自由行動出来るお盆休みの最終日(8/15)は竿を持たずに海へ…。

IMG_0057


その訳は新たなポイントの開拓である。
いつも竿を出すポイントへ向かう道中ある程度の目星はつけていたが、大ハズレポイントだった場合片道2時間半に更に無駄足を踏んだ時間が加算されてしまうため機会を逸していた。
そこで釣り自主規制中の今がチャンスと思い立った次第である。
車を使う以上は近隣に迷惑をかけず、更に最近糸魚川周辺で頻発していると言われている車上狙いを防ぐ意味で目が届く駐車場所がある事も必須条件となる。

ポイントA
国道から海辺に降りるアスファルトの脇道を下るとすぐ釣り場で根魚やアオリイカ向きの場所だったが脇道自体が本来は立入禁止となっているため却下。

ポイントB
以前より入りたかった場所だが車の進入路が分からず、今回は離れた場所に停めてから歩いて経路を探した。
青物を始めヒラメ・マゴチ、運が良ければシーバスのチャンス有りか?だが青物シーズンは余所者は入る余地がないかも?駐車場所はOK

ポイントC
深さや根の入り具合は竿を出してみないと分からないが根魚は居そうだ。足場も良く駐車場所も問題ない。

ポイントD
ポイントCに似た場所だが見るからに水深がなく余りソソらない。ウィードなどプラスアルファの要素が絡まないと厳しいか?駐車場所はOK

ポイントE
水深が浅いのに加えテトラが多くしかも近くにあるため魚はチビカサゴとチビムラソイのみか?駐車場所はOK

ポイントF
河川の流れ込みがあるテッパンポイントだが場所が狭く(3〜4名が限度)ハイシーズンはよほど運が良くなければ入れないだろう。ただし周辺も根魚・アオリイカの好ポイント。駐車場所問題なし。

あまり脚を延ばすと実釣の際に移動時間がかかり過ぎるためここで終了。

今回のリサーチで改めて思いましたがgoogleマップの航空写真やナビゲーションはもちろんポイントで写真を撮るだけで撮影地が記録に残るなど釣り人にとってスマホは究極のサポートツールかもしれませんね。



メバリングランキングへ