ちょっとした臨時収入があったのでシッレっと購入しちゃいました。

IMG_1151
オリムピック ティーロGOTS-902Mワインドモデル

スペックはこちら
IMG_1154
絶滅危惧?のMade in japan

基本的にはライトゲーム(自分の定義は1/2oz以下)第一主義なので期間限定キジハタタックルのHRF711HB(max45g)とラテオ86LL-S(max15g)の間が長い間不在であった。
HRF711HBも下限7gからとなってはいるが、どうしても飛距離においてスピニングタックルに水を開けられてしまうため日々ジレンマを抱えていたのが今回購入に至った理由である。

当初は候補としてHRF KJ 85、HRF810、シルバーウルフMX84(いずれもダイワ)あたりを検討しつつ物色していたが、タイミング良く40%オフでセール中なのを見つけ、しかも日本製という事で他の候補を蹴ってポチってしまった。我ながらオリムピックなど渋い所へ落ち着いたなと思う。

そもそもワインド用ロッドなど触った事もないのだが、ラインスラックを利用してジグヘッドをダートさせるなら適度に張りがあり操作性も良いだろうと勝手なイメージだけで決めてしまった。

ポリシーとして実店舗で触ってネットで購入するといったマナー違反はしたくないし、そもそもオリムピックのロッドなど取扱店でも取り寄せなのでギャンブル的な要素が濃厚だったが迷いはなかった。

まだキャストもしていないがティップはやや張りのあるライトクラス〜バットにかけてミディアム+α位のパワーでイメージに近いアクションかも?ムフフとニヤけている。
ただしティップセクションは若干繊細に作られている感じがするのでメーカー表記の上限28gではなく、せいぜい3/4oz(21g)程に止めておいたほうが良さそうだ。したがって全くの初心者が初めて購入するのはちょっと心配だがそれは余計なお世話というものだろう。

これから秋のベストシーズンに向けて以前紹介したこんなルアーや
IMG_1017
こんなルアー
IMG_1024
で活躍してくれるはず…くれればいいなぁと思っております。



メバリングランキングへ