トヨタ自動車は8日、ハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキ不具合をめぐる問題で、日米でリコール(回収・無償修理)する方針を決めた。対象は昨年5月に発売された最新モデルで、1月末までに販売された約30万台。日米の運輸当局と調整の上、今週前半にも発表する。1月末以降に生産した車は処置済みでリコールの対象外とする。
 新型プリウスをめぐっては、でこぼこの路面や滑りやすい雪道などを低速で走行した際、ブレーキが瞬間的に利かないとの苦情が日米を中心に相次いでいる。日本では20万台弱、米国では10万台前後が対象に上るとみられる。
 トヨタは、横滑りなどを防いで車体をコントロールするアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の作動時に発生する現象とみており、ブレーキの制御ソフトを修正することで対処できるとしている。 

【関連ニュース】
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
〔用語解説〕「リコール」
週明けに「プリウス」対策公表へ=トヨタ、米ディーラーに通知
トヨタ、信頼回復に「多くの課題」=NYタイムズ社説
上場企業、経常利益6.9%増=2年ぶり増益-10年3月期決算・時事通信社集計

多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
平均3104万円、前回比4割減=トップは首相、2位は邦夫氏-衆院議員資産公開(時事通信)
菅財務相、新成長戦略を説明へ=カナダG7、6日開幕(時事通信)
都立高一般入試 平均倍率は1.53倍 2日目(産経新聞)
参政権で亀井金融相「民族感情を刺激も」(産経新聞)