと考えているもので。
僕は関西人なのでシリ共はとっても懐かしいんです…当時は買うものはもっぱら田舎じゃ売ってない半導体オンリー(例えばDual Transistorとか)でしたが、今は真空管関連もこうやって扱ってるんですね〜。
3. Posted by メゲ犬   2006年04月04日 22:44
コメントがずれて失礼しました.
ばざーらのはオーヂオ用としてはhp見るかぎりあんまり食指が動きません.
ここ(http://www.noguchi-trans.co.jp/)で売っている「U-808」や「XE-20S」も買って,聞き比べて見ると井伊かも.って,オデオの深みにはまっちゃいますけど.
4. Posted by メゲ犬   2006年04月05日 21:52
はずれついでに水平偏向管でアンプって,GreenThumbさんでしたっけ?
ARITOさんが,この手の球用の出力トランスを作りました.
http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/25E5/OT.HTM
こちらで希望者を募集しています.
http://amp.umetech.com/ariq/joyful.cgi
僕も頼みたいんですが,以前購入したチョロQトランスまだ手つかずだし,その前にタンゴ廃業と聞いてギョウサン買い込んだFW20Sシリーズも手つかずなので遠慮しています.
5. Posted by GreenThumb   2006年04月07日 02:00
はっはっは、こちらもトランスはともかく球だけは密かにたまっていて作りたいものリストが伸びているので。
(とりあえず6V6と5670PPPとヘッドフォンアンプとえーと…)
水平偏向管アンプ、いくつか見てみたんですがなかなかチャレンジングな感じですね。
測定器もろくすっぽないんで厳しいかな…。
実は最初に買わないといけないのはヤフオクで中古のオシロなのかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔