全国の性同一性障害者約730人で組織する「性同一性障害をかかえる人々が普通にくらせる社会をめざす会」の山本蘭代表らは13日、国会内の民主党幹事長室を訪れ、性別を変更した同障害者の夫婦が第三者の精子提供による人工授精でもうけた子を嫡出子として認定するよう要望した。これに対し今野東副幹事長は、法務省が「嫡出子として認めない」とする従来見解の見直しに入ったことから、同省の判断を見極めて対応を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
「非嫡出子」扱いを見直し=性同一性障害者夫婦の人工授精
夫が元女性なら「非嫡出子」=人工授精で妻出産、扱いに差
武藤被告、懲役12年確定へ=妹殺害切断
言葉知られても受け入れ進まず=「性同一性障害」で意識調査

<訃報>森田俊夫さん93歳=ジェイテクト顧問(毎日新聞)
過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など(医療介護CBニュース)
JAL「格安航空」に進出 再生支援機構が検討(J-CASTニュース)
最古の両生類の足跡か=4億年近く前の化石発見-海岸上陸説が浮上・ポーランド(時事通信)
首相動静(1月13日)(時事通信)