昨今の新型コロナウイルス感染症(covid−19)の蔓延により、日常生活が混迷を極めつつありますが、その要因の一つとして挙げられるのが、"使い捨てマスク不足"。

今や急激な需要増に供給が追い付かず、国別対抗マスク争奪戦の様相を呈しており、店頭では全く手に入らない状態が続いています。

一部ネット通販では、徐々に販売が再開されていますが、新型コロナ騒動前の7〜8倍(50枚で3500〜4000円位)と言った使い捨てるには躊躇する様な相場価格。
まだまだ、感染拡大は収束しそうにありませんので、高値安定は暫く続くでしょう。

そんな、今や貴重品?とも言える「使い捨てマスク」(サージカルマスク)を「使い回しマスク」にしてやろうと、いつにも増して気合を入れて100円ショップに馳せ参じました。

今回使用する100円アイテムは

1924515B-FE8D-4493-BE10-7FE072AC5512
お茶だしパック

FC55BC52-C103-4077-B657-95C3A944CB38
簡単密封シーラー(単三電池2個は別売)


あとは使い捨てマスク&ティッシュペーパー

では早速作業スタート

59A530F0-7E70-4775-BFDF-70D5A5432F3B
先ずはパックに入る大きさに、ティッシュペーパーを折り畳んで

8C5A9FA2-35C1-4557-905A-E6285A1E8805
中に入れます

A95E3D05-35CC-4514-9771-511B187CC49D
マスクの中央に、パックを縦に置き

4E1052E8-CEE3-4181-955A-8ECFAC9B3B21
ティッシュを入れたパックを密封シーラーで(シーラーの発熱部がパック側です)ホチキスの様なイメージで上部3か所(左右、中心)を留め

A890A289-9924-4D8D-A328-E129FD917664
同様に下部も3か所留めます ※顎までマスクが広がらない場合は、上部だけ留めます

DCB98059-D154-418C-8A97-696297EE6FD6
以上…おしまい


注意点としては、密閉シーラーを挟む時間が足りないと着きませんし、長すぎるとマスクに穴が空いてしまいます。私の場合は4〜5秒位がベストでしたが、シーラーの個体差やマスクにより適宜、調整の必要があると思います。

D5A0A446-D07F-4020-BE88-0B5ED42371A6
パックを剥がしてもダメージは少ないので、2〜3回はイケるかも?


地域によっては、そろそろ「布マスク2枚」が届く頃でしょう。
ウイルスを阻止する性能を持ち合わせていないこの布マスク、仮に政府が2か月前に配布し、その後早急にサージカルマスクの生産体制増強という流れであれば、多くの国民が納得したはず。

しかし現実には、マスクに限らず、全ての対応がおざなり…。

本来ならば、再利用は御法度のサージカルマスクですが、私なりの布マスク配布に対するアンチテーゼとして、今回は投稿させて頂きました。


にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村

メバリングランキングへ